Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

DevOps時代到来!Engine YardのPaaSで変わるシステムの開発と運用のあり方

2,512 views

Published on

2013年5月11日(土) 九州産業大学で行われた「Future Sync vol.3」で登壇した時に用いたスライドです。一部のスライドは公開向けに修正を加えています。

Future Sync vol.3 : http://futuresync.jp
セッション情報 : http://futuresync.jp/vol3_session/archives/4
セッションタイトル : DevOps時代到来!Engine YardのPaaSで変わるシステムの開発と運用のあり方

Published in: Technology
  • DOWNLOAD THIS BOOKS INTO AVAILABLE FORMAT (Unlimited) ......................................................................................................................... ......................................................................................................................... Download Full PDF EBOOK here { https://tinyurl.com/y6a5rkg5 } ......................................................................................................................... Download Full EPUB Ebook here { https://tinyurl.com/y6a5rkg5 } ......................................................................................................................... ACCESS WEBSITE for All Ebooks ......................................................................................................................... Download Full PDF EBOOK here { https://tinyurl.com/y6a5rkg5 } ......................................................................................................................... Download EPUB Ebook here { https://tinyurl.com/y6a5rkg5 } ......................................................................................................................... Download doc Ebook here { https://tinyurl.com/y6a5rkg5 } ......................................................................................................................... ......................................................................................................................... ......................................................................................................................... .............. Browse by Genre Available eBooks ......................................................................................................................... Art, Biography, Business, Chick Lit, Children's, Christian, Classics, Comics, Contemporary, Cookbooks, Crime, Ebooks, Fantasy, Fiction, Graphic Novels, Historical Fiction, History, Horror, Humor And Comedy, Manga, Memoir, Music, Mystery, Non Fiction, Paranormal, Philosophy, Poetry, Psychology, Religion, Romance, Science, Science Fiction, Self Help, Suspense, Spirituality, Sports, Thriller, Travel, Young Adult,
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here

