NationalResearchInstituteforEarthScienceandDisasterPrevention
DepartmentofIntegratedResearchonDisasterPrevention
独立行政法人 防災...
NationalResearchInstituteforEarthScienceandDisasterPrevention
DepartmentofIntegratedResearchonDisasterPrevention
研究内容
1. 災...
NationalResearchInstituteforEarthScienceandDisasterPrevention
DepartmentofIntegratedResearchonDisasterPrevention
本日お話したい内容...
NationalResearchInstituteforEarthScienceandDisasterPrevention
DepartmentofIntegratedResearchonDisasterPrevention
1.東日本大震災に...
NationalResearchInstituteforEarthScienceandDisasterPrevention
DepartmentofIntegratedResearchonDisasterPrevention
ALL311:東日...
NationalResearchInstituteforEarthScienceandDisasterPrevention
DepartmentofIntegratedResearchonDisasterPrevention
研究機関・学会・民...
NationalResearchInstituteforEarthScienceandDisasterPrevention
DepartmentofIntegratedResearchonDisasterPrevention
マッシュアップの例...
NationalResearchInstituteforEarthScienceandDisasterPrevention
DepartmentofIntegratedResearchonDisasterPrevention
データの例(住宅地...
NationalResearchInstituteforEarthScienceandDisasterPrevention
DepartmentofIntegratedResearchonDisasterPrevention
地理空間情報を活用...
NationalResearchInstituteforEarthScienceandDisasterPrevention
DepartmentofIntegratedResearchonDisasterPrevention
 ニーズや必要な...
NationalResearchInstituteforEarthScienceandDisasterPrevention
DepartmentofIntegratedResearchonDisasterPrevention
地理空間情報を利用...
NationalResearchInstituteforEarthScienceandDisasterPrevention
DepartmentofIntegratedResearchonDisasterPrevention
罹災証明発行支援シ...
NationalResearchInstituteforEarthScienceandDisasterPrevention
DepartmentofIntegratedResearchonDisasterPrevention
ガレキ処理管理支援...
NationalResearchInstituteforEarthScienceandDisasterPrevention
DepartmentofIntegratedResearchonDisasterPrevention
災害対応時の地理空...
NationalResearchInstituteforEarthScienceandDisasterPrevention
DepartmentofIntegratedResearchonDisasterPrevention
2.最近の地理空間...
NationalResearchInstituteforEarthScienceandDisasterPrevention
DepartmentofIntegratedResearchonDisasterPrevention
3.地理空間情報の...
NationalResearchInstituteforEarthScienceandDisasterPrevention
DepartmentofIntegratedResearchonDisasterPrevention
地理空間情報の共有...
NationalResearchInstituteforEarthScienceandDisasterPrevention
DepartmentofIntegratedResearchonDisasterPrevention
「クリアリングハウ...
NationalResearchInstituteforEarthScienceandDisasterPrevention
DepartmentofIntegratedResearchonDisasterPrevention
クリアリングハウス...
NationalResearchInstituteforEarthScienceandDisasterPrevention
DepartmentofIntegratedResearchonDisasterPrevention
4.平常時と災害時...
NationalResearchInstituteforEarthScienceandDisasterPrevention
DepartmentofIntegratedResearchonDisasterPrevention
平常時:第4回e防...
NationalResearchInstituteforEarthScienceandDisasterPrevention
DepartmentofIntegratedResearchonDisasterPrevention
22
NationalResearchInstituteforEarthScienceandDisasterPrevention
DepartmentofIntegratedResearchonDisasterPrevention
23
活動エリアを...
NationalResearchInstituteforEarthScienceandDisasterPrevention
DepartmentofIntegratedResearchonDisasterPrevention
24
クリアリング...
NationalResearchInstituteforEarthScienceandDisasterPrevention
DepartmentofIntegratedResearchonDisasterPrevention
25
地図を新規作成
NationalResearchInstituteforEarthScienceandDisasterPrevention
DepartmentofIntegratedResearchonDisasterPrevention
26
地図に使うハ...
