SlideShare a Scribd company logo
1 of 17
ソフトウェア品質シンポジウム2012

質問表の活用による
プロジェクトの早期リスク検出

2012/09/14
Acroquest Technology 株式会社
鈴木 貴典
takanori@acroquest.co.jp
品質を何で
判断する?
いいね!
はじめに
 鈴木 貴典 (Takanori Suzuki) @takanorig
 所属:Acroquest Technology
★ 本職はSEPG※1マネージャ
★ 得意分野:
メトリクス、テストアーキテクチャ設計
★ その一方で、OSSの調査・開発とか、
フレームワークの開発などもしています

 本研究について
 日本電気株式会社(NEC)様と、そのソフトウェア開発パートナー企業が
共同で行っているNSP(NEC Software Partners)交流会で実施した
内容に基づいています。
※1 SEPG:Software Engineer Process Group
Copyright © Acroquest Technology Co., Ltd. All rights reserved.

4
目次
1.
2.
3.
4.
5.
6.

現状の品質分析の課題
本取り組みでのねらい
質問表による分析
質問表を利用した分析の導入事例
マネジメントへの効果
まとめ

Copyright © Acroquest Technology Co., Ltd. All rights reserved.

5
1. 現状の品質分析の課題
一般的なプロジェクト
プロジェクト/プロダクトの品質判断
• レビューや試験の品質分析
• 工程やイテレーション毎の
監査や振り返り

課題
常に工程の後半で行われるため
問題を見つけたとしても
手遅れであったり、大きな手戻り
となったりする

問題を発生させないことも重要だが、
素早く現状の問題に気づき、
是正できるような活動が必要
Copyright © Acroquest Technology Co., Ltd. All rights reserved.

6
2. 本取り組みでのねらい
1 早期にプロジェクトの問題を発見したい
2 特別なことをするのではなく、日頃のプロジェクト作業で行われ
ている活動内容から、リアルな問題に気づけるようにしたい
3 過大な負荷なく、プロジェクトに導入したい

「質問表」の存在に着目!!
•
•
•

大抵のプロジェクトで利用されている
日々更新される
プロジェクトのリアルな内容が反映される(ウソを付けない)

Copyright © Acroquest Technology Co., Ltd. All rights reserved.

7
3. 質問表による分析 ~標準テンプレートの作成~
プロジェクトですぐに役立つよう、使い勝手の良いテンプレート化を検討
利用者が迷わないように
各列に説明を追記

質問者と回答者で
入力列が分かるよう色分け

分析項目を自動で集計
(リアルタイムでの
分析が可能)
項目を厳選して
追加
分析項目は
できるだけ選択式で
簡単に入力

・項目を厳選
・集計/表示を自動化
・定義を明確化/シンプル化

利用者の手間がかからないよう
効果のある項目を考慮

Copyright © Acroquest Technology Co., Ltd. All rights reserved.

8
3. 質問表による分析 ~実プロジェクトの適用~
前提
•複数社で、いくつかのプロジェクトについて、質問表の利用状況を確認。
•どのプロジェクトでも、基本的に何らかのかたちで質問表を利用していた。
•ただし、その内容を分析してプロジェクトマネジメントに利用している
プロジェクトは無かった。

分析
•標準テンプレートの質問表を、実際のプロジェクトに適応し、
以下の事項について分析した。
① 時系列での発生/回答件数の推移
② 時系列での滞留時間や遅延時間の推移



滞留時間:質問の発生~解決までの日数
遅延時間:回答の希望日~実績日の差分日数

•各々で、失敗プロジェクトと成功プロジェクトで、どのような違いあるかを
評価してみた。

Copyright © Acroquest Technology Co., Ltd. All rights reserved.

9
3. 質問表の分析

【分析①】発生/回答件数の傾向
プロジェクトの良し悪しで、質問の発生状況に異なった傾向あり
問題プロジェクト

問題プロジェクトの傾向
•開発期間の全体を通じて、質問
が止まらない。
→仕様が安定していない結果。
•質問件数も、同じ開発規模の
プロジェクトに比べて、増える
傾向がある。

良好プロジェクトの傾向
•主に、工程の立ち上がりで質問
が挙がる。
•実装フェーズでは質問が少なく
なる。

開発期間中、
質問が発生し続ける

設計工程の
立ち上がりでは、
質問が増える

Copyright © Acroquest Technology Co., Ltd. All rights reserved.

