Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

オープンサイエンス時代の学術情報リテラシー教育

1,202 views

Published on

オープンサイエンス時代の学術情報リテラシー教育

Published in: Education
  • Be the first to comment

オープンサイエンス時代の学術情報リテラシー教育

  1. 1. 「オープンサイエンス時代の 学術情報リテラシー教育」 梅澤貴典 1
  2. 2. 学術情報の流れ 新しい発見や技術 新聞・ネット のニュース 学術雑誌(冊子& 電子)に論文が載る 論文執筆 査読 世界中で 情報共有 START! 基礎・概論 が本になる 大学で学習・研究
  3. 3. 3 ノーベル賞研究者が無料専門誌を創刊 出典:「The Guardian」 2013年12月10日号
  4. 4. 4 ノーベル賞研究者が無料専門誌を創刊 出典:国立国会図書館 「カレントアウェアネス・ポータル」 http://current.ndl.go.jp/node/25176
  5. 5. 5 ノーベル賞研究者が無料専門誌を創刊 出典:http://elifesciences.org/about
  6. 6. 情報の評価基準の重要性 書籍・学術雑誌・事典 新聞 一般雑誌 大衆雑誌 公的DB・ 機関 リポジトリ 企業リリース情報 フリーペーパー フリー百科事典 個人のブログ等 信 頼 性 低 い 高 い 有料 無料 (NEW) オープンアクセス 学術雑誌・DB
  7. 7. 7 1.初年次や大学院進学時のリテラシー教育を軽視すると、 学生や院生は 「Web of Science」のような「大学にいるから使える」 ツールと「Google Scholar」などの無料ツールを同じようなものとして 捉えてしまう(付加価値が分からなくなる)。 2.情報を論文の参考にする際に「出典が辿れるか否か」だけではなく 「どのようなレベルの情報か?」という価値基準を持たないと 知らず知らずの内に知的生産活動のレベルが低下する。 3.書籍と雑誌(特に査読誌)の役割の違いなどの基礎知識なく ディスカバリーサービスのようにサーチエンジン感覚で手軽に さまざまな学術情報を列挙され入手することに慣れると ますます無料のWeb情報との境目が曖昧になっていく。 情報の評価基準の重要性
  8. 8. 5.9% 5.9% 5.9% 5.9% 5.9% 23.5% 5.9% 5.9% 5.9% 5.9% 5.9% 5.9% 29.4% 17.6% 35.3% 29.4% 23.5% 11.8% 5.9% 17.6% 5.9% 17.6% 41.2% 11.8% 11.8% 11.8% 23.5% 11.8% 5.9% 5.9% 5.9% 5.9% 11.8% 5.9% 5.9% 5.9% 5.9% 11.8% 47.1% 64.7% 94.1% 58.8% 70.6% 88.2% 100.0% 64.7% 100.0% 88.2% 94.1% 70.6% 52.9% 76.5% 88.2% 41.2% 35.3% 0% 10% 20% 30% 40% 50% 60% 70% 80% 90% 100% 著作権と引用ルール… 大学図書館のオンラインデータベース集 World Catによる… 聞蔵(朝日新聞) ヨミダス歴史館 東洋経済デジタル… 法規情報(D1-law) 国立国会図書館サーチ 電子政府の総合窓口(e-gov:イーガブ) 統計情報(国立国会… 統計情報(e-stat) JAIRO(機関リポジトリ) CiNiiによる論文検索 WebCatPlusによる… NDCの成り立ち OPACの著者名リンク等… OPACの使用法 良く使う たまに使う 知っていた こういうツールがある だろうとは思っていた 全く知らなかった 大学1年生向け講習の受講者アンケート分析 2014年度・都留文科大学「アカデミック・スキルズF」(発表者による)
  9. 9. 「各ツールの認知度」 (受講者にはどのような知識が身に付いており、 どのような知識が不足しているか?) 2:「知っていた」(「良く使う」・「たまに使う」を含む) 1:「このようなツールがあるだろうとは思っていた」 0:「全く知らなかった」 の3段階に分類した。 社会人大学院生向け講習の受講者アンケート分析 9 受講者が、何を知っていて 何を知らないかを把握する!
  10. 10. 結果と考察 (3)「認知度」のグループ別比較 10 大学職員向けの大学院 (高等教育政策・大学経営) 国内社会人ビジネススクール (MBA・経営管理)
  11. 11. 公的統計データベースの例「E-stat」(総務省統計局) 家計消費指数 誰でも無料 図書館を使わずとも 1本の論文が書けてしまう 事実を自覚する!
  12. 12. 【参考】大学図書館が『重要』と考える課題の推移 出典:文部科学省 学術情報基盤実態調査「大学図書館編」(作図は発表者) ※「学生の自学自習」「研究活動」「大学の国際化」は2011年から調査項目に加わった。 2006年 2007年 2008年 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 利用者サービスの向上 42.0% 43.5% 70.5% 76.4% 80.2% 84.5% 83.8% 83.6% 学生の自学自習のための支援(ラーニング・コモンズ などの整備・レファレンス) 64.8% 68.8% 76.3% 電子情報の提供・保存環境の整備 12.5% 11.6% 40.4% 48.4% 56.4% 59.7% 60.8% 67.1% 情報リテラシー教育の充実 9.7% 10.3% 42.4% 53.6% 64.0% 64.2% 66.3% 66.5% 研究活動のための支援 38.8% 42.7% 47.7% 社会・地域との連携の強化 2.9% 2.8% 28.3% 33.8% 38.0% 38.2% 37.5% 40.7% 大学の国際化への対応 13.3% 16.0% 20.7% 42.0% 43.5% 70.5% 76.4% 80.2% 84.5% 83.8% 83.6% 64.8% 68.8% 76.3% 12.5% 11.6% 40.4% 48.4% 56.4% 59.7% 60.8% 67.1% 9.7% 10.3% 42.4% 53.6% 64.0% 64.2% 66.3% 66.5% 38.8% 42.7% 47.7% 2.9% 2.8% 28.3% 33.8% 38.0% 38.2% 37.5% 40.7% 13.3% 16.0% 20.7% 0.0% 10.0% 20.0% 30.0% 40.0% 50.0% 60.0% 70.0% 80.0% 90.0% 利用者サービスの向上 学生の自学自習のための支 援(ラーニング・コモンズなどの 整備・レファレンス) 電子情報の提供・保存環境の 整備 情報リテラシー教育の充実 研究活動のための支援 社会・地域との連携の強化 大学の国際化への対応
  13. 13. 13 ★ 有料購入(契約)した情報だけを守備範囲にしていると、 図書館と司書の存在意義が薄れてしまう。 →「有料/無料」という括りから脱却する。 →「図書館利用教育」から「情報活用教育」へ。 ★ 「情報の価値基準」と「評価方法」が必須。 ★ レポート・論文の執筆や研究発表などの アウトプットを目的とした「学習者・研究者」目線が必要。 →司書自身が学び、発信する経験が基礎となる。 これからの学術情報リテラシー教育に向けて
  14. 14. 14 ★ 商業出版社が知識を独占して来たように、図書館も 「知識の唯一の権利者」だと思い込んではいないか? →オープンサイエンスは、市場の自由化を生む。 ★図書館司書も、存在意義を厳しく問われる。 →「学術情報活用の専門職」に生まれ変わる 千載一遇のチャンス。 「常識の転換期」はチャンスの宝庫。

×