Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

実践的なUXデザインとグロースハック

ユーザーアクションサイクルの紹介

実践的なUXデザインとグロースハック

  1. 1. 実践的なUXデザインとグロースハック
  2. 2. Takahiro Ishiyama 株式会社シロク 取締役/CCO サービスデザインやデータ可視化を主軸に組織や顧客の問題解決をおこなっています @t_ishiyama, takahiro.me
  3. 3. 3 [社外] ・第9回マニフェスト大賞「ASK TOKYO」 ・クラウドを利用した3DCGデータ利活用実験「ARK」 (CG・VFX産業クラウド活用・高連携実証事業)  ・Yahoo!クリエイティブアワード よるパネ部門「おやすみひつじ」 [社内] ・写真共有サービス「My365」 ・Pipul アバターエンジン ・ユーザ行動分析サービス「Growth Replay」 ・プッシュ通知配信/解析サービスSDK「Growth Push」 最近の取り組み
  4. 4. 勉強会を不定期開催
  5. 5. ■会社名        :株式会社シロク   ■所在地          :東京都渋谷区円山町28-3 渋谷YTビル 4F ■設⽴立立             :2011年年12⽉月1⽇日   ■資本⾦金金        :5000万円       ■株主          :株式会社サイバーエージェント  他 会社概要 沿⾰革 2011年10月: 個人プロジェクトとして、『My365』の運営を開始 2011年12月: サイバーエージェント子会社として株式会社シロクを設立 2012年03月: 『My365』が100万ダウンロード突破 2013年08月: 『Growth Push』の運営を開始 2013年09月: 『Growth Push』の導入が200アプリ突破 2014年01月: 『Growth Hack』『Growth Development』を開始 2014年12月: 『Growth Push』の配信デバイスが1億を突破
  6. 6. 7 6400を超えるアプリケーションに導入
  7. 7. 8
  8. 8. 9 グロースハックのためのプラットフォーム「Growthbeat」 ユーザー獲得後の支援
  9. 9. 本日のゴール ・サービスにハマる仕組みをつくる方法を知る ・グロースハックの意義を感じる
  10. 10. 11 今日のお話はだいたいこの辺り 戦 略 立 案 市 場 調 査 情 報 設 計 実 行 体 制 構 築 集 客 方 針 確 定 ウ ェ ブ デ ザ イ ン ・ 文 章 作 成 ・ 素 材 収 集 シ ス テ ム 構 築 ・ 制 作 リ ニ ュ 丨 ア ル ・ 公 開 デ 丨 タ ・ ア ク セ ス ロ グ 解 析 効 果 測 定 ・ 成 果 検 証 戦 略 改 善 ・ 新 規 コ ン テ ン ツ 企 画 ア ク セ ス 解 析 ツ | ル 導 入 ビジネス促進のための戦略立案・企画立案 集客率向上のためのデータ・ログ解析、及び戦略改善商品・サービス販売に直結するアプリ構造の最適化 サービス運用における継続的な改善 ウェブサービスの開発からローンチまでのプロセス
  11. 11. 12 実践的なUXデザインとグロースハック
  12. 12. 13 サービス事業者あるある① 獲得まで 背景 重要なのはユーザー獲得までという認識
  13. 13. 14 背景 使ってくれないを理由に機能追加してしまう死のサイクル http://www.yasuhisa.com/could/article/design-process-cycle/引用:デザインプロセスに共通する4つの段階と必要とされる能力 サービス事業者あるある② 機能MECE
  14. 14. 15 背景 引用:「たった1回しか起動されないアプリ」は25%に。そして「プッシュ通知」はユーザーの継続率アップにとても有効。|appmarkelabo|note 改めてユーザーの継続性に着目しよう
  15. 15. 16 ユーザが 自分に合わせたもの を手に入れやすい時代 ∼1960 Age of Manufacturing ∼1990 Age of Distribution ∼2010 Age of Information 製造 流通 情報 2010∼ Age of Customer 顧客 背景 THIS IS SERVICE DESIGN THINKING. Basics - Tools - Cases ー 領域横断的アプローチによるビジネスモデルの設計 顧客中心時代の到来
  16. 16. 17 グロースハックの意義 ①時代の主導権はとっくに顧客に移っている ②ユーザー獲得後の活性化・継続性に力を入れる必要 ③サービスの利用価値を定めて機能MECEから脱却
  17. 17. 18 サービスに価値を感じてハマる仕組みを設計する必要 第一の要件は、 混乱や面倒なしで顧客の的確なニーズを満たす事。 第二の要件は、 所有する・使用する楽しさを生み出すこと。 Donald Arthur Norman 背景UXに必要な要件
