ReVIEWを用いたPDFとEPUBへの変換について

6,786 views

Published on

Published in: Technology
0 Comments
18 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
6,786
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
277
Actions
Shares
0
Downloads
39
Comments
0
Likes
18
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

ReVIEWを用いたPDFとEPUBへの変換について

  1. 1. ReVIEWを用いたPDFとEPUBへの変換について TeXユーザの集い2011 2011/10/22 (株)達人出版会 高橋征義
  2. 2. ■ 本日の言いたいこと● PDFとEPUBを生成する ReVIEWというツールを 使って電子出版してます ● InDesign対応はまた今度● 簡易記法は微妙だけど便利● 長生きする記述形式より変化 させやすい記述形式
  3. 3. 自己紹介
  4. 4. 高橋征義● http://www.flickr.com/photos/recompile_net/4932459606/
  5. 5. ・Webアプリケーション開発者・(株)達人出版会代表取締役・一般社団法人日本Rubyの会 代表理事・『たのしいRuby第3版』  『Rails3レシピブック』共著・高橋メソッドのひと http://www.flickr.com/photos/recompile_net/4932459606/
  6. 6. ■ 要するに何者なのか● もともと出版畑の人ではない ● Webアプリ開発者● 読むのは好き● 書くこともある
  7. 7. ■ なんで電子出版を始めたのか● Pragmatic Bookshelf ● コンピュータ書を電子と紙で 提供 – 『Programming Ruby』 など ● ユーザとして活用していた ● 日本でもこういうのが欲しい – →自分でやって見ることに
  8. 8. ■ 達人出版会について● 主にITエンジニア向け技術書を 制作・販売する電子書籍専門の 出版社(社員1人)● 昨年6月設立、11月発売開始 ● もうすぐ一周年● 11ヶ月で9冊発行 ● 価格は1,000円が中心 – 600円や1,600円のものも
  9. 9. http://tatsu-zine.com/
  10. 10. 対応しているフォーマット
  11. 11. PragmticBookshelf の真似
  12. 12. 同じソースからPDFとEPUB を生成
  13. 13. そのための ツール
  14. 14. ReVIEW
  15. 15. 手軽に使える 電子出版 システム
  16. 16. プログラマが手軽に使える 電子出版 システム
  17. 17. 青木峰郎さん が開発、武藤健志さん が保守 
  18. 18. githubで 絶賛公開中http://github.com/kmuto/review
  19. 19. ReVIEWの問題点
  20. 20. 検索しづらい
  21. 21. 「kmuto   review」 で検索 
  22. 22. 組版について
  23. 23. EPUBは自力で生成
  24. 24. PDFの 組版
  25. 25. ソース ReVIEW EPUB 本体 LaTeX PDF dvipdfmx
  26. 26. ソース ReVIEW EPUB 本体 LaTeX PDF dvipdfmx
  27. 27. ソースの記述形式
  28. 28. Wiki記法に似た独自簡易記法
  29. 29. == 環境を作るここでは@<kw>{/var/tmp}ディレクトリを使うことにします。@<kw>{/var/tmp}ディレクトリに移動します。//cmd{$ cd /var/tmp//}現在のディレクトリを確認します。//cmd{$ pwd/var/tmp//}
  30. 30. 著者さんに覚えてもらう のも大変
  31. 31. Pandoc
  32. 32. フォーマット 変換器
  33. 33. 対応入力形式:・markdown・reST(一部)・textile・HTML・LaTeX
  34. 34. 対応出力形式:markdown, reST, HTML,LaTeX, ConTeXt, PDF, RTF,DocBook, OpenDocument,ODT, Texinfo, MediaWiki,textile, grof, org-mode,EPUB, S5, Slidy
  35. 35. 対応出力形式:markdown, reST, HTML,LaTeX, ConTeXt, PDF, RTF,DocBook, OpenDocument,ODT, Texinfo, MediaWiki,textile, grof, org-mode,EPUB, S5, Slidy, ReVIEW
  36. 36. 非公式 バージョンhttp://github.com/takahashim/pandoc/
  37. 37. LaTeX ReVIEW ReVIEW EPUB ソース 本体 HTML Pandoc LaTeX PDF dvipdfmxMediaWiki
  38. 38. LaTeX ReVIEW ReVIEW EPUB ソース 本体 HTML Pandoc LaTeX PDF dvipdfmxMediaWiki
  39. 39. 独自の中間簡易記法
  40. 40. 正直微妙なところも
  41. 41. LaTeXとEPUBの性格の違い
  42. 42. PDFとEPUBの性格の違い
  43. 43. 最大公約数的な仕様
  44. 44. 細かい組版制御は無理
  45. 45. メリット もある
  46. 46. ■電子書籍を取り巻く構図 紙書籍 電子書籍 Web
  47. 47. 電子書籍にはWebの技術が使われている電子書籍のヒントはWeb技術に(も)ある
  48. 48. ■Web制作の二極化● デザイン重視 ● デザイナーが個々のページを作 り込む(DreamWeaver等)● 効率重視 ● ベースデザインのみをデザイ ナーが作り、コンテンツは後で 流し込む(CMS利用)
  49. 49. ■Web制作の二極化● デザイン重視ボリュームが多い場合 ● こちらにならざるを デザイナーが個々のページを作 えない(電子書籍も) り込む(DreamWeaver利用)● 効率重視 ● ベースデザインのみをデザイ ナーが作り、コンテンツはあと で流し込む(CMS利用)
  50. 50. 作り込んでしまった場合
  51. 51. HTMLのバージョン
  52. 52. サイトデザインの 見直し
  53. 53. どこかで大きく変更 しないと いけない
  54. 54. 長生きするコンテンツとフォーマット
  55. 55. 手を入れない のは現実的 ではない
  56. 56. 変化に適応しやすく するべき
  57. 57. 物足りないフォーマット で記述する
  58. 58. Web(CMS)の場合
  59. 59. タグではなく 独自記法
  60. 60. 限られた意味のみを記述させる
  61. 61. 差分の 問題
  62. 62. フラットなソースの方が人に優しい差分を作りやすい
  63. 63. 今後の課題
  64. 64. ・EPUB3対応・1.0リリース・日々の改良・ドキュメント
  65. 65. ご清聴ありがとう ございました【広告】 ただいま原稿絶賛募集中です。何か電子書籍の形で出したい技術系文書があればぜひご相談ください。 http://tatsu-zine.com/

×