NationalResearchInstituteforEarthScienceandDisasterPrevention
DepartmentofIntegratedResearchonDisasterPrevention
WMSで配信された...
NationalResearchInstituteforEarthScienceandDisasterPrevention
DepartmentofIntegratedResearchonDisasterPrevention
災害時:災害対応シ...
NationalResearchInstituteforEarthScienceandDisasterPrevention
DepartmentofIntegratedResearchonDisasterPrevention
◆システムの概要(...
NationalResearchInstituteforEarthScienceandDisasterPrevention
DepartmentofIntegratedResearchonDisasterPrevention
◆システムの概要(...
NationalResearchInstituteforEarthScienceandDisasterPrevention
DepartmentofIntegratedResearchonDisasterPrevention
外部地理情報取得 ...
NationalResearchInstituteforEarthScienceandDisasterPrevention
DepartmentofIntegratedResearchonDisasterPrevention
災害時:設定してお...
NationalResearchInstituteforEarthScienceandDisasterPrevention
DepartmentofIntegratedResearchonDisasterPrevention
小林市システム 避...
NationalResearchInstituteforEarthScienceandDisasterPrevention
DepartmentofIntegratedResearchonDisasterPrevention
未開設
小林市シス...
NationalResearchInstituteforEarthScienceandDisasterPrevention
DepartmentofIntegratedResearchonDisasterPrevention
35
開設済み
避...
NationalResearchInstituteforEarthScienceandDisasterPrevention
DepartmentofIntegratedResearchonDisasterPrevention
小林市システム
36
NationalResearchInstituteforEarthScienceandDisasterPrevention
DepartmentofIntegratedResearchonDisasterPrevention
宮崎県システム→各...
NationalResearchInstituteforEarthScienceandDisasterPrevention
DepartmentofIntegratedResearchonDisasterPrevention
宮崎県システム→避...
NationalResearchInstituteforEarthScienceandDisasterPrevention
DepartmentofIntegratedResearchonDisasterPrevention
実証実験環境のまと...
NationalResearchInstituteforEarthScienceandDisasterPrevention
DepartmentofIntegratedResearchonDisasterPrevention
携帯キャリア→GI...
NationalResearchInstituteforEarthScienceandDisasterPrevention
DepartmentofIntegratedResearchonDisasterPrevention 小林市システム→新...
NationalResearchInstituteforEarthScienceandDisasterPrevention
DepartmentofIntegratedResearchonDisasterPrevention
小林市システム→携...
NationalResearchInstituteforEarthScienceandDisasterPrevention
DepartmentofIntegratedResearchonDisasterPrevention
実証実験環境のまと...
NationalResearchInstituteforEarthScienceandDisasterPrevention
DepartmentofIntegratedResearchonDisasterPrevention
まとめ
 災害情...
NationalResearchInstituteforEarthScienceandDisasterPrevention
DepartmentofIntegratedResearchonDisasterPrevention
参考情報
 田口...