良好プロジェクト

質問があまり増えず、
落ち着いている

10
3. 質問表の分析

【分析②】滞留時間/遅延時間の傾向
プロジェクトの良し悪しで、回答時間の傾向にも異なった傾向あり
問題プロジェクト

問題プロジェクトの傾向
•大半の質問は、比較的早く回答
されているものの、回答に数十日
かかっている質問が多い。
•回答に時間がかかっている質問
が、開発後半になっても収束して
いない。

開発後半になっても、
回答に時間がかかっている
質問が多い

良好プロジェクト

良好プロジェクトの傾向
•回答に時間のかかる質問も
見られるが、開発の後半に向かう
にしたがって、収束する傾向が
見られる。

Copyright © Acroquest Technology Co., Ltd. All rights reserved.

設計工程では回答に時間が
かかる質問もあったが、
後半では収束している

11
4. 質問表を利用した分析の導入事例
プロジェクトの改善効果が質問表からも明確に!
最初の開発
(成功はしたが仕様伝達に苦労)

半年後の開発
(上流での仕様伝達・理解を強化)

質問の推移(2010年3Q~4Q)

質問の推移(2011年1Q~2Q)

設計工程での質問が、
全体の約80%を占める。

プロジェクトは
成功ではあったが、
CD工程での質問が多い。
•設計:42%
•実装:38%
•試験:20%

•設計:81%
•実装:14%
•試験: 6%

受入試験バグ密度
12.5件/KLOC
BD

DD

CD

UT

IT

受入試験バグ密度
3.7件/KLOC
BD

DD

CD

UT

IT

2回目の開発では、受入試験バグ密度が70%減
上流工程できちんと質問を挙げて仕様を把握できたことが、品質向上へも寄与
Copyright © Acroquest Technology Co., Ltd. All rights reserved.

12
5. マネジメントへの効果
従来の課題
課題①

質問表導入の効果
効果①

•レビューや試験結果の分析は、
常に工程の後半で行われる。
→問題を見つけたとしても、
大きな手戻りとなる。
課題②

•質問は、工程の前半で発生する
傾向が強い。
→分析をリアルタイムで行うことで、
早期に問題に気づきやすくなる。
効果②

•品質分析のために、データを
集計する必要がある。
→常に、手間・時間がかかる。

•質問表は、日頃のプロジェクト活動
で行われるものである。
→新たな作業をする必要がなく、
導入・利用に負荷がかからない。

Copyright © Acroquest Technology Co., Ltd. All rights reserved.

13
質問表の良いポイント

① 手間がかからず、簡単
② 内容が分かりやすく、すぐに役に立つ

③ 適用範囲が広い
いいね!
6. まとめ
1. 研究の成果
質問表が、以下のようにプロジェクトマネジメントへ活かすことが
できることを確認できた。
① 質問表から得られる
データの定量的分析

リアルタイムにプロジェクトの
問題を検出するための有効な手段

② 異なるプロジェクトでも
質問の発生傾向に
類似した傾向が見られた

プロジェクトのリアルな状況を
把握でき、良し悪しを判断できる
共通的な手法

③ 導入・利用に手間が
かからない

プロジェクトに負荷なく導入ができる
効率的な内容

2. 今後の課題
① レビューやテストとの関連性分析よる、品質向上の効果の評価
② プロジェクトの規模/実施した工程の範囲の影響分析
Copyright © Acroquest Technology Co., Ltd. All rights reserved.

16
For more projects succeed

Infrastructures Evolution

Copyright © Acroquest Technology Co., Ltd. All rights reserved.