DevOps時代到来!Engine YardのPaaSで変わるシステムの開発と運用のあり方

  1. 1. Copyright  ©  2013  Engine  Yard.  All  Rights  Reserved.株式会社  Engine  YardDevOps時代到来!Engine  YardのPaaSで変わるシステム開発と運⽤用のあり⽅方今中  崇泰timanaka@engineyard.com@timanaka
  2. 2. Copyright  ©  2013  Engine  Yard.  All  Rights  Reserved. 2本資料料は、弊社  Engine  Yard  ならびに弊社  Engine  Yard  の製品群に関する情報提供を⽬目的とするものです。Engine  Yard  製品に関して記載されている機能の開発については、弊社の裁量量により決定されます。また、弊社は、本資料料に記載された情報を通知なく変更更または更更新する権利利を保有します。Engine  Yard  は、Engine  Yard,  Inc.  及び  Engine  Yard  K.K.  における登録商標です。⽂文中の社名、商品名、ロゴ等は各社の商標または登録商標である場合があります。免責事項
  3. 3. Copyright  ©  2013  Engine  Yard.  All  Rights  Reserved. 3名前: いまなか  (@timanaka)所属:略略歴:過去のとある1ヶ⽉月の実績:⾃自⼰己紹介050100150200250facebookの書き込みへの「いいね!」推移(⽶米国PaaSベンダー⽼老老舗)ヘアスタイルネタ
  4. 4. Copyright  ©  2013  Engine  Yard.  All  Rights  Reserved. 4Engine  Yardのホームページにそっくりさんが!URL:    www.engineyard.co.jp
  5. 5. Copyright  ©  2013  Engine  Yard.  All  Rights  Reserved. 52006年年: Engine  Yard  設⽴立立  (Rubyアプリ実⾏行行環境の提供開始)2007年年: PaaSという⾔言葉葉が⽣生まれる2008年年: Amazon様が  Engine  Yard  に出資を発表2009年年: AWS基盤のプラットフォーム  サービスを提供開始2011年年: PHPアプリ実⾏行行環境の提供開始2012年年: Node.jsアプリ実⾏行行環境の提供開始背景:  Engine  Yard,  Inc.のビル(右⼿手)が建つ1929年年のサンフランシスコEngine  Yard  の歩み
  6. 6. Copyright  ©  2013  Engine  Yard.  All  Rights  Reserved. 6Engine  Yard  が⽀支えた新興企業のお客様
  7. 7. Copyright  ©  2013  Engine  Yard.  All  Rights  Reserved. 7アジェンダ1.  DevOpsとは?2.  クラウド  コンピューティングとは?3.  DevOpsで注⽬目されるクラウドサービス4.  PaaS5.  ビジネスでPaaSを採⽤用する前に考慮すべきこと6.  Engine  YardのPaaS7.  まとめ
  8. 8. Copyright  ©  2013  Engine  Yard.  All  Rights  Reserved. 8DevOpsとは?
  9. 9. Copyright  ©  2013  Engine  Yard.  All  Rights  Reserved. 9クラウド  コンピューティングとは•  Dev  :  Development  (開発)Ops  :  Operations  (運⽤用)•  開発者と運⽤用者の壁をとりはらい、協⼒力力して難題に⽴立立ち向かうこと•  2009年年に「Flickr」の社員がスライドで紹介したことに由来•  2010年年以降降、⽇日本でも話題にされ始める“Today  we  live  in  the  clouds.”Google  CEO  -‐‑‒  Eric  E.Schmidt  November  16th  2006“10+  Deploys  Per  Day:                  Dev  and  Ops  Cooperation  at  Flickr”Velocity  2009Paul  Hammond John  Allspaw
  10. 10. Copyright  ©  2013  Engine  Yard.  All  Rights  Reserved. 10DevOps•  Dev  :  Development  (開発)Ops  :  Operations  (運⽤用)•  開発者と運⽤用者の壁をとりはらい、協⼒力力して難題に⽴立立ち向かうこと•  2010年年以降降、⽇日本でも話題にされ始める
  11. 11. Copyright  ©  2013  Engine  Yard.  All  Rights  Reserved. 11•  運⽤用チームは開発フェーズにも関わっているため、最適な運⽤用プランを構築できている。•  顧客のニーズの変化に基づく、追加要件の開発も運⽤用チームが対応可能である。DevOps  がうまくできている例例1開始 本稼働某コンサル:実装・開発チーム某コンサル:運⽤用チーム顧客