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

東日本大震災を踏まえた災害情報の 共有プラットフォームの構築に向けて

965 views

Published on

2014.2.19 第9回ワークショップ 災害を観る「災害対応、復旧・復興ための情報システム」で発表したスライドです。

Published in: Technology
0 Comments
2 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
965
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
40
Actions
Shares
0
Downloads
15
Comments
0
Likes
2
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

東日本大震災を踏まえた災害情報の 共有プラットフォームの構築に向けて

  1. 1. NationalResearchInstituteforEarthScienceandDisasterPrevention DepartmentofIntegratedResearchonDisasterPrevention 独立行政法人 防災科学技術研究所 社会防災システム研究領域 田口 仁 東日本大震災を踏まえた災害情報の 共有プラットフォームの構築に向けて 1 2014.2.19 第9回ワークショップ 災害を観る 「災害対応、復旧・復興ための情報システム」 Slideshareで公開 http://www.slideshare.net/tagchan
  2. 2. NationalResearchInstituteforEarthScienceandDisasterPrevention DepartmentofIntegratedResearchonDisasterPrevention 研究内容 1. 災害リスク情報の流通(分散相互運用環境)構築に向けた研究開発 2. 災害対策計画・実行のための手法と情報システムの研究開発 2
  3. 3. NationalResearchInstituteforEarthScienceandDisasterPrevention DepartmentofIntegratedResearchonDisasterPrevention 本日お話したい内容  災害対策計画・実行・対応のためには地理情報(つま り地理空間情報等の技術)が重要 » 「ビッグデータ」のためには災害情報が適切に共有され、情 報が届く情報流通環境が重要 » 地理空間情報の共有・流通を重点に置き、東日本大震災で の取り組みや事例を紹介 » 上記を踏まえた情報共有技術やシステムを紹介  目次 1. 東日本大震災において当研究所が行った被災地情報支援 2. 最近の地理空間情報等の災害情報共有の動向 3. 地理空間情報の共有技術 4. 上記技術に基づくデモンストレーション(紙芝居) • 平常時(防災情報) • 災害時(災害情報) 3
  4. 4. NationalResearchInstituteforEarthScienceandDisasterPrevention DepartmentofIntegratedResearchonDisasterPrevention 1.東日本大震災において 当研究所が行った被災地情報支援 4
  5. 5. NationalResearchInstituteforEarthScienceandDisasterPrevention DepartmentofIntegratedResearchonDisasterPrevention ALL311:東日本大震災協働情報プラットフォーム  被災地自ら地理情報 を利活用し、情報発 信を支援する情報シ ステム(GIS&CMS)を SaaSで提供  活用できる地理空間 情報を収集 5 http://all311.ecom-plat.jp(更新停止)
  6. 6. NationalResearchInstituteforEarthScienceandDisasterPrevention DepartmentofIntegratedResearchonDisasterPrevention 研究機関・学会・民間から、災害に関連する様々な地図情報を、標準的な地理空間情報のAPI に基づき利用可能な環境を構築。被災地で活用できるためのシステムとセットで支援 ●地図(被災前、NTT空間情報) ●航空写真(NTT空間情報) ●被災後航空写真(国土地理院) ●震度マップ(NIED) ●浸水被災マップ(地理学会) ●交通情報(宮城県、本田、豊 田) ●住宅地図(ゼンリン社) ●VCマップ(NIED) ●避難所マップ 東日本大震災における地理空間情報の共有・利用環境構築  eコミマップ(防災科研が開発しているオープンソースのWeb-GIS) 6
  7. 7. NationalResearchInstituteforEarthScienceandDisasterPrevention DepartmentofIntegratedResearchonDisasterPrevention マッシュアップの例(道路情報)  カーナビ会社が公開した通行実績情報(通れた道マップ)利用 7 民間、国土地理院の 被災後航空写真と重ね合わせ
