「未来を思い描く方法」(井庭研レクチャーズ Vol.1)

12,395 views

Published on

2013年度 慶應義塾大学SFC(湘南藤沢キャンパス)井庭崇研究会
レクチャー映像はこちら → http://www.youtube.com/watch?v=ueBQroySLtI

Published in: Education
0 Comments
22 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
12,395
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
3,044
Actions
Shares
0
Downloads
75
Comments
0
Likes
22
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

「未来を思い描く方法」(井庭研レクチャーズ Vol.1)

  1. 1. 未来を思い描く井庭 崇(Takashi Iba)慶應義塾大学SFC 総合政策学部准教授井庭研レクチャーズ Vol.1takashiiba方法2013年4月25日
  2. 2. まだない世界を想像=創造する自分が納得・実感する他の人の納得・共感を引き出す未来を思い描く
  3. 3. 3.「時代の流れ」を考える2.「新しいものがある状態」を考える1.「自分が生きたい世界」を考える未来を思い描く方法
  4. 4. 未来を思い描く方法1.「自分が生きたい世界」を考える
  5. 5. The best way to predict the futureis to invent it.— Alan Kay未来を予測する最善の方法は、それを自ら「つくる」ことである。“パーソナル・コンピュータの父”アラン・ケイ1.「自分が生きたい世界」を考える傍観者的な「予測」ではない。
  6. 6. 応急処置的な社会・組織「つくる」「つくり直す」ことの回避・封印古い制度・仕組みにがんじがらめになったまま、そこから抜け出せない社会制度・仕組みがつくり、つくり直される「自己革新的な社会」「創造社会」。
  7. 7. 「漫然と迎える未来」「主体的に築く未来」『ワーク・シフト ― 孤独と貧困から自由になる働き方の未来図〈2025〉』(リンダ・グラットン, プレジデント社, 2012)
  8. 8. ポジティブな未来を描く1.「自分が生きたい世界」を考える予言の自己成就
  9. 9. 未来を思い描く方法2.「新しいものがある状態」を考える
  10. 10. こういうものがあったら、どうなるだろう?どんなふうに使える?こうなったら楽しいなぁ。2.「新しいものがある状態」を考える
  11. 11. こういうものがあったら、どうなるだろう?どんなふうに使える?こうなったら楽しいなぁ。2.「新しいものがある状態」を考える防災のパターン・ランゲージがあったら…企業のなかで、自分たちのパターン・ランゲージを自分たちで書くようになったら…パターン・ランゲージによる診断が簡単にできるようになったら…
  12. 12. パターン4コマもしがあったら……いまのカタログよりもさらに一目でわかる!ワークショップ準備も面白そう!子供にも読みやすい!パターン・コミック!新聞や雑誌で連載されたりして…!公募してコンテストとかやったら面白そう!アニメ風とか劇画風とか!←パターン名←状況←問題←解決←結果「はなすことでわかる」自分の考えをまとめていると…ごちゃごちゃしちゃって、わけがわからなくなるよね。そんなときは、考えていることを誰かに話してみよう!そうすると、だんだん言いたいことが見えてくるよ。
  13. 13. 「未来はすでに訪れている。 ただし、あらゆる場に等しく訪れているわけではない」ウィリアム・ギブソン世界のほんの一部でみられる面白い事例・現象を、より一般的なものとして拡大してイメージしてみる。2.「新しいものがある状態」を考える
  14. 14. 未来を思い描く方法3.「時代の流れ」を考える
  15. 15. C CCConsumption Communication Creation消費社会 コミュニケーション社会(狭義の情報社会)創造社会3.「時代の流れ」を考える井庭 2012
  16. 16. ある点からの「変化」だけでは、自由度が高く、まったく異なる他の可能性も想定され得る。
  17. 17. 2点をつなぐ「変化」の「次の変化」を考えると、そこに「文脈」が生まれ、自由度・可能性が制約される。
  18. 18. まだない世界を想像=創造する自分が納得・実感する他の人の納得・共感を引き出す未来を思い描く
  19. 19. Learning 2.0話すLearning 1.0教わるLearning 3.0つくるPresentation 2.0発信・伝達Presentation 1.0マスコミの視聴Presentation 3.0創造の誘発Collaboration 2.0調整Collaboration 1.0命令・管理Collaboration 3.0育成PresentationLearningCollaborationCConsumption消費社会CCommunicationコミュニケーション社会(狭義の情報社会)CCreation創造社会
