Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
創造的な職員研修・FD体験!
アクティブ・ラーニング・パターンによる対話
井庭 崇(Takashi Iba)
慶應義塾大学 総合政策学部 准教授
iba@sfc.keio.ac.jp
CIEC PCカンファレンス2017
対話ワークショップ
2...
Takashi Iba
博士(政策・メディア)
慶應義塾大学SFC 総合政策学部 准教授
株式会社クリエイティブシフト代表取締役
創造社会を支える方法・道具をつくる
● 個人・組織・社会が、より創造的になることの支援
● 社会システム理論、方法...
対象領域における「経験則」を「言語化」して共有する方法
成功に潜む共通パターンを言語化する。
状況・問題・解決の共通パターン
経験則を指し示す
言葉
パターン名
パターン・ランゲージ
Context
Problem
Solution
Context
Problem
Solution
Context
Problem
Solution
Context
Problem
Solution
Context
Problem
Soluti...
What
Why How
Who
When Where
何を
誰が
なぜ
どこでいつ
どのように
「つくる」ことの
本質的な一部
「つくる」ことの
背景にあたる部分
Who
When Where
誰が
どこでいつ
What
Why How
何を...
生徒が学びの主体となり成長していくために、教師が実
践できる指導のヒントを言語化し、45の「パターン」
としてまとめています。
アクティブ・ラーニングを日々実践されている先生の経
験則から、主体的な学びを引き出すための考え方や振
る舞い方、授業...
A1.
A2.
A3.
学びの主人公
同じ側に立つ
未来への広がり
A. 学びたい心を見つけ、育てる
B1.
B2.
B3.
学び方を学ぶ
疑問をもつ力
達成への粘り
B. 一段上へ引き上げる
C1.
C2.
C3.
学び続ける教師
世界への接...
1. 歩きながらの対話ワークショップ
Walking Dialogue with Patterns
2. パターン・カードを用いた対話ワークショップ
Table Dialogue with Pattern Cards
3. パターン・カードを用...
1. 歩きながらの対話ワークショップ
Walking Dialogue with Patterns
2. パターン・カードを用いた対話ワークショップ
Table Dialogue with Pattern Cards
3. パターン・カードを用...
A1.
A2.
A3.
学びの主人公
同じ側に立つ
未来への広がり
A. 学びたい心を見つけ、育てる
B1.
B2.
B3.
学び方を学ぶ
疑問をもつ力
達成への粘り
B. 一段上へ引き上げる
C1.
C2.
C3.
学び続ける教師
世界への接...
A1.
A2.
A3.
学びの主人公
同じ側に立つ
未来への広がり
A. 学びたい心を見つけ、育てる
Active Learning Patterns for Teachers
アクティブ・ラーニングのためのパターン・ランゲージ《 教師編》
お...
A1.
A2.
A3.
学びの主人公
同じ側に立つ
未来への広がり
A. 学びたい心を見つけ、育てる
Active Learning Patterns for Teachers
アクティブ・ラーニングのためのパターン・ランゲージ《 教師編》
お...
主体的に学ぶ力を身につけてほしい。
▼その状況において
先生が話すことや仕掛けることを授業の中心に据えてしまうと、生徒は先
生が何かをしてくれるのを待つようになってしまう。たしかに教師は、学
校全体の状況や到達すべき目標を知っており、それらを踏...
主体的に学ぶ力を身につけてほしい。
▼その状況において
先生が話すことや仕掛けることを授業の中心に据えてしまうと、生徒は先
生が何かをしてくれるのを待つようになってしまう。たしかに教師は、学
校全体の状況や到達すべき目標を知っており、それらを踏...
A1.
A2.
A3.
学びの主人公
同じ側に立つ
未来への広がり
A. 学びたい心を見つけ、育てる
Active Learning Patterns for Teachers
アクティブ・ラーニングのためのパターン・ランゲージ《 教師編》
お...
自分が取り入れたいパターンについて
経験している人から経験談を聞く
自分が実践するときのイメージをつかむ
パターンを用いた対話ワークショップ
Walking Dialogue with Patterns
対話準備シートを手に持って歩く。
取り入れたいパターンの経験者を探し、 見つけたら、その経験談を
聞く。聞いた「相手の名前」と「経験談の概要」をメモする。
逆に、自分の経験があるパターン を取り入れたい人がいたら、その
人に、自分の経験談を話す...
Enjoy!
パターンを用いた対話ワークショップ
Walking Dialogue
Learning Patterns Project
創造的な学びのパターン・ランゲージ
patternsラーニング・パターン
2014 Spring
慶應義塾大学SFC 総合政策学部・環境情報学部
毎年新入生900人が対話のワークショップを経験
慶應義塾大学SFC 看護医療学部
学びの対話ワークショップ
1. 歩きながらの対話ワークショップ
Walking Dialogue with Patterns
2. パターン・カードを用いた対話ワークショップ
Table Dialogue with Pattern Cards
3. パターン・カードを用...
A1.
A2.
A3.
学びの主人公
同じ側に立つ
未来への広がり
A. 学びたい心を見つけ、育てる
B1.
B2.
B3.
学び方を学ぶ
疑問をもつ力
達成への粘り
B. 一段上へ引き上げる
C1.
C2.
C3.
学び続ける教師
世界への接...
▼その状況において
▼そこで
生徒が授業の進め方や目的に疑問を感じていると、
授業に対する積極性が低下し、主体的な学びにはつ
ながらない。
授業中に、生徒から薄い反応しか返ってこない。
一緒に改善
自分だけが授業をつくっている
のではない。
そ...
シャッフル
1人5枚配る
トランプのようにシャッフルする
人の前に1枚ずつ置いていき、最終的に1人5枚になるように配る。
手持ちのカードを見て、経験があるもの・普段やっているものを選ぶ。
経験のあるカードを選ぶ
パターンと自分の経験談の紹介
順...
手持ちのカードを見て、他の人から経験談や秘訣を聞いてみたいカー
ドを選ぶ。
他の人の経験談や秘訣を聞いてみたいカードを選ぶ
パターンの紹介と質問
自分の選んだパターンを紹介し、その経験者がいるかどうかを聞く。
経験者がいたら経験談や秘訣を話して...
ケーススタディ・カフェ
コーヒーでも飲みながら、
互いの実践を語り合う。
1. 歩きながらの対話ワークショップ
Walking Dialogue with Patterns
2. パターン・カードを用いた対話ワークショップ
Table Dialogue with Pattern Cards
3. パターン・カードを用...
ALPカード
今回は、C1~C15までを使用
▼その状況において
▼そこで
それらを好きだと感じる本質を探っていくことで、
自分の興味関心の方向性を見つけ出していく。
好きなことはいくつか思いあたるものの、その延長線
上に将来の自分を描こうとす...
テーブルにカードを並べる
テーブルにC1~15のカードを並べる。
並べたカードのなかから、自分が大切にしたいと思う・お気に入りの
カードを選ぶ。
自分が大切にしたいと思う・お気に入りのカードを選ぶ
パターンと自分の経験談の紹介
自分だ選んだパタ...
A1.
A2.
A3.
学びの主人公
同じ側に立つ
未来への広がり
A. 学びたい心を見つけ、育てる
B1.
B2.
B3.
学び方を学ぶ
疑問をもつ力
達成への粘り
B. 一段上へ引き上げる
C1.
C2.
C3.
学び続ける教師
世界への接...
生徒が学びの主体となり成長していくために、教師が実
践できる指導のヒントを言語化し、45の「パターン」
としてまとめています。
アクティブ・ラーニングを日々実践されている先生の経
験則から、主体的な学びを引き出すための考え方や振
る舞い方、授業...
1.マイニング・インタビュー
アクティブ・ラーニングを実践している先⽣
⽅から、考え⽅・⾏動を抽出するインタビュー。
1回3〜4名にお集まりいただき、4時間程度の
グループインタビュー形式で実施。
インタビュー対象者は以下の属性の⽅々より
計1...
2.パターンの種を拾う
インタビュー内容から、⽣徒を主体的にさせる
ために先⽣⽅がしている⾏動を拾い出し、1つの
⼯夫を1つのパターンの種として記述。
4回のインタビューから拾い出した種は、430を
超えた。
種の一例
3.クラスタリング
パターンの種をKJ法で分類するクラスタリング。
12名が参加し、対話をしながら⼯夫の主旨が近い
種同⼠を集め、抽象化していく。
約8時間のワークの後に、430個の種はすべて
グループ(パターン候補)に分けられた。
その後、精...
3.クラスタリング2次
131のパターン候補から、さらにそれらの意思を
確認しながら分類を⾏い、クラスタリング完了。
約8時間かけ、46のグループに集約された。
4.CPSライティング
各グループを、パターン形式の⾻格となる
CPS(Context, Problem, Solution)で
記述する。「種」を参照しながら書き
起こしていく。
主要素のみでシンプルに書くことで、他の
パターンとの重複確認や...
5.構造化
46個のパターンの類似性や関連性を探しながら
「主体的な学びを引き出す教師の⾏動」の全体
像を⾒つけ出していく。
途中まではボトムアップで、終盤は読みやすさ
や発⾒的要素の作り込みなどの使⽤者視点も踏
まえながら、進める。この段階で...
6.パターン・ライティング
各グループを、本格的なパターン形式で詳細に
記述する。
「種」を参照しつつも、全体像の中での位置づけを
踏まえながら、Context, Problem, Force,
Solution, Action, Conseq...
7.パターン・レビュー
各担当が書いたパターンを、複数⼈で磨き上げ
ていく。多様な視点が⼊ることで、個⼈的な
主観性を排除しながら表現や内容を⾼めていく。
*この⼯程も含め、この後すべての⼯程で、構造化は⾏い続
 け、個と全体を⾏き来しながら、...