  8. 8. NationalResearchInstituteforEarthScienceandDisasterPrevention DepartmentofIntegratedResearchonDisasterPrevention データの例(住宅地図&航空写真)  ゼンリンとの協働による住宅地図(被災自治体限定)や、民間 航測会社との恊働による被災後航空写真のマッシュアップ 8 被災後空中写真 ・国(国土地理院) ・民間(NTT空間情報、 アジア航測、国際航業)
  9. 9. NationalResearchInstituteforEarthScienceandDisasterPrevention DepartmentofIntegratedResearchonDisasterPrevention 地理空間情報を活用した災害ボランティアセンター情報支援 9 国土地理院 ・被災後空中写真 産総研(GEO Grid) ・ASTER衛星画像 ・震度分布図 JAXA(ALOS) ・だいち衛星画像 NTT-空間情報 ・被災前後空中写真 ・道路地図 道路状況 ・本田技研 ・トヨタ ・宮城県情報 気象庁 ・気象情報 参加型マッピング ・OpenStreetMap ・Googleマイマップ -炊き出しマップ -避難マップなど 国土数値情報 ・公共施設など 公民協働した情報共有環境 (WMS, WFS, KMLなど標準APIの利用) ・避難所情報 ・炊き出し情報 eコミマップ (災害ボランティアセンター) 避難所運営マップ 道路状況マップ ボランティアニーズマップ 被害把握マップなど 公開情報 ・ボランティア ニーズなど 非公開情報 災害VCが情報登録 印刷出力による現場利用 ハザードマップ 利用者が必要な情報を必 要な範囲で動的に取得し、 マッシュアップが実現 地図作成 防災科研 ・J-SHISなど ゼンリン ・住宅地図 クラウド環境
  10. 10. NationalResearchInstituteforEarthScienceandDisasterPrevention DepartmentofIntegratedResearchonDisasterPrevention  ニーズや必要な支援状況を登録し、ボランティアの派遣や被災地の復旧支 援の状況管理。受け付け、継続、終了など対応状況に応じた可視化。 東松島市VCの例 地図活用例:ボランティアニーズマップ 10
  11. 11. NationalResearchInstituteforEarthScienceandDisasterPrevention DepartmentofIntegratedResearchonDisasterPrevention 地理空間情報を利用した沿岸被災自治体災害対応支援 11 国土地理院 ・被災後空中写真 産総研(GEO Grid) ・ASTER衛星画像 ・震度分布図 JAXA(ALOS) ・だいち衛星画像 NTT-空間情報 ・被災前後空中写真 ・道路地図 道路状況 ・本田技研 ・トヨタ ・宮城県情報 気象庁 ・気象情報 参加型マッピング ・OpenStreetMap ・Googleマイマップ -炊き出しマップ -避難マップなど 国土数値情報 ・公共施設など ハザードマップ 利用者が必要な情報を必 要な範囲で動的に取得し、 マッシュアップが実現 防災科研 ・J-SHISなど ゼンリン ・住宅地図 クラウド環境から利用相互運用データのキャッシュ後にオフライン 罹災証明発行支援システム (eコミマップ拡張) 陸前高田市、大槌町 がれき撤去管理支援システム (eコミマップ) 釜石市 公民協働した情報共有環境 (WMS, WFS, KMLなど標準APIの利用)
  12. 12. NationalResearchInstituteforEarthScienceandDisasterPrevention DepartmentofIntegratedResearchonDisasterPrevention 罹災証明発行支援システム(陸前高田市)  eコミマップを拡張(特に、表管理、帳表出力機能を強化) » セキュリティポリシーやネット接続環境を考慮し、イントラ環境で利用 12 罹災証明発行支援システム画面サンプル 罹災証明発行業務の様子 発行業務は税務課と他自治体の支援チームが実施
  13. 13. NationalResearchInstituteforEarthScienceandDisasterPrevention DepartmentofIntegratedResearchonDisasterPrevention ガレキ処理管理支援システム(釜石市)  eコミマップの汎用機能を 使い、地図上でがれきの 撤去要請や処理状況を管 理(継続中) 13  クラウドから利用  市民から電話を受け、 職員が地図に登録  登録情報は他部局と 共有
  14. 14. NationalResearchInstituteforEarthScienceandDisasterPrevention DepartmentofIntegratedResearchonDisasterPrevention 災害対応時の地理空間情報等の共有の課題  様々な機関、企業、行政から地図が公開されたが簡単に重ね 合わせができる環境がなかった » マッシュアップ・統合可能な国際標準のデータ流通方式(API等)、標準 フォーマットに基づいた流通が重要 » ライフライン企業や自治体(市区町村や都道府県)、支援団体間との公 民連携した情報共有体制の構築  地図がどこに公開されているかわからなかった » 災害情報のクリアリングハウス(災害時に運用する地理空間情報の所 在情報の検索システム)の運用体制構築  トップダウンの災害対応、水平的な連携に基づく災害対応の両 方も必要不可欠  「閉じた」防災情報システムの限界 → 標準的なAPI等による情報共有が行える環境の構築が必要 14
