市民参加型GISによる地域防災への実践事例

3,016 views

Published on

国土交通大学校の地域情報コミュニケーションで講義(2012.10.12)した際のスライドです。

Published in: Technology
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

市民参加型GISによる地域防災への実践事例

  1. 1. NIED BOSAI-DRIP National Research Institute for Earth Science and Disaster Prevention, Disaster Risk Information Platform Project防災科学技術研究所 災害リスク情報プラットフォーム研究プロジェクト 地域防災の実践事例 市民参加型GISによる tagchan@bosai.go.jp 社会防災システム研究領域 田口 仁 (たぐち ひとし) 独立行政法人 防災科学技術研究所 1
  2. 2. National Research Institute for Earth Science and Disaster Prevention, Disaster Risk Information Platform Project 防災科学技術研究所(防災科研)について  文部科学省所管の独立行政法人 » 「防災科学技術に関する基礎研究及び基盤的研究開発等の業務を総 合的に行うことにより、防災科学技術の水準の向上を図る」  職員数:200人くらい(事務職+研究職)  研究施設:茨城県つくば市(本所)、新潟県長岡市、山形県新 庄市、兵庫県三木市 ■ 研究体制 ■ 観測予測研究領域 -地震・火山防災研究ユニット -水・土砂防災研究ユニット -雪氷防災研究センターNIED BOSAI-DRIP 減災実験研究領域 -兵庫耐震工学研究センター 社会防災システム研究領域 -災害リスク研究ユニット http://www.bosai.go.jp 2
  3. 3. National Research Institute for Earth Science and Disaster Prevention, Disaster Risk Information Platform Project 研究分野の紹介  研究テーマ:様々な自然災害の研究成果・知見 を活かし、災害に強い社会を実現するために、 何をすれば良いのかを考える 防災科学技術研究所の研究分野 社会防災システム 地震災害 研究領域 災害 リスク 災害に強い社会の 火山災害 情報 ための研究開発 水・土砂災害 ハザード 人間・社会NIED BOSAI-DRIP マップ 自然を相手にするだけで なく、人間や社会の仕組 雪氷災害 みも研究の対象! 自然科学の研究 社会科学の研究 3
  4. 4. National Research Institute for Earth Science and Disaster Prevention, Disaster Risk Information Platform Project 講義の概要と流れ 1. なぜ市民参加型GISが必要か? » リスクガバナンス、知の統合、専門知と地域知をGISを使って統合 2. 必要な道具は? » 知の流通のための課題、分散相互運用環境、クリアリングハウス、 Web-GIS、地図データの動的な処理 3. 防災マップの作り方 » 手順、種類、活用方法、防災ジグソーマップ 4. 実践事例は? » e防災マップコンテスト » NPOとの協働によるマップ作成NIED BOSAI-DRIP 5. 防災マップ作成後の展開 » 「地域発・防災ラジオドラマ」の紹介 4
  5. 5. NIED BOSAI-DRIP National Research Institute for Earth Science and Disaster Prevention, Disaster Risk Information Platform Project 必要か?防災科学技術研究所 災害リスク情報プラットフォーム研究プロジェクト リスクガバナンス、知の統合、 専門知と地域知をGISを使って統合 1.なぜ市民参加型GISが 5
  6. 6. National Research Institute for Earth Science and Disaster Prevention, Disaster Risk Information Platform Project 「リスクガバナンス」 − 多様な主体の協働を通じたリスクの社会的な協治 公的機関による垂直的な指揮系統 不確実性を孕むリスク ○制度的な取り組み に社会全体で対応する ○指揮系統 しくみ ○トップダウン ○公的資源の活用 多様な主体による協働 ○非制度的・自発的な取り組み ○水平的なネットワーク ○ボトムアップ・ミドルアップ ダウン(創発性)NIED BOSAI-DRIP ○社会資源の活用 地域が災害リスクを考え、 リスクを軽減する活動を行 う必要がある。(自助) 6
