Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
モデルベースソフトウェア開発コミュニティ
高崎 健太郎
COO
自己紹介
A c t i e rA c t i e r 株式会社アクティア
所在地   : 東京都中央区日本橋堀留町
ホームページ: http://www.actier.co.jp
従業員数  : 4名(取締役含む)
やってること: モデル駆動開発を活か...
会場のご案内
お礼
TechBuzzSpace

会場提供ありがとうございます
http://www.socialtoprunners.jp/#!techbuzzspace/c1mgd
SoftDrink OK!
お知らせ
No Alcohol
No Garbage
No MASAKARI
お知らせ
ハッシュタグ
#mbsdc_japan
コミュニティ申込方法
https://groups.google.com/forum/#!members/mbsdc-japan
googleグループで
活発な意見交換を!
さくさく要件定義 勉強会
さくさく要件定義 勉強会
モデルベースの
要件定義を
体験する勉強会!
株式会社バリューソース 代表取締役社長
神崎 善司 様
さくさく要件定義 勉強会
2/18(水)
15名
2/18(水)
15名
モデルベースソフトウェア開発コミュニティ
何の数字?
430hour
何の数字?
29day
30day
炎上プロジェクト炎上プロジェクト
僕の炎上プロジェクト
 各工程で問題が多かった
要件分析

ビジネス

要求
設計

実装

テスト

ソフトウェア
分析・設計に時間がとれず
設計書が情報不足
要件定義・分析
設計と
別チーム
設計していないものが
作られたり、急遽作っている...
対策
 上流で対策すべし
要件分析

ビジネス

要求
設計

実装

テスト

ソフトウェア
シームレスに
下流に繋げる
上流で火の手を
上げない
対策をモデルで考えると
 上流で対策すべし
要件分析

ビジネス

要求
設計

実装

テスト

ソフトウェア
シームレスに
下流に繋げる
上流で火の手を
上げない
業務仕様をきちんと
モデル表現する
きちんと作成したモデルは処
理の対象とし...
人口の遷移
人口も
65歳以下の
割合も減る
情報通信産業の伸び
情報通信産業のGDPや
雇用者数は伸びる傾向
情報通信産業のGDPや
雇用者数は伸びる傾向
人口の遷移
人 材
不 足
エンジニアが足りない
生産性の向上生産性の向上spencer	 cooper http://goo.gl/gaVNSJ
生産性を向上するには
ムダを省く
PHOTOPRESS/Wenger
ムダ
1.価値の無いものを作る
2.必要なタイミングに無い
3.全く同じことの繰り返し
ムダをモデルベースで無くす
1.価値の無いものを作る
2.必要なタイミングに無い
3.全く同じことの繰り返し
業務仕様をきちんと
モデル表現する
モデルをベースにして

コードを作成する手法
モデルをベースにして

コードを作成する手法
モデルベースソフトウェア開発とは
モデルベースソフトウェア開発
モデル駆動アーキテクチャによるソフトウェア開発
モデリング言語を単なるデザイン言語としてではなく、プログラミング言語に近い形で使
いモデル中心で開発することで、生産性向上、品質向上、設計の再利用といったことに

ア...
モデルベースソフトウェア開発の歴史①
モデルベースソフトウェア開発はソフトウェア開発の次なる進化
モデルベースソフトウェア開発はソフトウェア産業の歴史を経て、抽象度が上がっていく
中での次なる進化として期待されているテクノロジ。
時間とプラット...
モデルベースソフトウェア開発の歴史②
オワコン? リバイバルを狙います!
一時期(2002∼2006年頃)ブームとなったが、スグに開花することはなく

