Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
近況
免許取りました
押江ゼミについて
私の研究領域・関心
①地域臨床心理学
②グループアプローチ
③パーソンセンタードアプローチ
④フリー素材
①地域臨床心理学
②グループアプローチ
●
PCAグループ
●
当事者研究サポート・グループ
●
リフレキシブPCAGIP
③パーソンセンタードアプローチ
面白い逆説なのですが,
私が,自分のあるがまま
を受け入れることができ
たときに,私は変わって
いくのです。私たちは,
自分の現実のあるがまま
を充分に受け入れること
ができるようになるまで
は,決して変わること...
●
Person-Centered Approach to Individual
Therapy
●
Person-Centered Approach to Sandplay
Therapy
●
Person-Centered Approach...
教育方針
1.「自由で開かれている風土」を目指します
2.研究を大切にしてください
活動内容
●
2つのゼミ
– インキュベーションゼミ(B2, B3, M1; 木曜2コマ)
– 卒論・修論ゼミ(B4, M2; 木曜13時〜15時)
– 場所はどちらも行動観察室です
– 押江ゼミはいつでもウェルカム。どちらのゼミも,
いつ来て...
これまでの卒業研究
太刀掛諒(2015). 親和動機と主張性,対人的疎外
感の関連についての検討
小早川敦未(2016). 愛着スタイルが表情認知に及
ぼす影響
山根倫也(2016). 児童の教師に対する態度認知と
学級集団形成および学校適応感...
これまでの修了研究
三浦啓子(2014). 学校に困難を抱えた子どものフ
リースペースの保護者待合室における実践的研
究
水戸部準(2015). 自傷傾向と日常場面での苦悩の
感じやすさおよびネガティブな反すうとの関連
の検討
梅野智美(201...
ゼミ生の関心(一部)
学級集団
内的作業
モデル
援助要請
行動
パーソンセンタード
アプローチ
テーブルトーク
RPG
スチューデント
アパシー
遺伝
家族
などなど。臨床寄りですが,割となんでもありです
求む!
ふつうの人!!
おわり
2016 年度押江ゼミオリエンテーション
教育方針
1. 「自由で開かれている風土」を目指します
あなたは何をしても,どこに行っても自由です。参加を強制される行事等はいっさいあ
りません。行事は「それをやるかどうか」というところから,話し合って...
ゼミガイダンス2016
ゼミガイダンス2016
ゼミガイダンス2016
ゼミガイダンス2016
ゼミガイダンス2016
ゼミガイダンス2016
ゼミガイダンス2016
ゼミガイダンス2016
ゼミガイダンス2016
ゼミガイダンス2016
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

ゼミガイダンス2016

233 views

Published on

2016年度の押江ゼミガイダンスで使用したスライドです

Published in: Education
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

ゼミガイダンス2016

  1. 1. 近況
  2. 2. 免許取りました
  3. 3. 押江ゼミについて
  4. 4. 私の研究領域・関心 ①地域臨床心理学 ②グループアプローチ ③パーソンセンタードアプローチ ④フリー素材
  5. 5. ①地域臨床心理学
  6. 6. ②グループアプローチ ● PCAグループ ● 当事者研究サポート・グループ ● リフレキシブPCAGIP
  7. 7. ③パーソンセンタードアプローチ 面白い逆説なのですが, 私が,自分のあるがまま を受け入れることができ たときに,私は変わって いくのです。私たちは, 自分の現実のあるがまま を充分に受け入れること ができるようになるまで は,決して変わることは できません。いまの自分 から変わることはないの です。これは,私自身の 経験と,クライエントの 両方から学んだことです (Rogers, 1961)
  8. 8. ● Person-Centered Approach to Individual Therapy ● Person-Centered Approach to Sandplay Therapy ● Person-Centered Approach to Supervision ● 心的外傷後成長とフォーカシング的態度との関 連の検討
  9. 9. 教育方針 1.「自由で開かれている風土」を目指します 2.研究を大切にしてください
  10. 10. 活動内容 ● 2つのゼミ – インキュベーションゼミ(B2, B3, M1; 木曜2コマ) – 卒論・修論ゼミ(B4, M2; 木曜13時〜15時) – 場所はどちらも行動観察室です – 押江ゼミはいつでもウェルカム。どちらのゼミも, いつ来ていただいてもOKです ● 地域臨床ワークショップ「みんなのゆるふわ心 理学(仮)」を準備中
  11. 11. これまでの卒業研究 太刀掛諒(2015). 親和動機と主張性,対人的疎外 感の関連についての検討 小早川敦未(2016). 愛着スタイルが表情認知に及 ぼす影響 山根倫也(2016). 児童の教師に対する態度認知と 学級集団形成および学校適応感の関連──ロ ジャーズの3条件態度の認知による検討
  12. 12. これまでの修了研究 三浦啓子(2014). 学校に困難を抱えた子どものフ リースペースの保護者待合室における実践的研 究 水戸部準(2015). 自傷傾向と日常場面での苦悩の 感じやすさおよびネガティブな反すうとの関連 の検討 梅野智美(2016). 子どもからみた親の養育態度の 評価とフォーカシング的態度の関連の検討
  13. 13. ゼミ生の関心(一部) 学級集団 内的作業 モデル 援助要請 行動 パーソンセンタード アプローチ テーブルトーク RPG スチューデント アパシー 遺伝 家族 などなど。臨床寄りですが,割となんでもありです
  14. 14. 求む! ふつうの人!!
  15. 15. おわり
  16. 16. 2016 年度押江ゼミオリエンテーション 教育方針 1. 「自由で開かれている風土」を目指します あなたは何をしても,どこに行っても自由です。参加を強制される行事等はいっさいあ りません。行事は「それをやるかどうか」というところから,話し合って決めます。全員が参 加する必要はありません。役割もありません。 あなたの研究テーマはどんなものでもかまいませんし,どんな研究法でもかまいませ ん。臨床心理学にこだわる必要すらありません(心理学コースのゼミですから,心理学とは 一応関連しておいてほしいですけど,それも"一応"です)。他のゼミはもちろん,他大学の 研究会や研修会,学会等に積極的に参加してください。もちろん,有意義なことも, しょーもないことも含めて,たくさん遊んでください。 そして,「自分が大切にしていきたいこと」を見つけてください。それはどこかにあるか もしれませんし,どこにもないかもしれません。たくさんもがいて,たくさん悩んでくだ さい。いくらでもお話は聴かせていただきます。オフィスアワー("oshie cafe"と呼んでいま す)なども活用してください(毎週(金)13:00-16:00。例外あり)。 あらゆる点で自由ではありますが,1 点だけ例外があります。ゼミには必ず出席するよう にしてください。欠席する際は必ず連絡してください。 2. 研究を大切にしてください 私は,あなたの考えをふくらませたり,かたちにしたり,言葉にしたりするお手伝いを します。しかし,あなたが何をしたいのか,どうしたいのか,どのように生きていきたい のかを私が決めることはできません。 「自分が大切にしていきたいこと」を人に言葉で伝えられるようになってください。研究 は,そのための訓練であり,一種の"ゲーム"です。

×