8.イラストレーティング(7⽉1⽇〜)
パターン内容が固まってきたら、それを
象徴する名前とイラストを検討する。
イラスト担当も加わり、ラフを描き直し
ながら、本質を⾒極めていく。
9.ALP研究版の試⽤
先⽣⽅を対象にカードを使ってのワーク
ショップを実施。
「アクティブ・ラーニング・パターンを用いたワークショップ」, OECD日本イノベーション教育ネットワーク 第4回教員研修, 2016年8月
「ALP」活用方法
自分がどれくらい AL のコツを実践できているかチェッ
クするアセスメント。どこをレベルアップできそうかな
ど目標設定をする際に役立ちます。また、組織的に取り
組めば、組織アセスメントとしても活用できます。
先生同士での「対...
ご所属(            ) 担当教科・科目(      ) 校務・分掌(      ) 教員歴(  )年
チャート・
カテゴリー
◯の個数
経験チェック
◯
パターン名 Solution
A1 学びの主人公 生徒それぞれが自分で気づき、...
 
「ALPアセスメント」の使い方
チャート・
カテゴリー
◯の個数
経験チェック
◯
パターン名 Solution
A1 学びの主人公 生徒それぞれが自分で気づき、考え、行動することを誘発する授業をする。
[1] A2 同じ側に立つ 生徒がこ...
[1]
生徒を中心にする
(A1-3)
[2]
心をひらく場にする
(A4-6)
[3]
興味の原石を見つける
(A7-9)
[4]
広がる面白さを味わう
(A10-12)
[5]
自分と学びをつなげる
(A13-15)
[6]
変わっていける...
ALPアセスメントの結果例
って。ほんとに、ちょっとそういう部分があって、しゃべらないって、
サボっててダメなんじゃないかって思わせるような、悪しき習慣があ
る。他にも、「アクティブ・ラーニングっぽいのに慣れると、寂しく
なった」って言われたことがあります。生徒が自分に関...
▼その状況において
▼そこで
生徒が授業の進め方や目的に疑問を感じていると、
授業に対する積極性が低下し、主体的な学びにはつ
ながらない。
授業中に、生徒から薄い反応しか返ってこない。
一緒に改善
自分だけが授業をつくっている
のではない。
そ...
受付時間/月~金 8:00~19:00 土 8:00~17:00 祝日,年末・年始を除く
株式会社ベネッセコーポレーション 岡山本社 〒700-8686 岡山県岡山市北区南方3-7-17
お問い合わせ先
0120-350455 (通話料無料)お...
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

「創造的な職員研修・FD体験! アクティブ・ラーニング・パターンによる対話」(井庭崇, PCカンファレンス2017 対話ワークショップ)

1,253 views

Published on

「創造的な職員研修・FD体験! アクティブ・ラーニング・パターンによる対話」(井庭崇)
PCカンファレンス2017基調講演, 慶應義塾大学SFC
2017年8月5日(土)

教師が自らの実践をよりよくしていくためには,どうしたらよいのでしょうか? 「創造する学び-アクティブ・ラーニング2.0-」をテーマに掲げる今回のカンファレンスでは,教師も「創造する学び」によって自らの力を磨いていくという考えのもと,そのための新しい方法を紹介し,実際に体験していただきます。
さらに,今回体験する対話ワークショップを,みなさんの学校・職場・コミュニティで,創造的な職員研修・FD(Faculty Development)として実施するためのコツも伝授します。今回対話で用いるのは,「生徒・学生が学びの主体となりながら成長していく」ために教師にできる実践のコツをまとめた「アクティブ・ラーニング・パターン《教師編》」(Active Learning Patterns for Teachers)です。
これは,アクティブ・ラーニングを日々実践されている先生のふるまい,授業のしかけ,考え方など,実際の経験則をもとにつくられたものです。このあとの基調講演につながる内容ですので,ぜひこの対話ワークショップから参加してみてください。

「アクティブ・ラーニング・パターン《教師編》」についてはこちら
http://creativeshift.co.jp/news/1204/
http://blog.benesse.ne.jp/bh/ja/news/20170804release.pdf
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000593.000000120.html

Published in: Education
  • Be the first to comment

「創造的な職員研修・FD体験! アクティブ・ラーニング・パターンによる対話」(井庭崇, PCカンファレンス2017 対話ワークショップ)

  1. 1. 創造的な職員研修・FD体験! アクティブ・ラーニング・パターンによる対話 井庭 崇(Takashi Iba) 慶應義塾大学 総合政策学部 准教授 iba@sfc.keio.ac.jp CIEC PCカンファレンス2017 対話ワークショップ 2017年8月5日(土)
  2. 2. Takashi Iba 博士(政策・メディア) 慶應義塾大学SFC 総合政策学部 准教授 株式会社クリエイティブシフト代表取締役 創造社会を支える方法・道具をつくる ● 個人・組織・社会が、より創造的になることの支援 ● 社会システム理論、方法論 ● 「パターン・ランゲージ」の研究と実践 パターン・ランゲージ Reality リアリティ プラス Pattern Languages 創造的な未来をつくるための言語 中 埜 博 NakanoHiroshi 江 渡 浩 一 郎 EtoKoichiro 中 西 泰 人 NakanishiYasuto 竹 中 平 蔵 TakenakaHeizō 羽 生 田 栄 一 EiitiHanyuda 井 庭 崇﹇ 編 著 ﹈ IbaTakashi 定価(本体 2,400円+税) 創造的な社会へ 応急処置的な社会から、 中埜 博 江渡浩一郎 中西泰人 竹中平蔵 羽生田栄一 井庭 崇 パターン・ランゲージによって、私たちはどのような未来をつくることができるのか? 気鋭の社会学者・井庭崇が、中埜博、江渡浩一郎、中西泰人、竹中平蔵、羽生田栄一 という各界のフロントランナーを迎え、徹底討論。 読者のリアリティに、新たな知をプラスする ﹇ 編 著 ﹈                                                                         !! 井庭 崇 井庭研 A Iba Lab B (GIGA) Kaori Harasawa, Natsumi Miyazaki, Rika Sakuraba and Takashi Iba Takashi Iba with Iba Laboratory Collaboration Patterns A Pattern Language for Creative Collaboration
  3. 3. 対象領域における「経験則」を「言語化」して共有する方法 成功に潜む共通パターンを言語化する。 状況・問題・解決の共通パターン 経験則を指し示す 言葉 パターン名 パターン・ランゲージ
  4. 4. Context Problem Solution Context Problem Solution Context Problem Solution Context Problem Solution Context Problem SolutionContext Problem Solution Context Problem Solution Context Problem Solution Context Problem Solution Context Problem Solution pattern pattern pattern pattern pattern pattern pattern pattern pattern pattern 個々のパターンは、小さい単位でまとめられている。 パターンは相互に関係し合い、ひとつの言語体系を形成する。 これら全体的で「いきいきとした質」を実現する。 パターン・ランゲージ
  5. 5. What Why How Who When Where 何を 誰が なぜ どこでいつ どのように 「つくる」ことの 本質的な一部 「つくる」ことの 背景にあたる部分 Who When Where 誰が どこでいつ What Why How 何を なぜ どのように What Why How 何を なぜ どのように What Why How 何を なぜ どのように What Why How 何を なぜ どのように What Why How 何を なぜ どのように What Why How 何を なぜ どのように What Why How 何を なぜ どのよう に What Why How 何を なぜ どのよう に What Why How 何を なぜ どのように pattern pattern pattern pattern 自分の実践につながりやすい 物事を見る「認識のメガネ」になる 新しいボキャブラリーとなり、コミュニケーションを促進する パターン・ランゲージ experience as a whole pattern pattern pattern pattern Pattern Language as Glasses of Recognition experience as a whole experience as a whole pattern pattern pattern pattern Pattern Language as Vocabulary for Communication pattern
  6. 6. 生徒が学びの主体となり成長していくために、教師が実 践できる指導のヒントを言語化し、45の「パターン」 としてまとめています。 アクティブ・ラーニングを日々実践されている先生の経 験則から、主体的な学びを引き出すための考え方や振 る舞い方、授業のしかけなどを抽出・体系化し、記述 しました。 このパターンを用いることで、自分の経験を振り返った り、教科や経験の垣根を超えて同僚の先生たちと経験談 を語り、高め合ったりすることが可能になります。 アクティブ・ラーニング・パターン《教師編》 ALP冊子 http://blog.benesse.ne.jp/bh/ja/news/20170804release.pdf