17

More Related Content

What's hot

【18-B-4】ソースコード品質、大丈夫ですか? ~静的検証のススメ~
【18-B-4】ソースコード品質、大丈夫ですか? ~静的検証のススメ~【18-B-4】ソースコード品質、大丈夫ですか? ~静的検証のススメ~
【18-B-4】ソースコード品質、大丈夫ですか? ~静的検証のススメ~
Developers Summit
 

What's hot (20)

KDDI Business ID におけるアジャイル開発と検証フロー
KDDI Business ID におけるアジャイル開発と検証フローKDDI Business ID におけるアジャイル開発と検証フロー
KDDI Business ID におけるアジャイル開発と検証フロー
 
LINE Developer Meetup in Tokyo #39 Presentation (modified)
LINE Developer Meetup in Tokyo #39 Presentation (modified)LINE Developer Meetup in Tokyo #39 Presentation (modified)
LINE Developer Meetup in Tokyo #39 Presentation (modified)
 
SQuBOK読破会活動紹介とSQuBOKにおける派生開発
SQuBOK読破会活動紹介とSQuBOKにおける派生開発SQuBOK読破会活動紹介とSQuBOKにおける派生開発
SQuBOK読破会活動紹介とSQuBOKにおける派生開発
 
DeNA QA night #2 presentation
DeNA QA night #2 presentationDeNA QA night #2 presentation
DeNA QA night #2 presentation
 
DeNA QA Night#2 Game QA part
DeNA QA Night#2 Game QA partDeNA QA Night#2 Game QA part
DeNA QA Night#2 Game QA part
 
テスト計画の立て方 WACATE2019 夏
テスト計画の立て方 WACATE2019 夏テスト計画の立て方 WACATE2019 夏
テスト計画の立て方 WACATE2019 夏
 
品質基礎知識
品質基礎知識品質基礎知識
品質基礎知識
 
ソフトウェア品質シンポジウム2014(SQiP2014)オープニング:SQiPの紹介
ソフトウェア品質シンポジウム2014(SQiP2014)オープニング:SQiPの紹介ソフトウェア品質シンポジウム2014(SQiP2014)オープニング:SQiPの紹介
ソフトウェア品質シンポジウム2014(SQiP2014)オープニング:SQiPの紹介
 
【18-B-4】ソースコード品質、大丈夫ですか? ~静的検証のススメ~
【18-B-4】ソースコード品質、大丈夫ですか? ~静的検証のススメ~【18-B-4】ソースコード品質、大丈夫ですか? ~静的検証のススメ~
【18-B-4】ソースコード品質、大丈夫ですか? ~静的検証のススメ~
 
SWEBOKにみるソフトウェアエンジニアリングの全体、および、 つながる時代のソフトウェアモデリング&品質
SWEBOKにみるソフトウェアエンジニアリングの全体、および、 つながる時代のソフトウェアモデリング&品質 SWEBOKにみるソフトウェアエンジニアリングの全体、および、 つながる時代のソフトウェアモデリング&品質
SWEBOKにみるソフトウェアエンジニアリングの全体、および、 つながる時代のソフトウェアモデリング&品質
 
8人の匠によるテスト戦略20080918
8人の匠によるテスト戦略200809188人の匠によるテスト戦略20080918
8人の匠によるテスト戦略20080918
 
早稲田・鷲崎-ゴール指向の測定によるソフトウェア 品質評価と改善の実践的取組み (三つのコツ、三つの事例)-2015年2月19日
早稲田・鷲崎-ゴール指向の測定によるソフトウェア品質評価と改善の実践的取組み(三つのコツ、三つの事例)-2015年2月19日早稲田・鷲崎-ゴール指向の測定によるソフトウェア品質評価と改善の実践的取組み(三つのコツ、三つの事例)-2015年2月19日
早稲田・鷲崎-ゴール指向の測定によるソフトウェア 品質評価と改善の実践的取組み (三つのコツ、三つの事例)-2015年2月19日
 
