一般社団法人日本Rubyの会 について                    高橋征義株式会社達人出版会 / 日本Rubyの会 RubyWorld Conference 2011               2011/09/06
Todays Topic 本日 お話ししたいこと
My Message 本日 お願いしたいこと
Dedevepment by Communityコミュニティ による開発
Rubyist
Community termsこんな言葉に 違和感はありますか?
Rubyist.......??よく聞くけど  なんだかしっくりこない
?????  正直 さっぱり分からない
More closing to community もう一歩コミュニティに踏み込んで  欲しい
Who am I?自己紹介
高橋征義   Masayoshi Takahashihttp://www.flickr.com/photos/recompile_net/4931617016/
Web Application developerWebアプリケーション  開発       http://archive.gerhardlazu.com/04sep05/?pid=8&vid=49
Ebook publisher/seller 電子書籍制作・販売
Director of Ruby no Kai日本Ruby の会代表理事
Todays Topic本日のお題
Ruby no Kai一般社団法人 日本Ruby  の会
General incorporated association Ruby no Kai 一般社団法人  日本Ruby   の会
What? / Why? / How?・そもそもRuby の会とは・なぜ法人化?・どう変わるのか
progress report 一種の現状報告
よろしくお願いします
Whats Ruby no Kai・そもそもRuby の会とは・なぜ法人化?・どう変わるのか
Our goals目的
Support devs and users・開発者の支援・利用者の支援
Our activities活動内容
RubyKaigi
RubyistMagazine
Ruby Reference Manual  Rubyリファレンス マニュアル
Regional RubyKaigi Support地域Ruby会議支援
Important Function重要な機能
Entrance窓口
Title for Rubyists肩書
Ruby communities  Rubyコミュニティ
invisible見えない
Loose coupling  何となくまとまっている
Not “The Community”一つのもの ではない
diversity多様性
Making community visible 何となく 見える形に
User Interfaceユーザインタ フェース
Pre history of Ruby no Kai  Rubyの会   発足前史
Lightweight Language Saturday
Festival for script languages スクリプト言語   のお祭り   イベント
Support community  協賛団体
←Perl←Python←PHP
Who does manage Rubyists?誰に何を言えば  いいのか わからない
:-(うれしくない
Kansai Open ForumKOF
Tamatsukuri Onsen玉造温泉
Lets go Ruby Onsen tour みんなで行ってみたい
planing a tourツアーを 企画
problem問題点
個人のprivate event 主催
trustlessうさんくさい
lots of tasks by myself面倒
I should change何とかしたい
Tamatsukuri Onsen玉造温泉
How about “Ruby no Kai?”「日本Rubyの会」    とかどうでしょうかね?
Naming or Ruby no Kai   命名の    地
I really appreciate Matz-e!   その節は 大変お世話に  なりました
Thing you must know  大切な   こと
Ruby communities  Rubyコミュニティ
We are not the frst one以前から あった
ユーザWe are an User Interface  インタ フェース
Title for Rubyists肩書き
Invisible communities 目に見えないコミュニティが背後に広がる、というイメージ
http://www.flickr.com/photos/franck_/4460144638/
Why incorporation?・そもそもRuby の会とは・なぜ法人化?・どう変わるのか
Check point・水を飲む・残り時間確認・何か気の利いた ことを言う
incorporation法人化
Why incorporation 法人化する理由
sustainability継続性
Incorporated foundation   Rubyアソシエーションは一般財団法人に
Congratulations!おめでとうございます!
Whats difference?   Rubyアソシエーション  との違い
Foundation / Association一般財団法人   と一般社団法人
Incorporated foundation財団法人
resources「財」
Incorporated association 社団法人
people「人」
Activity of the people 「人」を中心とした  活動
= communityコミュニティ
We have a few resources   Rubyの会自体では   あまり持っていない
We have “a few” resouces Rubyの会自体では「あまり」持っていない
Modest expression控えめな 表現
Budget of RubyKaigiRubyKaigi  の予算
400x5000(yen) for a party懇親会だけで  400人 ×5000円=200万規模
A private organization 任意団体
