Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
井庭 崇(Takashi Iba) 
慶應義塾大学 総合政策学部 准教授 
Faculty of Policy Management, Keio University 
Ph.D in media and governance 
国際大学GLO...
2 
旅のことば 
認知症とともによりよく生きるためのヒント 
Words for a Journey 
The Art of Being with Dementia 
1.認知症であってもいきいきと暮らしている人たちの 
「前向きで実践的な工...
[本人]の旅のことば 
WORDS FOR THE CARED 
[家族]の旅のことば[みんな]の旅のことば 
WORDS FOR THE CARING 
WORDS FOR EVERYONE
1 新しい旅 
[本人]の旅のことば[家族]の旅のことば[みんな]の旅のことば 
2 旅への一歩 
3 出発のあいさつ 
4 旅の計画 
5 旅の仲間 
6 できることリスト 
7 自分の日課 
8 自分をあらわす部屋 
9 なじみの居場所 
...
1 A New Journey 
WORDS FOR THE CARED WORDS FOR THE CARING WORDS FOR EVERYONE 
2 The First Step 
3 Departure Announcement 
...
なじみの居場所 
なじみの居場所 
家族も知っている外出先をつくる。 
家族も知っている外出先をつくる。 
No.9
Context 
You have begun spending less time 
outside and more time inside your 
home. 
外に出るよりも、家にいることが多く 
なりました。 
▼そのとき▼ In...
▼そのとき▼ In this context 
Problem 
認知症だからといって、ずっと家のなかに 
いるのは気が滅入ってしまいます。同じ場 
所に居続けるのはストレスが溜まりやすい 
ものだからです。しかし、あちこち自由に 
出かけよう...
Solution 
▼ Therefore 
Find a place where you can go by 
yourself without any trouble, and make 
sure your family knows ab...
Consequence 
▼そうすると 
家のほかに居心地のよい場があることで、豊 
かな時間を過ごすことができます。また、他 
の人とともにする時間も増えるでしょう。家 
族にとっても、いつものなじみの居場所にい 
るとわかっていれば安心です...
なじみの居場所 
なじみの居場所 
家族も知っている外出先をつくる。 
家族も知っている外出先をつくる。 
No.9 
Name (Word)
これまで共有されてこなかった「工夫」を共有する。 
Sharing the ideas how to live well with Dementia. 
ideas 
他の人の工夫を自分の状況に活用できる! 
Everyone can appl...
「工夫」を新しい「ことば」で表現する。 
Creating new WORDS to represent the ideas 
工夫を表す「ことば」を用いて対話が促進される! 
The words enable us to talk with ...
『国内外で、いろいろな職業の⼈人が”⾃自分の仕事から” 
考える取り組みが始まりつつあります。』 
Plymouth Citybus 
UK Financial Service Charter 
http://www.alzheimers.or...
Name (Word)
Context 
You are planning an event for people 
with dementia and their family 
members. 
家族などと参加できる認知症の人のため 
のイベントを企画しようとし...
▼そのとき▼ In this context 
Problem 
認知症の人が参加するからと、あまりにも 
気を遣い過ぎて準備されたイベントは、心 
から楽しめるものにはなりません。いろい 
ろなハンディキャップを抱えながらも参加 
できるイベ...
Solution 
▼ Therefore 
Organize the event so that people can 
enjoy regardless of if they have dementia 
or not. Don’t org...
Consequence 
▼そうすると 
一緒に笑顔になって楽しむことで、認知症で 
あるかないかにかかわらず、各人が強い存在 
感を放つイベントになります。企画側も一緒 
に冗談を言ったり笑い合ったりして楽しんで 
いるイベントは、本人・家族...
Name (Word)
『RUN伴は、”ないまぜのイベント”なんです。』 
http://runtomo.jimdo.com/
「新しい旅」という捉え方 / A New Journey as a Concept 
「認知症とともによりよく生きる」ことを、ひとつの「新しい旅」と捉える。 
We would like to think of living with Deme...
旅のことば 
認知症とともによりよく生きるためのヒント 
Words for a Journey 
The Art of Being with Dementia
本プロジェクトについて / About this Project 
慶應義塾大学 井庭崇研究室と、認知症フレンドリージャパン・イニシアチブを支 
援する企業のメンバーが、従来の医療・福祉系の枠組みを超え、認知症にかかわ 
る課題検討の一環として...
制作プロセス / Making Process of “Words for a Journey” 
認知症のご本人と、介護家族の方へのインタビュー 
Interviewed with the person with Dementia and t...
制作プロセス / Making Process of “Words for a Journey” 
インタビューで出てきた工夫や問題・悩みを整理 
既存の枠組みに収束させるのではなく、新たなカテゴリを生むようにする 
Wrote down id...
制作プロセス / Making Process of “Words for a Journey” 
整理して得られた内容の言語化 
『旅のことば』のフォーマットで記述する。 
それを数ヶ月かけて徹底的にブラッシュアップする。 
Wrote th...
さらなる「旅のことば」を求めて / The Journey Continues … 
この冊子をきっかけに 
自分たちの「旅のことば」を誰かと一緒に書き、周囲と共有し合う。 
みんなの知恵を寄せ合いながら「旅のことば」を育てる。 
メールアドレ...
今後のイベント / The Coming Events 
! 
11/5-­‐6(水・木)  
G7 
(G8) 
サミット日本後継イベント 
    @六本木アカデミーヒルズ 9:30-­‐17:30 
! 
11/16(日)  
   
