Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

20190517_モバイルアーキテクチャを決定する際の観点

284 views

Published on

Salesforce Architects Meetup Tokyo#01

Published in: Technology
  • Login to see the comments

  • Be the first to like this

20190517_モバイルアーキテクチャを決定する際の観点

  1. 1. モバイルアーキテクチャを 決定する際の観点 認定 Mobile Solutions Architecture デザイナー 2019.05.17 (Thu.) Salesforce Architects Meetup Tokyo#01
  2. 2. 自己紹介 宮本 隆人 Takahito Miyamoto ➢ 鎌倉市在住、Salesforce 6年目、35歳の愛妻家 ➢ コーディング、ボランティア、卓球が趣味 ➢ アーキテクトとして複数プロジェクトを並行支援 ➢ 新人研修など会社のCapability向上に尽力 @takahito0508 /takahitomiyamoto follow me 15 x #CertifiedPro 2
  3. 3. #JOURNEYTOCTA
  4. 4. 本日のハッシュタグ 4 #JourneyToCTA #archjapan #ThrowbackThursday
  5. 5. CTA Wheel 本日の トピック 5
  6. 6. Salesforce Architect Journey 6 本日の トピック
  7. 7. モバイルアーキテクチャ
  8. 8. HTML5 App モバイルアーキテクチャ (1/3) 大きく分けて 4つ あると考えています。 Salesforce App Native AppHybrid App 大 小 開 発 コ ス ト 大小 UI / UX 8 Progressive Web App 試験 範囲?
  9. 9. 代表的な違いを押さえましょう。 オフライン ○ オフライン ○ オフライン △ (iOSはsafariのみ) オフライン × オフライン ○ スクラッチ 個別に開発 スクラッチ クロスプラットフォーム スクラッチ クロスプラットフォーム スクラッチ クロスプラットフォーム コンフィグ+カスタム クロスプラットフォーム Native AppHybrid AppHTML5 App PWA Salesforce App モバイルアーキテクチャ (2/3) 9 プッシュ通知 ○ プッシュ通知 ○ プッシュ通知 ○ プッシュ通知 × プッシュ通知 ○ UI/UX ★★★ UI/UX ★★ UI/UX ★★★ UI/UX ★★ UI/UX ★
  10. 10. 代表的な違いを押さえましょう。 Native AppHybrid AppHTML5 App PWA Salesforce App モバイルアーキテクチャ (3/3) 10 公開ページ ○ 公開ページ ○ 公開ページ ○ 公開ページ ○ 公開ページ × 公式ストアから インストール 公式ストアで 審査必要 公式ストアで 審査必要 公式ストアで 審査不要 公式ストアで 審査不要 公式ストアで 審査不要 Webから アクセス Webから アクセス 公式ストアから インストール 公式ストアから インストール 個人的には PWA or Hybrid を決定するのが最も悩ましい。 ⇒ B2B なら PWA / B2C なら Hybrid とするのはどうか? Open Question
  11. 11. 具体的なシナリオ
  12. 12. 参考にしたもの 12https://trailhead.salesforce.com/ja/users/strailhead/trailmixes/architect-mobile-solutions-architecture出典
  13. 13. シナリオ (1/3) UW社は、商業用および住宅用の両方の顧客に配水およびラストマイルのサポートを 提供する公益事業会社である。公益事業であるので、彼らは優秀なレベルのサービ スを提供することを要求され、さもなければ彼らは北部の4州にわたる担当地域の大 部分で独占を失うリスクを冒すことになる。最近まで電話、電子メール、および従 来のブローシャー型のWebサイトを介してサポートを提供していたが、その運用を スケールできなかった。 最近、彼らは顧客に提供するサポートレベルを高めるためにService Cloudの実装 に着手した。第1フェーズでは、社内の担当者がインバウンドの電子メールと電話を 管理できるようにした。彼らはエージェントに素晴らしいデスクトップ体験を提供 するためにサービスコンソールを使った。彼らは現在、第2フェーズを設計中である。 13https://trailhead.salesforce.com/ja/users/strailhead/trailmixes/architect-mobile-solutions-architecture出典
  14. 14. シナリオ (1/3) UW社は、商業用および住宅用の両方の顧客に配水およびラストマイルのサポートを 提供する公益事業会社である。公益事業であるので、彼らは優秀なレベルのサービ スを提供することを要求され、さもなければ彼らは北部の4州にわたる担当地域の大 部分で独占を失うリスクを冒すことになる。最近まで電話、電子メール、および従 来のブローシャー型のWebサイトを介してサポートを提供していたが、その運用を スケールできなかった。 最近、彼らは顧客に提供するサポートレベルを高めるためにService Cloudの実装 に着手した。第1フェーズでは、社内の担当者がインバウンドの電子メールと電話を 管理できるようにした。彼らはエージェントに素晴らしいデスクトップ体験を提供 するためにサービスコンソールを使った。彼らは現在、第2フェーズを設計中である。 https://trailhead.salesforce.com/ja/users/strailhead/trailmixes/architect-mobile-solutions-architecture出典 14 ✓ 顧客:どこにいてもサポートに問い合わせたい。不親切な操作、非効率なやり とり、不必要な心配はしたくない。 ✓ エージェント:どこにいても顧客からの問い合わせに対応したい。様々なチャ ネルと連携して問題を素早く解決したい。
  15. 15. シナリオ (2/3) 顧客が使うアプリ: • 何か問題がある場合に電話できる。 • 発生する問合せにはいろいろな理由が考えられる。 • 関連した写真をアップできる。 • 位置情報を共有できる。 • 問合せの最新情報を受け取れる。 • デスクトップでもモバイルでも利用できる。 • 市場にあるスマホの100%近くをカバーできる。 • タブレットでも利用できる。 • 将来的にはスマートウォッチにも対応したい。 • Apple StoreとGoogle Playで配布したい。 https://trailhead.salesforce.com/ja/users/strailhead/trailmixes/architect-mobile-solutions-architecture出典 15