  7. 7. A1. A2. A3. 学びの主人公 同じ側に立つ 未来への広がり A. 学びたい心を見つけ、育てる B1. B2. B3. 学び方を学ぶ 疑問をもつ力 達成への粘り B. 一段上へ引き上げる C1. C2. C3. 学び続ける教師 世界への接点 自分なりの哲学 C. ともに高めあい、変わり続ける Active Learning Patterns for Teachers アクティブ・ラーニングのためのパターン・ランゲージ《 教師編》 おしゃべりの関係 なじみのチーム 自然な動き 心が動くこと 好きの深掘り 考えの可視化 グッド&ベター 視点のアップグレード つながる感動 全体のなかの位置づけ 意図の共有 夢への対話 A4. A5. A6. A7. A8. A9. A10. A11. A12. A13. A14. A15. B4. B5. B6. B7. B8. B9. B10. B11. B12. B13. B14. B15. 楽しい入口 とっつきやすい課題 いろんな参加 探究の道具 概念の体験 ポジティブなもやもや 挑戦への着火 晴れ舞台をつくる 超えるべきライン 自分で決める経験 成長への糧 リフレクション・ダイアローグ C4. C5. C6. C7. C8. C9. C10. C11. C12. C13. C14. C15. 余裕をつくる 自分のワクワク まずやってみる その場でのアレンジ 技のストック 一緒に改善 場を変える 想定外の取り込み 学びの編集者 ケーススタディ・カフェ 教科間コラボ 個性の集まり
  8. 8. 1. 歩きながらの対話ワークショップ Walking Dialogue with Patterns 2. パターン・カードを用いた対話ワークショップ Table Dialogue with Pattern Cards 3. パターン・カードを用いた意味の探求ワークショップ Sense-Making with Pattern Cards
  9. 9. 1. 歩きながらの対話ワークショップ Walking Dialogue with Patterns 2. パターン・カードを用いた対話ワークショップ Table Dialogue with Pattern Cards 3. パターン・カードを用いた意味の探求ワークショップ Sense-Making with Pattern Cards
  10. 10. A1. A2. A3. 学びの主人公 同じ側に立つ 未来への広がり A. 学びたい心を見つけ、育てる B1. B2. B3. 学び方を学ぶ 疑問をもつ力 達成への粘り B. 一段上へ引き上げる C1. C2. C3. 学び続ける教師 世界への接点 自分なりの哲学 C. ともに高めあい、変わり続ける Active Learning Patterns for Teachers アクティブ・ラーニングのためのパターン・ランゲージ《 教師編》 おしゃべりの関係 なじみのチーム 自然な動き 心が動くこと 好きの深掘り 考えの可視化 グッド&ベター 視点のアップグレード つながる感動 全体のなかの位置づけ 意図の共有 夢への対話 A4. A5. A6. A7. A8. A9. A10. A11. A12. A13. A14. A15. B4. B5. B6. B7. B8. B9. B10. B11. B12. B13. B14. B15. 楽しい入口 とっつきやすい課題 いろんな参加 探究の道具 概念の体験 ポジティブなもやもや 挑戦への着火 晴れ舞台をつくる 超えるべきライン 自分で決める経験 成長への糧 リフレクション・ダイアローグ C4. C5. C6. C7. C8. C9. C10. C11. C12. C13. C14. C15. 余裕をつくる 自分のワクワク まずやってみる その場でのアレンジ 技のストック 一緒に改善 場を変える 想定外の取り込み 学びの編集者 ケーススタディ・カフェ 教科間コラボ 個性の集まり
  11. 11. A1. A2. A3. 学びの主人公 同じ側に立つ 未来への広がり A. 学びたい心を見つけ、育てる Active Learning Patterns for Teachers アクティブ・ラーニングのためのパターン・ランゲージ《 教師編》 おしゃべりの関係 なじみのチーム 自然な動き 心が動くこと 好きの深掘り 考えの可視化 グッド&ベター 視点のアップグレード つながる感動 全体のなかの位置づけ 意図の共有 夢への対話 A4. A5. A6. A7. A8. A9. A10. A11. A12. A13. A14. A15. 対話準備シート
  12. 12. A1. A2. A3. 学びの主人公 同じ側に立つ 未来への広がり A. 学びたい心を見つけ、育てる Active Learning Patterns for Teachers アクティブ・ラーニングのためのパターン・ランゲージ《 教師編》 おしゃべりの関係 なじみのチーム 自然な動き 心が動くこと 好きの深掘り 考えの可視化 グッド&ベター 視点のアップグレード つながる感動 全体のなかの位置づけ 意図の共有 夢への対話 A4. A5. A6. A7. A8. A9. A10. A11. A12. A13. A14. A15. ⭐ ⭐ ⭐ ⭐ ⭐ 経験したことがあるパターンをすべて ○で囲む。 これから取り入れたいと思うパターンに ⭐印をつける。 対話準備シート
  13. 13. 主体的に学ぶ力を身につけてほしい。 ▼その状況において 先生が話すことや仕掛けることを授業の中心に据えてしまうと、生徒は先 生が何かをしてくれるのを待つようになってしまう。たしかに教師は、学 校全体の状況や到達すべき目標を知っており、それらを踏まえて授業を提 供しなくてはならないため、常に責任を抱えている。しかし、わかりやす く解説したり、魅力的な体験を提供しようと工夫してつくり込んだりすれ ばするほど、結果として教室での主導権を握ることになりやすい。こうし て、「提供する先生」と「それを受ける生徒」という関係ができあがり、 生徒たちは受動的になってしまう。 ▼そこで 生徒それぞれが自分で気づき、考え、行動することを誘発する授業をす る。まず、自分の授業で生徒にしてもらいたい経験、得てもらいたい気づ きを決める。そして、それを授業の目的として設定し、生徒にその体験が 起こるように授業を進めていく。生徒に積んでもらいたい経験はたくさん あるが、そのなかでも今どのようなことが有効なのか、またそのためにど のように授業・課題をつくっていけばよいのかについては、この Active Learning Patterns を参考にしたり、他の教師たちとアイデアや事例の情 報交換をしたりすることで、見つけていくことができる。 ▼その結果 生徒たちは、まさに自分こそが学びの主体であるという意識をもつことで、 主体的に学びに取り組む意味を知ることができる。この変化は最初はわず かなものかもしれないが、それらが生徒同士で共鳴し合い、高め合うこと で、全体として学びに対する姿勢とムードが変わり、生きる力を主体的に 身につけていくコミュニティをつくることにつながる。 一人ひとりが、 学び続ける人生の主人公である。 学びの主人公 A1
  14. 14. 主体的に学ぶ力を身につけてほしい。 ▼その状況において 先生が話すことや仕掛けることを授業の中心に据えてしまうと、生徒は先 生が何かをしてくれるのを待つようになってしまう。たしかに教師は、学 校全体の状況や到達すべき目標を知っており、それらを踏まえて授業を提 供しなくてはならないため、常に責任を抱えている。しかし、わかりやす く解説したり、魅力的な体験を提供しようと工夫してつくり込んだりすれ ばするほど、結果として教室での主導権を握ることになりやすい。こうし て、「提供する先生」と「それを受ける生徒」という関係ができあがり、 生徒たちは受動的になってしまう。 ▼そこで 生徒それぞれが自分で気づき、考え、行動することを誘発する授業をす る。まず、自分の授業で生徒にしてもらいたい経験、得てもらいたい気づ きを決める。そして、それを授業の目的として設定し、生徒にその体験が 起こるように授業を進めていく。生徒に積んでもらいたい経験はたくさん あるが、そのなかでも今どのようなことが有効なのか、またそのためにど のように授業・課題をつくっていけばよいのかについては、この Active Learning Patterns を参考にしたり、他の教師たちとアイデアや事例の情 報交換をしたりすることで、見つけていくことができる。 ▼その結果 生徒たちは、まさに自分こそが学びの主体であるという意識をもつことで、 主体的に学びに取り組む意味を知ることができる。この変化は最初はわず かなものかもしれないが、それらが生徒同士で共鳴し合い、高め合うこと で、全体として学びに対する姿勢とムードが変わり、生きる力を主体的に 身につけていくコミュニティをつくることにつながる。 一人ひとりが、 学び続ける人生の主人公である。 学びの主人公 A1
  15. 15. A1. A2. A3. 学びの主人公 同じ側に立つ 未来への広がり A. 学びたい心を見つけ、育てる Active Learning Patterns for Teachers アクティブ・ラーニングのためのパターン・ランゲージ《 教師編》 おしゃべりの関係 なじみのチーム 自然な動き 心が動くこと 好きの深掘り 考えの可視化 グッド&ベター 視点のアップグレード つながる感動 全体のなかの位置づけ 意図の共有 夢への対話 A4. A5. A6. A7. A8. A9. A10. A11. A12. A13. A14. A15. ⭐ ⭐ ⭐ ⭐ ⭐ 経験したことがあるパターンをすべて ○で囲む。 これから取り入れたいと思うパターンに ⭐印をつける。 対話準備シート
  16. 16. 自分が取り入れたいパターンについて 経験している人から経験談を聞く 自分が実践するときのイメージをつかむ パターンを用いた対話ワークショップ Walking Dialogue with Patterns
  17. 17. 対話準備シートを手に持って歩く。 取り入れたいパターンの経験者を探し、 見つけたら、その経験談を 聞く。聞いた「相手の名前」と「経験談の概要」をメモする。 逆に、自分の経験があるパターン を取り入れたい人がいたら、その 人に、自分の経験談を話す。 1. 知らない人(友人・知人以外)に話しかける 2. パターン名を積極的に使って会話する 3. できるだけたくさんの人の体験談を集める パターンを用いた対話ワークショップ Walking Dialogue with Patterns
  18. 18. Enjoy! パターンを用いた対話ワークショップ Walking Dialogue
  19. 19. Learning Patterns Project 創造的な学びのパターン・ランゲージ patternsラーニング・パターン 2014 Spring 慶應義塾大学SFC 総合政策学部・環境情報学部 毎年新入生900人が対話のワークショップを経験