認...
Words for a Journey - The Art of Being with Dementia (旅のことば - 認知症とともによりよく生きるためのヒント)
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

Words for a Journey - The Art of Being with Dementia (旅のことば - 認知症とともによりよく生きるためのヒント)

1,771 views

Published on

Talk at the session "Building Dementia-Friendly Society"(認知症フレンドリー社会をどのように実現するのか?), Roppongi, Tokyo. (Nov. 4th, 2014)
Presented by Takashi Iba & Makoto Okada

Published in: Lifestyle
  • accessibility Books Library allowing access to top content, including thousands of title from favorite author, plus the ability to read or download a huge selection of books for your pc or smartphone within minutes.........ACCESS WEBSITE Over for All Ebooks ..... (Unlimited) ......................................................................................................................... Download FULL PDF EBOOK here { http://bit.ly/2m6jJ5M } .........................................................................................................................
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here
  • If you want to download or read this book, Copy link or url below in the New tab ......................................................................................................................... DOWNLOAD FULL PDF EBOOK here { http://bit.ly/2m6jJ5M } ......................................................................................................................... Download EPUB Ebook here { http://bit.ly/2m6jJ5M } ......................................................................................................................... Download Doc Ebook here { http://bit.ly/2m6jJ5M } ......................................................................................................................... .........................................................................................................................
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here
  • If you want to download or read this book, copy link or url below in the New tab ......................................................................................................................... DOWNLOAD FULL PDF EBOOK here { http://bit.ly/2m6jJ5M } .........................................................................................................................
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here
  • If you want to download or read this book, copy link or url below in the New tab ......................................................................................................................... DOWNLOAD FULL PDF EBOOK here { http://bit.ly/2m6jJ5M } .........................................................................................................................
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here
  • (Unlimited)....ACCESS WEBSITE Over for All Ebooks ................ accessibility Books Library allowing access to top content, including thousands of title from favorite author, plus the ability to read or download a huge selection of books for your pc or smartphone within minutes ......................................................................................................................... DOWNLOAD FULL PDF EBOOK here { http://bit.ly/2m6jJ5M } ......................................................................................................................... Download Full EPUB Ebook here { http://bit.ly/2m6jJ5M } ......................................................................................................................... Download Full PDF EBOOK here { http://bit.ly/2m6jJ5M }
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here

Words for a Journey - The Art of Being with Dementia (旅のことば - 認知症とともによりよく生きるためのヒント)