  15. 15. NationalResearchInstituteforEarthScienceandDisasterPrevention DepartmentofIntegratedResearchonDisasterPrevention 2.最近の地理空間情報等の災害情報共有の動向  災害対策基本法の一部改正(H24.6) » 第51条(情報の収集及び伝達等) 2 災害応急対策責任者(指定行政機関の長及び指定地方行政機関の長、地方 公共団体の長その他の執行機関、指定公共機関及び指定地方公共機関、公共的 団体並びに防災上重要な施設の管理者)は、地理空間情報の活用を努めなけれ ばならない。 3 災害応急対策責任者は、災害に関する情報を共有し、相互に連携して災害応 急対策の実施に努めなければならない。  IT防災ライフライン構築のための基本方針及びアクションプラン(H24.6) » 1. 災害関連行政情報の公開と2次利用 » 基本方針 • 行政情報の提供において、二次利用を可能とする等の利用者の利便性を考慮 » アクションプランの例 • 政府提供の災害関連情報が、2次利用可能な形式で一元的アクセス可 能なポータルで公開 等  電子行政オープンデータ戦略(H24.7) » 政府自ら積極的に公共データを公開すること、機械判読可能で二次利用が 容易な形式で公開すること 等 15
  16. 16. NationalResearchInstituteforEarthScienceandDisasterPrevention DepartmentofIntegratedResearchonDisasterPrevention 3.地理空間情報の共有技術 16
  17. 17. NationalResearchInstituteforEarthScienceandDisasterPrevention DepartmentofIntegratedResearchonDisasterPrevention 地理空間情報の共有のための標準技術  いろいろなところが所有している地理空間情報を、相互にやり とりできる仕組みによる共有が大切 =分散相互運用環境  地理空間情報をやりとりする方式は、国際的に標準化された データ流通方式(API等)を使用 » データを所有する主体は、それぞれの責任でデータを公開  データと利活用するシステムが分離される » 多様な機関から公開された必要なデータを使い、GIS等情報システムはそれ ぞれの機関で特化したものを利用 17 WMS: Web Mapping Service (ISO-19128) WFS: Web Feature Service (ISO-19142) WCS: Web Coverage Service (ISO-191xx) WPS, SOS, OLS, KML, SVG Map, etc. 一元的なデータベースを持たない。 自分が使いたい情報を、 使いたい部分だけ切り出して、 マッシュアップや二次利用が可能に! 自治体等 国の機関 研究機関 大学 国際標準の データインターフェース や り と り の 方 式 が 国 際 標 準 GISソフトウェア等 (WebGIS型 or デスクトップ型) 地理空間情報公開サーバ
  18. 18. NationalResearchInstituteforEarthScienceandDisasterPrevention DepartmentofIntegratedResearchonDisasterPrevention 「クリアリングハウス」の重要性  データは分散しているため、所在情報(作成機関、作成日、説明文等のメタ データ)を一括して検索するサービスであるクリアリングハウスが重要  ただし、クリアリングハウスにわざわざアクセスするのは面倒 » APIに基づき、GISソフトウェアからメタデータの動的な検索ができることが重要 18 GISソフトウェア インターネット 災害リスク情報 クリアリングハウス メタデータDB 津波浸水 エリア 道路通行 情報 航空写真 ②地図検索リクエスト ③検索結果取得 ①メタデータを登録 (JMP2.0 or ISO19115) ○○地図 ④検索された地図を 標準APIに基づき利用 API API
  19. 19. NationalResearchInstituteforEarthScienceandDisasterPrevention DepartmentofIntegratedResearchonDisasterPrevention クリアリングハウスの開発 19 災害リスク情報クリアリングハウス(オープンソースで公開中) メタデータ登録・更新 ・サイト訪問による登録 ・クリアリングハウスAPI利用 ・メタデータは国内標準JMP2.0準拠 ・権限によってメタデータの公開範囲制御可能 ・サイト上でできること -地図検索(キーワード、場所、時間) -メタデータ登録ユーザ向けマイページ -ユーザカテゴリによる検索制限 -運営事務局(ユーザ管理、問い合わせ等) ・備わっているAPI -メタデータ登録・更新API -検索API(CSW) 地理空間情報の配信サーバ (相互運用gサーバー、Geoserver、 Mapserver等) ・WMS等地図配信サービス ・Web-GIS等公開サイト ・地図データ公開サイト など GISクライアント(Web-GIS or デスクトップ型) (eコミマップ、官民協働危機管理クラウドシステム等) 直接サイト上にアクセス ・地理空間情報の検索(CSW) -APIで地図配信サービスが配信されている 場合は、数クリックで容易に引用表示可能 ・作成して共有するマップの登録・更新(API) 他のクリアリング ハウスとの連携 API API サイト閲覧