はじめてのソフトウェアテスト2019
はじめてのソフトウェアテスト2019はじめてのソフトウェアテスト2019
はじめてのソフトウェアテスト2019
 
アジャイル開発とメトリクス
アジャイル開発とメトリクスアジャイル開発とメトリクス
アジャイル開発とメトリクス
 
自動テストにおけるコードベース戦略とローコード戦略のすみ分け
自動テストにおけるコードベース戦略とローコード戦略のすみ分け自動テストにおけるコードベース戦略とローコード戦略のすみ分け
自動テストにおけるコードベース戦略とローコード戦略のすみ分け
 
【JaSST'14 Tokyo】システムテストの自動化による 大規模分散検索プラットフォームの 開発工程改善 #JaSST
【JaSST'14 Tokyo】システムテストの自動化による 大規模分散検索プラットフォームの 開発工程改善 #JaSST【JaSST'14 Tokyo】システムテストの自動化による 大規模分散検索プラットフォームの 開発工程改善 #JaSST
【JaSST'14 Tokyo】システムテストの自動化による 大規模分散検索プラットフォームの 開発工程改善 #JaSST
 
「ソフトウェア品質データ分析を通じた組織的改善の促進」ソフトウエアジャパン2014「ITフォーラムセッション」IPA/SEC データの分析に基づくシステム...
「ソフトウェア品質データ分析を通じた組織的改善の促進」ソフトウエアジャパン2014「ITフォーラムセッション」IPA/SEC データの分析に基づくシステム...「ソフトウェア品質データ分析を通じた組織的改善の促進」ソフトウエアジャパン2014「ITフォーラムセッション」IPA/SEC データの分析に基づくシステム...
「ソフトウェア品質データ分析を通じた組織的改善の促進」ソフトウエアジャパン2014「ITフォーラムセッション」IPA/SEC データの分析に基づくシステム...
 
テストの視点を活用した TDD アプローチの検討とその検証
テストの視点を活用した TDD アプローチの検討とその検証テストの視点を活用した TDD アプローチの検討とその検証
テストの視点を活用した TDD アプローチの検討とその検証
 
静的解析ツール Klocworkによる 機能安全規格への対応
静的解析ツール Klocworkによる 機能安全規格への対応静的解析ツール Klocworkによる 機能安全規格への対応
静的解析ツール Klocworkによる 機能安全規格への対応
 
Re-collection of embedded software qa in the last decade
Re-collection of embedded software qa in the last decadeRe-collection of embedded software qa in the last decade
Re-collection of embedded software qa in the last decade
 

Viewers also liked

5WCSQ - Quality Improvement by the Real-Time Detection of the Problems
5WCSQ - Quality Improvement by the Real-Time Detection of the Problems5WCSQ - Quality Improvement by the Real-Time Detection of the Problems
5WCSQ - Quality Improvement by the Real-Time Detection of the Problems
Takanori Suzuki
 
スクラムプロジェクト逆計画ゲーム 説明用スライド
スクラムプロジェクト逆計画ゲーム 説明用スライドスクラムプロジェクト逆計画ゲーム 説明用スライド
スクラムプロジェクト逆計画ゲーム 説明用スライド
Yasui Tsutomu
 
プロジェクト見える化計画 Web
プロジェクト見える化計画 Webプロジェクト見える化計画 Web
プロジェクト見える化計画 Web
minamo
 
組合せ最適化入門:線形計画から整数計画まで
組合せ最適化入門:線形計画から整数計画まで組合せ最適化入門:線形計画から整数計画まで
組合せ最適化入門:線形計画から整数計画まで
Shunji Umetani
 

Viewers also liked (12)

5WCSQ - Quality Improvement by the Real-Time Detection of the Problems
5WCSQ - Quality Improvement by the Real-Time Detection of the Problems5WCSQ - Quality Improvement by the Real-Time Detection of the Problems
5WCSQ - Quality Improvement by the Real-Time Detection of the Problems
 
土木会発表(計画・交通研究室)
土木会発表(計画・交通研究室)土木会発表(計画・交通研究室)
土木会発表(計画・交通研究室)
 
スクラムプロジェクト逆計画ゲーム 説明用スライド
スクラムプロジェクト逆計画ゲーム 説明用スライドスクラムプロジェクト逆計画ゲーム 説明用スライド
スクラムプロジェクト逆計画ゲーム 説明用スライド
 