  12. 12. Copyright  ©  2013  Engine  Yard.  All  Rights  Reserved. 12•  Engine  Yardは製品を⾃自社開発し、⾃自動化の仕組みやツールを利利⽤用することによって、運⽤用チームの負荷を下げている。•  開発チームと運⽤用チームが24時間365⽇日体制で強⼒力力に連携し、製品の開発・運⽤用をしている。DevOps  がうまくできている例例2開始 本稼働Engine  Yard  :  開発チームEngine  Yard:運⽤用チーム顧客
  13. 13. Copyright  ©  2013  Engine  Yard.  All  Rights  Reserved. 13DevOps  のポイント•  開発と運⽤用で技術交流流など、互いを知る機会を持つ•  運⽤用は24時間365⽇日体制が必要な場合も運⽤用の負担を軽減するために開発は基盤の共通化を•  顧客と開発と運⽤用の三者でゴールを⼀一致させる•  可能な限りツールを活⽤用し、運⽤用の⾃自動化を図る利利⽤用者のことを⼀一番に考えること!ツールを活⽤用して開発と運⽤用の関係強化!
  14. 14. Copyright  ©  2013  Engine  Yard.  All  Rights  Reserved. 14DevOps  に役⽴立立つツール•  バージョン管理理:     Git,  Subvesion•  CIツール:           Jenkins,  Travis  CI•  デプロイツール:       Capistrano,  Maven•  環境構築ツール:       Chef,  Puppet•  監視ツール:         Nagios,  Zabbix•  情報共有ツール:       Redmine,  Trac•  出⼒力力情報の集約ツール: IRC参照⽂文献  :  ⽇日経SYSTEMS  2013年年2⽉月号  p.42  -‐‑‒  45•  バージョン管理理:     Git,  Subvesion•  CIツール:           Jenkins,  Travis  CI•  デプロイツール:       Capistrano,  Maven•  環境構築ツール:       Chef,  Puppet•  監視ツール:         Nagios,  Zabbix•  情報共有ツール:       Redmine,  Trac•  出⼒力力情報の集約ツール: IRC
  15. 15. Copyright  ©  2013  Engine  Yard.  All  Rights  Reserved. 15Engine  Yard  の  DevOps  の利利⽤用ツール開発チーム運⽤用チーム情報共有ツール(YouTrack)出⼒力力情報集約ツールIRCバージョン管理理CIツールデプロイツール環境構築ツール監視ツール開発環境テスト環境本番環境
  16. 16. Copyright  ©  2013  Engine  Yard.  All  Rights  Reserved. 16クラウド  コンピューティングとは?
  17. 17. Copyright  ©  2013  Engine  Yard.  All  Rights  Reserved. 17クラウド  コンピューティングとは•  Dev  :  Development  (開発)Ops  :  Operations  (運⽤用)•  開発者と運⽤用者の壁をとりはらい、協⼒力力して難題に⽴立立ち向かうこと•  2009年年に「Flickr」の社員がスライドで紹介したことに由来•  2010年年以降降、⽇日本でも話題にされ始める“Today  we  live  in  the  clouds.”Google  CEO  -‐‑‒  Eric  E.Schmidt  2006
  18. 18. Copyright  ©  2013  Engine  Yard.  All  Rights  Reserved. 18クラウド  コンピューティング•  コンピュータによる処理理やデータの格納をネットワークを経由してサービスとして利利⽤用する形態•  必要な時に必要な分だけをITリソースを利利⽤用できる•  主にSaaS、PaaS、IaaSの3種類に分類される
  19. 19. Copyright  ©  2013  Engine  Yard.  All  Rights  Reserved. 19オンプレミス  vs  クラウド  サービス3形態IaaS SaaSオンプレミスアプリケーションデータランタイムミドルウェアOS仮想化サーバーストレージネットワークアプリケーションデータアプリケーションデータランタイムミドルウェアOS仮想化サーバーストレージネットワークアプリケーションデータランタイムミドルウェアOS仮想化サーバーストレージネットワークランタイムミドルウェアOS仮想化サーバーストレージネットワークPaaSイノベートアウトソース• ⾃自由に選択/開発をすることが可能。• 選択/設定/開発⼯工数がかかる。• イノベート層が増えるほど⼯工数増加。• 所有/開発コストがかからずに済む。• イノベート層に集中できる。• アウトソース層毎に選択幅が限定されている。
  20. 20. Copyright  ©  2013  Engine  Yard.  All  Rights  Reserved. 20ITリソースクラウド  コンピューティングの良良さオンプレミスだと、ピークをベースにITリソースを確保する必要が在る!クラウド  コンピューティングだと、必要な時に必要な分だけ利利⽤用できる!余分にかかるリソース 余分にかかるリソース時間必要な時に必要な分だけを利利⽤用!不不要な時は破棄することも可能!
  21. 21. Copyright  ©  2013  Engine  Yard.  All  Rights  Reserved. 21DevOpsで注⽬目されるクラウドサービスとは?
