Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

「アーカイブ」と 「アーカイブ立国宣言」の 射程をめぐって(古賀崇)

1,255 views

Published on

第5回LRGフォーラム「これからのアーカイブを考える-アーカイブサミット2015を受けて」(2015年4月5日、横浜市関内・さくらWORKS)での発表。2015年1月に東京で開催された「アーカイブサミット2015」や、それに先立ち提示された「アーカイブ立国宣言」(文化資源戦略会議)を批評しつつ、日本におけるこれからの「アーカイブ」のあり方を論じた。

  • Be the first to comment

「アーカイブ」と 「アーカイブ立国宣言」の 射程をめぐって(古賀崇)

  1. 1. 「アーカイブ」と 「アーカイブ立国宣言」の 射程をめぐって 【ウェブ公開版】 第5回LRGフォーラム 「これからのアーカイブを考える- アーカイブサミット2015を受けて」 (2015年4月5日 横浜市関内・さくらWORKS) 天理大学(人間学部総合教育研究センター) 古賀 崇 Email: Web: http://researchmap.jp/T_Koga_Govinfo Copyright (C) 2015- Takashi Koga. All rights reserved. 1
  2. 2. 自己紹介 • 図書館、アーカイブズ、記録(文書)管理をまた ぎつつ研究・執筆・翻訳・教育に従事 – 「政府情報アクセス」の研究の中で:「情報公開(公 文書の開示請求)」だけでは収まらない • 国立情報学研究所(NII)、京都大学附属図書 館研究開発室を経て、2012年より現職 Copyright (C) 2015- Takashi Koga. All rights reserved. 2 天理図書館 (日本屈指の アーカイブ?)
  3. 3. 本日の報告の基礎となるもの(1) • 古賀崇「アーカイブズのこれからを展望する: 電子記録、映像、記憶を中心に」九州大学ラ イブラリーサイエンス専攻シンポジュウム発表、 2015年1月29日、九州大学箱崎キャンパス. – http://www.slideshare.net/takashikoga5439/ss- 44063549 Copyright (C) 2015- Takashi Koga. All rights reserved. 3
  4. 4. 本日の報告の基礎となるもの(2) • 古賀崇「デジタル・アーカイブの可能性と課 題」岡本真・柳与志夫(責任編集)『デジタ ル・アーカイブとは何か:理論編(仮)』勉誠 出版、2015年刊行予定. Copyright (C) 2015- Takashi Koga. All rights reserved. 4
  5. 5. 問題提起(1): 「アーカイブ」の射程として どこまでが想定されているか? Copyright (C) 2015- Takashi Koga. All rights reserved. 5
  6. 6. 古賀としての整理の案(前述(2)で発表予定) 図書館・文書館・博物館をつなぐ「最大公約数」としての「アー カイブ」と、それをデジタル化した「デジタル・アーカイブ(ただし 海外には他の用語もあり)」 Copyright (C) 2015- Takashi Koga. All rights reserved. 6
  7. 7. 関連書より(1) • 福井健策『誰が「知」を独占するのか:デジタル アーカイブ戦争』(集英社新書、2014年9月) – 日本の国立公文書館の取り組みに言及 • “公文書デジタルアーカイブのゆくえは、(中略)「情報を 秘匿することによる安全保障」から、「情報を開示するこ とによる安全保障」への流れの変化、変化が言い過ぎで あればそのベストバランスの結節点に位置しているよう に思います” – ただし中心は出版物(図書館資料)・博物館資料と、 そこでの「孤児作品」(≒著作権)問題 Copyright (C) 2015- Takashi Koga. All rights reserved. 7
  8. 8. 関連書より(2) • 福井健策・吉見俊哉監修『アーカイブ立国宣言: 日本の文化資源を活かすために必要なこと』 (ポット出版、2014年11月) – 扱われた対象:マンガ、ゲーム、震災、脚本、映画、 放送、地域(雑誌・図書館)、アニメ、音楽レコード、 書籍(印刷物資料+電子書籍) – 地域の資料・古文書・古地図については長野・小布 施町の取り組み(花井氏)の中で言及されているが、 公文書・文書館については本書中にほとんど記述 がない Copyright (C) 2015- Takashi Koga. All rights reserved. 8
  9. 9. まとめると… • 「アーカイブの対象の特性」への理解が、 どれほど行き届いているか –「利活用モデル」(後述)を含め、すべてを一 括して捉えることはできない –例:公文書・記録文書類、地域の映像(水 島氏のテーマとの関連)、など… Copyright (C) 2015- Takashi Koga. All rights reserved. 9
  10. 10. 問題提起(2): 「アーカイブ立国宣言」の内容は 十分か? Copyright (C) 2015- Takashi Koga. All rights reserved. 10
  11. 11. 「アーカイブ立国宣言」の 中心となる4提言 • 提言1:国立デジタルアーカイブ・センター (NDAC)の設立 • 提言2:デジタルアーカイブを支える人材 の育成 • 提言3:文化資源デジタルアーカイブの オープンデータ化 • 提言4:抜本的な孤児作品対策 – 著作権者ないしその遺族の存否や所在が判明し ない著作物の扱い Copyright (C) 2015- Takashi Koga. All rights reserved. 11