CCPM概論<2009PMI発表資料>
CCPM概論<2009PMI発表資料>CCPM概論<2009PMI発表資料>
CCPM概論<2009PMI発表資料>
 
ものづくりにかける時間 工数の見積もりと計画づくり
ものづくりにかける時間 工数の見積もりと計画づくりものづくりにかける時間 工数の見積もりと計画づくり
ものづくりにかける時間 工数の見積もりと計画づくり
 
IoT時代におけるストリームデータ処理と急成長の Apache Flink
IoT時代におけるストリームデータ処理と急成長の Apache FlinkIoT時代におけるストリームデータ処理と急成長の Apache Flink
IoT時代におけるストリームデータ処理と急成長の Apache Flink
 
プロジェクト見える化計画 Web
プロジェクト見える化計画 Webプロジェクト見える化計画 Web
プロジェクト見える化計画 Web
 
自律的なチームを作るために —組織心理学・臨床心理学の応用—
自律的なチームを作るために —組織心理学・臨床心理学の応用—自律的なチームを作るために —組織心理学・臨床心理学の応用—
自律的なチームを作るために —組織心理学・臨床心理学の応用—
 
ストリーム処理を支えるキューイングシステムの選び方
ストリーム処理を支えるキューイングシステムの選び方ストリーム処理を支えるキューイングシステムの選び方
ストリーム処理を支えるキューイングシステムの選び方
 
組合せ最適化入門:線形計画から整数計画まで
組合せ最適化入門:線形計画から整数計画まで組合せ最適化入門:線形計画から整数計画まで
組合せ最適化入門:線形計画から整数計画まで
 
最適化超入門
最適化超入門最適化超入門
最適化超入門
 
2016-10-25 product manager conference 資料
2016-10-25 product manager conference 資料2016-10-25 product manager conference 資料
2016-10-25 product manager conference 資料
 

Similar to SQiP2012 - 質問表の活用によるプロジェクトの早期リスク検出

伊久美様 アジャイルジャパン2010プレゼン資料(4 9)
伊久美様 アジャイルジャパン2010プレゼン資料(4 9)伊久美様 アジャイルジャパン2010プレゼン資料(4 9)
伊久美様 アジャイルジャパン2010プレゼン資料(4 9)
Akiko Kosaka
 
Jasst12九州 倉貫資料:アジャイル・Ruby・クラウド(ARC)を活用したビジネスにおけるテストの実践 #jasst12Q
Jasst12九州 倉貫資料:アジャイル・Ruby・クラウド(ARC)を活用したビジネスにおけるテストの実践 #jasst12QJasst12九州 倉貫資料:アジャイル・Ruby・クラウド(ARC)を活用したビジネスにおけるテストの実践 #jasst12Q
Jasst12九州 倉貫資料:アジャイル・Ruby・クラウド(ARC)を活用したビジネスにおけるテストの実践 #jasst12Q
Yoshihito Kuranuki
 
WACATE2013冬 知識体系とSEMAT
WACATE2013冬 知識体系とSEMATWACATE2013冬 知識体系とSEMAT
WACATE2013冬 知識体系とSEMAT
Hironori Washizaki
 

Similar to SQiP2012 - 質問表の活用によるプロジェクトの早期リスク検出 (20)

[OCPJ PoCWG Engineering Workshop] Zabbixを用いたOCPベアメタル監視環境の自動構築
[OCPJ PoCWG Engineering Workshop] Zabbixを用いたOCPベアメタル監視環境の自動構築[OCPJ PoCWG Engineering Workshop] Zabbixを用いたOCPベアメタル監視環境の自動構築
[OCPJ PoCWG Engineering Workshop] Zabbixを用いたOCPベアメタル監視環境の自動構築
 
高信頼性を確保するソフトウェア開発手法と実践 -組込み製品の潜在的価値を今以上に高めるために-
高信頼性を確保するソフトウェア開発手法と実践-組込み製品の潜在的価値を今以上に高めるために-高信頼性を確保するソフトウェア開発手法と実践-組込み製品の潜在的価値を今以上に高めるために-
高信頼性を確保するソフトウェア開発手法と実践 -組込み製品の潜在的価値を今以上に高めるために-
 