  20. 20. NationalResearchInstituteforEarthScienceandDisasterPrevention DepartmentofIntegratedResearchonDisasterPrevention 4.平常時と災害時における デモンストレーション 20
  21. 21. NationalResearchInstituteforEarthScienceandDisasterPrevention DepartmentofIntegratedResearchonDisasterPrevention 平常時:第4回e防災マップコンテスト  主催:防災科学技術研究所  後援:内閣府(防災担当)、文部科学省  協力:NTT空間情報  期間:2013年4月~12月  参加グループに防災マップを作成可能な グループページを提供  ページ内に防災マップを支援するツールを 設置 (1)地域指定パーツ (2)地域情報抽出パーツ (3)地図検索パーツ (4)防災マップ準備パーツ  ハザードマップは自治体から提供を受けて 防災科研の実証実験サーバからWMS(地 図API)により配信  災害リスク情報クリアリングハウスを利用 して参加ユーザは地図を検索 21 (1) (3) (4) デモへ (2)
  22. 22. NationalResearchInstituteforEarthScienceandDisasterPrevention DepartmentofIntegratedResearchonDisasterPrevention 22
  23. 23. NationalResearchInstituteforEarthScienceandDisasterPrevention DepartmentofIntegratedResearchonDisasterPrevention 23 活動エリアを指定
  24. 24. NationalResearchInstituteforEarthScienceandDisasterPrevention DepartmentofIntegratedResearchonDisasterPrevention 24 クリアリングハウスへ問い合わせて 検索結果表示(API経由)。使う地図を選択
  25. 25. NationalResearchInstituteforEarthScienceandDisasterPrevention DepartmentofIntegratedResearchonDisasterPrevention 25 地図を新規作成
  26. 26. NationalResearchInstituteforEarthScienceandDisasterPrevention DepartmentofIntegratedResearchonDisasterPrevention 26 地図に使うハザードマップを選択
  27. 27. NationalResearchInstituteforEarthScienceandDisasterPrevention DepartmentofIntegratedResearchonDisasterPrevention WMSで配信されたハザードマップを取得表示 27 ハザードマップ下敷きに 防災マップを作成
  28. 28. NationalResearchInstituteforEarthScienceandDisasterPrevention DepartmentofIntegratedResearchonDisasterPrevention 災害時:災害対応システムによる情報共有 28 A市 災対本部 都道府県 A市 各担当班 A市 避難所 災害対応システム クラウド環境 対応状況確認、 判断・意思決定 国等、 防災関係機関 ライフライン事業者 情報共有・報告 支援要請 A市住民 広報 情報共有 支援要請 メディア等 マルチメディア振興センター PCやスマートフォンアプリ等 による利用 状況認識の統一 被害報告、 対応状況入力 ・放送事業者 データ放送 ・携帯事業者 ・ポータルサイト 等 市町村 公共情報 コモンズ連携 衛星インターネット回線 民間事業, NPO 災害ボラセン 隣接自治体 後方支援自治体 対向支援自治体 ラ イ フ ラ イ ン 情 報 通 信 ・ 電 気 ・ ガ ス ・ 水 道 ( 事 業 者 ) 総合防災情報 システム 防 災 情 報 ( 都 道 府 県 ・ 市 町 村 等 ) 気 象 情 報 XML ( 気 象 庁 ) 河 川 数 値 情 報 ( 国 土 交 通 省 ) 各 情 報 シ ス テ ム ( 内 閣 府 防 災 と 調 整 中 ) 緊急速報 メール クリアリングハウス 地理空間情報の共有が可能な自治体向け クラウド型情報システム(開発中)