  20. 20. 慶應義塾大学SFC 看護医療学部 学びの対話ワークショップ
  21. 21. 1. 歩きながらの対話ワークショップ Walking Dialogue with Patterns 2. パターン・カードを用いた対話ワークショップ Table Dialogue with Pattern Cards 3. パターン・カードを用いた意味の探求ワークショップ Sense-Making with Pattern Cards
  22. 22. A1. A2. A3. 学びの主人公 同じ側に立つ 未来への広がり A. 学びたい心を見つけ、育てる B1. B2. B3. 学び方を学ぶ 疑問をもつ力 達成への粘り B. 一段上へ引き上げる C1. C2. C3. 学び続ける教師 世界への接点 自分なりの哲学 C. ともに高めあい、変わり続ける Active Learning Patterns for Teachers アクティブ・ラーニングのためのパターン・ランゲージ《 教師編》 おしゃべりの関係 なじみのチーム 自然な動き 心が動くこと 好きの深掘り 考えの可視化 グッド&ベター 視点のアップグレード つながる感動 全体のなかの位置づけ 意図の共有 夢への対話 A4. A5. A6. A7. A8. A9. A10. A11. A12. A13. A14. A15. B4. B5. B6. B7. B8. B9. B10. B11. B12. B13. B14. B15. 楽しい入口 とっつきやすい課題 いろんな参加 探究の道具 概念の体験 ポジティブなもやもや 挑戦への着火 晴れ舞台をつくる 超えるべきライン 自分で決める経験 成長への糧 リフレクション・ダイアローグ C4. C5. C6. C7. C8. C9. C10. C11. C12. C13. C14. C15. 余裕をつくる 自分のワクワク まずやってみる その場でのアレンジ 技のストック 一緒に改善 場を変える 想定外の取り込み 学びの編集者 ケーススタディ・カフェ 教科間コラボ 個性の集まり
  23. 23. ▼その状況において ▼そこで 生徒が授業の進め方や目的に疑問を感じていると、 授業に対する積極性が低下し、主体的な学びにはつ ながらない。 授業中に、生徒から薄い反応しか返ってこない。 一緒に改善 自分だけが授業をつくっている のではない。 その場に関する自分の気持ちや迷いを素直に口に出 してみて、生徒の意見を聞き、対話をしながら一緒 によりよい授業につくり直していく。 ともに高めあい、変わり続ける ー 生徒とともにつくる C9 ▼その状況において ▼そこで 授業で知った概念を単純に覚えることを続けていて も、なかなか使える知識として定着させることはで きない。 新しい考え方や概念を教えている。 概念の体験 学んだ知識を使ってみると、 自分事になる。 学ぶべき概念を知ったあと、それを体現する機会を つくる。 一段上へ引き上げる ー いまの自分の世界を広げるB8 ▼その状況において ▼そこで 苦手なことをつぶしていき、まんべんなくできるよ うにするということを重視すると、学ぶことは苦し いことだという印象が強くなる。 学ぶ楽しさを感じてほしい。 好きの深掘り 知りたい、わかりたい という欲求に素直になる。 「知りたい」「わかりたい」という欲求を呼び起こし、 学ぶことの楽しさを味わう経験をもてるように、好 きなテーマを徹底的に掘り下げる機会をつくる。 学びたい心を見つけ、育てる ー 興味の原石を見つける A8 ALPカード 今回は、A1~B15までを使用
  24. 24. シャッフル 1人5枚配る トランプのようにシャッフルする 人の前に1枚ずつ置いていき、最終的に1人5枚になるように配る。 手持ちのカードを見て、経験があるもの・普段やっているものを選ぶ。 経験のあるカードを選ぶ パターンと自分の経験談の紹介 順番に、自分の選んだパターンを紹介し、その経験談を話す。 経験談を聞き終わったら、話してくれた人へ感謝の気持ちを込めて、 拍手を送る。 パターン・カードを用いた対話ワークショップ Table Dialogue with Pattern Cards ▼ そ の 状 況 に お い て ▼ そ こ で 生 徒 が 授 業 の 進 め 方 や 目 的 に 疑 問 を 感 じ て い る と 、 授 業 に 対 す る 積 極 性 が 低 下 し 、 主 体 的 な 学 び に は つ な が ら な い 。 授 業 中 に 、 生 徒 か ら 薄 い 反 応 し か 返 っ て こ な い 。 一 緒 に 改 善 自 分 だ け が 授 業 を つ く っ て い る の で は な い 。 そ の 場 に 関 す る 自 分 の 気 持 ち や 迷 い を 素 直 に 口 に 出 し て み て 、 生 徒 の 意 見 を 聞 き 、 対 話 を し な が ら 一 緒 に よ り よ い 授 業 に つ く り 直 し て い く 。 と も に 高 め あ い 、 変 わ り 続 け る ー 生 徒 と と も に つ く る C9 ▼ そ の 状 況 に お い て ▼ そ こ で 生 徒 が 授 業 の 進 め 方 や 目 的 に 疑 問 を 感 じ て い る と 、 授 業 に 対 す る 積 極 性 が 低 下 し 、 主 体 的 な 学 び に は つ な が ら な い 。 授 業 中 に 、 生 徒 か ら 薄 い 反 応 し か 返 っ て こ な い 。 一 緒 に 改 善 自 分 だ け が 授 業 を つ く っ て い る の で は な い 。 そ の 場 に 関 す る 自 分 の 気 持 ち や 迷 い を 素 直 に 口 に 出 し て み て 、 生 徒 の 意 見 を 聞 き 、 対 話 を し な が ら 一 緒 に よ り よ い 授 業 に つ く り 直 し て い く 。 と も に 高 め あ い 、 変 わ り 続 け る ー 生 徒 と と も に つ く る C9 ▼その状況において ▼そこで 生徒が授業の進め方や目的に疑問を感じていると、 授業に対する積極性が低下し、主体的な学びにはつ ながらない。 授業中に、生徒から薄い反応しか返ってこない。 一緒に改善 自分だけが授業をつくっている のではない。 その場に関する自分の気持ちや迷いを素直に口に出 してみて、生徒の意見を聞き、対話をしながら一緒 によりよい授業につくり直していく。 ともに高めあい、変わり続ける ー 生徒とともにつくる C9 ▼その状況において ▼そこで 苦手なことをつぶしていき、まんべんなくできるよ うにするということを重視すると、学ぶことは苦し いことだという印象が強くなる。 学ぶ楽しさを感じてほしい。 好きの深掘り 知りたい、わかりたいという欲求に素直になる。 「知りたい」「わかりたい」という欲求を呼び起こし、 学ぶことの楽しさを味わう経験をもてるように、好 きなテーマを徹底的に掘り下げる機会をつくる。 学びたい心を見つけ、育てる ー 興味の原石を見つける A8 ▼その状況において ▼そこで 授業で知った概念を単純に覚えることを続けていて も、なかなか使える知識として定着させることはで きない。 新しい考え方や概念を教えている。 概念の体験 学んだ知識を使ってみると、 自分事になる。 学ぶべき概念を知ったあと、それを体現する機会を つくる。 一段上へ引き上げる ー いまの自分の世界を広げる B8
  25. 25. 手持ちのカードを見て、他の人から経験談や秘訣を聞いてみたいカー ドを選ぶ。 他の人の経験談や秘訣を聞いてみたいカードを選ぶ パターンの紹介と質問 自分の選んだパターンを紹介し、その経験者がいるかどうかを聞く。 経験者がいたら経験談や秘訣を話してもらい、終わったら拍手を送る。 パターン・カードを用いた対話ワークショップ Table Dialogue with Pattern Cards ▼ そ の 状 況 に お い て ▼ そ こ で 生 徒 が 授 業 の 進 め 方 や 目 的 に 疑 問 を 感 じ て い る と 、 授 業 に 対 す る 積 極 性 が 低 下 し 、 主 体 的 な 学 び に は つ な が ら な い 。 授 業 中 に 、 生 徒 か ら 薄 い 反 応 し か 返 っ て こ な い 。 一 緒 に 改 善 自 分 だ け が 授 業 を つ く っ て い る の で は な い 。 そ の 場 に 関 す る 自 分 の 気 持 ち や 迷 い を 素 直 に 口 に 出 し て み て 、 生 徒 の 意 見 を 聞 き 、 対 話 を し な が ら 一 緒 に よ り よ い 授 業 に つ く り 直 し て い く 。 と も に 高 め あ い 、 変 わ り 続 け る ー 生 徒 と と も に つ く る C9 ▼ そ の 状 況 に お い て ▼ そ こ で 生 徒 が 授 業 の 進 め 方 や 目 的 に 疑 問 を 感 じ て い る と 、 授 業 に 対 す る 積 極 性 が 低 下 し 、 主 体 的 な 学 び に は つ な が ら な い 。 授 業 中 に 、 生 徒 か ら 薄 い 反 応 し か 返 っ て こ な い 。 一 緒 に 改 善 自 分 だ け が 授 業 を つ く っ て い る の で は な い 。 そ の 場 に 関 す る 自 分 の 気 持 ち や 迷 い を 素 直 に 口 に 出 し て み て 、 生 徒 の 意 見 を 聞 き 、 対 話 を し な が ら 一 緒 に よ り よ い 授 業 に つ く り 直 し て い く 。 と も に 高 め あ い 、 変 わ り 続 け る ー 生 徒 と と も に つ く る C9 ▼その状況において ▼そこで 生徒が授業の進め方や目的に疑問を感じていると、 授業に対する積極性が低下し、主体的な学びにはつ ながらない。 授業中に、生徒から薄い反応しか返ってこない。 一緒に改善 自分だけが授業をつくっている のではない。 その場に関する自分の気持ちや迷いを素直に口に出 してみて、生徒の意見を聞き、対話をしながら一緒 によりよい授業につくり直していく。 ともに高めあい、変わり続ける ー 生徒とともにつくる C9 ▼その状況において ▼そこで 苦手なことをつぶしていき、まんべんなくできるよ うにするということを重視すると、学ぶことは苦し いことだという印象が強くなる。 学ぶ楽しさを感じてほしい。 好きの深掘り 知りたい、わかりたいという欲求に素直になる。 「知りたい」「わかりたい」という欲求を呼び起こし、 学ぶことの楽しさを味わう経験をもてるように、好 きなテーマを徹底的に掘り下げる機会をつくる。 学びたい心を見つけ、育てる ー 興味の原石を見つける A8 ▼その状況において ▼そこで 授業で知った概念を単純に覚えることを続けていて も、なかなか使える知識として定着させることはで きない。 新しい考え方や概念を教えている。 概念の体験 学んだ知識を使ってみると、 自分事になる。 学ぶべき概念を知ったあと、それを体現する機会を つくる。 一段上へ引き上げる ー いまの自分の世界を広げる B8
