Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
Takashi Sogabe 
-OpenStack/OpenContrailを用いた プライベートクラウドの構築及び評価計画のご紹介- 
オーバーレイネットワークで 実現するプライベートクラウド
自己紹介 
•曽我部 崇(Takashi Sogabe) 
–@rev4t 
–IIJでソフトウェアの開発をしています 
–大好きなソフトウェア 
•OpenStack, OpenContrail, Riak, mruby 
–最近の興味分野 ...
Private Cloud 欲しいですか? 
•お外に置くことの出来ないデータ 
•定常的に巨大なIOやネットワーク帯域を使う workload 
•開発やCIなど、あまりavailabilityの要らない環 境 (コスト優先)
コンテナDC売ってます 
•co-IZmo/I 
–モジュール型のコンテナDC 
–伸縮自在、合体することでノード数を増やせる
サーバ機器、ソフトウェアはどうする? 
•ユーザの希望に応じてご提供 
–コンテナDCのみ 
–サーバ、ネットワーク機器、ケーブリング 
–Cloud OS
ゼロから作るのは大変なので.. 
•OpenStack 
–AWSみたいなIaaSを簡単に作れるソフトウェア 
–最近は、ClousOSと呼ばれることが多い 
–他には、CloudStack, Eucalyptus なども有名
何故OpenStackを使うべきなの? 
•Private Cloud うまく使うと便利でお得 
–Hybrid Cloud 
•エコシステムが沢山ある 
–Piston, MetaCloud, Mirantis, Ubuntu, Redhat...
まずは自分たちが使ってみる 
•PoC環境の構築 
–Server(10GbE): up to 25 nodes 
–Server(GbE): up to 16 nodes 
–Storage Server(10GbE): up to 8-16...
OpenStackの難所: Networking 
•ユーザ毎に要件は様々 
–スループット欲しい 
–QoS掛けたい 
–Availabilityを高くしたい 
–通信の中身を見える化したい 
–マルチテナント(Isolation)したい 
...
知りたいこと 
•要件に応じた適切なNetwork構成 
–Fabric 
•L2 or L3 
–Component 
•Nova-network or Neutron 
–Neutron 
•Flat or Vlan or GRE or V...
1ラック程度ならGREで大丈夫? 
•現在評価中 
–GRE 
–VXLAN 
•ECMPの効果を上げるには、こちらが良いかも 
–L2 Population Driver 
•ARPやBroadcastの伝搬を最小限にしたい
Neutronの冗長化は結構大変 
•OVS + GREの場合 
–Gateway1の障害を検知 -> Gateway2へ切り替える仕組み を実装する必要がある 
•Juju の quantum-gateway charm の場合は clust...
冗長構成にしたいコンポーネント 
•Neutron以外にも沢山 
Nova 
Glance 
Swift 
Cinder 
Horizon 
Keystone 
Neutron 
認証 
WebUI 
Image保存 
VM 
Image提供 ...
冗長構成をどうする? 
•Networking 
–OpenContrail を使えばNetwork周りの冗長構成 が簡単に実現できる。スケールアウトも簡単 
•その他は? 
–OpenStack Controller, Dashboard, ...
数ラック以上の場合はどうする? 
•OpenContrail 
–分散ルーティングアーキテクチャのため、スケー ルアウト性能を期待できそう 
–外部との接続点に一般的なルータ機器(Juniper MX等)が使える 
•L3VPNの網との親和性が...
OpenContrailに期待していること 
•Bare Metal Server対応 
–White Box Switchで VXLAN H/W offloadしたい 
•vRouter を載せれば動くはず? 
•OpenStack Iron...
付録: OpenContrail テスト環境の構築 
•contrail-installer 
–https://github.com/Juniper/contrail-installer 
•OpenContrail版devstackのような...
オーバーレイネットワークで実現するプライベートクラウド -OpenStack/OpenContrailを用いたプライベートクラウドの構築及び評価計画のご紹介-
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

オーバーレイネットワークで実現するプライベートクラウド -OpenStack/OpenContrailを用いたプライベートクラウドの構築及び評価計画のご紹介-

3,398 views

Published on

OpenContrail Meet-Up tokyo 第2回で発表した資料を公開します。
OpenStack のネットワークに柔軟性や堅牢性を持たせるために、SDNソフトウェアとしてOpenContrailを用いた検証を進めています。
本発表では、検証の背景や環境並びに今後の予定などについてご紹介しました。