  1. 1. 井庭 崇(Takashi Iba) 慶應義塾大学 総合政策学部 准教授 Faculty of Policy Management, Keio University Ph.D in media and governance 国際大学GLOCOM客員研究員 岡田 誠(Makoto Okada) 富士通研究所 Fujitsu Laboratories Ltd. 国際大学GLOCOM客員研究員 旅のことば 認知症とともによりよく生きるためのヒント Words for a Journey The Art of Being with Dementia
  2. 2. 2 旅のことば 認知症とともによりよく生きるためのヒント Words for a Journey The Art of Being with Dementia 1.認知症であってもいきいきと暮らしている人たちの 「前向きで実践的な工夫」を広く紹介・共有 It’s for sharing ideas and practical knowledge on living with Dementia. ! 2.本人・家族・周囲のそれぞれが、具体的にどのような   行動を起こすことができるのかを記述 It helps the person with Dementia, family, and everyone to imagine their actions for living well. 3.認知症とともに生きることについての社会的な対話を促進 It enables us to talk with others toward Dementia-friendly society
  3. 3. [本人]の旅のことば WORDS FOR THE CARED [家族]の旅のことば[みんな]の旅のことば WORDS FOR THE CARING WORDS FOR EVERYONE
  4. 4. 1 新しい旅 [本人]の旅のことば[家族]の旅のことば[みんな]の旅のことば 2 旅への一歩 3 出発のあいさつ 4 旅の計画 5 旅の仲間 6 できることリスト 7 自分の日課 8 自分をあらわす部屋 9 なじみの居場所 10 よい先輩との出会い 11 流れを変える 12 今を楽しむ 13 自己紹介グッズ 14 自分なりの表現 15 ことばのギフト 16 ともに歩む 17 チームリーダー 18 我が家専門家 19 三種のつながり 20 さりげない告白 21 活躍の機会 22 夢への準備 23 おもしろ化 24 いつものおしゃべり 25 見えている世界 26 自分の時間 27 切り替えの工夫 28 悩みのつぶやき 29 特別な日 30 いろんな世代 31 わくわく実行委員会 32 小さな気づき 33 自分の仕事から 34 その場の助っ人 35 見守りサポーター 36 個人的なつきあい 37 ないまぜのイベント 38 仕事をつくる 39 声を届ける 40 ウォーム・デザイン
  5. 5. 1 A New Journey WORDS FOR THE CARED WORDS FOR THE CARING WORDS FOR EVERYONE 2 The First Step 3 Departure Announcement 4 Travel Plan 5 Fellow Travelers 6 Can-Do List 7 Daily Chore 8 Self-Reflecting Room 9 Favorite Place 10 Voice of Experience 11 Turning the Tide 12 Live in the Moment 13 Self-Intro Album 14 Own Way of Expressing 15 Gift of Words 16 Going Together 17 Team Leader 18 Family Expert 19 The Three Consultants 20 Disclosing Chat 21 Chance to Shine 22 Preparation for the Dream 23 Make it Funny 24 Usual Talk 25 The Seen World 26 Personal Time 27 Emotion Switch 28 Casual Counseling 29 Special Day 30 Generational Mix 31 The Amusement Committee 32 Hint of Feelings 33 Job-Specific Contributions 34 On-the-Spot Helper 35 Encouraging Supporter 36 Personal Connections 37 Mix-Up Event 38 Inventing Jobs 39 Delivering the Voice 40 Warm Design
  6. 6. なじみの居場所 なじみの居場所 家族も知っている外出先をつくる。 家族も知っている外出先をつくる。 No.9
  7. 7. Context You have begun spending less time outside and more time inside your home. 外に出るよりも、家にいることが多く なりました。 ▼そのとき▼ In this context
  8. 8. ▼そのとき▼ In this context Problem 認知症だからといって、ずっと家のなかに いるのは気が滅入ってしまいます。同じ場 所に居続けるのはストレスが溜まりやすい ものだからです。しかし、あちこち自由に 出かけようとすると、家族が心配するかも しれません。もしかしたら出先で状況がわ からなくなり、困ってしまうという事態が 起きてしまう可能性があるからです。 Staying inside your home all the time is not fun and may be tiring. No one likes to stay in the same place all the time. However, if you freely go out, your family may become worried that you may become confused and lost while you are out alone. ▼そこで▼ Therefore
  9. 9. Solution ▼ Therefore Find a place where you can go by yourself without any trouble, and make sure your family knows about the place too. If you already have such a place, tell your family that it is your “Favorite Place.” If not, find a place such as a coffee shop or art museum near your home that you like, where you feel comfortable. You can ask a friend or a family member to help you find this place. Once you find your place, it would be nice to say hello to the people there so you can get on well early. ▼そこで 自分ひとりで行けて、家族も知っている行き つけの場所をつくります。すでにそのような お気に入りの場所があるのであれば、そこを 自分の「なじみの居場所」だと家族に伝えて おきます。そういう場所を思いつかない場合 は、家の近くの喫茶店や小さな美術館など、 居心地のよさそうな場所を探すことからはじ めます。家族や親しい知人と一緒に探すと安 心です。よさそうな場所が見つかったら、そ の場にいる店員さんや常連さんたちに、ひと こと挨拶をしておくと早くなじむことができ るでしょう。 ▼そうすると▼ Consequently
