Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
RubyKaigiの作り方
2016/04/22
一般社団法人日本Rubyの会/株式会社達人出版会
高橋征義
質問
• 開発者Kaigi(開発者カンファレンス)に参加したことのあ
る方?
RubyKaigiとは
RubyKaigiとは
• “RubyistのRubyistによる、Rubyistとそうでない人のため
のカンファレンスです”
• Rubyist: Rubyを使ってる人、好きな人
• 2006年〜2011年でいったん終了
• 2013年からI...
自己紹介
自己紹介
• 高橋征義
• Webアプリケーション開発者
• 株式会社達人出版会代表取締役
• ITエンジニア向けの技術系電子書籍の制作・販売
• 一般社団法人日本Rubyの会代表理事
• プログラミング言語Rubyの開発者・利用者の支援
開発者Kaigiとは
• ITエンジニア(開発者)向けのイベント
• 「勉強会」「ミートアップ」「ハッカソン」「セミナー」
「ハンズオン」「カンファレンス」…
• 数時間〜数日間
• 有償・無償
開発者Kaigiの目的
• 勉強、知識の向上
• 情報交換、知見の共有
• 宣伝
• 自慢大会
• ネットワーキング
RubyKaigi
• 開催期間: 3日間程度
• 非公式の前日企画等も
• 参加人数: 500人〜1,000人
• マルチトラック(2+α)
• 参加費: 6,000円→20,000〜30,000円
• スタッフ: 数十名程度、無償
RubyKaigiで
大切にしていること
大切にしていること
• 怪我や事故などがなく、つつがなく会期の日程を終えられること
• "Matz is nice, so we're nice."
• RubyKaigiは、RubyistのRubyistによる、Rubyistとそうでない人の...
開発者Kaigiと
運営チーム
チームと役割
• 一定以上の規模のあるチームには役割分担がある
• 担当領域による分担
• ロールによる分担
• 特性による分担
チームの役割分担
• 方向性を決めるひと
• 具体的な計画に落としこむひと
• 全体を見て指揮するひと
• 適宜ツッコミをいれるひと
• 進捗を確認するひと
• 対外的な交渉をするひと
• こまかい部分をまとめるひと
• 特定の技術に長けている...
チームの役割分担
• 方向性を決めるひと
• 具体的な計画に落としこむひと
• 全体を見て指揮するひと
• 適宜ツッコミをいれるひと
• 進捗を確認するひと
• 対外的な交渉をするひと
• こまかい部分をまとめるひと
• 特定の技術に長けている...
チームの規模の問題
• 規模の目安
• 数名程度
• 〜40 or 50名程度
• それ以上
数名程度
• いろいろできるタイプの人が集まる
• 一人で複数のロールを担当する・できる
• お互いがお互いを知ってる
• →あまり困らない
• リソース不足で困ることはあるかも
数名〜十名程度
• 専門チームができる
• 「知らない人」ができる
• 全員を知ってる人はいても、一部しか知らない人がいる
• 進捗・問題が把握できなくなる
• チームのリーダーが導入されたりする
• 全員で意見交換できないため
• →階層化
それ以上
• さらなる階層化・組織化
• 進捗確認・問題把握・課題解決ができなくなる
• 例えば:最新の収支予測が分からない
• 誰に聞けばよいか、お願いすればよいかも分からない
• そもそも知ってる人がいるのかどうかも不明
問題の解決方法
• 本質的に難しそう
• 一般的な組織運営の課題そのもの
• 特に無償の場合、無理なことはお願いしづらい
• 来なくなる
• 「あきらめる」
• できたことを評価して、できなかったことは忘れる
• 大事なことを絞り込む
• 大事...
問題の解決方法
• メンバーの均質性を高める、という解決策