  29. 29. NationalResearchInstituteforEarthScienceandDisasterPrevention DepartmentofIntegratedResearchonDisasterPrevention ◆システムの概要(1) 29 ① 災害応急対応業務 (タスク)をタブ形式で分類 ③ 入力すべき項目を 視覚的に指示 ② 各業務の処理手順を メニューボタンで表示 ◆自治体災害対応業務に基づく、2階層のタブと左のメニュー ・タブ(第1階層): 災害対応業務の大項目 ・タブ(第2階層): 上記の大項目に対する中項目 ・メニュー: 上記で分類されたタスクの処理手順 タスク
  30. 30. NationalResearchInstituteforEarthScienceandDisasterPrevention DepartmentofIntegratedResearchonDisasterPrevention ◆システムの概要(2) 30 ◆様々な災害情報を、“地図と表”により整理します。 地図:地図画面では、自らの自治体が有するレイヤ以外に、外部から提供され る航空写真や、実際の被害情報などのレイヤを重ねて表示。 表 :表画面では、処理対象物の状況を一覧表で整理し、属性の入力・変更を 一括で行うことが可能。 ※ クリアリングハウスとの連携APIによる検索や、地理空間情報の標準APIに よる取得が可能。外部への地理空間情報のAPIによる共有・配信も可能。
  31. 31. NationalResearchInstituteforEarthScienceandDisasterPrevention DepartmentofIntegratedResearchonDisasterPrevention 外部地理情報取得 平常時:災害時のための設定  避難場所、避難施設等の情報は日ごろから地図を作成してオープンデータ として公開。メタデータをAPIを介してクリアリングハウスへ登録。  災害時に更新・公開する地図(被害状況、避難勧告発令区域など)は、予定 メタデータとしてAPIを介してクリアリングハウスへ登録しておく  クリアリングハウスへ検索して隣接自治体や防災関係機関の地図をAPIを 介して検索し、災害時に利用する地理空間情報として設定しておく 31 A市の危機管理 情報システム B市の危機管理 情報システム クリアリングハウス (地理空間情報の メタデータのデータベース)①対策の地図や、災 害時に作成して共 有する予定の地図 のメタデータを登録 しておく ②災害時に使う地図を 検索しておき、災害 時に利用するデータ として設定しておく 【平常時】 メタデータ 更新日、作成者、説明文など メタデータ検索結果 (エリア、キーワード等) メタデータDB
  32. 32. NationalResearchInstituteforEarthScienceandDisasterPrevention DepartmentofIntegratedResearchonDisasterPrevention 災害時:設定しておいた災害情報を取得、表示  平常時に設定しておいた情報を地図APIを使って取得・表示  もし平常時に想定していなかった地図がクリアリングハウスに登録されたら、 情報システムがAPIを介して通知  クリアリングハウスのサイトにわざわざアクセスしなくても、APIを介してシス テムが情報共有を支援 32 A市の危機管理 情報システム B市の危機管理 情報システム ③A市の地図を取得、表示 【災害時】 クリアリングハウス (地理空間情報の メタデータのデータベース) メタデータDB ①地図の更新を自動 的に知らせる (メタデータ更新) ②A市で地図が更 新されたことの 通知を受ける デモへ
  33. 33. NationalResearchInstituteforEarthScienceandDisasterPrevention DepartmentofIntegratedResearchonDisasterPrevention 小林市システム 避難所 33 小林市
  34. 34. NationalResearchInstituteforEarthScienceandDisasterPrevention DepartmentofIntegratedResearchonDisasterPrevention 未開設 小林市システム 避難所を開設へ変更 34 開設済みへ変更
  35. 35. NationalResearchInstituteforEarthScienceandDisasterPrevention DepartmentofIntegratedResearchonDisasterPrevention 35 開設済み 避難所開設の情報が ソーシャルメディアや 公共情報コモンズに発信
  36. 36. NationalResearchInstituteforEarthScienceandDisasterPrevention DepartmentofIntegratedResearchonDisasterPrevention 小林市システム 36