  26. 26. ケーススタディ・カフェ コーヒーでも飲みながら、 互いの実践を語り合う。
  27. 27. 1. 歩きながらの対話ワークショップ Walking Dialogue with Patterns 2. パターン・カードを用いた対話ワークショップ Table Dialogue with Pattern Cards 3. パターン・カードを用いた意味の探求ワークショップ Sense-Making with Pattern Cards
  28. 28. ALPカード 今回は、C1~C15までを使用 ▼その状況において ▼そこで それらを好きだと感じる本質を探っていくことで、 自分の興味関心の方向性を見つけ出していく。 好きなことはいくつか思いあたるものの、その延長線 上に将来の自分を描こうとすると現実味が感じられな い。 自分が好きなことは何かを考えている。 大切にしたい軸が見えてくる。 A2. 輝き方を見つける - 興味の原石を捉える 自分の掘り起こし ▼その状況において ▼そこで 自分のやりたいことができて、目指すことに近づ いていける場所を志望先として選ぶようにする。 偏差値や知名度だけを重視して志望先を選んでしま うと、そこで自分がどのように未来をつくっていく のかを、考えることなく進むことになってしまいが ちである。 具体的な志望先を決めていきたい。 重要なのは、どこに属するかではなく、 どんなふうに過ごすか。 B1. 輝く場所を見つける - 求めることをつかむ 自分をつくる場所 ▼その状況において ▼そこで 生徒が授業の進め方や目的に疑問を感じていると、授業に対する積極性が低下し、主体的な学びにはつながらない。 授業中に、生徒から薄い反応しか返ってこない。 一緒に改善 自分だけが授業をつくっている のではない。 その場に関する自分の気持ちや迷いを素直に口に出してみて、生徒の意見を聞き、対話をしながら一緒によりよい授業につくり直していく。 ともに高めあい、変わり続ける ー 生徒とともにつくる C9 ▼その状況において ▼そこで 苦手なことをつぶしていき、まんべんなくできるよ うにするということを重視すると、学ぶことは苦し いことだという印象が強くなる。 学ぶ楽しさを感じてほしい。 好きの深掘り 知りたい、わかりたい という欲求に素直になる。 「知りたい」「わかりたい」という欲求を呼び起こし、 学ぶことの楽しさを味わう経験をもてるように、好 きなテーマを徹底的に掘り下げる機会をつくる。 学びたい心を見つけ、育てる ー 興味の原石を見つけるA8 ▼その状況において ▼そこで 授業で知った概念を単純に覚えることを続けていて も、なかなか使える知識として定着させることはで きない。 新しい考え方や概念を教えている。 概念の体験 学んだ知識を使ってみると、 自分事になる。 学ぶべき概念を知ったあと、それを体現する機会を つくる。 一段上へ引き上げる ー いまの自分の世界を広げるB8
  29. 29. テーブルにカードを並べる テーブルにC1~15のカードを並べる。 並べたカードのなかから、自分が大切にしたいと思う・お気に入りの カードを選ぶ。 自分が大切にしたいと思う・お気に入りのカードを選ぶ パターンと自分の経験談の紹介 自分だ選んだパターンが、人生や仕事において、どのような意味をも たらすのか、何をどう豊かにするのかについて、グループで話します。 パターン・カードを用いた意味の探求ワークショップ Sense-Making with Pattern Cards ▼その状況において ▼そこで それらを好きだと感じる本質を探っていくことで、 自分の興味関心の方向性を見つけ出していく。 好きなことはいくつか思いあたるものの、その延長線 上に将来の自分を描こうとすると現実味が感じられな い。 自分が好きなことは何かを考えている。 大切にしたい軸が見えてくる。 A2. 輝き方を見つける - 興味の原石を捉える 自分の掘り起こし ▼その状況において ▼そこで 自分のやりたいことができて、目指すことに近づ いていける場所を志望先として選ぶようにする。 偏差値や知名度だけを重視して志望先を選んでしま うと、そこで自分がどのように未来をつくっていく のかを、考えることなく進むことになってしまいが ちである。 具体的な志望先を決めていきたい。 重要なのは、どこに属するかではなく、 どんなふうに過ごすか。 B1. 輝く場所を見つける - 求めることをつかむ 自分をつくる場所 ▼その状況において ▼そこで 生徒が授業の進め方や目的に疑問を感じていると、 授業に対する積極性が低下し、主体的な学びにはつ ながらない。 授業中に、生徒から薄い反応しか返ってこない。 一緒に改善 自分だけが授業をつくっている のではない。 その場に関する自分の気持ちや迷いを素直に口に出 してみて、生徒の意見を聞き、対話をしながら一緒 によりよい授業につくり直していく。 ともに高めあい、変わり続ける ー 生徒とともにつくる C9 ▼その状況において ▼そこで 苦手なことをつぶしていき、まんべんなくできるよ うにするということを重視すると、学ぶことは苦し いことだという印象が強くなる。 学ぶ楽しさを感じてほしい。 好きの深掘り 知りたい、わかりたい という欲求に素直になる。 「知りたい」「わかりたい」という欲求を呼び起こし、 学ぶことの楽しさを味わう経験をもてるように、好 きなテーマを徹底的に掘り下げる機会をつくる。 学びたい心を見つけ、育てる ー 興味の原石を見つけるA8 ▼その状況において ▼そこで 授業で知った概念を単純に覚えることを続けていて も、なかなか使える知識として定着させることはで きない。 新しい考え方や概念を教えている。 概念の体験 学んだ知識を使ってみると、 自分事になる。 学ぶべき概念を知ったあと、それを体現する機会を つくる。 一段上へ引き上げる ー いまの自分の世界を広げるB8
  30. 30. A1. A2. A3. 学びの主人公 同じ側に立つ 未来への広がり A. 学びたい心を見つけ、育てる B1. B2. B3. 学び方を学ぶ 疑問をもつ力 達成への粘り B. 一段上へ引き上げる C1. C2. C3. 学び続ける教師 世界への接点 自分なりの哲学 C. ともに高めあい、変わり続ける Active Learning Patterns for Teachers アクティブ・ラーニングのためのパターン・ランゲージ《 教師編》 おしゃべりの関係 なじみのチーム 自然な動き 心が動くこと 好きの深掘り 考えの可視化 グッド&ベター 視点のアップグレード つながる感動 全体のなかの位置づけ 意図の共有 夢への対話 A4. A5. A6. A7. A8. A9. A10. A11. A12. A13. A14. A15. B4. B5. B6. B7. B8. B9. B10. B11. B12. B13. B14. B15. 楽しい入口 とっつきやすい課題 いろんな参加 探究の道具 概念の体験 ポジティブなもやもや 挑戦への着火 晴れ舞台をつくる 超えるべきライン 自分で決める経験 成長への糧 リフレクション・ダイアローグ C4. C5. C6. C7. C8. C9. C10. C11. C12. C13. C14. C15. 余裕をつくる 自分のワクワク まずやってみる その場でのアレンジ 技のストック 一緒に改善 場を変える 想定外の取り込み 学びの編集者 ケーススタディ・カフェ 教科間コラボ 個性の集まり
  31. 31. 生徒が学びの主体となり成長していくために、教師が実 践できる指導のヒントを言語化し、45の「パターン」 としてまとめています。 アクティブ・ラーニングを日々実践されている先生の経 験則から、主体的な学びを引き出すための考え方や振 る舞い方、授業のしかけなどを抽出・体系化し、記述 しました。 このパターンを用いることで、自分の経験を振り返った り、教科や経験の垣根を超えて同僚の先生たちと経験談 を語り、高め合ったりすることが可能になります。 アクティブ・ラーニング・パターン《教師編》 ALP冊子 http://blog.benesse.ne.jp/bh/ja/news/20170804release.pdf
  32. 32. 1.マイニング・インタビュー アクティブ・ラーニングを実践している先⽣ ⽅から、考え⽅・⾏動を抽出するインタビュー。 1回3〜4名にお集まりいただき、4時間程度の グループインタビュー形式で実施。 インタビュー対象者は以下の属性の⽅々より 計12名。  ・小・中・高・高専・大  ・公立・私立  ・北海道、福島、東京、神奈川、   石川、奈良、岡山、広島  ・国語、数学、地歴、歴公、生物、理科  ・校長
  33. 33. 2.パターンの種を拾う インタビュー内容から、⽣徒を主体的にさせる ために先⽣⽅がしている⾏動を拾い出し、1つの ⼯夫を1つのパターンの種として記述。 4回のインタビューから拾い出した種は、430を 超えた。 種の一例
  34. 34. 3.クラスタリング パターンの種をKJ法で分類するクラスタリング。 12名が参加し、対話をしながら⼯夫の主旨が近い 種同⼠を集め、抽象化していく。 約8時間のワークの後に、430個の種はすべて グループ(パターン候補)に分けられた。 その後、精緻化を続け131グループに。
  35. 35. 3.クラスタリング2次 131のパターン候補から、さらにそれらの意思を 確認しながら分類を⾏い、クラスタリング完了。 約8時間かけ、46のグループに集約された。
  36. 36. 4.CPSライティング 各グループを、パターン形式の⾻格となる CPS(Context, Problem, Solution)で 記述する。「種」を参照しながら書き 起こしていく。 主要素のみでシンプルに書くことで、他の パターンとの重複確認や、全体での抜け漏れの ⽣むを確認しやすくすることと、次の構造化の ために、パターンの内容を⼿早く理解できるよ うにすることが主⽬的。
  37. 37. 5.構造化 46個のパターンの類似性や関連性を探しながら 「主体的な学びを引き出す教師の⾏動」の全体 像を⾒つけ出していく。 途中まではボトムアップで、終盤は読みやすさ や発⾒的要素の作り込みなどの使⽤者視点も踏 まえながら、進める。この段階で、「A」「B」 「C」の⼤きなカテゴリーが⽣れた。