No sustainability継続性の なさ
Pros / consメリットとデメリット
The frst RubyKaigi  最初のRubyKaigi
like The Last RubyKaigi 来年できるとは思わないでやろう
Once in a lifetime一期一会
Do our best at that timeその時々で全力を尽くす
Do not think of next time  今後はあとで考える
Do not conservative保守的にならない
good attitude for small team ある程度の 規模では  効果的
But no scalability 規模が大きいと 弊害が
incorporation法人化
sustainability継続性
Sustainable team/system持続的な 体制
Sustainable activities 持続的な  活動
Turn in our policy方針を 転換
how?・そもそもRuby の会とは・なぜ法人化?・どう変わるのか
Check point・深呼吸・残り時間確認・何か気の利いた ことを言う
membership / activities・組織形態・活動内容
membership 今後の組織形態
Almost same as current one  原則現状の   形を残す
Current members現在の会員
general members一般会員
current directors現在の理事
current directors・高橋征義・角谷信太郎・安積伸弥・島田浩二
same directors今後も理事
representative directors  会長は「代表理事」
会長 → 代表理事理事 →  理事 会員 → 一般会員
会長   →   代表理事理事   →    理事 ??   →    正会員会員   →   一般会員
Regular member正会員
Regular member一般社団法人の  「社員」
Join general meeting社員総会 の参加
Center of activities活動の要
Same as directors at frst   最初は理事と   同じメンバー
Add others in future  将来的には 別のメンバー   も検討
・代表理事・理事 ・正会員・一般会員
activities活動形態
Board meeting定例の理事会
Annual general meeting来年には社員総会
Almost same as current oneそれ以外は現状を継承
Loose coupling  地域Ruby コミュニティとはゆるく連携
activity plan活動計画
Stay tuned...これから
Same without RubyKaigiRubyKaigi以外は継続
Support with dev. meeting 開発者会議  支援
Rubyist Magazine meetingるびま会議
Reference Manual meetingるりま会議
Another Ruby EventRubyKaigi  以外の イベント
Try to hold実施していきたい
2013年
thRuby 20 anniversaryRuby20周年
celebrationお祝い
logoロゴ
Webサイト
Wiki spam spam spam...   Wiki   スパム
Were so sorry... ご迷惑をおかけして おります (_o_)
Move to GithubGithub
Github
Social coding services gitベースの ソースコード  共有SNS
Move to Githubs wikiGithubs  Wiki
https://github.com/ruby-no-kai/official/wiki
Web site for Ruby no Kai会のサイト も用意
http://ruby-no-kai.org/
Moving page by page   徐々に  移行検討
Our concern懸念点
How about Github? Githubってどうよ
SocialCoding
Development by communityコミュニティによる開発
Cutting edge service  総本山   かつ  最先端
You should use itぜひ触れて ほしい
Cutting edge of Ruby dev.Ruby開発 の総本山
http://redmine.ruby-lang.org/
What you can do today今日あなたにできること
Github and rubys redmine  GitHubと   Rubys  redmine
Make your account  自分のアカウントを作ってみる
Clone your favorite repository 気になるレポジトリをcloneする
fork your favorite repository 気になるレポジトリを forkする
Send pull request    Pull requestも 送ってみる
Read issue list   Issueを  眺めてみる
Read commit logsコミットログを眺めてみる
Conclusionまとめ
incorporation法人化
sustainability持続的
people「人」
Rubyist
More closing to community  もう一歩 コミュニティ に踏み込んで   欲しい
ご清聴ありがとうございました
一般社団法人日本Rubyの会について
一般社団法人日本Rubyの会について
一般社団法人日本Rubyの会について
一般社団法人日本Rubyの会について
一般社団法人日本Rubyの会について
一般社団法人日本Rubyの会について
一般社団法人日本Rubyの会について
一般社団法人日本Rubyの会について
一般社団法人日本Rubyの会について
一般社団法人日本Rubyの会について
一般社団法人日本Rubyの会について
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