• 「同じ方向を向く」
• 推測可能性は高まる
• 弊害もありそう
• そもそも集める・揃えるのが難しい
• 均質すぎるのは長期的には別の問題を引き起こすのでは
• やはり本質的に難し...
お金
• RubyKaigiだと予算が8桁円になる
• 何かあっても個人で立て替えられるレベルではない
(と思う…)
• ありがたいことに多数のスポンサーの方々によって支え
られている
• ただしキャッシュフローには注意
• スポンサーさんから...
チーム・スタッフとお金
• スタッフにお金を払うかどうか問題
• RubyKaigiでは基本みんな無償
• デザイン等、いくつかのロールには「発注」
• 無償のスタッフと有償のスタッフの混在のコントロールは
難しそう
• 今回は有償も検討
RubyKaigi
Patterns
「名前重要」
• チームの名前
• KaigiFreaks
• チームウェルカム
• 喫茶自由
• スーパースター
• コミュニケーションデザイン
KaigiFreaks
• 配信、音響、音楽
• ConFreaksが語源
• Ruby Conferenceなどの配信
• Confenrece + Freaks
• Conference → Kaigi
チームウェルカム
• 受付
• 「ウェルカム」の気持ち
喫茶自由
• 飲食スペース
• 担当者は「マスター」
• 無料だけど自由
• 「Free (Software)」
スーパースター
• 翻訳・通訳
• 海外から来た方に「super star」と呼ばれたのが由来
コミュニケーションデザイン
• 「コミュニケーション」を設計する
• アンチボッチランチ
なぜ名前は重要なのか
• 名前=設計
• 良い名前を考えることが設計になる
• 名前=アイデンティティ
• 帰属感
• 「私たちのこと」になる
名前づけの問題点
• 凝ると符丁になりがち
• 通じない
• 内輪感が増す
• 参加者にもスタッフにも通じなかったりする
• 「わかりやすさ」と「特別感」のバランスに気をつける
カンファレンスの
帰り道効果
カンファレンスの帰り道効果
• カンファレンスに参加した帰り道で新しい企画を思いつく
• カンファレンスの高揚感
• 自分たちも何かしたい
• RubyKaigiはRubyConf 2001の帰り道が発端
• 5年越しで開催
• DevLOVE...
ワークのお題
架空のイベントを開催する運営グループの1チームとして、
• チームの役割
• チームの名前
を考えてください。
https://www.flickr.com/photos/sora_h/5950086847/
https://www.flickr.com/photos/recompile_net/8905983610/
https://www.flick...
TdX#01 RubyKaigiの作り方
TdX#01 RubyKaigiの作り方
TdX#01 RubyKaigiの作り方
TdX#01 RubyKaigiの作り方
TdX#01 RubyKaigiの作り方
TdX#01 RubyKaigiの作り方
TdX#01 RubyKaigiの作り方
TdX#01 RubyKaigiの作り方
TdX#01 RubyKaigiの作り方
TdX#01 RubyKaigiの作り方
TdX#01 RubyKaigiの作り方
TdX#01 RubyKaigiの作り方
TdX#01 RubyKaigiの作り方
TdX#01 RubyKaigiの作り方
TdX#01 RubyKaigiの作り方
TdX#01 RubyKaigiの作り方
TdX#01 RubyKaigiの作り方
TdX#01 RubyKaigiの作り方
TdX#01 RubyKaigiの作り方
TdX#01 RubyKaigiの作り方
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