  22. 22. Copyright  ©  2013  Engine  Yard.  All  Rights  Reserved. 22DevOps  とクラウドの融合主な利利⽤用者 特徴融合形態•  インフラ担当者•  アプリ開発者•  システム運⽤用者•  IaaSを利利⽤用•  サーバーのシステム構成やアプリのデプロイをツールで⾃自動化IaaS+Chef  &  Capistranoなどのツール•  アプリ開発者•  PaaSを利利⽤用•  アプリケーション開発専念念型•  選択するPaaSによっては、プラットフォーム層がブラックボックスであり、障害発⽣生時に調査が難しいこともPaaS •  アプリ開発者•  PaaSを利利⽤用•  アプリケーション開発専念念型•  選択するPaaSによっては、プラットフォーム層がブラックボックスで、障害発⽣生時に調査が難しいこともPaaS
  23. 23. Copyright  ©  2013  Engine  Yard.  All  Rights  Reserved. 23PaaS
  24. 24. Copyright  ©  2013  Engine  Yard.  All  Rights  Reserved. 24PaaSアプリケーションデータランタイムミドルウェアOS仮想化サーバーストレージネットワークPaaS•  PaaS  は右図⾚赤枠をセットで提供するサービス•  インフラの構築やメンテナンスや障害対応が不不要•  アプリケーションの実⾏行行環境を提供するサービス•  アプリケーション開発者が開発に専念念するためにベストなサービス•  SaaS  を構築するための基盤サービス
  25. 25. Copyright  ©  2013  Engine  Yard.  All  Rights  Reserved. 25国内外の  PaaS  ベンダー•  PaaS  は開発者のため!アイデアをカタチに!•  どれも魅⼒力力的で素晴らしいサービス!•  対応するプログラミング⾔言語に違いがある!
  26. 26. Copyright  ©  2013  Engine  Yard.  All  Rights  Reserved. 26ビジネスでPaaSを採⽤用する前に考慮すべきこと
  27. 27. Copyright  ©  2013  Engine  Yard.  All  Rights  Reserved. 27ビジネス利利⽤用する際に考慮すべきこと•  耐障害性とスケーラビリティに富んでいること•  プラットフォーム  リソースが⾮非共有であること•  開発者の望むタイミングでコンポーネントのアップデートができること•  24時間365⽇日体制のサポートを提供していること•  利利⽤用実績があること
  28. 28. Copyright  ©  2013  Engine  Yard.  All  Rights  Reserved. 28商⽤用にはプラットフォームは⾮非共有!管理理コンポーネントインフラ  リソースApp App AppAppインフラ  リソースプラットフォーム  コンポーネント所有者管理理レイヤーApp App AppAppシングルテナント  PaaS マルチテナント  PaaSお客様毎に専⽤用プラットフォームプラットフォームへSSHによるフルアクセスプラットフォームの拡張性が⾼高い計画的なコンポーネントアップグレードが可能初回のデプロイに多少時間がかかるすべてのお客様で共有プラットフォームプラットフォームへ限定的なアクセスプラットフォームの拡張性が低い強制的なプラットフォーム  アップグレードデプロイが常に⾼高速専⽤用のプラットフォーム専⽤用のプラットフォーム専⽤用のプラットフォーム専⽤用のプラットフォーム
  29. 29. Copyright  ©  2013  Engine  Yard.  All  Rights  Reserved. 29Engine  YardのPaaS
  30. 30. Copyright  ©  2013  Engine  Yard.  All  Rights  Reserved. 30Engine  Yard  のビジネス領領域アプリケーションデータ仮想化サーバーストレージネットワークランタイムミドルウェアOSテクノロジー領領域 サポート領領域プロフェッショナル  サービス
  31. 31. Copyright  ©  2013  Engine  Yard.  All  Rights  Reserved. 31Engine  Yard  Cloud  のスタックニーズに応じてスタックを選択可能•  対応開発⾔言語:    Ruby系、Node.js、PHP•  フレームワーク:   Rails、Sinatra、Grape•  DB  サーバー:    MySQL、PostgreSQL、Riak  など•  Web  サーバー:   Nginx•  App  サーバー:    Passenger、Puma、Trinidad、Unicorn•  ロードバランサー: HAProxy、Amazon  ELB
  32. 32. Copyright  ©  2013  Engine  Yard.  All  Rights  Reserved. 32Engine  Yard  Cloud  のしくみ
  33. 33. Copyright  ©  2013  Engine  Yard.  All  Rights  Reserved. 33Engine  Yard  の  DevOps  の利利⽤用ツール開発チーム運⽤用チーム情報共有ツール(YouTrack)出⼒力力情報集約ツールIRCバージョン管理理CIツールデプロイツール環境構築ツール監視ツール開発環境テスト環境本番環境お客様の環境もココに!DevOps  のプロが提供するプラットフォームEngine  Yard  の  PaaS=