  7. 7. NIED BOSAI-DRIPNational Research Institute for Earth Science and Disaster Prevention, Disaster Risk Information Platform Project 洪水 津波 噴火 地震 (現象) 自然 制御 震度 波高 降灰 浸水深 (外力) 害 被 災害 リスク 市場 高齢化 老朽化 (脆弱性) 回避 金 人 モノ 地域でどんな災害リスクがあるのかは、地域自ら考えないと分からない (対象物) 災害リスクは自然現象と社会との接点で起きる 社会7
  8. 8. NIED BOSAI-DRIPNational Research Institute for Earth Science and Disaster Prevention, Disaster Risk Information Platform Project 知 専門 知 地域 統合さ れた知 提案する「知」の統合 知 防災科学技術研究所が 経験 地域防災力を高めるたに ための手段 知る 知る = 防災マップ 己(地域)を 敵(災害)を 何をすべきか、 何が起きるか、 (シナリオを)考える 「知」の統合を実現する
  9. 9. NIED BOSAI-DRIPNational Research Institute for Earth Science and Disaster Prevention, Disaster Risk Information Platform Project ② ものが明らかに ① ①自治体には見えていて、住民には見えていなかったもの ②地域住民には見えていて、自治体には見えていなかった 境 環 用 運 互 相 県 市 地域住民 専門知と地域の経験・知恵をGISを活用して統合 ヒヤリハット 土砂災害 被災経験箇所や 空中写真 ハザードマップ9
  10. 10. NIED BOSAI-DRIP National Research Institute for Earth Science and Disaster Prevention, Disaster Risk Information Platform Project防災科学技術研究所 災害リスク情報プラットフォーム研究プロジェクト 2.必要な道具は? 知の流通のための課題、分散相互運用環境、 WebGISとクリアリングハウス、多様な種類のGIS 10
  11. 11. National Research Institute for Earth Science and Disaster Prevention, Disaster Risk Information Platform Project 専門知(情報)の公開は進んでいる(=入手は可能) ハザードマップの公開状況 岩手県立大学総合政策学部牛山研究室・日本損害保険協会 (2006)NIED BOSAI-DRIP 太田・牛山(2009) 決まり文句: 太田・牛山(2009) 「防災に活用してもらえれば…」 「このような情報を活用して…」 11
  12. 12. NIED BOSAI-DRIPNational Research Institute for Earth Science and Disaster Prevention, Disaster Risk Information Platform Project どこに何があるの? ? 重ねて使えない? 比較できない? しかし、知(情報)を統合できない発信方式・流通方式12
  13. 13. NIED BOSAI-DRIPNational Research Institute for Earth Science and Disaster Prevention, Disaster Risk Information Platform Project 「eコミ」を使って解決してみよう を使って 平時の災害対策検討編 デモンストレーションします。 「eコミュニティ・プラットフォーム※」 ※防災科研が研究開発を行っているオープンな情報プラットフォームです。13
  14. 14. National Research Institute for Earth Science and Disaster Prevention, Disaster Risk Information Platform Project このような情報基盤を実現するには…  いろいろなところが所有している災害リスク情報を、相互にや りとりできる仕組みが大切=分散相互運用環境  災害リスク情報をやりとりする方式は、国際的に標準化され たものを使用し、インターネットを使って公開 » データを所有する主体は、それぞれの責任でデータを公開する » 例) 国際会議で様々な国の参加者が、英語で会話をしてコミュニケー ションするのと同じイメージ。英語で会話できればそれだけいろいろな 人とコミュニケーションできる。 災害リスク情報 GISソフトウェア 国の機関 や (WebGIS型 or デスクトップ型) 自治体等 り 国と 際り 標のNIED BOSAI-DRIP 準方 研究機関 式 大学 が 一元的なデータベースを持たない。 WMS: Web Mapping Service (ISO-19128) 自分が使いたい情報を、 相互運用可能な WFS: Web Feature Service (ISO-19142) データインターフェース WCS: Web Coverage Service (ISO-191xx) 使いたい部分だけ切り出して、 WPS, SOS, OLS, KML, SVG Map, etc. 二次利用することが可能! 14