  10. 10. Consequence ▼そうすると 家のほかに居心地のよい場があることで、豊 かな時間を過ごすことができます。また、他 の人とともにする時間も増えるでしょう。家 族にとっても、いつものなじみの居場所にい るとわかっていれば安心です。万が一、認知 症の症状が出て困ったとしても、なじみの店 員さんや常連さんがいれば、状況を理解して 対応してくれるでしょう。 ▼ Consequently By having a second place besides your home where you can feel comfortable, you will be able to spend good times outside your home. Your family will feel comfortable letting you go out alone too if they know you are at your “Favorite Place.” Even if a symptom of dementia occurs at the place, if the people there know about you, they would be able to treat you properly.
  11. 11. なじみの居場所 なじみの居場所 家族も知っている外出先をつくる。 家族も知っている外出先をつくる。 No.9 Name (Word)
  12. 12. これまで共有されてこなかった「工夫」を共有する。 Sharing the ideas how to live well with Dementia. ideas 他の人の工夫を自分の状況に活用できる! Everyone can apply the ideas if they like. 医療・介護の専門知識ではなく、個人の経験に内在している知恵にフォーカス Focusing on the practical knowledge about how to live well in the daily life, not on medical or techniques of caregiving,
  13. 13. 「工夫」を新しい「ことば」で表現する。 Creating new WORDS to represent the ideas 工夫を表す「ことば」を用いて対話が促進される! The words enable us to talk with others!
  14. 14. 『国内外で、いろいろな職業の⼈人が”⾃自分の仕事から” 考える取り組みが始まりつつあります。』 Plymouth Citybus UK Financial Service Charter http://www.alzheimers.org.uk/site/scripts/download_info.php?downloadID=1294
  15. 15. Name (Word)
  16. 16. Context You are planning an event for people with dementia and their family members. 家族などと参加できる認知症の人のため のイベントを企画しようとしています。 ▼そのとき▼ In this context
  17. 17. ▼そのとき▼ In this context Problem 認知症の人が参加するからと、あまりにも 気を遣い過ぎて準備されたイベントは、心 から楽しめるものにはなりません。いろい ろなハンディキャップを抱えながらも参加 できるイベントはとても貴重です。しかし、 企画側が認知症の本人に対して過剰に気を 遣ってしまったり、心のどこかで「支援し てあげる」という気持ちをもっていたりす ると、むしろその区別が強調されてしまい、 心地よく楽しむのは難しくなります。 It is hard for participants to truly have fun at an event designed specifically for the people with dementia. Events that handicapped people can join are precious. However, if the organizers become too attentive of the dementia patients, the distinction between the patients and the others will become obvious. In such a situation, both sides will have a hard time enjoying the event comfortably. ▼そこで▼ Therefore
  18. 18. Solution ▼ Therefore Organize the event so that people can enjoy regardless of if they have dementia or not. Don’t organize activities based on whether a task can be done by a dementia patient or not. Instead design activities that require participants to cooperate to achieve a common goal. Besides, symptoms of dementia differ from person to person due to their type and progress; so different tasks will be difficult for different people. You do not need to draw a concrete line to distinguish people; mix them all up in to one huge salad bow so that everyone can equally enjoy. ▼そこで 認知症であるかないかにかわらず、ともに楽 しむことができる企画を考えます。「認知症 だから○○は難しい」と決めつけずに、みん なで一緒に目標を達成する企画を考えるので す。ひとえに認知症といっても、人によって できないことや難しいことは異なっています。 そのため、どんなことでも、その人にピッタ リの役割や楽しみ方はきっとあります。一律 の基準で区別をしたり、認知症の本人と家族 を明確に分けたりすることはせず、みんな「綯 い交ぜ」(ないまぜ)で笑って楽しめるよう な場をつくるのです。 ▼そうすると▼ Consequently
  19. 19. Consequence ▼そうすると 一緒に笑顔になって楽しむことで、認知症で あるかないかにかかわらず、各人が強い存在 感を放つイベントになります。企画側も一緒 に冗談を言ったり笑い合ったりして楽しんで いるイベントは、本人・家族のかけがえのな い思い出になるのはもちろん、企画側にとっ ても忘れられないものになるはずです。でき るだけたくさんの笑顔の瞬間を写真に撮って、 インターネット上で公開・共有し、周囲にア ピールするのもよいでしょう。こうした活動 を増やしていくことで、認知症とともにより よく生きることができる社会が実現されるの です。 ▼ Consequently By designing the event so that people can enjoy no matter who they are, each person will be able to stand out. If everyone, even the organizers, are laughing and joking together, the time spent will become an important experience not only for the dementia patient and their family but also for the organizers. Take a lot of photos and share them online. As the number of such events increase, the society should become comfortable for people with dementia.