一般社団法人日本Rubyの会について

1,717 views

Published on

Published in: Technology
0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
1,717
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
2
Actions
Shares
0
Downloads
2
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

一般社団法人日本Rubyの会について

  1. 1. 一般社団法人日本Rubyの会 について 高橋征義株式会社達人出版会 / 日本Rubyの会 RubyWorld Conference 2011 2011/09/06
  2. 2. Todays Topic 本日 お話ししたいこと
  3. 3. My Message 本日 お願いしたいこと
  4. 4. Dedevepment by Communityコミュニティ による開発
  5. 5. Rubyist
  6. 6. Community termsこんな言葉に 違和感はありますか?
  7. 7. Rubyist.......??よく聞くけど なんだかしっくりこない
  8. 8. ????? 正直 さっぱり分からない
  9. 9. More closing to community もう一歩コミュニティに踏み込んで 欲しい
  10. 10. Who am I?自己紹介
  11. 11. 高橋征義 Masayoshi Takahashihttp://www.flickr.com/photos/recompile_net/4931617016/
  12. 12. Web Application developerWebアプリケーション 開発 http://archive.gerhardlazu.com/04sep05/?pid=8&vid=49
  13. 13. Ebook publisher/seller 電子書籍制作・販売
  14. 14. Director of Ruby no Kai日本Ruby の会代表理事
  15. 15. Todays Topic本日のお題
  16. 16. Ruby no Kai一般社団法人 日本Ruby の会
  17. 17. General incorporated association Ruby no Kai 一般社団法人 日本Ruby の会
  18. 18. What? / Why? / How?・そもそもRuby の会とは・なぜ法人化?・どう変わるのか
  19. 19. progress report 一種の現状報告
  20. 20. よろしくお願いします
  21. 21. Whats Ruby no Kai・そもそもRuby の会とは・なぜ法人化?・どう変わるのか
  22. 22. Our goals目的
  23. 23. Support devs and users・開発者の支援・利用者の支援
  24. 24. Our activities活動内容
  25. 25. RubyKaigi
  26. 26. RubyistMagazine
  27. 27. Ruby Reference Manual Rubyリファレンス マニュアル
  28. 28. Regional RubyKaigi Support地域Ruby会議支援
  29. 29. Important Function重要な機能
  30. 30. Entrance窓口
  31. 31. Title for Rubyists肩書
  32. 32. Ruby communities Rubyコミュニティ
  33. 33. invisible見えない
  34. 34. Loose coupling 何となくまとまっている
  35. 35. Not “The Community”一つのもの ではない
  36. 36. diversity多様性
  37. 37. Making community visible 何となく 見える形に
  38. 38. User Interfaceユーザインタ フェース
  39. 39. Pre history of Ruby no Kai Rubyの会 発足前史
  40. 40. Lightweight Language Saturday
  41. 41. Festival for script languages スクリプト言語 のお祭り イベント
  42. 42. Support community 協賛団体
  43. 43. ←Perl←Python←PHP
  44. 44. Who does manage Rubyists?誰に何を言えば いいのか わからない
  45. 45. :-(うれしくない
  46. 46. Kansai Open ForumKOF
  47. 47. Tamatsukuri Onsen玉造温泉
  48. 48. Lets go Ruby Onsen tour みんなで行ってみたい
  49. 49. planing a tourツアーを 企画
  50. 50. problem問題点
  51. 51. 個人のprivate event 主催
  52. 52. trustlessうさんくさい
  53. 53. lots of tasks by myself面倒
  54. 54. I should change何とかしたい
  55. 55. Tamatsukuri Onsen玉造温泉
  56. 56. How about “Ruby no Kai?”「日本Rubyの会」 とかどうでしょうかね?
  57. 57. Naming or Ruby no Kai 命名の 地
  58. 58. I really appreciate Matz-e! その節は 大変お世話に なりました
  59. 59. Thing you must know 大切な こと
  60. 60. Ruby communities Rubyコミュニティ
  61. 61. We are not the frst one以前から あった
  62. 62. ユーザWe are an User Interface インタ フェース
  63. 63. Title for Rubyists肩書き
  64. 64. Invisible communities 目に見えないコミュニティが背後に広がる、というイメージ
  65. 65. http://www.flickr.com/photos/franck_/4460144638/
  66. 66. Why incorporation?・そもそもRuby の会とは・なぜ法人化?・どう変わるのか
  67. 67. Check point・水を飲む・残り時間確認・何か気の利いた ことを言う
  68. 68. incorporation法人化
  69. 69. Why incorporation 法人化する理由
  70. 70. sustainability継続性
  71. 71. Incorporated foundation Rubyアソシエーションは一般財団法人に
  72. 72. Congratulations!おめでとうございます!
  73. 73. Whats difference? Rubyアソシエーション との違い
  74. 74. Foundation / Association一般財団法人 と一般社団法人
  75. 75. Incorporated foundation財団法人
  76. 76. resources「財」
  77. 77. Incorporated association 社団法人
  78. 78. people「人」
  79. 79. Activity of the people 「人」を中心とした 活動
  80. 80. = communityコミュニティ
  81. 81. We have a few resources Rubyの会自体では あまり持っていない
  82. 82. We have “a few” resouces Rubyの会自体では「あまり」持っていない