  12. 12. 「立国宣言」や「アーカイブサミット」に 対する古賀の意見 • 「アーカイブをつくる」前提をめぐる段階の論 点に集中 – 上記のセンター設立構想や孤児作品対策など • 「アーカイブを使う」という段階をどこまで想定 できているか、という疑問 – 「使う」ことを支えるメタデータを含め • 言い換えれば、「アーカイブに関する具体的な 利活用モデル」を示すところまでには十分 至っていないのでは Copyright (C) 2015- Takashi Koga. All rights reserved. 12
  13. 13. 「利活用モデル」の参照例 • 京都府立総合資料館「東寺百合文書Web」 – 本文画像も含めオープンデータとして提供 • CC-BY:出典さえ示せばよい – 総合資料館は2014年Library of The Year受賞 – http://hyakugo.kyoto.jp/ • どのような利活用が成され、想定されているか – 歴史資料としての活用 – 文字画像の活用(例:名刺に使う) – 活用のアイデアを募るコンテスト Copyright (C) 2015- Takashi Koga. All rights reserved. 13
  14. 14. 「東寺百合文書Web」の実践が 示唆すること • 長年にわたる整理(メタデータ付与含め)の上 に、デジタルアーカイブとしての提供が成り立 つ • デジタル化したからと言って、即、活用につな がるわけではない – 「どのような利用があるか」「今までどのように利 用されてきたか」を考えた上でのデジタル化が必 要(東工大・阿児雄之氏 談) – 江上敏哲氏の『本棚の中のニッポン』(笠間書院、 2012)での訴えとも共通 Copyright (C) 2015- Takashi Koga. All rights reserved. 14
  15. 15. 付論: 映像アーカイブについて 【注1】映像の領域では国際的にも 「アーカイブ」のことばで統一 【注2】以下の点は上述の九大での スライドと重複 Copyright (C) 2015- Takashi Koga. All rights reserved. 15
  16. 16. 古賀として思うことと疑問 • 日本の社会学の領域では「映像の社会学」「映 像のアーカイブ」への関心が高まっているが、 • ここでの研究者は、実際のアーカイブに携わる 者(映像のアーキビスト)や、アーカイブに必要 なスキルにどれだけ関心を寄せているの か?? – 関連:『テレビCM研究』Vol.2, No.2「シンポジウム報 告書:テレビ文化は残せるか-著作権・アーカイブ ス・コマーシャル-」京都精華大学表現研究機構, 2009年4月. http://www.kyoto- seika.ac.jp/researchlab/?post_type=report&p=256 Copyright (C) 2015- Takashi Koga. All rights reserved. 16
  17. 17. 例えば… • 具体的な「映像アーカイブのためのスキルや、 諸外国での実践」は、どれほど伝わっている か? – 児玉優子「アーカイブズと動的映像アーカイブ-- 近くて遠い隣人?」『アーカイブズ学研究』No. 11, 2009, p. 73-89. – オーストラリア・アーキビスト協会『キーピング・ アーカイブズ Keeping Archives』翻訳の連載(第17 章・音声記録、第18章・動的映像)勉誠出版ウェ ブサイト. http://bensei.jp/?main_page=wordpress&cat=7 Copyright (C) 2015- Takashi Koga. All rights reserved. 17
  18. 18. 言い換えれば… • 「何かを残し、それを使う意義」について、社 会学での議論をアーカイブズ(学)の側に取り 入れていく余地がある • 逆に、「残すための技法や人的スキル」につ いて、アーカイブズ(学)から社会学などの領 域に発信していく必要がある Copyright (C) 2015- Takashi Koga. All rights reserved. 18
  19. 19. 結論 これからのアーカイブに求められること: (1)アーカイブの対象の特性への理解 (公文書・文書記録類も含め) (2) 「利活用モデル」も視野に入れた 政策提言と実践 Copyright (C) 2015- Takashi Koga. All rights reserved. 19
  20. 20. (付記)米国ワシントンDC(2015年2月訪問)で 印象的だった「アーカイブ」 Copyright (C) 2015- Takashi Koga. All rights reserved. 20 • 議会図書館(LC)内 “Hope for America: Performers, Politics and Pop Culture” – 俳優・コメディアンの Bob Hopeを記念し つつ、映像・マンガ も含め「アメリカ文化 の中の政治的批評」 のあり方を示す
  21. 21. ありがとうございました • 本発表は下記による成果の一部です。 – 平成25~27年度科学研究費助成事業 若手研究 (B)「オープン・ガバメント時代の政府情報アクセス制 度・政策と図書館・文書館等の役割」(課題番号 25730191、研究代表者:古賀 崇) Copyright (C) 2015- Takashi Koga. All rights reserved. 21 「国のアーカイブを体現する街」としてのワシントンDC (2015年2月撮影)

×