  37. 37. NationalResearchInstituteforEarthScienceandDisasterPrevention DepartmentofIntegratedResearchonDisasterPrevention 宮崎県システム→各自治体の避難所を地図で把握  WMS(地図画像API)に基づき各自治体のデータを統合 37 高原町 都城市 小林市
  38. 38. NationalResearchInstituteforEarthScienceandDisasterPrevention DepartmentofIntegratedResearchonDisasterPrevention 宮崎県システム→避難所をリストで把握  WFS(JSON形式)で小林市システムから避難所リストを取得 38 小林市開設避難所リスト
  39. 39. NationalResearchInstituteforEarthScienceandDisasterPrevention DepartmentofIntegratedResearchonDisasterPrevention 実証実験環境のまとめ 39 小林市の危機管理 情報システム 高原町の危機管理 情報システム 宮崎県の危機管理情報システム 高原町の危機管理 情報システム 地図API (画像、リスト) の流通による 情報共有 自治体間の参照も可能 携帯電話キャリア 通話不能マップ クリアリング ハウス メタデータDB 避難所開設状況
  40. 40. NationalResearchInstituteforEarthScienceandDisasterPrevention DepartmentofIntegratedResearchonDisasterPrevention 携帯キャリア→GISで通話不能エリアを作成  クリアリングハウスに地図のメタデータをAPIを経由して登録 40
  41. 41. NationalResearchInstituteforEarthScienceandDisasterPrevention DepartmentofIntegratedResearchonDisasterPrevention 小林市システム→新規外部地図がクリアリングハウ ス経由で通知 41 新規外部地図利用の可否を設定
  42. 42. NationalResearchInstituteforEarthScienceandDisasterPrevention DepartmentofIntegratedResearchonDisasterPrevention 小林市システム→携帯キャリアの地図が参照可能に 42
  43. 43. NationalResearchInstituteforEarthScienceandDisasterPrevention DepartmentofIntegratedResearchonDisasterPrevention 実証実験環境のまとめ 43 小林市の危機管理 情報システム 高原町の危機管理 情報システム 宮崎県の危機管理情報システム 高原町の危機管理 情報システム 地図API (画像、リスト) の流通による 情報共有 クリアリング ハウス メタデータDB 携帯電話キャリア 通話不能マップ 地図作成 メタデータ登録 地図の登録を通知 避難所状況
  44. 44. NationalResearchInstituteforEarthScienceandDisasterPrevention DepartmentofIntegratedResearchonDisasterPrevention まとめ  災害情報(防災情報)としての地理空間情報の共有に基づく 様々な機関との協働・連携した災害対応が重要  地理空間情報共有の標準技術 » 交際的に標準化されたインターネットを使ったデータ流通方式(API)、ク リアリングハウス。 » ビッグデータ解析のためのデータの吸い上げ、解析結果の配信の両方 にとって基盤的なデータ流通環境になりうる。  地理空間情報共有の今後 » 個別サイト閲覧 → 標準フォーマットに基づくデータ公開 → 標準技術に基づいたAPIとメタデータ公開、クリアリングハウス構築 (←New!!)  今後の課題 » 語彙や用語、技術の標準化とそれの普及 » このような体制を実現する体制の構築 45
  45. 45. NationalResearchInstituteforEarthScienceandDisasterPrevention DepartmentofIntegratedResearchonDisasterPrevention 参考情報  田口仁 (2013)「地理空間情報の技術による東日本大震災における被災地 情報支援」, SYNODOS復興アリーナ(リンク)  長坂俊成・坪川博彰・須永洋平・李泰榮・田口仁・臼田裕一郎・船田晋 (2012)「情報技術による東日本大震災の被災地支援-宮城県および岩手 県での活動事例-」, 東日本大震災調査報告 , 防災科学技術研究所主要 災害報告, 48, pp141-160. リンク  eコミュニティ・プラットフォーム » http://ecom-plat.jp/ (Web-GISであるeコミマップ、災害リスク情報クリアリングハウス、 標準APIで地理空間情報を配信する相互運用gサーバーをオープンソースで公開中)  官民協働危機管理クラウドシステム » http://ecom-plat.jp/k-cloud/ (基礎自治体の災害対応システムを開発中。今年度末にオープンソースで公開予定) » 3月7日(金):東京国際フォーラムでシンポジウム開催予定 46

×