TdX#01 RubyKaigiの作り方

4,369 views

Published on

TdX講演会#01「チームと開発者Kaigiづくり」発表資料です。

Published in: Technology
  • Be the first to comment

TdX#01 RubyKaigiの作り方

  1. 1. RubyKaigiの作り方 2016/04/22 一般社団法人日本Rubyの会/株式会社達人出版会 高橋征義
  2. 2. 質問 • 開発者Kaigi(開発者カンファレンス)に参加したことのあ る方?
  3. 3. RubyKaigiとは
  4. 4. RubyKaigiとは • “RubyistのRubyistによる、Rubyistとそうでない人のため のカンファレンスです” • Rubyist: Rubyを使ってる人、好きな人 • 2006年〜2011年でいったん終了 • 2013年からInternational Conferenceとして再開 • 高橋は2006〜2011年までの実行委員長 • 2013以降はOrganizerの一人
  5. 5. 自己紹介
  6. 6. 自己紹介 • 高橋征義 • Webアプリケーション開発者 • 株式会社達人出版会代表取締役 • ITエンジニア向けの技術系電子書籍の制作・販売 • 一般社団法人日本Rubyの会代表理事 • プログラミング言語Rubyの開発者・利用者の支援
  7. 7. 開発者Kaigiとは • ITエンジニア(開発者)向けのイベント • 「勉強会」「ミートアップ」「ハッカソン」「セミナー」 「ハンズオン」「カンファレンス」… • 数時間〜数日間 • 有償・無償
  8. 8. 開発者Kaigiの目的 • 勉強、知識の向上 • 情報交換、知見の共有 • 宣伝 • 自慢大会 • ネットワーキング
  9. 9. RubyKaigi • 開催期間: 3日間程度 • 非公式の前日企画等も • 参加人数: 500人〜1,000人 • マルチトラック(2+α) • 参加費: 6,000円→20,000〜30,000円 • スタッフ: 数十名程度、無償
  10. 10. RubyKaigiで 大切にしていること
  11. 11. 大切にしていること • 怪我や事故などがなく、つつがなく会期の日程を終えられること • "Matz is nice, so we're nice." • RubyKaigiは、RubyistのRubyistによる、Rubyistとそうでない人の ためのカンファレンスです • それぞれのRubyKaigiは誰にとっても初めてのものであり、1回限りの ものだ • 何よりも自分たちが"RubyKaigiの会期中の運営"を楽しむこと • 家族や大切な人との時間を台無しにしないようにしてください (急な欠 席によって運営が滞りそうになることよりも、ご自分の人生を大切に してください)
  12. 12. 開発者Kaigiと 運営チーム
  13. 13. チームと役割 • 一定以上の規模のあるチームには役割分担がある • 担当領域による分担 • ロールによる分担 • 特性による分担
  14. 14. チームの役割分担 • 方向性を決めるひと • 具体的な計画に落としこむひと • 全体を見て指揮するひと • 適宜ツッコミをいれるひと • 進捗を確認するひと • 対外的な交渉をするひと • こまかい部分をまとめるひと • 特定の技術に長けているひと • 現場で動くひと • 面白いことをいうひと • 誰も手を出さないところに手を出すひと
  15. 15. チームの役割分担 • 方向性を決めるひと • 具体的な計画に落としこむひと • 全体を見て指揮するひと • 適宜ツッコミをいれるひと • 進捗を確認するひと • 対外的な交渉をするひと • こまかい部分をまとめるひと • 特定の技術に長けているひと • 現場で動くひと • 面白いことをいうひと • 誰も手を出さないところに手を出すひと
  16. 16. チームの規模の問題 • 規模の目安 • 数名程度 • 〜40 or 50名程度 • それ以上
  17. 17. 数名程度 • いろいろできるタイプの人が集まる • 一人で複数のロールを担当する・できる • お互いがお互いを知ってる • →あまり困らない • リソース不足で困ることはあるかも
  18. 18. 数名〜十名程度 • 専門チームができる • 「知らない人」ができる • 全員を知ってる人はいても、一部しか知らない人がいる • 進捗・問題が把握できなくなる • チームのリーダーが導入されたりする • 全員で意見交換できないため • →階層化
  19. 19. それ以上 • さらなる階層化・組織化 • 進捗確認・問題把握・課題解決ができなくなる • 例えば:最新の収支予測が分からない • 誰に聞けばよいか、お願いすればよいかも分からない • そもそも知ってる人がいるのかどうかも不明
  20. 20. 問題の解決方法 • 本質的に難しそう • 一般的な組織運営の課題そのもの • 特に無償の場合、無理なことはお願いしづらい • 来なくなる • 「あきらめる」 • できたことを評価して、できなかったことは忘れる • 大事なことを絞り込む • 大事なことでも場合によってはあきらめる