  18. 18. 19 サービスに ハマり続ける仕掛け をつくろう
  19. 19. 21 ユーザーアクションサイクルの設計 ユーザーの定義・検証プロセスは割愛 サービスに戻ってくる理由を設計できていますか?
  20. 20. 22 顧客の 問題を知る UXの策定プロセス 問題→解決の 手段を構築 妥当性を 検証する 整理する 実践
  21. 21. 23 顧客の 問題を知る UXの策定プロセス 問題→解決の 手段を構築 妥当性を 検証する 整理する 実践
  22. 22. ユーザーアクションサイクルとは? 起動する 撮影する 共有する 人気 いいね コメント あ 帰ってくる ユーザーが何の行動を経て価値を感じ、能 動的に帰ってくるかを表した行動フロー図 カレンダーに 蓄積される 実践
  23. 23. ユーザーアクションサイクルの特徴 ・サービスの核が明確になるため共通認識を得れる ・定量的な指標に転換して、成果検証しやすい ・継続率向上のための KPIが理解しやすい
  24. 24. 起動する 撮影する 共有する サービスの核が明確になるため 共通認識を得れる ユーザーのサービス内で取る行動を プロットする UIFlow ポイント
  25. 25. 人気 いいね コメント あ 帰ってくる カレンダーに 蓄積される 継続率向上のための KPIが理解しやすい 利用価値→ 長期的な利用価値(能動的に帰る理由)と 短期的な利用価値(使う楽しさ)を設計する ポイント
  26. 26. 28 起動する 撮影する 共有する 人気 いいね コメント あ 帰ってくる カレンダーに 蓄積される ユーザーアクションは
  27. 27. 29 3000人 1500人 1000人 100人 48いいね あ 30% 2048枚 定量的な指標に転換して、成果検証しやすい どんな行動をするユーザーが 継続しているか定量的にはかる ポイント
  28. 28. 起動する 撮影する 共有する 人気 いいね コメント あ 帰ってくる カレンダーに 蓄積される ユーザーアクションサイクルまとめ ・サービスの核が明確になるため共通認識を得れる ・定量的な指標に転換して、成果検証しやすい ・継続率向上のためのKPIが理解しやすい
  29. 29. 31 起動 商品投稿 共有出品者 起動 商品検索購入者 商品詳細 購入 商品を探せる。 ウォッチ、コメントできる。 購入通知 ウォッチ,コメント通知 商品近況を通知 購入者 すぐに商品投稿できる。 購入者からリアクションがある。 出品者 レビュー通知や、翌日/⑦日後プッシュ通知 フリマアプリのユーザアクションサイクルと プッシュ通知のコミュニケーション設計
  30. 30. 32 グロースハック的な観点から、 ユーザーの行動の習慣づけるための考え方 引用:「Hooked ハマるしかけ 使われつづけるサービスを生み出す[心理学] [デザイン]の新ルール」
  31. 31. 33 サービスにハマる仕掛け ①何が継続利用に響くかを開発者が理解している状態 ②UACやHookedを活用して行動と結果を定量的にはかる
  32. 32. 取り組んでいた施策などを軽く紹介
  33. 33. 35 起動する 共有する 利用前 (経験の想像) カレンダーに蓄積 写真にいいね 写真にコメント ビュー数の蓄積 利用期間の回想 撮影する 過去写真選択 初投稿 利用エピソード (経験の内省) ダウンロード 利用中 (経験) 多変量 DLボタン
  34. 34. 36 過去写真選択初投稿多変量DLボタン
  35. 35. 37 大事なのは打席に立つ数であり、三振を恐れないマインド と、それを許容してくれる企業文化
  36. 36. 38
  37. 37. 顧客管理画面でサービス内の活用度を 把握して施策を立案しています 深くは言えないので概要だけ
  38. 38. 40 世界水準まで一緒にグロースさせるデザイナーを募集中
  39. 39. 41 ユーザーがサービスに価値を感じ続ける仕組みが大事 実践的なUXデザインとグロースハック UACやHookedを活用してサービスの継続理由を設計 打席に立つ数が大事
  40. 40. [参考文献] 実践的なUXデザインとグロースハック 2011 Service Design Network Global Conference UX White Paper THIS IS SERVICE DESIGN THINKING. Basics - Tools - Cases ー 領域横断的アプローチによるビジネスモデルの設計 UXの本質について http://www.underconcept.com/blog/archives/959 「Hooked ハマるしかけ 使われつづけるサービスを生み出す[心理学]×[デザイン]の新ルール」 「たった1回しか起動されないアプリ」は25%に。そして「プッシュ通知」はユーザーの継続率アップにとても有効。|appmarkelabo|note デザインプロセスに共通する4つの段階と必要とされる能力

×