  20. 20. Daniel H. Pink, A Whole New Mind: Why Right-Brainers Will Rule the Future,Riverhead Trade, 2005/2006『ハイ・コンセプト「新しいこと」を考え出す人の時代』(ダニエル・ピンク,三笠書房, 2006)3.「時代の流れ」を考える
  21. 21. コンセプトの時代情報の時代工業の時代「過去一五〇年間を『三幕仕立てのドラマ』にたとえてみよう。」第一幕:工業の時代第二幕:情報の時代第三幕:コンセプトの時代
  22. 22. コンセプトの時代情報の時代工業の時代Daniel Pink (2005)コンセプトの時代情報の時代工業の時代農業の時代「この物語を『工業の時代』とその前の『農業の時代』にまで広げてある。」
  23. 23. Daniel Pink (2005)コンセプトの時代情報の時代工業の時代農業の時代左脳(詳細を分析)体力頼み右脳(全体像をとらえる)
  24. 24. 「個人が豊かになり、技術力による影響が強まり、世界がさらに密接につながるようになると、これら三つの要因は一つに収集された勢いとなって、私たちを新しい時代へと動かすようになる。」「これはかつて、農業の時代から産業の時代へ、そして情報の時代へと移行した過程と同じだ。」● 豊かさ(西欧諸国の生活に象徴される物質的豊かさ)● 技術革新(ホワイトカラーの仕事の一部のオートメーション化)● グローバリゼーション(ある種のナレッジ・ワーカーの仕事におけるアジアなど海外への移行)コンセプトの時代情報の時代工業の時代農業の時代
  25. 25. まだない世界を想像=創造する自分が納得・実感する他の人の納得・共感を引き出す未来を思い描く
  26. 26. ハイ・コンセプト(High Concept)パターンやチャンスを見出す能力芸術的で感情面に訴える美を生み出す能力人を納得させる話のできる能力一見ばらばらな概念を組み合わせて何か新しい構想や概念を生み出す能力ハイ・タッチ(High Touch)他人と共感する能力人間関係の機微を感じ取る能力自らに喜びを見出し、また、他の人々が喜びを見つける手助けをする能力そしてごく日常的な出来事についてもその目的や意義を追求する能力「ハイ・コンセプトとハイ・タッチの傾向が、私たちの生活の周辺部から中心部へと移ってきているのだ。」その新しい時代を動かしていく力
  27. 27. 6つのセンス(The Six Senses)・デザイン(Design):機能だけでなく「デザイン」・物語(Story):議論よりは「物語」・調和(Symphony):個別よりも「全体の調和」・共感(Empathy):論理ではなく「共感」・遊び(Play):まじめだけでなく「遊び心」・生きがい(Meaning):モノよりも「生きがい」「ハイ・コンセプトでハイ・タッチな『六つのセンス』こそが、新しい時代に必要不可欠な感性だ」
  28. 28. 「これら六つの感性は、ますます私たちの生活を左右し、世の中を形作っていくようになる。」「だが、恐れることはない。これから説明する『ハイ・コンセプト』『ハイ・タッチ』な能力は、ほとんどが基本的に人間に備わった資質なのだ。」「これらの能力は常に、人間であるということの証の一つであったのだ。」「だが、しばらくの間、『産業の時代』が続き、これらの能力は衰えてしまった」6つのセンス(The Six Senses)「誰にだって『コンセプトの時代』の六つの感性を身につけることができる。」未来過去現在未来
  29. 29. 「新生復活の未来ヴィジョン」Context:新しい時代のヴィジョンを掲げる。Clue:過去と現在の二つの時代の特徴を象徴的に表現し、過去にあったよいもので現在失われたものを新しいかたちで復活させることを考える。Consequence:未来の話は本来はイメージしにくいものだが、過去にあったものが変化したというものであば、未だ見ぬものへのイメージがわき、説得力も出る。※「発想言語」の形式(Context、Clue、Consequence)井庭 2012モリス・バーマン『デカルトからベイトソンへ』クリストファー・アレグザンダー『時を超えた建設の道』ウォルター・J・オング『声の文化と文字の文化』
  30. 30. 『情報社会のいま:あたらしい智民たちへ』(公文 俊平, NTT出版, 2011)3.「時代の流れ」を考える
  31. 31. 時間の流れのなかでの変化成長モデル循環モデルS字波モデル(sigmoid)S字波モデル「横軸に時間をとり、縦軸には規模に関する適当な指標をとって描かれ、ゆるやかな “出現”、急速な “突破”、ゆるやかな “成熟”の三つの局面をもち、“S”の字を横に引き延ばしたような形をしています。」出現突破成熟S字波のフラクタル大小無数のS字波が互いに継起・連鎖・複合し合っている
  32. 32. 1550 1750 1950公文 俊平近代化の三局面
  33. 33. 2点をつなぐ「変化」の「組み合わせ」、もしくは「展開のロジック」を考えて「文脈」を生み、納得性の高い未来像を想像=創造する。3.「時代の流れ」を考える
  34. 34. 3.「時代の流れ」を考える2.「新しいものがある状態」を考える1.「自分が生きたい世界」を考える未来を思い描く方法
  35. 35. まだない世界を想像=創造する自分が納得・実感する他の人の納得・共感を引き出す未来を思い描く
  36. 36. 未来を思い描く井庭 崇(Takashi Iba)慶應義塾大学SFC 総合政策学部准教授井庭研レクチャーズ Vol.1takashiiba方法2013年4月25日

×