STAC2022 ローコード開発におけるテストピラミッド考察
STAC2022 ローコード開発におけるテストピラミッド考察STAC2022 ローコード開発におけるテストピラミッド考察
STAC2022 ローコード開発におけるテストピラミッド考察
 
伊久美様 アジャイルジャパン2010プレゼン資料(4 9)
伊久美様 アジャイルジャパン2010プレゼン資料(4 9)伊久美様 アジャイルジャパン2010プレゼン資料(4 9)
伊久美様 アジャイルジャパン2010プレゼン資料(4 9)
 
とりあえず30分でひととおり分かった気にはなれるアジャイル入門
とりあえず30分でひととおり分かった気にはなれるアジャイル入門とりあえず30分でひととおり分かった気にはなれるアジャイル入門
とりあえず30分でひととおり分かった気にはなれるアジャイル入門
 
【Agile Conference tokyo 2011】 継続的フィードバック
【Agile Conference tokyo 2011】 継続的フィードバック【Agile Conference tokyo 2011】 継続的フィードバック
【Agile Conference tokyo 2011】 継続的フィードバック
 
「DevSecOpsとは?」の一歩先 (CloudNative Days Tokyo 2021)
「DevSecOpsとは?」の一歩先 (CloudNative Days Tokyo 2021)「DevSecOpsとは?」の一歩先 (CloudNative Days Tokyo 2021)
「DevSecOpsとは?」の一歩先 (CloudNative Days Tokyo 2021)
 
チケットの利用による経験を活かした開発の可能性
チケットの利用による経験を活かした開発の可能性 チケットの利用による経験を活かした開発の可能性
チケットの利用による経験を活かした開発の可能性
 
Coderetreat in Japan #01 Presented by MTI Ltd
Coderetreat in Japan #01 Presented by MTI LtdCoderetreat in Japan #01 Presented by MTI Ltd
Coderetreat in Japan #01 Presented by MTI Ltd
 
20150421 Geeks Night @ Money Foward
20150421 Geeks Night @ Money Foward20150421 Geeks Night @ Money Foward
20150421 Geeks Night @ Money Foward
 
Stac2021 [初学者向け]ローコード開発におけるテストの考え方
Stac2021 [初学者向け]ローコード開発におけるテストの考え方Stac2021 [初学者向け]ローコード開発におけるテストの考え方
Stac2021 [初学者向け]ローコード開発におけるテストの考え方
 
テスト駆動開発の導入ーペアプログラミングの学習効果ー
テスト駆動開発の導入ーペアプログラミングの学習効果ーテスト駆動開発の導入ーペアプログラミングの学習効果ー
テスト駆動開発の導入ーペアプログラミングの学習効果ー
 
初心者向けデバイスドライバ講座 (2)
初心者向けデバイスドライバ講座 (2) 初心者向けデバイスドライバ講座 (2)
初心者向けデバイスドライバ講座 (2)
 
アジャイルソフトウェア開発の道具箱
アジャイルソフトウェア開発の道具箱アジャイルソフトウェア開発の道具箱
アジャイルソフトウェア開発の道具箱
 
Jasst12九州 倉貫資料:アジャイル・Ruby・クラウド(ARC)を活用したビジネスにおけるテストの実践 #jasst12Q
Jasst12九州 倉貫資料:アジャイル・Ruby・クラウド(ARC)を活用したビジネスにおけるテストの実践 #jasst12QJasst12九州 倉貫資料:アジャイル・Ruby・クラウド(ARC)を活用したビジネスにおけるテストの実践 #jasst12Q
Jasst12九州 倉貫資料:アジャイル・Ruby・クラウド(ARC)を活用したビジネスにおけるテストの実践 #jasst12Q
 
テスト分析・設計を体感しよう ~マインドマップを活用してテスト観点を発想しよう
テスト分析・設計を体感しよう ~マインドマップを活用してテスト観点を発想しようテスト分析・設計を体感しよう ~マインドマップを活用してテスト観点を発想しよう
テスト分析・設計を体感しよう ~マインドマップを活用してテスト観点を発想しよう
 