  16. 16. シナリオ (2/3) 顧客が使うアプリ: • 何か問題がある場合に電話できる。 • 発生する問合せにはいろいろな理由が考えられる。 • 関連した写真をアップできる。 • 位置情報を共有できる。 • 問合せの最新情報を受け取れる。 • デスクトップでもモバイルでも利用できる。 • 市場にあるスマホの100%近くをカバーできる。 • タブレットでも利用できる。 • 将来的にはスマートウォッチにも対応したい。 • Apple StoreとGoogle Playで配布したい。 https://trailhead.salesforce.com/ja/users/strailhead/trailmixes/architect-mobile-solutions-architecture出典 16 Hybrid App Customer Community ライセンス Open Question
  17. 17. シナリオ (3/3) エージェントが使うアプリ: • メールや電話など様々なチャネルで処理する。 • 2つのサービスセンターに約100名在籍している。 • オフィス内でほとんどの時間を費やす。 • オフィス外のどこにいても問合せに対応できる。 • BYODを採用しつつ、自社の知的財産を保護したい。 • 解雇されたりモバイルを紛失した場合、データを遠隔消去できる。 https://trailhead.salesforce.com/ja/users/strailhead/trailmixes/architect-mobile-solutions-architecture出典 17
  18. 18. シナリオ (3/3) エージェントが使うアプリ: • メールや電話など様々なチャネルで処理する。 • 2つのサービスセンターに約100名在籍している。 • オフィス内でほとんどの時間を費やす。 • オフィス外のどこにいても問合せに対応できる。 • BYODを採用しつつ、自社の知的財産を保護したい。 • 解雇されたりモバイルを紛失した場合、データを遠隔消去できる。 https://trailhead.salesforce.com/ja/users/strailhead/trailmixes/architect-mobile-solutions-architecture出典 18 Salesforce App Partner Community ライセンス Open Question
  19. 19. おまけ
  20. 20. 次回までの宿題 この Trailmix を完了しましょう。 20https://trailhead.salesforce.com/ja/users/strailhead/trailmixes/architect-mobile-solutions-architecture出典 次回は別の宿題が あります♪ 次回のmeetupまでに、1個以上の試験に合格しましょう。 私も合格します!いっしょにがんばりましょう!!
  21. 21. 試験に合格したら トピック #CertifiedPro をつけてご投稿ください(そのうち何かあるかも) https://success.salesforce.com/0F93A000000HWUa 21
  22. 22. Introducing: The New Salesforce Mobile App Coming late 2019, Pilot open in Summer ‘19 https://partners.salesforce.com/0693A000007Ds2o出典
  23. 23. Every mobile user gets a new level of productivity, personalization, and speed The New Salesforce Mobile User Experience Get to Your Apps Easily Unified with the Lightning Experience, mirroring user’s preferences; New personalized App Launcher Be More Productive New modern navigation; Rich unified Record Pages with powerful mobile features Work Fast Siri Shortcuts for quick data access; Rich actionable push notifications Powered by Lightning https://partners.salesforce.com/0693A000007Ds2o出典
  24. 24. Become a mobile hero by building powerful mobile apps tailored to your users' needs The New Salesforce Mobile Builder Experience Build Fast Build once, run on both desktop and mobile; Optimize for mobile using new App Builder features Build Custom Customize record pages with enhanced use of Lightning Components and visibility rules Empower Users Enable quick access Siri Shortcuts and build actionable push notifications with clicks Powered by Lightning Cheryl Feldman Salesforce MVP https://partners.salesforce.com/0693A000007Ds2o出典
  25. 25. Pilot the all new Salesforce App on your Sandbox and Developer orgs. Please sign up here! Pilot Open for Summer ‘19! All New Salesforce Mobile App, coming late 2019 https://partners.salesforce.com/0693A000007Ds2o出典
  26. 26. 本日はありがとうございました。 またお会いしましょう! ▼ 本日の資料はこちらからDLできます ▼ https://www.slideshare.net/takahito0508

×