  15. 15. National Research Institute for Earth Science and Disaster Prevention, Disaster Risk Information Platform Project 「クリアリングハウス」の重要性  地理情報が分散して存在しているため、利用者はどこに必要な情報がある のかわからない  地理情報の所在情報(メタデータ)を一括して検索するサービスであるクリ アリングハウスの存在が重要となる インターネット GISソフトウェア ②地図検索 メタデータDB ③検索結果 災害リスク情報 クリアリングハウス ④検索された地図を 標準インターフェースに基づき利用 ①メタデータを登録 (JMP2.0 or ISO19115)NIED BOSAI-DRIP 衛星画像 土砂災害 洪水 揺れやすさ 空中写真 ハザードマップ ハザードマップ マップ 15
  16. 16. National Research Institute for Earth Science and Disaster Prevention, Disaster Risk Information Platform Project 参加型地図ツール「eコミマップ」  流通する知を地図上で可視化し、統合的に共有・議論・検討できるツール 使いたい場所にあわせて、使いたいデータを検索 その情報の所在、目的、精度、 災害リスク情報 メタデータ登録 等が記載されている メタデータDB クリアリングハウス 自治体 地域住民 統合型GIS ハザードマップ 地域住民による情報 分 散 相 大学・研究 機関等 互 各種地図・図表 シミュレーション 運 用 環 NIED 境 地震動予測地図 地すべり地形分布図NIED BOSAI-DRIP 洪水ハザードマップ • 専門機関等の地理空間 地域住民側が必要な地理空間情報をクリアリングハウスで検 情報(GISデータ) 索し、その情報を動的に引き出し、その上で自らの情報を追加 •他の相互運用方式に対 することが可能なWebマッピングシステム(Web-GIS) 応した情報システムへの データ提供が可能 16
  17. 17. NIED BOSAI-DRIPNational Research Institute for Earth Science and Disaster Prevention, Disaster Risk Information Platform Project 害リスクを評価することも大切。 「人口は何人?」 自分達の小学校区の デモンストレーションします。 キーワード:社会統計、ハザードマップ 「どのくらいの被害を被るの?」 「高齢者はどのくらいいるの?」 災害リスク情報を見るだけじゃなく、情報を加工して災17
  18. 18. National Research Institute for Earth Science and Disaster Prevention, Disaster Risk Information Platform Project 静的な情報統合だけでなく、動的な処理も WPS: Web Processing Service国際標準の処理方式 地域被害想定アプリ ①処理リクエスト 検索結果 被害量算定・空間分析 想定結果の地図 システム(WPS) メタデータDB またはテキスト表示 ③処理結果 地図検索 災害リスク情報 クリアリングハウス ②処理用の地理空間情報を取得 分散相互運用環境 WFS WCS WFSNIED BOSAI-DRIP 地図配信サーバ 地図配信サーバ 地図配信サーバ 地図配信サーバ 相互運用gサーバ ハザード 衛星画像 建物情報 社会統計 基盤地図 マップ 18
  19. 19. NIED BOSAI-DRIP National Research Institute for Earth Science and Disaster Prevention, Disaster Risk Information Platform Project 3種類のマップ、防災科学技術研究所 災害リスク情報プラットフォーム研究プロジェクト 防災マップづくりの5つのステップ、防災ジグソー 2.防災マップの作り方は? 19
  20. 20. National Research Institute for Earth Science and Disaster Prevention, Disaster Risk Information Platform Project 防災マップづくりの5つのステップ 1. 地域を調べる » 地域の状況を様々な情報を基に調べる。 2. 防災マップのテーマ(課題)を決める » 考えたい事、解決したいことをテーマにする。 3. 検討する » テーマについてどんな対策が必要か話し合う。 4. マップに入力する » 話し合った結果をパソコンを使って地図に記録。NIED BOSAI-DRIP 5. 活用する » 防災訓練への活用、定期的な更新、地域内外への 告知・広報。 20