  83. 83. Modest expression控えめな 表現
  84. 84. Budget of RubyKaigiRubyKaigi の予算
  85. 85. 400x5000(yen) for a party懇親会だけで 400人 ×5000円=200万規模
  86. 86. A private organization 任意団体
  87. 87. No sustainability継続性の なさ
  88. 88. Pros / consメリットとデメリット
  89. 89. The frst RubyKaigi 最初のRubyKaigi
  90. 90. like The Last RubyKaigi 来年できるとは思わないでやろう
  91. 91. Once in a lifetime一期一会
  92. 92. Do our best at that timeその時々で全力を尽くす
  93. 93. Do not think of next time 今後はあとで考える
  94. 94. Do not conservative保守的にならない
  95. 95. good attitude for small team ある程度の 規模では 効果的
  96. 96. But no scalability 規模が大きいと 弊害が
  97. 97. incorporation法人化
  98. 98. sustainability継続性
  99. 99. Sustainable team/system持続的な 体制
  100. 100. Sustainable activities 持続的な 活動
  101. 101. Turn in our policy方針を 転換
  102. 102. how?・そもそもRuby の会とは・なぜ法人化?・どう変わるのか
  103. 103. Check point・深呼吸・残り時間確認・何か気の利いた ことを言う
  104. 104. membership / activities・組織形態・活動内容
  105. 105. membership 今後の組織形態
  106. 106. Almost same as current one 原則現状の 形を残す
  107. 107. Current members現在の会員
  108. 108. general members一般会員
  109. 109. current directors現在の理事
  110. 110. current directors・高橋征義・角谷信太郎・安積伸弥・島田浩二
  111. 111. same directors今後も理事
  112. 112. representative directors 会長は「代表理事」
  113. 113. 会長 → 代表理事理事 →  理事 会員 → 一般会員
  114. 114. 会長 → 代表理事理事 →  理事 ?? →  正会員会員 → 一般会員
  115. 115. Regular member正会員
  116. 116. Regular member一般社団法人の 「社員」
  117. 117. Join general meeting社員総会 の参加
  118. 118. Center of activities活動の要
  119. 119. Same as directors at frst 最初は理事と 同じメンバー
  120. 120. Add others in future 将来的には 別のメンバー も検討
  121. 121. ・代表理事・理事 ・正会員・一般会員
  122. 122. activities活動形態
  123. 123. Board meeting定例の理事会
  124. 124. Annual general meeting来年には社員総会
  125. 125. Almost same as current oneそれ以外は現状を継承
  126. 126. Loose coupling 地域Ruby コミュニティとはゆるく連携
  127. 127. activity plan活動計画
  128. 128. Stay tuned...これから
  129. 129. Same without RubyKaigiRubyKaigi以外は継続
  130. 130. Support with dev. meeting 開発者会議 支援
  131. 131. Rubyist Magazine meetingるびま会議
  132. 132. Reference Manual meetingるりま会議
  133. 133. Another Ruby EventRubyKaigi 以外の イベント
  134. 134. Try to hold実施していきたい
  135. 135. 2013年
  136. 136. thRuby 20 anniversaryRuby20周年
  137. 137. celebrationお祝い
  138. 138. logoロゴ
  139. 139. Webサイト
  140. 140. Wiki spam spam spam... Wiki スパム
  141. 141. Were so sorry... ご迷惑をおかけして おります (_o_)
  142. 142. Move to GithubGithub
  143. 143. Github
  144. 144. Social coding services gitベースの ソースコード 共有SNS
  145. 145. Move to Githubs wikiGithubs Wiki
  146. 146. https://github.com/ruby-no-kai/official/wiki
  147. 147. Web site for Ruby no Kai会のサイト も用意
  148. 148. http://ruby-no-kai.org/
  149. 149. Moving page by page 徐々に 移行検討
  150. 150. Our concern懸念点
  151. 151. How about Github? Githubってどうよ
  152. 152. SocialCoding
  153. 153. Development by communityコミュニティによる開発
  154. 154. Cutting edge service 総本山 かつ 最先端
  155. 155. You should use itぜひ触れて ほしい
  156. 156. Cutting edge of Ruby dev.Ruby開発 の総本山
  157. 157. http://redmine.ruby-lang.org/
  158. 158. What you can do today今日あなたにできること
  159. 159. Github and rubys redmine GitHubと Rubys redmine
  160. 160. Make your account 自分のアカウントを作ってみる
  161. 161. Clone your favorite repository 気になるレポジトリをcloneする
  162. 162. fork your favorite repository 気になるレポジトリを forkする
  163. 163. Send pull request Pull requestも 送ってみる
  164. 164. Read issue list Issueを 眺めてみる
  165. 165. Read commit logsコミットログを眺めてみる
  166. 166. Conclusionまとめ
  167. 167. incorporation法人化
  168. 168. sustainability持続的
  169. 169. people「人」
  170. 170. Rubyist
  171. 171. More closing to community もう一歩 コミュニティ に踏み込んで 欲しい
  172. 172. ご清聴ありがとうございました

×