Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

How to create PyCon JP

1,358 views

Published on

How to create PyCon JP / PyCon JPの作り方
2015 November 30 / BPStudy #99

Talk about "Summary of PyCon JP 2015", "History of PyCon JP" and "How to create PyCon JP".

Published in: Technology
  • Login to see the comments

How to create PyCon JP

  1. 1. How to create PyCon JP 2015 November 30 / BPStudy #99
  2. 2. PyCon JP の 作り方 2015 November 30 / BPStudy 99
  3. 3. Who am I / お前だれよ • 鈴木 たかのり / Takanori Suzuki • Twitter: @takanory • PyCon JP 2014, 2015, 2016 Chair(座長)
  4. 4. Agenda • Summary of PyCon JP 2015 • History of PyCon JP • How to create PyCon JP
  5. 5. http://www.slideshare.net/takanory/ how-to-create-pycon-jp
  6. 6. Summary of PyCon JP 2015
  7. 7. Theme “Possibilities of Python”
  8. 8. 602 Participants
  9. 9. Speakers • 2 Keynotes • 6 Tutors • 32 Talk speakers • 4 Panellers • 10 Poster speakers • 10 Lightning talkers
  10. 10. Sponsors • 1 Diamond sponsor • 2 Platinum sponsors • 7 Gold sponsors • 33 Silver sponsors • 42 Patron sponsors • 7 Media sponsors
  11. 11. Reports • Slide, Video, Togetter • Blogs • Photos
  12. 12. History of PyCon JP
  13. 13. History of PyCon JP • PyCon mini JP: 2011 Jan 29 • PyCon JP 2011: 2011 Aug 27, 28 • PyCon JP 2012: 2012 Sep 15-17 • PyCon APAC 2013: 2013 Sep 13-16 • PyCon JP 2014: 2014 Sep 12-15 • PyCon JP 2015: 2015 Oct 9-12
  14. 14. Growth of PyCon JP
  15. 15. What’s New in PyCon JP
  16. 16. PyCon mini JP • Single Track • Lunch include • 1 Day event
  17. 17. • Foreign Keynote Speaker(Tarek Ziade) • Multi Track(1 English Track) • Office Hour(Guido van Rossum) • Development Sprints
  18. 18. • 2 Days conference • Joint Events(Django, Pyramid, App engine, Sphinx, NVDA) • Panel Discussion(Web Framework) • Sponsor Booths
  19. 19. • First PyCon APAC in Japan • 2 Foreign Keynote Speakers • Tutorial Day(paid)
  20. 20. • Poster Session • Jobs Fair • Community Booths • Party include
  21. 21. • Kids workshop • Kitchen car(hot meal) • Un limit Coffee
  22. 22. How to create PyCon JP
  23. 23. PyCon JP の作り方
  24. 24. スタッフ
  25. 25. スタッフ • 40名以上のボランティアスタッフ • 座長、各チーム担当副座長 • 当日スタッフなし
  26. 26. 4つのチーム • 事務局: 参加者、会計、スポンサー、グッズ • 会場: 会場、ランチ、パーティー、ネットワーク • プログラム: トーク、キーノート、ポスター、LT • メディア: ブログ、Webサイト、Web記事
  27. 27. コミュニケーション • Slack: チャット • JIRA: 課題管理 • Google Drive: ドキュメント • 月に一度の作業日
  28. 28. 2015工夫したこと
  29. 29. 顔と名前が一致しない 問題
  30. 30. 顔と名前が一致しない • Slackのアイコンが動物やキャラクター • 発音方法がわからないId
  31. 31. Slackアイコンは実写で
  32. 32. SlackのIdは呼ばれたい名で
  33. 33. 何やったらいいか わからない問題
  34. 34. 何やったらいいかわからない • JIRAでタスクを振られたけど、どこか ら手を付けていいか • ゴールがよくわからない→延々とやって る
  35. 35. チケットに目的と内容を書く • 参考: Pythonプロフェッショナルプログ ラミング 第2版 • 05-02-04 チケットテンプレートの例
  36. 36. チケットに目的と内容を書く
  37. 37. ドキュメントの場所 わからない問題
  38. 38. ドキュメントの場所わからない • Google Driveは探しにくい • よくみるドキュメントを、すぐに参照し たい
  39. 39. Slack botを活用
  40. 40. 作業日 忘れちゃう問題
  41. 41. 作業日忘れちゃう • 調整さんで作業日、ミーティングの日程 を決定 • 前日、当日に忘れてる • 誰が来るかわからない
  42. 42. connpassイベント化
  43. 43. 投票とかの呼びかけ 忘れられちゃう問題
  44. 44. 呼びかけ忘れられちゃう • デザイン案への投票 • 調整さんでの日程調整 • @channel でメンションするのもつらい
  45. 45. スタッフにお知らせシート
  46. 46. チームごとに 分断されちゃう問題
  47. 47. チームごとに分断されちゃう • チーム間の情報共有が少ない • 座長(私)がフォローするのも大変
  48. 48. リーダー→副座長 • チームリーダーをチーム担当副座長に変 更 • 副座長は全チームの部屋を見て、橋渡し をしてねとお願い
  49. 49. チケットの期日を 忘れちゃう問題
  50. 50. チケットの期日を忘れちゃう • チケットの期日をすぎていても、そのま ま放置 • 自分でJIRAを見ないと気づかない • いちいちツッコミいれるのもダルい
  51. 51. JIRA issue bot • https://bitbucket.org/takanori/jira-issue-mail
  52. 52. Twitter通知 だるい問題
  53. 53. Twitter通知だるい • いろんなチームから通知に使いたい • ログインしなおすの面倒 • 定期通知の設定も面倒
  54. 54. Twitter通知シート
  55. 55. 問題まとめ • 顔と名前が一致しない • 何やったらいいかわからない • チームごとに分断されちゃう • ドキュメントの場所わからない • 作業日忘れちゃう • 呼びかけ忘れられちゃう • チケットの期日を忘れちゃう • Twitter通知だるい
  56. 56. 問題まとめ • 顔と名前が一致しない • 何やったらいいかわからない • チームごとに分断されちゃう • ドキュメントの場所わからない • 作業日忘れちゃう • 呼びかけ忘れられちゃう • チケットの期日を忘れちゃう • Twitter通知だるい 運用ルール
  57. 57. 問題まとめ • 顔と名前が一致しない • 何やったらいいかわからない • チームごとに分断されちゃう • ドキュメントの場所わからない • 作業日忘れちゃう • 呼びかけ忘れられちゃう • チケットの期日を忘れちゃう • Twitter通知だるい システム化
  58. 58. まとめ • だんだん大きくなっている • やることも増えている • JIRA課題数: 1063(2014)→1426(2015) • うまく回るよう工夫
  59. 59. PyCon JP運営マニュアル • 運営マニュアルを執筆予定 • https://github.com/pyconjp/ manual
  60. 60. 2016スタッフ募集中 • 一緒に「今までで最高のPyCon JP」 を創りあげましょう!! • http://pyconjp.blogspot.jp/2015/11/ pyconjp2016-staff-entry-open.html
  61. 61. Thank you !

×