  20. 20. Name (Word)
  21. 21. 『RUN伴は、”ないまぜのイベント”なんです。』 http://runtomo.jimdo.com/
  22. 22. 「新しい旅」という捉え方 / A New Journey as a Concept 「認知症とともによりよく生きる」ことを、ひとつの「新しい旅」と捉える。 We would like to think of living with Dementia as the start of a new journey. 家族で一緒にいる時間が増えることで、これまで以上にお互いの ことが理解し合えるかもしれません。 Because we will be spending more time together with our family, this will be a good opportunity to get to know them better. ! これから過ごす時間は、何かを失っていく時間ではなく、これま で得られなかったものを得て、これまでなかったものをつくって いく時間であると捉えることもできる。 The time coming up is not a time for us and our family to lose what we already have, but rather one to recollect what we have missed and perhaps gain even more.
  23. 23. 旅のことば 認知症とともによりよく生きるためのヒント Words for a Journey The Art of Being with Dementia
  24. 24. 本プロジェクトについて / About this Project 慶應義塾大学 井庭崇研究室と、認知症フレンドリージャパン・イニシアチブを支 援する企業のメンバーが、従来の医療・福祉系の枠組みを超え、認知症にかかわ る課題検討の一環として参加したプロジェクト This project is the result of collaborative work between associate professor Takashi Iba and the students at the Iba Laboratory with corporate members of the Dementia Friendly Japan Initiative including Center for Global Communications at International University of Japan (GLOCOM), Fujitsu Laboratories Ltd., KOKUYO S&T Co., Ltd., and Dai Nippon Printing Co., Ltd.. This organization challenges the problems associated with dementia as a team that extends beyond just medical and welfare studies. 井庭 崇(慶應義塾大学SFC) with 池澤 努(大日本印刷株式会社) 伊作 太一(慶應義塾大学SFC) 南雲 満友(慶應義塾大学SFC) 諏訪 実奈未(慶應義塾大学SFC) 松本 彩(慶應義塾大学SFC) 鎌田 安里紗(慶應義塾大学SFC) 玉置 南歩(慶應義塾大学SFC) 松村 侑(慶應義塾大学SFC) 金子 智紀(慶應義塾大学SFC) 岡田 誠(富士通研究所) 徳田 雄人(NPO法人認知症フレンド      シップクラブ) 庄司 昌彦(国際大学GLOCOM) 田中 克明(コクヨS&T株式会社) 奥井 康文(大日本印刷株式会社)
  25. 25. 制作プロセス / Making Process of “Words for a Journey” 認知症のご本人と、介護家族の方へのインタビュー Interviewed with the person with Dementia and their family
  26. 26. 制作プロセス / Making Process of “Words for a Journey” インタビューで出てきた工夫や問題・悩みを整理 既存の枠組みに収束させるのではなく、新たなカテゴリを生むようにする Wrote down ideas and problems, then categorized them. Tried to make new categories, avoiding to converge into typical categories.
  27. 27. 制作プロセス / Making Process of “Words for a Journey” 整理して得られた内容の言語化 『旅のことば』のフォーマットで記述する。 それを数ヶ月かけて徹底的にブラッシュアップする。 Wrote the ideas and problems into the format of Context, Problem, and Solution. Brushed up them again and again for several months.
  28. 28. さらなる「旅のことば」を求めて / The Journey Continues … この冊子をきっかけに 自分たちの「旅のことば」を誰かと一緒に書き、周囲と共有し合う。 みんなの知恵を寄せ合いながら「旅のことば」を育てる。 メールアドレス: tabinokotoba@sfc.keio.ac.jp ホームページ: http://tabinokotoba.sfc.keio.ac.jp/ If you have a feeling that you might have “words for a journey,” please share it with someone. Write it out for that person. Create your original “words for a journey.” ! We will continue our search for new “words for a journey” together with you readers in order to keep updating our collection of words. Please send us any of your wisdom to live well with dementia. ! The Words for a Journey Project E-mail: journey@sfc.keio.ac.jp Web-site: http://journey.sfc.keio.ac.jp/
  29. 29. 今後のイベント / The Coming Events ! 11/5-­‐6(水・木)  G7 (G8) サミット日本後継イベント     @六本木アカデミーヒルズ 9:30-­‐17:30 ! 11/16(日)     認知症パターン・ランゲージによる対話のワークショップ     @国際大学GLOCOM 14:00-­‐16:30 Dialogue Workshop with Words for a Journey ! 11/21-­‐22(金・土) SFC Open Research Forum         @東京ミッドタウン 10:00-­‐19:00

×