  21. 21. National Research Institute for Earth Science and Disaster Prevention, Disaster Risk Information Platform Project 1. 地域を調べる 地域を調べ る方法   (例)   まず、地域について調べてみ ハザードマップを見る 地域を良く知る方に     ましょう。地震・水害・土砂災 インタビューする   害・火山など、地域にどんな 災害が起きる可能性がある のでしょうか? また、倒壊家屋からの救出・ 地域などで作成した   要援護者への支援・避難所 地域防災計画を見る   防災マニュアルを確認する   の運営・備蓄の過不足・炊き 出し・ボランティアの要請など、 地域にどんな課題があるで しょうか? 災害時にどのような事態に直 過去の被災履歴を確認する   他の被災事例の緊急対応や 面するのか想像し、マップづくNIED BOSAI-DRIP 復興過程を確認する   りを通じて解決したい地域の 課題を設定するために、地域 について調べましょう。 21
  22. 22. National Research Institute for Earth Science and Disaster Prevention, Disaster Risk Information Platform Project 2. 防災マップのテーマ(課題)を決めるNIED BOSAI-DRIP • 地域を調べた結果を踏まえて、解決に向けて取り組みたい課題をe防災マップの テーマとして設定しましょう。 • 「取り組みたい課題」とは、「足腰が悪く自宅避難されている方に、食事をどう配給 するか?」、「炊き出しをどのように行うのか」、「ボランティアに足湯を実施してもら うためには」のように、原則として災害時に直面するだろう課題を設定しましょう。 22
  23. 23. National Research Institute for Earth Science and Disaster Prevention, Disaster Risk Information Platform Project 3. 検討する 印刷したマップを使って対策会議   炊き出しには水と食料と機材、 それと人が必要だ。炊き出し手 炊き出しする食材は、 伝いにラーメン屋は効力しても スーパーから提供して らえないだろうか? もらえないのか? 避難所に来られない寝たきりの方に、 井上さんところの井戸は ボランティアさんが炊き出しを配達し 電動ポンプだよね。停電し たら発電機が必要だ。 てもらえないだろうか? そもそも、どうやったらボランティア さんが来てもらえるのだろう? 公民館で炊き出しをする なら、一番近いプロパンガ スは山田さん家だね。NIED BOSAI-DRIP • テーマで設定した地域のテーマ・課題に対して、どのような対策が必要か検討します。 • 対策を行うためには、さまざまな方の支援が必要です。関係者の方々に、事前に解 決策を考えるポイントを伺ったり、解決策(案)を提示してアドバイスをもらいます。 • 可能であれば、災害時に検討した対策の通りに行動してもらうように協力を要請しま しょう。 23
  24. 24. National Research Institute for Earth Science and Disaster Prevention, Disaster Risk Information Platform Project 4. マップに入力するNIED BOSAI-DRIP • これまでの活動を踏まえてe防災マップを作りましょう。「何がどこにある」だけでなく、 災害時に誰がどのように動けばよいか、行動が分かるマップ、協力関係が分かる マップ、地域が変わったことが分かるマップを目標に入力しましょう。 • パソコン入力に自信が無い方は、パソコンが得意な方に声をかけ、e防災マップづく りに巻き込みましょう。マップは項目を組み合わせて複数作っても構いません。 24
  25. 25. National Research Institute for Earth Science and Disaster Prevention, Disaster Risk Information Platform Project 5. 活用するNIED BOSAI-DRIP • 出来上がったe防災マップを活用しましょう。出来上がったe防災マップを配布したり、 関係者に確認してもらい、アドバイスをもらってe防災マップを改善しましょう。 • また、災害時、解決策通りに行動できるか、訓練を行って、まちあるきで現場を確 認して、検証してみましょう。 25