  21. 21. 問題の解決方法 • メンバーの均質性を高める、という解決策 • 「同じ方向を向く」 • 推測可能性は高まる • 弊害もありそう • そもそも集める・揃えるのが難しい • 均質すぎるのは長期的には別の問題を引き起こすのでは • やはり本質的に難しい問題
  22. 22. お金 • RubyKaigiだと予算が8桁円になる • 何かあっても個人で立て替えられるレベルではない (と思う…) • ありがたいことに多数のスポンサーの方々によって支え られている • ただしキャッシュフローには注意 • スポンサーさんからの入金前に請求書が来る • 決算は法人として会計事務所さんにお願いしている
  23. 23. チーム・スタッフとお金 • スタッフにお金を払うかどうか問題 • RubyKaigiでは基本みんな無償 • デザイン等、いくつかのロールには「発注」 • 無償のスタッフと有償のスタッフの混在のコントロールは 難しそう • 今回は有償も検討
  24. 24. RubyKaigi Patterns
  25. 25. 「名前重要」 • チームの名前 • KaigiFreaks • チームウェルカム • 喫茶自由 • スーパースター • コミュニケーションデザイン
  26. 26. KaigiFreaks • 配信、音響、音楽 • ConFreaksが語源 • Ruby Conferenceなどの配信 • Confenrece + Freaks • Conference → Kaigi
  27. 27. チームウェルカム • 受付 • 「ウェルカム」の気持ち
  28. 28. 喫茶自由 • 飲食スペース • 担当者は「マスター」 • 無料だけど自由 • 「Free (Software)」
  29. 29. スーパースター • 翻訳・通訳 • 海外から来た方に「super star」と呼ばれたのが由来
  30. 30. コミュニケーションデザイン • 「コミュニケーション」を設計する • アンチボッチランチ
  31. 31. なぜ名前は重要なのか • 名前=設計 • 良い名前を考えることが設計になる • 名前=アイデンティティ • 帰属感 • 「私たちのこと」になる
  32. 32. 名前づけの問題点 • 凝ると符丁になりがち • 通じない • 内輪感が増す • 参加者にもスタッフにも通じなかったりする • 「わかりやすさ」と「特別感」のバランスに気をつける
  33. 33. カンファレンスの 帰り道効果
  34. 34. カンファレンスの帰り道効果 • カンファレンスに参加した帰り道で新しい企画を思いつく • カンファレンスの高揚感 • 自分たちも何かしたい • RubyKaigiはRubyConf 2001の帰り道が発端 • 5年越しで開催 • DevLOVEはRubyKaigiの帰り道から生まれたそう
  35. 35. ワークのお題 架空のイベントを開催する運営グループの1チームとして、 • チームの役割 • チームの名前 を考えてください。
  36. 36. https://www.flickr.com/photos/sora_h/5950086847/ https://www.flickr.com/photos/recompile_net/8905983610/ https://www.flickr.com/photos/recompile_net/8890184467/ https://www.flickr.com/photos/recompile_net/8905171687/ https://www.flickr.com/photos/sora_h/15134822880/ https://www.flickr.com/photos/sora_h/15134795129/ https://www.flickr.com/photos/sora_h/15135122427/ https://www.flickr.com/photos/koichiroo/5961157476/ https://www.flickr.com/photos/y_ogagaga/5954118702/ https://www.flickr.com/photos/recompile_net/5952531080/ https://www.flickr.com/photos/sora_h/8903462342/ https://www.flickr.com/photos/koichiroo/4945173655/ https://www.flickr.com/photos/koichiroo/4945197513/ https://www.flickr.com/photos/ysakaki/3733922585/ https://www.flickr.com/photos/y_ogagaga/5953520059/ https://www.flickr.com/photos/machu/5950108295/ All photos from Flickr (Creative Commons)

×