WACATE2013冬 知識体系とSEMAT
WACATE2013冬 知識体系とSEMATWACATE2013冬 知識体系とSEMAT
WACATE2013冬 知識体系とSEMAT
 
Tomorrow's software testing for embedded systems ~明日にでも訪れてしまう組込みシステムのテストの姿~
Tomorrow's software testing for embedded systems ~明日にでも訪れてしまう組込みシステムのテストの姿~Tomorrow's software testing for embedded systems ~明日にでも訪れてしまう組込みシステムのテストの姿~
Tomorrow's software testing for embedded systems ~明日にでも訪れてしまう組込みシステムのテストの姿~
 
車載ソフトウェアの品質保証のこれから
車載ソフトウェアの品質保証のこれから車載ソフトウェアの品質保証のこれから
車載ソフトウェアの品質保証のこれから
 
rePiT2015_アジャイルソフトウェア開発教育のためのチケットシステムを用いたプロジェクト定量評価手法
rePiT2015_アジャイルソフトウェア開発教育のためのチケットシステムを用いたプロジェクト定量評価手法rePiT2015_アジャイルソフトウェア開発教育のためのチケットシステムを用いたプロジェクト定量評価手法
rePiT2015_アジャイルソフトウェア開発教育のためのチケットシステムを用いたプロジェクト定量評価手法
 

More from Takanori Suzuki

デブサミ2014-Stormで実現するビッグデータのリアルタイム処理プラットフォーム ~ストリームデータ処理から機械学習まで~
デブサミ2014-Stormで実現するビッグデータのリアルタイム処理プラットフォーム ~ストリームデータ処理から機械学習まで~デブサミ2014-Stormで実現するビッグデータのリアルタイム処理プラットフォーム ~ストリームデータ処理から機械学習まで~
デブサミ2014-Stormで実現するビッグデータのリアルタイム処理プラットフォーム ~ストリームデータ処理から機械学習まで~
Takanori Suzuki
 
5WCSQ(CFP) - Quality Improvement by the Real-Time Detection of the Problems
5WCSQ(CFP) - Quality Improvement by the Real-Time Detection of the Problems5WCSQ(CFP) - Quality Improvement by the Real-Time Detection of the Problems
5WCSQ(CFP) - Quality Improvement by the Real-Time Detection of the Problems
Takanori Suzuki
 

More from Takanori Suzuki (7)

SORACOM S+Cameraを利用して在庫チェックをやってみた
SORACOM S+Cameraを利用して在庫チェックをやってみたSORACOM S+Cameraを利用して在庫チェックをやってみた
SORACOM S+Cameraを利用して在庫チェックをやってみた
 
Karateによる UI Test Automation 革命
Karateによる UI Test Automation 革命Karateによる UI Test Automation 革命
Karateによる UI Test Automation 革命
 
人生がときめくAPIテスト自動化 with Karate
人生がときめくAPIテスト自動化 with Karate人生がときめくAPIテスト自動化 with Karate
人生がときめくAPIテスト自動化 with Karate
 
マイクロサービスにおけるテスト自動化 with Karate
マイクロサービスにおけるテスト自動化 with Karateマイクロサービスにおけるテスト自動化 with Karate
マイクロサービスにおけるテスト自動化 with Karate
 
ServerlessConf Tokyo2018 サーバーレスなシステムのがんばらない運用監視
ServerlessConf Tokyo2018 サーバーレスなシステムのがんばらない運用監視ServerlessConf Tokyo2018 サーバーレスなシステムのがんばらない運用監視
ServerlessConf Tokyo2018 サーバーレスなシステムのがんばらない運用監視
 
デブサミ2014-Stormで実現するビッグデータのリアルタイム処理プラットフォーム ~ストリームデータ処理から機械学習まで~
デブサミ2014-Stormで実現するビッグデータのリアルタイム処理プラットフォーム ~ストリームデータ処理から機械学習まで~デブサミ2014-Stormで実現するビッグデータのリアルタイム処理プラットフォーム ~ストリームデータ処理から機械学習まで~
デブサミ2014-Stormで実現するビッグデータのリアルタイム処理プラットフォーム ~ストリームデータ処理から機械学習まで~
 