  38. 38. 6.パターン・ライティング 各グループを、本格的なパターン形式で詳細に 記述する。 「種」を参照しつつも、全体像の中での位置づけを 踏まえながら、Context, Problem, Force, Solution, Action, Consequence をつくっていく。 No.42(A5- 1:大きく伸ばす、広げるー夢と今をつなぐ) 「夢とつなぐ/夢へのはしご/夢への道具」 やりたいことが見つかれば、学ぶことが喜びに変わる。/夢への手段だと思うと、学びたくなる Context【パターンの適応範囲の設定】 自発的に学ぶ意欲を引き出したい。 ▼その状況において Problem【顕在化されたジレンマ・拮抗】 注意:「わからない」「むずかしい」はジレンマではない 学んでいても、それが自分にどう役立つかがわかっていないと、ただ通り過ぎるだけになりがちで、さら に深めたり広げたり、もっとやりたいという意欲が生まれない。 Force【拮抗している力の分解】 自分にどう役立つかを考えずに知識を増やしていっても、実際に得た知識を役立てることはできな い。すると、学んだら自分の生活や考えが変わっていくという学びの効力感を感じられず、意味がわ からないままにやらされている感覚になってしまう。また、浅く満遍なく知識に触れ、知の面白みを感 じることがなかったり、苦手克服ばかりに目がいってしまうと、やはり学ぶ意欲が引き出されにくい。 ▼そこで Solution【ジレンマを飛び越え解消する秘策】 夢ややりたいこと、目指したい未来を聞き、それを実現するために必要な力・知識として勉強を提示 する。 Action【具体例】 - 生徒の興味を軸として知りたい・わかりたいと思える課題を見つけてもらい、探究テーマに設定する。 - 将来の夢ややりたいことを実現するためには、教科の知識がどのように役立つのかや、大学でどのよ うな専攻分野に触れることが必要かを提示する。(漫画家になるなら、心理学) - 生徒のなかで、夢がまだはっきりしていないときは、質問をして選択肢をつくってあげながら一緒に見 つけていく。 Consequence【Forceが解消された結果】 - 自分の夢やよりよい未来を実現するために必要な勉強であると思えると、もっと学びたいという気持 ちをもつことができる。すると、正しい情報を取りまとめている教科書への感謝が生まれたり、知りたい 最新の情報を知ることができるための英語を学びたいと思えるようになったりする。 - そのようなサイクルが生まれると、学んだ結果が夢に近づく実感が持てるため、より積極的に学びを 続けることになる。(学べる環境に感謝できる。勉強はやらされるものではなく、自分のためにするもの だと理解できるようになる) Label:学ぶ意味に気づく(ための機会をつくる)
  39. 39. 7.パターン・レビュー 各担当が書いたパターンを、複数⼈で磨き上げ ていく。多様な視点が⼊ることで、個⼈的な 主観性を排除しながら表現や内容を⾼めていく。 *この⼯程も含め、この後すべての⼯程で、構造化は⾏い続  け、個と全体を⾏き来しながら、つくりあげていく。
  40. 40. 8.イラストレーティング(7⽉1⽇〜) パターン内容が固まってきたら、それを 象徴する名前とイラストを検討する。 イラスト担当も加わり、ラフを描き直し ながら、本質を⾒極めていく。
  41. 41. 9.ALP研究版の試⽤ 先⽣⽅を対象にカードを使ってのワーク ショップを実施。 「アクティブ・ラーニング・パターンを用いたワークショップ」, OECD日本イノベーション教育ネットワーク 第4回教員研修, 2016年8月
  42. 42. 「ALP」活用方法 自分がどれくらい AL のコツを実践できているかチェッ クするアセスメント。どこをレベルアップできそうかな ど目標設定をする際に役立ちます。また、組織的に取り 組めば、組織アセスメントとしても活用できます。 先生同士での「対話」のキーワードとして活用。 校内に眠っている指導ノウハウの「見える化」 ができ、知見を高め合うことができます。 各コツの詳細記述に加え、そのコツ のもととなったインタビュー時の 「先生語録」を掲載。辞書や参考書 として自学にも活用できます。 Active Learning Patterns for Teachers CreativeShift 1117ALPS1 アクティブ・ラーニングのための パターン・ランゲージ 《教師編》 [1] 生徒を中心にする (A1-3) [2] 心をひらく場にする (A4-6) [3] 興味の原石を見つける (A7-9) [4] 広がる面白さを味わう (A10-12) [5] 自分と学びをつなげる (A13-15) [6] 変わっていける力をつける (B1-3) [7] 動き出すきっかけをつくる (B4-6) [8] いまの自分の世界を広げる (B7-9) [9] 自分を超える挑戦をする (B10-12) [10] 成長し続ける力をつける (B13-15) [11] 教師のあり方を考える (C1-3) [12] 重点を変える (C4-6) [13] 生徒とともにつくる (C7-9) [14] いきいきとした学びをつくる (C10-12) [15] 教師同士で高めあう (C13-15) Active Learning Patterns for Teachers 経験チャート 「ALP アセスメント」 「ALP 冊子」 「ALP カード」 ▼その状況において ▼そこで 生徒が授業の進め方や目的に疑問を感じていると、 授業に対する積極性が低下し、主体的な学びにはつ ながらない。 授業中に、生徒から薄い反応しか返ってこない。 一緒に改善 自分だけが授業をつくっている のではない。 その場に関する自分の気持ちや迷いを素直に口に出 してみて、生徒の意見を聞き、対話をしながら一緒 によりよい授業につくり直していく。 ともに高めあい、変わり続ける ー 生徒とともにつくる C9 ▼その状況において ▼そこで 授業で知った概念を単純に覚えることを続けていて も、なかなか使える知識として定着させることはで きない。 新しい考え方や概念を教えている。 概念の体験 学んだ知識を使ってみると、 自分事になる。 学ぶべき概念を知ったあと、それを体現する機会を つくる。 一段上へ引き上げる ー いまの自分の世界を広げるB8 ▼その状況において ▼そこで 苦手なことをつぶしていき、まんべんなくできるよ うにするということを重視すると、学ぶことは苦し いことだという印象が強くなる。 学ぶ楽しさを感じてほしい。 好きの深掘り 知りたい、わかりたい という欲求に素直になる。 「知りたい」「わかりたい」という欲求を呼び起こし、 学ぶことの楽しさを味わう経験をもてるように、好 きなテーマを徹底的に掘り下げる機会をつくる。 学びたい心を見つけ、育てる ー 興味の原石を見つける A8
  43. 43. ご所属(            ) 担当教科・科目(      ) 校務・分掌(      ) 教員歴(  )年 チャート・ カテゴリー ◯の個数 経験チェック ◯ パターン名 Solution A1 学びの主人公 生徒それぞれが自分で気づき、考え、行動することを誘発する授業をする。 [1] A2 同じ側に立つ 生徒がこれから出会う知識や機会に対して、同じ側に立って一緒に答えに向かって模索していく気持ちで、授業を行う。 A3 未来への広がり 後々に生きてくる重要な力をしっかりと見定め、その重要性を生徒や保護者に説明・共有し、授業や評価のなかに織り込んでいく。 A4 おしゃべりの関係 生徒に対し、一人の人として「あなた」に興味があるという気持ちで、ごく普通の会話をする。 [2] A5 なじみのチーム 小さな規模からゆっくりと「安心して発言できる関係」を築く機会をつくり、心おきなく学び合えるチームに育つようにしていく。 A6 自然な動き 授業のなかに、話す・動くなどの動きも取り入れ、さらに身体的・心理的に自然な反応を許容するようにする。 A7 心が動くこと 授業のなかでの話題や活動において、感情が動くかどうかに注目し、その理由を掘り下げる機会をつくる。 [3] A8 好きの深掘り 「知りたい」「わかりたい」という欲求を呼び起こし、学ぶことの楽しさを味わう経験をもてるように、好きなテーマを徹底的に掘り下 げる機会をつくる。 A9 考えの可視化 頭の中で生まれた思考を、いろいろな手段を使いながらアウトプットする機会をつくる。 A10 グッド&ベター 今ある良さをしっかりつかみ、その点を褒めた上で、「でも、ここはもっと良くできるのではないか」というポイントを伝える。 [4] A11 視点のアップグレード 興味があることや、取り組んでいることを、別の角度の文脈や異なる視点で捉え直し、より大きな可能性やつながりを見せていく。 A12 つながる感動 いま学んでいる知識によって世の中の事象を理解したり、知識と知識が結びつくことで新しい発見があったりする体験を提供する。 A13 全体のなかの位置づけ いま取り上げている内容が、教科や学問体系の広い範囲のなかで、どのような位置づけにあるのかを示す。 [5] A14 意図の共有 授業の進め方や課題内容などの背景にある、意図やそのようにする理由を伝える。 A15 夢への対話 目指したい未来の姿をともに考え、そこに向かって突き抜けるためにはどのような力が必要なのか、何をどのように学ぶ必要があるのか を、一緒に考えていく。 B1 学び方を学ぶ 学校は知識やスキルだけでなく、「学び方を学ぶ」場でもあると捉え、自分から学びをつかみ取る力の育成にも力を入れる。 [6] B2 疑問をもつ力 「なぜだろう?」と思うきっかけをたくさんつくり、様々な現象に対して「知りたい」「わかりたい」と思える感覚を育てていく。 B3 達成への粘り 失敗したら何度でもやり直してよいという課題を設け、友だちから助言をもらう機会もつくり、改善しながら達成するという経験ができ るようにする。 B4 楽しい入口 到達すべき目標をしっかりと定めたうえで、生徒が楽しいと感じられることから始め、学びに向かう姿勢をつくる。 [7] B5 とっつきやすい課題 目標は保ったまま、「それならできる」と思ってもらえるような出し方になるように工夫する。 B6 いろんな参加 参加のかたちをいくつも用意し、いろいろな生徒が少しでも参加し始めることができるようにする。 B7 探究の道具 探究活動のなかで経験してほしいこと・学んでほしいことの中心を定め、そのために必要な手段・方法・情報等は提供するようにする。 [8] B8 概念の体験 学ぶべき概念を知ったあと、それを体現する機会をつくる。 B9 ポジティブなもやもや 授業の最後に、その後に考え続けたくなるような問いを投げかけることで、発展的に考え続けるきっかけをつくる。 B10 挑戦への着火 がんばればできるかもしれないというレベルの課題を設定し、難しいながらもそれに挑戦する価値があることを伝え、やる気を引き出 す。 [9] B11 晴れ舞台をつくる 成果を対外的に発表する機会をつくり、その場に恥じないレベルに仕上げたいというパワーを引き出す。 