  26. 26. National Research Institute for Earth Science and Disaster Prevention, Disaster Risk Information Platform Project 【参考】「ジグソー防災マップづくり」の試み ●手順 プリセット ①ハザードマップを分割して印刷 ②格子状の下敷きシートを用意し、分 割印刷したマップをプリセット 組み合わせ ③マップ周辺にばら撒かれてあるマッ プを持って,下敷きシートの上を探索 して組み合わせる. ④住民同士,親子同士で地域の防災 について話し合い、避難ルート,施設, 話し合いNIED BOSAI-DRIP 場所の印を描く。 ⑤PCに反映させ、地域特有の防災 マップが完成 26
  27. 27. NIED BOSAI-DRIPNational Research Institute for Earth Science and Disaster Prevention, Disaster Risk Information Platform Project27
  28. 28. NIED BOSAI-DRIPNational Research Institute for Earth Science and Disaster Prevention, Disaster Risk Information Platform Project 親子でジグソーマップスタート28
  29. 29. NIED BOSAI-DRIPNational Research Institute for Earth Science and Disaster Prevention, Disaster Risk Information Platform Project 親子の待ち合わせ場所や避難ルートを考える29
  30. 30. NIED BOSAI-DRIP National Research Institute for Earth Science and Disaster Prevention, Disaster Risk Information Platform Project防災科学技術研究所 災害リスク情報プラットフォーム研究プロジェクト NPOと地域が協働した実践事例 e防災マップコンテスト受賞作品、 3.各地の実践事例は? 30
  31. 31. National Research Institute for Earth Science and Disaster Prevention, Disaster Risk Information Platform Project 情報発信・共有を支援する「eコミュニティ・プラットフォーム」  地域内の情報共有や、外へ ○○町まつり ・防災訓練 の情報発信を可能とした、 8月21日 今年も大勢 9月2日9:00から ウェブベースの情報プラット の方が参加 しました。 ○○小学校 フォーム ○○○町内会  情報獲得 » RSSリーダー、タグリーダー、 活動報告 お知らせ スケジュール 検索、etc. • ○○町まつり ・ごみの収集 8月21日 について  情報収集、意見交換・議論 • 清掃 9月2日 、活動支援 9月7日 回覧版 市民センターから » 掲示板、アンケート、市民レポ ・8月31日版 のお知らせ ーター機能、スケジュール管 ・9月6日版 地図(eコミマップ) ・休館日の案内 ・号外 ・クリスマスコンサー 理、ファイル管理、etc. 歴史 防犯 トのご案内  情報発信 お問い合わせ ○○町内会規則 アンケート 環境 防災NIED BOSAI-DRIP » ブログ、RSS配信、etc.  地図ツール(eコミマップ)に よる地図作成や公開 アンケート機能による eコミマップによ RSSを用いた外部 問い合わせやアン サイトの情報表示  オープンソースで無償公開 ケートの実施 る多様な地図 作成 機能 31
  32. 32. National Research Institute for Earth Science and Disaster Prevention, Disaster Risk Information Platform Project 第1回e防災マップコンテスト(2010年度)  主催:防災科研  後援:内閣府、文部科学省  参加数:82グループ  目的  eコミによる防災マップの作成 を通じた、地域主体の防災向 上の方法論の実証実験  2010年9月20日(月)パシフ ィコ横浜で記念シンポジウ ムを開催NIED BOSAI-DRIP http://bosai-contest.jp/ 32
  33. 33. National Research Institute for Earth Science and Disaster Prevention, Disaster Risk Information Platform Project 受賞作品紹介 (1/2) 最優秀賞 優秀賞/審査委員会特別賞 優秀賞 五日市場町内会 We ♥ Sengen みしまライトアップ実行委員会 (愛知県一宮市) (茨城県つくば市) (新潟県長岡市)NIED BOSAI-DRIP 水害対策の防災マップとし 地縁組織を超えた幅広い主 お祭りの安全管理や事故 て対策に必要な具体的な情 体との新たな絆づくりが高く 防止にも活用できるという 報がしっかりと表現。ワーク 評価できる。個を起点とした 視点を示した。イベントを通 ショップを開催し、衆知を集 地域の絆により、誰でも地 じて地域の絆づくりが、災害 め活発に防災対策の検討 域防災に踏み出せる可能 時の地域防災力の絆に広 が行われている。 性を示している。 がりと重層性を持たせる。 33