  34. 34. Copyright  ©  2013  Engine  Yard.  All  Rights  Reserved. 34Engine  Yard  Cloud  のスケーラビリティスケーリング  イメージスケールアウトスケールインスケールアップスケールダウン種別 App/WebS M L XLXL L M SDB
  35. 35. Copyright  ©  2013  Engine  Yard.  All  Rights  Reserved. 35オープン  アクセス性Engine  Yard  Cloud  のオープン  アクセス•  Amazon  EC2インスタンスに管理理権限でSSHアクセス可能•  Chefレシピによる⾃自動構成変更更でOSやミドルウェアのチューニングも可能•  サードパーティのアドオンを数多く⽤用意•  AWS  ベースの既存システムとの連携が容易易
  36. 36. Copyright  ©  2013  Engine  Yard.  All  Rights  Reserved. 36豊富なサードパーティのアドオン
  37. 37. Copyright  ©  2013  Engine  Yard.  All  Rights  Reserved. 37充実したサービス  メニューEngine  Yard  はアプリ開発前から⼀一貫してご⽀支援•  アプリのデプロイにライブ  チャットでサポート対応•  障害予兆を察知してお客様にチケットで通知•  スタックのバージョンアップ  サポート•  セキュリティ監査とアーキテクチャー評価•  ペア  プログラミングなど多数ご⽤用意しています!
  38. 38. Copyright  ©  2013  Engine  Yard.  All  Rights  Reserved. 3824時間365⽇日お客様の環境を監視•  V-‐‑‒NOC  による監視をベースに障害予兆をお客様にチケットをとおして通知  (チケット全体の23%に相当)
  39. 39. Copyright  ©  2013  Engine  Yard.  All  Rights  Reserved. 39顧客満⾜足度度常に⾼高い値を推移
  40. 40. Copyright  ©  2013  Engine  Yard.  All  Rights  Reserved. 40Engine  Yard  を選択されたお客様engineyard.co.jp/company/customers
  41. 41. Copyright  ©  2013  Engine  Yard.  All  Rights  Reserved. 41あのSNSもお客様                        facebookstories.com
  42. 42. Copyright  ©  2013  Engine  Yard.  All  Rights  Reserved. 42あのSNSもお客様                                        iknow.jp
  43. 43. Copyright  ©  2013  Engine  Yard.  All  Rights  Reserved. 43あのSNSもお客様500コンピュート時間無料料トライアル!お名前、E-‐‑‒mail、パスワードの登録のみ!コチラをクリック!
  44. 44. Copyright  ©  2013  Engine  Yard.  All  Rights  Reserved. 44永年年無料料のローカル環境!engineyard.co.jp/products/local
  45. 45. Copyright  ©  2013  Engine  Yard.  All  Rights  Reserved. 45IaaS  の選択肢を増やします!アプリケーション層インフラ層プラットフォーム層(開発基盤)アプリケーションデータ仮想化サーバーストレージネットワークランタイムミドルウェアOSお客様のニーズに基づいたアプリケーションパブリック  クラウドに加え、将来的にプライベート  クラウド、ハイブリッド  クラウド対応を実現予定!
  46. 46. Copyright  ©  2013  Engine  Yard.  All  Rights  Reserved. 46まとめ
  47. 47. Copyright  ©  2013  Engine  Yard.  All  Rights  Reserved. 47まとめEngine  Yard  の  PaaS  を利利⽤用すると•  ⾰革新を起こすアプリケーション開発に専念念できる!•  24時間365⽇日システム運⽤用を  Engine  Yard  に委任できる!•  DevOps  のプロが提供するプラットフォームで安⼼心稼働!•  実績あるベスト  プラクティスのサーバー構成を利利⽤用できる!•  Chefの仕組みでニーズにあった追加の⾃自動化を図れる!•  充実したサービスとサポートのメニューを利利⽤用できる!
  48. 48. Copyright  ©  2013  Engine  Yard.  All  Rights  Reserved. 48Engine  Yardを使いたくなった⽅方、名刺刺交換でPANDAを差し上げます!(Future  Sync会場限定  先着15名様)
  49. 49. Copyright  ©  2013  Engine  Yard.  All  Rights  Reserved. 49最後にfacebook.com/eyjapan
  50. 50. The Leading Platform as a Service

×