Published in: Technology

オーバーレイネットワークで実現するプライベートクラウド -OpenStack/OpenContrailを用いたプライベートクラウドの構築及び評価計画のご紹介-

  1. 1. Takashi Sogabe -OpenStack/OpenContrailを用いた プライベートクラウドの構築及び評価計画のご紹介- オーバーレイネットワークで 実現するプライベートクラウド
  2. 2. 自己紹介 •曽我部 崇(Takashi Sogabe) –@rev4t –IIJでソフトウェアの開発をしています –大好きなソフトウェア •OpenStack, OpenContrail, Riak, mruby –最近の興味分野 •Open Compute Project
  3. 3. Private Cloud 欲しいですか? •お外に置くことの出来ないデータ •定常的に巨大なIOやネットワーク帯域を使う workload •開発やCIなど、あまりavailabilityの要らない環 境 (コスト優先)
  4. 4. コンテナDC売ってます •co-IZmo/I –モジュール型のコンテナDC –伸縮自在、合体することでノード数を増やせる
  5. 5. サーバ機器、ソフトウェアはどうする? •ユーザの希望に応じてご提供 –コンテナDCのみ –サーバ、ネットワーク機器、ケーブリング –Cloud OS
  6. 6. ゼロから作るのは大変なので.. •OpenStack –AWSみたいなIaaSを簡単に作れるソフトウェア –最近は、ClousOSと呼ばれることが多い –他には、CloudStack, Eucalyptus なども有名
  7. 7. 何故OpenStackを使うべきなの? •Private Cloud うまく使うと便利でお得 –Hybrid Cloud •エコシステムが沢山ある –Piston, MetaCloud, Mirantis, Ubuntu, Redhat, etc.. •お金を払えばサポートを受けられる –Storage, Network等を 3rd party のものに差し替え ることができる •既に持っている機材を有効利用できる
  8. 8. まずは自分たちが使ってみる •PoC環境の構築 –Server(10GbE): up to 25 nodes –Server(GbE): up to 16 nodes –Storage Server(10GbE): up to 8-16 nodes –L3SW •CLOS Topology(BGP + ECMP) –Rack: 3ラックにまたぎ配置
  9. 9. OpenStackの難所: Networking •ユーザ毎に要件は様々 –スループット欲しい –QoS掛けたい –Availabilityを高くしたい –通信の中身を見える化したい –マルチテナント(Isolation)したい –サービスチェイニング(NFV)したい –大規模に展開したい –最小限の機能とAvailabilityで大丈夫 –Etc..
  10. 10. 知りたいこと •要件に応じた適切なNetwork構成 –Fabric •L2 or L3 –Component •Nova-network or Neutron –Neutron •Flat or Vlan or GRE or VXLAN •OVS, OpenContrail, OpenDayLight, etc… •http://www.openstack.org/marketplace/drivers/
  11. 11. 1ラック程度ならGREで大丈夫? •現在評価中 –GRE –VXLAN •ECMPの効果を上げるには、こちらが良いかも –L2 Population Driver •ARPやBroadcastの伝搬を最小限にしたい
  12. 12. Neutronの冗長化は結構大変 •OVS + GREの場合 –Gateway1の障害を検知 -> Gateway2へ切り替える仕組み を実装する必要がある •Juju の quantum-gateway charm の場合は cluster-relation- departed-hookを用いて実装されている模様 Compute Node 1 Compute Node 2 Compute Node 3 Neutron Gateway 1 Neutron Gateway 2 Failover
  13. 13. 冗長構成にしたいコンポーネント •Neutron以外にも沢山 Nova Glance Swift Cinder Horizon Keystone Neutron 認証 WebUI Image保存 VM Image提供 VMの プロビジョニング Volume提供 Volumeバックアップ 1. 2. 3. 4. 5.
  14. 14. 冗長構成をどうする? •Networking –OpenContrail を使えばNetwork周りの冗長構成 が簡単に実現できる。スケールアウトも簡単 •その他は? –OpenStack Controller, Dashboard, MySQL •商用Distributionや Ubuntu(Juju/MAAS)であれば冗長 構成に対応したものもある •OpenContrail 単体で提供されるだけだと、自前で冗長 構成を組まなければならないため、結構ツライ
  15. 15. 数ラック以上の場合はどうする? •OpenContrail –分散ルーティングアーキテクチャのため、スケー ルアウト性能を期待できそう –外部との接続点に一般的なルータ機器(Juniper MX等)が使える •L3VPNの網との親和性が高い •転送性能の向上やスケールアウトも簡単 –OVS/GREに引き続き、OpenContrailの性能を評価 する予定
  16. 16. OpenContrailに期待していること •Bare Metal Server対応 –White Box Switchで VXLAN H/W offloadしたい •vRouter を載せれば動くはず? •OpenStack Ironic への対応 •OpenStackの主要Distributionへの対応 –Ubuntu(Juju) –Etc. •Docker対応 –OpenStack Heat 又は Docker driver と組み合わせて 使いたい
  17. 17. 付録: OpenContrail テスト環境の構築 •contrail-installer –https://github.com/Juniper/contrail-installer •OpenContrail版devstackのようなもの –devstackと組み合わせてdeployすることもできる –R1.06に対応 –Icehouse, Havana, trunk版OpenStackに対応 –Ubuntu12.04LTSの注意点: kernel を 3.13系に updateすると vrouter がbuild出来なくなる

×