B12 超えるべきライン 目的を達成するためには、目指すべきクオリティをどこまで引き上げるべきなのかを、参考になる事例を引き合いに出しながら共有す る。 B13 自分で決める経験 ことあるごとに生徒が自分で決める機会をつくり、自分の決めたこととその結果から学ぶことができるようにする。 [10] B14 成長への糧 自分になかった意見や視点を取り込むことは、新しい発見をもたらし、変化・成長できるチャンスになるという成功体験を積めるように する。 B15 リフレクション・ ダイアローグ 自分をとりまく周囲の人や環境へも洞察の目を向けられるように、対話をしながら視野を広げ、振り返りを深めていく。 C1 学び続ける教師 学ぶ機会をもつことは自分のためだけでなく、授業などの質を上げることにもつながると考え、常に学び、未知なることに挑戦し続け る。 [11] C2 世界への接点 自分の背後にあるより広い世界について語り、問題を喚起し、魅力を伝えて、生徒と社会をつなぐ役割を担う。 C3 自分なりの哲学 これからの社会を生きる生徒たちが、どのような力をもつべきかを見据え、自らの教育方針を定めて、それらを生徒や保護者、同僚に 語っていく。 C4 余裕をつくる 教科全体を見渡して、授業で重点的に扱うべき部分と、生徒が個人で進められる部分を見極め、授業内で教えることを厳選して、授業時 間内に余裕をつくる。 [12] C5 自分のワクワク 授業のなかに、最近自分がおもしろいと思ったり、ワクワクすると感じる内容を取り入れて、自分も授業を楽しむ。 C6 まずやってみる 生徒に必要だと思うことは、まずは実際にやってみて、その上で、どうすればよりよくなるかを考え、改善していく。 C7 その場でのアレンジ その日の授業のコアとなる部分を定め、他の部分はあえて決め込まず、授業中に目の前の生徒の反応に合わせながら進めていくようにす る。 [13] C8 技のストック 授業の目的と生徒の反応を照らし合わせて、その時々に適した方法を選ぶことができるように、いろいろな方法や工夫、技、経験則を自 分のなかに溜めていく。 C9 一緒に改善 その場に関する自分の気持ちや迷いを素直に口に出してみて、生徒の意見を聞き、対話をしながら一緒によりよい授業につくり直してい く。 C10 場を変える これまでの慣習にとらわれず、授業の内容・方法に合った場所で授業を行ったり、場づくりをしたりする。 [14] C11 想定外の取り込み 授業中に起こった想定外の出来事を「困った問題」ではなく、むしろ「利用しよう」と捉えるようにし、授業に取り入れ、忘れられない 学びの絶好のチャンスにする。 C12 学びの編集者 個人やグループ作業の途中や後で、考えやアイデアを可視化する機会をつくり、それらをつなぎ、編集し、意味づけていくことで、深い 学びを紡いでいく。 C13 ケーススタディ・カフェ 授業の仕方や教師の在り方などについて、教師同士で話し合える機会をつくる。 [15] C14 教科間コラボ 詳しい先生に協力を仰ぎ、力を貸してもらいながら、教科の範囲を超えるつながりをいきいきと伝える。 C15 個性の集まり 学校全体が、多様な教師の力を寄せ合ったひとつのチームとなるように、それぞれの性格や得意分野を大切にする。 Active Learning Patterns for Teachers 一覧 [1] 生徒を中心にする (A1-3) [2] 心をひらく場にする (A4-6) [3] 興味の原石を見つける (A7-9) [4] 広がる面白さを味わう (A10-12) [5] 自分と学びをつなげる (A13-15) [6] 変わっていける力をつける (B1-3) [7] 動き出すきっかけをつくる (B4-6) [8] いまの自分の世界を広げる (B7-9) [9] 自分を超える挑戦をする (B10-12) [10] 成長し続ける力をつける (B13-15) [11] 教師のあり方を考える (C1-3) [12] 重点を変える (C4-6) [13] 生徒とともにつくる (C7-9) [14] いきいきとした学びをつくる (C10-12) [15] 教師同士で高めあう (C13-15) ActiveLearningPatternsforTeachers 経験チャート
  44. 44.   「ALPアセスメント」の使い方 チャート・ カテゴリー ◯の個数 経験チェック ◯ パターン名 Solution A1 学びの主人公 生徒それぞれが自分で気づき、考え、行動することを誘発する授業をする。 [1] A2 同じ側に立つ 生徒がこれから出会う知識や機会に対して、同じ側に立って一緒に答えに向かって模索していく気持ちで、授業を行う。 A3 未来への広がり 後々に生きてくる重要な力をしっかりと見定め、その重要性を生徒や保護者に説明・共有し、授業や評価のなかに織り込んでいく。 A4 おしゃべりの関係 生徒に対し、一人の人として「あなた」に興味があるという気持ちで、ごく普通の会話をする。 [2] A5 なじみのチーム 小さな規模からゆっくりと「安心して発言できる関係」を築く機会をつくり、心おきなく学び合えるチームに育つようにしていく。 A6 自然な動き 授業のなかに、話す・動くなどの動きも取り入れ、さらに身体的・心理的に自然な反応を許容するようにする。 A7 心が動くこと 授業のなかでの話題や活動において、感情が動くかどうかに注目し、その理由を掘り下げる機会をつくる。 [3] A8 好きの深掘り 「知りたい」「わかりたい」という欲求を呼び起こし、学ぶことの楽しさを味わう経験をもてるように、好きなテーマを徹底的に掘り下 げる機会をつくる。 A9 考えの可視化 頭の中で生まれた思考を、いろいろな手段を使いながらアウトプットする機会をつくる。 A10 グッド&ベター 今ある良さをしっかりつかみ、その点を褒めた上で、「でも、ここはもっと良くできるのではないか」というポイントを伝える。 [4] A11 視点のアップグレード 興味があることや、取り組んでいることを、別の角度の文脈や異なる視点で捉え直し、より大きな可能性やつながりを見せていく。 A12 つながる感動 いま学んでいる知識によって世の中の事象を理解したり、知識と知識が結びつくことで新しい発見があったりする体験を提供する。 A13 全体のなかの位置づけ いま取り上げている内容が、教科や学問体系の広い範囲のなかで、どのような位置づけにあるのかを示す。 [5] A14 意図の共有 授業の進め方や課題内容などの背景にある、意図やそのようにする理由を伝える。 A15 夢への対話 目指したい未来の姿をともに考え、そこに向かって突き抜けるためにはどのような力が必要なのか、何をどのように学ぶ必要があるのか を、一緒に考えていく。 B1 学び方を学ぶ 学校は知識やスキルだけでなく、「学び方を学ぶ」場でもあると捉え、自分から学びをつかみ取る力の育成にも力を入れる。 [6] B2 疑問をもつ力 「なぜだろう?」と思うきっかけをたくさんつくり、様々な現象に対して「知りたい」「わかりたい」と思える感覚を育てていく。 B3 達成への粘り 失敗したら何度でもやり直してよいという課題を設け、友だちから助言をもらう機会もつくり、改善しながら達成するという経験ができ るようにする。 B4 楽しい入口 到達すべき目標をしっかりと定めたうえで、生徒が楽しいと感じられることから始め、学びに向かう姿勢をつくる。 [7] B5 とっつきやすい課題 目標は保ったまま、「それならできる」と思ってもらえるような出し方になるように工夫する。 B6 いろんな参加 参加のかたちをいくつも用意し、いろいろな生徒が少しでも参加し始めることができるようにする。 B7 探究の道具 探究活動のなかで経験してほしいこと・学んでほしいことの中心を定め、そのために必要な手段・方法・情報等は提供するようにする。 [8] B8 概念の体験 学ぶべき概念を知ったあと、それを体現する機会をつくる。 B9 ポジティブなもやもや 授業の最後に、その後に考え続けたくなるような問いを投げかけることで、発展的に考え続けるきっかけをつくる。 B10 挑戦への着火 がんばればできるかもしれないというレベルの課題を設定し、難しいながらもそれに挑戦する価値があることを伝え、やる気を引き出 す。 [9] B11 晴れ舞台をつくる 成果を対外的に発表する機会をつくり、その場に恥じないレベルに仕上げたいというパワーを引き出す。 B12 超えるべきライン 目的を達成するためには、目指すべきクオリティをどこまで引き上げるべきなのかを、参考になる事例を引き合いに出しながら共有す る。 B13 自分で決める経験 ことあるごとに生徒が自分で決める機会をつくり、自分の決めたこととその結果から学ぶことができるようにする。 [10] B14 成長への糧 自分になかった意見や視点を取り込むことは、新しい発見をもたらし、変化・成長できるチャンスになるという成功体験を積めるように する。 B15 リフレクション・ ダイアローグ 自分をとりまく周囲の人や環境へも洞察の目を向けられるように、対話をしながら視野を広げ、振り返りを深めていく。 C1 学び続ける教師 学ぶ機会をもつことは自分のためだけでなく、授業などの質を上げることにもつながると考え、常に学び、未知なることに挑戦し続け る。 [11] C2 世界への接点 自分の背後にあるより広い世界について語り、問題を喚起し、魅力を伝えて、生徒と社会をつなぐ役割を担う。 C3 自分なりの哲学 これからの社会を生きる生徒たちが、どのような力をもつべきかを見据え、自らの教育方針を定めて、それらを生徒や保護者、同僚に 語っていく。 C4 余裕をつくる 教科全体を見渡して、授業で重点的に扱うべき部分と、生徒が個人で進められる部分を見極め、授業内で教えることを厳選して、授業時 間内に余裕をつくる。 [12] C5 自分のワクワク 授業のなかに、最近自分がおもしろいと思ったり、ワクワクすると感じる内容を取り入れて、自分も授業を楽しむ。 C6 まずやってみる 生徒に必要だと思うことは、まずは実際にやってみて、その上で、どうすればよりよくなるかを考え、改善していく。 C7 その場でのアレンジ その日の授業のコアとなる部分を定め、他の部分はあえて決め込まず、授業中に目の前の生徒の反応に合わせながら進めていくようにす る。 [13] C8 技のストック 授業の目的と生徒の反応を照らし合わせて、その時々に適した方法を選ぶことができるように、いろいろな方法や工夫、技、経験則を自 分のなかに溜めていく。 C9 一緒に改善 その場に関する自分の気持ちや迷いを素直に口に出してみて、生徒の意見を聞き、対話をしながら一緒によりよい授業につくり直してい く。 C10 場を変える これまでの慣習にとらわれず、授業の内容・方法に合った場所で授業を行ったり、場づくりをしたりする。 [14] C11 想定外の取り込み 授業中に起こった想定外の出来事を「困った問題」ではなく、むしろ「利用しよう」と捉えるようにし、授業に取り入れ、忘れられない 学びの絶好のチャンスにする。 C12 学びの編集者 個人やグループ作業の途中や後で、考えやアイデアを可視化する機会をつくり、それらをつなぎ、編集し、意味づけていくことで、深い 学びを紡いでいく。 C13 ケーススタディ・カフェ 授業の仕方や教師の在り方などについて、教師同士で話し合える機会をつくる。 [15] C14 教科間コラボ 詳しい先生に協力を仰ぎ、力を貸してもらいながら、教科の範囲を超えるつながりをいきいきと伝える。 C15 個性の集まり 学校全体が、多様な教師の力を寄せ合ったひとつのチームとなるように、それぞれの性格や得意分野を大切にする。 STEP 1 経験チェック 「経験チェック」の 欄に、実践できてい ると思うコツに「○」 を付ける。 STEP 2 集計 「○の個数」の欄に、 カテゴリーごとの○ の数をカウントして 書き込む(0~3)。 STEP 3 レーダーチャート作成 「チャート・カテゴリー」の該当箇所の該当目盛りに●を描く。 すべて描いたら、●をつなぐ線を描き、領域に色を塗れば完成。 [1] 生徒を中心にする (A1-3) [2] 心をひらく場にする (A4-6) [3] 興味の原石を見つける (A7-9) [4] 広がる面白さを味わう (A10-12) [5] 自分と学びをつなげる (A13-15) [6] 変わっていける力をつける (B1-3) [7] 動き出すきっかけをつくる (B4-6) [8] いまの自分の世界を広げる (B7-9) [9] 自分を超える挑戦をする (B10-12) [10] 成長し続ける力をつける (B13-15) [11] 教師のあり方を考える (C1-3) [12] 重点を変える (C4-6) [13] 生徒とともにつくる (C7-9) [14] いきいきとした学びをつくる (C10-12) [15] 教師同士で高めあう (C13-15) チャート・ カテゴリー ◯の個数 経験チェック ◯ パターン名 A1 学びの主人公 [1] A2 同じ側に立つ A3 未来への広がり A4 おしゃべりの関係 [2] A5 なじみのチーム A6 自然な動き 2 1
  45. 45. [1] 生徒を中心にする (A1-3) [2] 心をひらく場にする (A4-6) [3] 興味の原石を見つける (A7-9) [4] 広がる面白さを味わう (A10-12) [5] 自分と学びをつなげる (A13-15) [6] 変わっていける力をつける (B1-3) [7] 動き出すきっかけをつくる (B4-6) [8] いまの自分の世界を広げる (B7-9) [9] 自分を超える挑戦をする (B10-12) [10] 成長し続ける力をつける (B13-15) [11] 教師のあり方を考える (C1-3) [12] 重点を変える (C4-6) [13] 生徒とともにつくる (C7-9) [14] いきいきとした学びをつくる (C10-12) [15] 教師同士で高めあう (C13-15) Active Learning Patterns for Teachers 経験チャート
  46. 46. ALPアセスメントの結果例
  47. 47. って。ほんとに、ちょっとそういう部分があって、しゃべらないって、 サボっててダメなんじゃないかって思わせるような、悪しき習慣があ る。他にも、「アクティブ・ラーニングっぽいのに慣れると、寂しく なった」って言われたことがあります。生徒が自分に関わってこなく て、自分達でやるから。自分の存在感を、生徒に何かを言うことで得 ている。そういうことを乗り越えないとね。自分が脇役になって、お いしいところを言わずに我慢できるかどうかです。おいしいところを 言うと気持ちいいんですよ。「ほらすごいだろう。」となりますから。” ▷ “ 僕は他の先生にも自分にも、生徒たちがどうなっている状態を目 指しているのかって問いかけることが多いですね。そうしないと、パ ッチワークみたいな授業が並んで、結局生徒はどうなったんでしたっ けって考えてみたら、みんな「……」みたいなことが起こってしまう。 これは別に新人に限らずあります。これを考えてみると、みんなハッ として、数学の授業を通してどんな生徒を育てるんですか、そうした ら授業の設計や課題ってどうすればいいんでしたっけって話になる。” ▷ “ 教員が常に生徒の上にいて、自分の持っている知識を効率よく生 徒に伝えるというのをやっていたのが、今までの高校の形だったよう な気がするんです。でももう、例えば情報に関する知識なんてはるか に生徒が持っているので。それを使って起業しようかというようなこ とになったら、我々が何も教えられないんです。だから、その上から 下にという意識を取っ払ってしまわないと、生徒から意表をついた意 見が出てきた時に、それはダメよとシャットダウンしちゃうことにな る。それを採り上げて、これってもしかしたらこういう使い方が出来 るかもしれないとコーディネートしていけるのかという所が、これか らの教員に必要な力量なのかなと思うんですよね。” 先生語録 せ ん せ い ご ろ く A1 学びの主人公 ▷ “ 前に黒板があるといういつもの教室で、板書するといういつもの スタイルは、気持ちいいですよね。自分が主人公だから。生徒は自分 の言うとおりにやってくれるし。でもそれって、本当は生徒が主人公 のはずなんですけど、教員が主人公になってしまっていると思うんで す。” ▷ “ 昔の授業スタイル、先生が話して、生徒が聞いて、ノートをとる っていう昔の授業だと、何が起こっているか。1 つ考えられるのは、 全員ではないですけど、大半の生徒はその授業中は、手を動かしてる だけで頭を働かせてない。一生懸命書いているけど、僕らが言ってい ることを理解しようとはしていない。だったらそんな授業しない方が いいかなって僕は思っちゃいます。” ▷ “ 数学の教員がよく言うのは「え、俺らアクティブ・ラーニングし てるよ。」「だって問題解いてんじゃん。アクティブじゃん」と。それ はアクションは確かに伴ってるけど、それだけだとどうなのかなとい うところはありますよね。もし、解いてるというより解かされてるな ら、それはぜんぜん主体的じゃないじゃない。” ▷ “ 英語なのに生徒がほとんど喋らない授業があるんです。その先生 に聞くと「自分は全力投球している」と。「でも先生、野球でも直球 ばっかりだと生徒はくたびれるでしょ」というと、「私はくたくたです。 でも、それがいいんです。それが無いと仕事した気にならないんです。」 A.学びたい心を見つけ、育てる 生徒を中心にする 先生語録 せ ん せ い ご ろ く
  48. 48. ▼その状況において ▼そこで 生徒が授業の進め方や目的に疑問を感じていると、 授業に対する積極性が低下し、主体的な学びにはつ ながらない。 授業中に、生徒から薄い反応しか返ってこない。 一緒に改善 自分だけが授業をつくっている のではない。 その場に関する自分の気持ちや迷いを素直に口に出 してみて、生徒の意見を聞き、対話をしながら一緒 によりよい授業につくり直していく。 ともに高めあい、変わり続ける ー 生徒とともにつくる C9 ▼その状況において ▼そこで 授業で知った概念を単純に覚えることを続けていて も、なかなか使える知識として定着させることはで きない。 新しい考え方や概念を教えている。 概念の体験 学んだ知識を使ってみると、 自分事になる。 学ぶべき概念を知ったあと、それを体現する機会を つくる。 一段上へ引き上げる ー いまの自分の世界を広げるB8 ▼その状況において ▼そこで 苦手なことをつぶしていき、まんべんなくできるよ うにするということを重視すると、学ぶことは苦し いことだという印象が強くなる。 学ぶ楽しさを感じてほしい。 好きの深掘り 知りたい、わかりたい という欲求に素直になる。 「知りたい」「わかりたい」という欲求を呼び起こし、 学ぶことの楽しさを味わう経験をもてるように、好 きなテーマを徹底的に掘り下げる機会をつくる。 学びたい心を見つけ、育てる ー 興味の原石を見つける A8 ALPカード ● 授業のうまさの読み取り ● 授業設計の際の発想 ● 改善についての話し合い 対話以外の使い方
  49. 49. 受付時間/月~金 8:00~19:00 土 8:00~17:00 祝日,年末・年始を除く 株式会社ベネッセコーポレーション 岡山本社 〒700-8686 岡山県岡山市北区南方3-7-17 お問い合わせ先 0120-350455 (通話料無料)お客様サービスセンター alp@mail.benesse.co.jp ※左記アドレスには、個人情報を含むデータを送信しないようお願いします。 ▼その状況において ▼そこで 生徒が授業の進め方や目的に疑問を感じていると、 授業に対する積極性が低下し、主体的な学びにはつ ながらない。 授業中に、生徒から薄い反応しか返ってこない。 一緒に改善 自分だけが授業をつくっている のではない。 その場に関する自分の気持ちや迷いを素直に口に出 してみて、生徒の意見を聞き、対話をしながら一緒 によりよい授業につくり直していく。 ともに高めあい、変わり続ける ー 生徒とともにつくる C9 ▼その状況において ▼そこで 授業で知った概念を単純に覚えることを続けていて も、なかなか使える知識として定着させることはで きない。 新しい考え方や概念を教えている。 概念の体験 学んだ知識を使ってみると、 自分事になる。 学ぶべき概念を知ったあと、それを体現する機会を つくる。 一段上へ引き上げる ー いまの自分の世界を広げるB8 ▼その状況において ▼そこで 苦手なことをつぶしていき、まんべんなくできるよ うにするということを重視すると、学ぶことは苦し いことだという印象が強くなる。 学ぶ楽しさを感じてほしい。 好きの深掘り 知りたい、わかりたい という欲求に素直になる。 「知りたい」「わかりたい」という欲求を呼び起こし、 学ぶことの楽しさを味わう経験をもてるように、好 きなテーマを徹底的に掘り下げる機会をつくる。 学びたい心を見つけ、育てる ー 興味の原石を見つける A8 冊子の入手については、下記にお問い合わせください。 ご活用いただき、ぜひ実施レポートをいただければと思います。 ALPは、株式会社クリエイティブシフトと 株式会社ベネッセコーポレーションの共同 開発により制作されました。 2017年度沖縄県事業でのALP研修 http://blog.benesse.ne.jp/bh/ja/news/20170804release.pdfhttps://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000593.000000120.html http://creativeshift.co.jp/news/1204/

×