育ってきているテクノロジ。
! ブーム当時はツールや基盤が整っていなかったが、それらが育ちサ...
Model Driven Architecture(MDA)
MDA Guide rev. 2.0
2014/06/01
Eclipse Modeling Framework(EMF)
セッション内容紹介
モデルベースソフトウェア開発
(UML モデルからの自動生成)
モデルベースソフトウェア開発
(Xtext による自動生成+α)
モデルベースソフトウェア
開発の分析・設計
種
Before Internet / After Internet
BI/AI
Before MBSD / After MBSD
BM/AM
モデルベース
ソフトウェア開発の未来へ
おしまい
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

モデルベースソフトウェア開発コミュニティキックオフイベントオープニング

2015/2/7 に実施したモデルベースソフトウェア開発コミュニティのキックオフイベントにて、オープニングとしてプレゼンした資料。

  • Login to see the comments

モデルベースソフトウェア開発コミュニティキックオフイベントオープニング

  1. 1. モデルベースソフトウェア開発コミュニティ
  2. 2. 高崎 健太郎 COO 自己紹介
  3. 3. A c t i e rA c t i e r 株式会社アクティア 所在地   : 東京都中央区日本橋堀留町 ホームページ: http://www.actier.co.jp 従業員数  : 4名(取締役含む) やってること: モデル駆動開発を活かしたSIer
  4. 4. 会場のご案内
  5. 5. お礼 TechBuzzSpace
 会場提供ありがとうございます http://www.socialtoprunners.jp/#!techbuzzspace/c1mgd
  6. 6. SoftDrink OK!
  7. 7. お知らせ No Alcohol
  8. 8. No Garbage
  9. 9. No MASAKARI
  10. 10. お知らせ
  11. 11. ハッシュタグ #mbsdc_japan
  12. 12. コミュニティ申込方法 https://groups.google.com/forum/#!members/mbsdc-japan googleグループで 活発な意見交換を!
  13. 13. さくさく要件定義 勉強会
  14. 14. さくさく要件定義 勉強会 モデルベースの 要件定義を 体験する勉強会! 株式会社バリューソース 代表取締役社長 神崎 善司 様
  15. 15. さくさく要件定義 勉強会 2/18(水) 15名 2/18(水) 15名
  16. 16. モデルベースソフトウェア開発コミュニティ
  17. 17. 何の数字? 430hour
  18. 18. 何の数字? 29day 30day
  19. 19. 炎上プロジェクト炎上プロジェクト
  20. 20. 僕の炎上プロジェクト  各工程で問題が多かった 要件分析
 ビジネス
 要求 設計
 実装
 テスト
 ソフトウェア 分析・設計に時間がとれず 設計書が情報不足 要件定義・分析 設計と 別チーム 設計していないものが 作られたり、急遽作っている ので品質が低い 要件定義がしっかり されておらず顧客と 合意形成ができていない
  21. 21. 対策  上流で対策すべし 要件分析
 ビジネス
 要求 設計
 実装
 テスト
 ソフトウェア シームレスに 下流に繋げる 上流で火の手を 上げない
  22. 22. 対策をモデルで考えると  上流で対策すべし 要件分析
 ビジネス
 要求 設計
 実装
 テスト
 ソフトウェア シームレスに 下流に繋げる 上流で火の手を 上げない 業務仕様をきちんと モデル表現する きちんと作成したモデルは処 理の対象として扱われるべき モデルをベースにして
 コードを作成する手法
  23. 23. 人口の遷移 人口も 65歳以下の 割合も減る
  24. 24. 情報通信産業の伸び 情報通信産業のGDPや 雇用者数は伸びる傾向 情報通信産業のGDPや 雇用者数は伸びる傾向
  25. 25. 人口の遷移 人 材 不 足
  26. 26. エンジニアが足りない 生産性の向上生産性の向上spencer cooper http://goo.gl/gaVNSJ
  27. 27. 生産性を向上するには ムダを省く PHOTOPRESS/Wenger
  28. 28. ムダ 1.価値の無いものを作る 2.必要なタイミングに無い 3.全く同じことの繰り返し
  29. 29. ムダをモデルベースで無くす 1.価値の無いものを作る 2.必要なタイミングに無い 3.全く同じことの繰り返し 業務仕様をきちんと モデル表現する モデルをベースにして