  34. 34. National Research Institute for Earth Science and Disaster Prevention, Disaster Risk Information Platform Project 受賞作品紹介 (2/2) 優秀賞 優秀賞 優秀賞 NPOレスキュー・サポート 大垣市防災ひとづくり塾 つくば市社会福祉協議会 九州(大分県中津市) (岐阜県大垣市) (茨城県つくば市)NIED BOSAI-DRIP 火山や豪雨、地震等の情 地域の実情と歴史、課題な 福祉関連サービスの事業 報も整理し、ハザードマップ ど、簡単には解決できない 者や災害救援ボランティア、 などの情報に基づき作成さ 課題について、マップ上に 町内会、学生など地域の幅 れており、科学的・工学的 表現される。異なる専門性 広い絆が見える化されてお な知見を活かしている。 や能力の方々との協力・連 り、災害時の広域の連携・ 携に取り組んでいる。 協力にも役立つ。 34
  35. 35. National Research Institute for Earth Science and Disaster Prevention, Disaster Risk Information Platform Project 最優秀賞:経験知・地域知の活用 [五日市場町内会] 学校への非難は困難(学校までの経路が冠 水しやすいため、冠水の前に避難完了する か、冠水が無くなってから避難しよう!) この付近は昔は池だったNIED BOSAI-DRIP 被災経験などの情報を登録すれば、経験知や地域知がマッ プに統合的に表現可能 35
  36. 36. 第2回e防災マップコンテスト(2011年度)【主催】 防災科学技術研究所【後援】 内閣府、文部科学省【募集作品】 「eコミマップ」を使って作成・活用した防災マップ。【評価項目】 様々な方と協力・コミュニケーションしているなど、 地域の防災体制の改善に資する5項目から審査【募集期間】 2011年4月1日(金) ~ 11月30日(水)【参加数】 35団体 36
  37. 37. 審査結果【最優秀賞】 ・星崎学区連絡協議会 (愛知県名古屋市南区)【優秀賞・ ・311まるごとアーカイブス釜石事務局 審査員特別賞】 (岩手県釜石市)【優秀賞】 ・かめやま防災ネットワーク (三重県亀山市) ・社団法人東京青年会議所板橋区委員会 (東京都板橋区) ・流山新市街地地区安心・安全まちづくり協議会 (千葉県流山市) ・浜松兎亀乃会 (静岡県浜松市)審査委員今村文彦 東北大学大学院 工学研究科教授/日本自然災害学会会長 (審査委員長)柴崎亮介 東京大学 空間情報科学研究センター教授中川和之 時事通信社山形支局長/静岡大学防災総合センター 客員教授南山力生 文部科学省 研究開発局地震・防災研究課 防災科学技術推進室長久保岡俊宏 内閣府政策統括官(科学技術政策・イノベーション担当)付社会基盤分野担当長坂俊成 独立行政法人防災科学技術研究所主任研究員/日本リスク研究学会会長 37
  38. 38. 第2回 e防災マップコンテスト星崎学区連絡協議会 【星崎学区防災マップ】 38
  39. 39. 第2回 e防災マップコンテスト活動の様子地元の防災NPOの助言を受けな まちあるきをおこなった結果、「公 夏休みを利用して子どもたちがまがら、防災マップづくりの進め方 共施設がない」、「(津波避難の) ちあるきを行い、自分達の視点でについて検討しました。 高層ビルがない」という課題が分 危険個所、安全個所などを調べ かりました。 ました。子どもたちの視点でまとめた星崎 e防災マップを見ながら、津波避 e防災マップを活用し、図上訓練学区の防災マップ。 難の方法など具体的な対策を検 が行われました。 討しました。 39
  40. 40. 第2回 e防災マップコンテスト 星崎学区連絡協議会 【星崎学区防災マップ】【地域】 名古屋市南区星崎小学校区【想定被害】 津波・水害 作品紹介東海・東南海地震での津波、豪雨による水害などを想定し、学区内の標高、防災資源、危険個所、推奨避難経路を掲載したマップ。夏休みを利用した「子どもの目線の防災マップ」づくりの開催、消防団などとの意見交換、津波避難ビルの協力要請など、民生委員や子ども会、消防団、PTAなど様々な主体との話し合いを重ねて地域の防災体制を変えていく取り組みを行った。また、ほぼ完成状態のマップを活用して対応策の検証を行うなど、マップを活用した検討を実施した。 講評小学校区での防災活動の良い手本。水害リスクを理解し、実践的な対策マップとなっている。多様な主体との協働により、行政やNPOの協力も得て専門的な知見を活用するなど、詳細な調査に基づいて対策が練られている。図上訓練や子供の目線のマップづくりをはじめ、検討やフィールド調査などが具体的に行われている。 40
  41. 41. 第2回 e防災マップコンテスト311まるごとアーカイブス 釜石 事務局 【自然災害と共存していくためのマップ】