5WCSQ(CFP) - Quality Improvement by the Real-Time Detection of the Problems
5WCSQ(CFP) - Quality Improvement by the Real-Time Detection of the Problems5WCSQ(CFP) - Quality Improvement by the Real-Time Detection of the Problems
5WCSQ(CFP) - Quality Improvement by the Real-Time Detection of the Problems
 

Recently uploaded

Recently uploaded (9)

部内勉強会(IT用語ざっくり学習) 実施日:2024年5月17日(金) 対象者:営業部社員
部内勉強会(IT用語ざっくり学習) 実施日:2024年5月17日(金) 対象者:営業部社員部内勉強会(IT用語ざっくり学習) 実施日:2024年5月17日(金) 対象者:営業部社員
部内勉強会(IT用語ざっくり学習) 実施日:2024年5月17日(金) 対象者:営業部社員
 
ネットワーク可視化 振る舞い検知(NDR)ご紹介_キンドリル202405.pdf
ネットワーク可視化 振る舞い検知(NDR)ご紹介_キンドリル202405.pdfネットワーク可視化 振る舞い検知(NDR)ご紹介_キンドリル202405.pdf
ネットワーク可視化 振る舞い検知(NDR)ご紹介_キンドリル202405.pdf
 
2024年5月17日 先駆的科学計算フォーラム2024 機械学習を用いた新たなゲーム体験の創出の応用
2024年5月17日 先駆的科学計算フォーラム2024 機械学習を用いた新たなゲーム体験の創出の応用2024年5月17日 先駆的科学計算フォーラム2024 機械学習を用いた新たなゲーム体験の創出の応用
2024年5月17日 先駆的科学計算フォーラム2024 機械学習を用いた新たなゲーム体験の創出の応用
 
LoRaWAN無位置ロープ型水漏れセンサー WL03A-LB/LSカタログ ファイル
LoRaWAN無位置ロープ型水漏れセンサー WL03A-LB/LSカタログ ファイルLoRaWAN無位置ロープ型水漏れセンサー WL03A-LB/LSカタログ ファイル
LoRaWAN無位置ロープ型水漏れセンサー WL03A-LB/LSカタログ ファイル
 
Hyperledger Fabricコミュニティ活動体験& Hyperledger Fabric最新状況ご紹介
Hyperledger Fabricコミュニティ活動体験& Hyperledger Fabric最新状況ご紹介Hyperledger Fabricコミュニティ活動体験& Hyperledger Fabric最新状況ご紹介
Hyperledger Fabricコミュニティ活動体験& Hyperledger Fabric最新状況ご紹介
 
LoRaWAN無位置ロープ式水漏れセンサーWL03A 日本語マニュアル
LoRaWAN無位置ロープ式水漏れセンサーWL03A 日本語マニュアルLoRaWAN無位置ロープ式水漏れセンサーWL03A 日本語マニュアル
LoRaWAN無位置ロープ式水漏れセンサーWL03A 日本語マニュアル
 
Keywordmap overview material/CINC.co.ltd
Keywordmap overview material/CINC.co.ltdKeywordmap overview material/CINC.co.ltd
Keywordmap overview material/CINC.co.ltd
 
情報を表現するときのポイント
情報を表現するときのポイント情報を表現するときのポイント
情報を表現するときのポイント
 
MPAなWebフレームワーク、Astroの紹介 (その1) 2024/05/17の勉強会で発表されたものです。
MPAなWebフレームワーク、Astroの紹介 (その1) 2024/05/17の勉強会で発表されたものです。MPAなWebフレームワーク、Astroの紹介 (その1) 2024/05/17の勉強会で発表されたものです。
MPAなWebフレームワーク、Astroの紹介 (その1) 2024/05/17の勉強会で発表されたものです。
 

SQiP2012 - 質問表の活用によるプロジェクトの早期リスク検出