 コードを作成する手法 モデルをベースにして
 コードを作成する手法
  30. 30. モデルベースソフトウェア開発とは
  31. 31. モデルベースソフトウェア開発 モデル駆動アーキテクチャによるソフトウェア開発 モデリング言語を単なるデザイン言語としてではなく、プログラミング言語に近い形で使 いモデル中心で開発することで、生産性向上、品質向上、設計の再利用といったことに
 アプローチする手法 CIM
 Computation Independent Model
 PIM
 Platform Independent Model PSM
 Platform Specific Model
 PSM
 Platform Specific Model
 CODECODE CIM コンピュータシステムから独立したモデル。 ビジネスモデルや顧客要求などのモデル。 PIM プラットフォーム独立モデル。 CIM をシステムとして実現するために分析や設計 を行ったモデル。 PSM プラットフォーム固有モデル。 PIM にプログラミング言語、ミドルウェアなどに 特化した設計、実装に近い要素を入れたモデル。 CODE 実行されるプログラミング。 package jp.co.actier.mars.concept.m2m.d3.acceleo.lib; import org.eclipse.emf.common.util.BasicEList;
 import org.eclipse.emf.common.util.EList; !public class Uml2Util { ! public EList<Property> attributeAll(Class clazz) { EList<Property> attributes = new BasicEList<Property>(); if (clazz.getSuperClasses() != null) for (Class parent : clazz.getSuperClasses()) attributes.addAll(attributeAll(parent)); attributes.addAll(clazz.getOwnedAttributes()); return attributes; } } モ
 デ
 ル
 に
 集
 中 自 動 化 に よ る 補 助 アカウント ディラー 受付担当 企画担当
  32. 32. モデルベースソフトウェア開発の歴史① モデルベースソフトウェア開発はソフトウェア開発の次なる進化 モデルベースソフトウェア開発はソフトウェア産業の歴史を経て、抽象度が上がっていく 中での次なる進化として期待されているテクノロジ。 時間とプラットフォーム 抽
 象
 度 マシン語
 1と0の符号 アセンブリ言語
 アセンブラ 第3世代言語
 COBOL
 C
 オブジェクト指向
 第3世代言語
 Java C#
 Ruby Python
 モデルベースソフトウェア開発
 メインフレームの時代 PCの時代 インターネットの時代 クラウドの時代 ! ソフトウェア開発は歴史の中でよりコンピュータ系から人間系で考えられるよう進化していっている ! プラットフォームがより複雑になっていく中、プラットフォームと切り離して考えられる土壌が必要
  33. 33. モデルベースソフトウェア開発の歴史② オワコン? リバイバルを狙います! 一時期(2002∼2006年頃)ブームとなったが、スグに開花することはなく
 育ってきているテクノロジ。 ! ブーム当時はツールや基盤が整っていなかったが、それらが育ちサポートしてきている状況 ! UML、MDA と理想追求な部分が先行したが、地に足ついた形での導入実践となってきている 2004年 UML2.0 時間 ブーム期 現在 2001年 MDA 2004年 DDD ヨーロッパの eclipse カンファレンスの
 4分の1のセッションがモデリングや自動生 成関連のセッション
  34. 34. Model Driven Architecture(MDA) MDA Guide rev. 2.0 2014/06/01
  35. 35. Eclipse Modeling Framework(EMF)
  36. 36. セッション内容紹介 モデルベースソフトウェア開発 (UML モデルからの自動生成) モデルベースソフトウェア開発 (Xtext による自動生成+α) モデルベースソフトウェア 開発の分析・設計
  37. 37.
  38. 38. Before Internet / After Internet BI/AI
  39. 39. Before MBSD / After MBSD BM/AM
  40. 40. モデルベース ソフトウェア開発の未来へ
  41. 41. おしまい

×