  42. 42. 第2回 e防災マップコンテスト 311まるごとアーカイブス 釜石 事務局 【自然災害と共存していくためのマップ】【地域】 岩手県釜石市【想定被害】 地震・津波 作品紹介「地震や津波はそのものを防ぐ事が出来ず、被害を最小限にとどめる事が大切」と考え作成された『自然災害と共存していくためのマップ』。営業再開し事業者などに、地震が起きた時の対応、津波避難の経路、営業再開までの過程などをヒアリング、現時点のお店の営業情報や避難経路、エピソードなどをマップにまとめた。 講評被災した店舗や事業者等に津波の避難行動をインタビューし、実際に避難した経路をマップに登録するとともに、浸水区域や避難場所をマップ化し、津波避難の検証のための貴重なマップとして評価できる。被災後の状況を聞き取りながらマップに落とすことで記憶のアーカイブになっており、聞取りの概要が直接画面で読み取れる点がユニークである。推奨避難場所ではなく近くの山に避難したなど今後の避難場所の見直しにとっても貴重な資料となることが評価できる。 42
  43. 43. 第2回 e防災マップコンテストかめやま防災ネットワーク 【和田町防災マップ】 (地震、台風等) 講評 要援護者の安否確認に重点が置か れたマップ。防災コーディネータが町 内会の防災活動を支援するという新し い地域社会での活動の形としての協 働性が高く評価できる。板橋区防災マップ参加プロジェクト実行委員会【逃げる決断! とどまる判断! 板橋区防災マップ参加プロジェクトマップ】 講評 青年会議所が大学、町内会、小中学 校を巻き込み、種別や世代を超えた 協働性が高く評価できる。テーマが明 確で逃げる・とどまるの判断が分かり やすいマップとしている。 43
  44. 44. 第2回 e防災マップコンテスト流山新市街地地区安心・安全まちづくり協議会 【流山新市街地地区周辺マップ】ほか 講評 様々な主体と協働し、一町内を超えた 新しい地域コミュニティの範囲で活動 している点が高く評価された。作成し たマップを活用した地域課題解決へ の展開に期待したい。浜松兎亀乃会 【災害時の新しい防災計画マップ】 講評 専門的職業の方々の団体による取り 組みであり、商業地域での新しい防災 活動の形として評価できる。各種団体 との意見交換を行い、詳細な調査に 基づく課題設定ができている。 44
  45. 45. National Research Institute for Earth Science and Disaster Prevention, Disaster Risk Information Platform Project 地域の防災活動の実情 ①「防災活動に取り組んでみたいけれど、 自主防災会の役員じゃないから出来ないわ。」 ②「防災活動をしたことは無いので、専門的な事は 分かりません。」 ③「うちの防災倉庫には発電機が無いから 購入したいけれども、予算が無くて困っている。」 ④「最近の防災活動はパソコン使うのでしょ? 私、機械音痴だから無理だわ。」 ⑤「一人で全部作業するのは、正直しんどい。」NIED BOSAI-DRIP 自主防災会の人だけがやるべきことではありません。 地域の様々な方の協働によって、地域の防災力を高 める新しい取り組み方を紹介します。 45
  46. 46. National Research Institute for Earth Science and Disaster Prevention, Disaster Risk Information Platform Project 様々な想いを持った方が共力する ①「防災活動に取り組んでみたいけれど、 自主防災会の役員じゃないから出来ないわ。」 自治会長さんが個人で e防災マップづくりに挑戦。 「夏休みの自由課題として、 一緒にマップを作ろう」と、 近所に住む小学生及び その母親と一緒に e防災マップを作成。NIED BOSAI-DRIP 防災の役割を持つ方だけではなく、様々な想いを持っ た方と共に力を合わせる。 46
  47. 47. National Research Institute for Earth Science and Disaster Prevention, Disaster Risk Information Platform Project 行政や専門機関の知見「専門知」の活用 ②「防災活動をしたことは無いので、 専門的な事は 分かりません。」 市町村で作成されて いるハザードマップ を参考に、避難ルー トを検討する。 その後、実際にルー トを歩いて安全性を 確認。NIED BOSAI-DRIP ハザードマップなどを重ねることで、行政や専門機関の知見 を取り入れた検討ができる。 47
  48. 48. National Research Institute for Earth Science and Disaster Prevention, Disaster Risk Information Platform Project 社会資源の活用 ③「うちの防災倉庫には発電機が無いから 購入したいけれども、予算が無くて困っている。」 「どんなお手伝いができ るのか」、地域の事業所 にアンケートを実施。 アンケート結果は表にしNIED BOSAI-DRIP て共有 地域にある社会資源や人材を活用することで、平常時からの 地域の絆を作る。 48

×