ALL311:東日本大震災協働情報プラットフォーム

1,312 views

Published on

地理情報システム学会第20回研究発表大会@鹿児島大学, 2011年10月16日。FOSS4G分科会 特別セッション「震災時のオープンデータ・オープンソースによるクライシスマッピング」ライトニングトークにて。発表者:(独)防災科学技術研究所 田口仁

Published in: Technology
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
1,312
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
2
Actions
Shares
0
Downloads
21
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

ALL311:東日本大震災協働情報プラットフォーム

  1. 1. NIED BOSAI-DRIPNational Research Institute for Earth Science and Disast Prevention, Disaster Risk Information Platform Project ter2011年10月16日FOSS4G分科会特別セッション プラットフォーム 田口 仁 ~東日本大震災における 地理空間情報を活用した支援~ ALL311:東日本大震災協働情報 tagchan 社会防災システム研究領域 独立行政法人 防災科学技術研究所1 BOSAI-DRIP
  2. 2. National Research Institute for Earth Science and Disast Prevention, Disaster Risk Information Platform Project 【成果】分散相互運用環境による支援の実現(災害VC) BOSAI-DRIP 国土地理院 産総研(GEO Grid) 道路状況 NTT‐ME 参加型マッピング ・被災後空中写真 ・ASTER衛星画像 ・本田技研 ・被災前後空中写真 ・OpenStreetMap ・震度分布図 ・トヨタ ・道路地図 ・Googleマイマップ ‐炊き出しマップ JAXA(ALOS) ・宮城県情報 ‐避難マップなど ・だいち衛星画像 気象庁 国土数値情報 ・気象情報 ・公共施設など 防災科研 ハザードマップ ・J-SHISなど 分散相互運用環境 利用者が必要な情報を必 要な範囲で動的に取得し、 ゼンリン (WMS, WFS, KMLなど) マッシュアップが実現 ・住宅地図 ter 非公開情報 公開情報 ・ボランティア ・避難所情報 クラウド環境 避難所運営マップ ニーズなど ・炊き出し情報 道路状況マップ ボランティアニーズマップ 被害把握マップなどNIED BOSAI-DRIP 地図作成 eコミマップ 災害VCが情報登録 (災害ボランティアセンター) 印刷出力による現場利用 2
  3. 3. National Research Institute for Earth Science and Disast Prevention, Disaster Risk Information Platform Project 【成果】分散相互運用環境による支援の実現(自治体) BOSAI-DRIP 国土地理院 産総研(GEO Grid) 道路状況 NTT‐ME 参加型マッピング ・被災後空中写真 ・ASTER衛星画像 ・本田技研 ・被災前後空中写真 ・OpenStreetMap ・震度分布図 ・トヨタ ・道路地図 ・Googleマイマップ ‐炊き出しマップ JAXA(ALOS) ・宮城県情報 ‐避難マップなど ・だいち衛星画像 気象庁 国土数値情報 ・気象情報 ・公共施設など 防災科研 ハザードマップ ・J-SHISなど 分散相互運用環境 利用者が必要な情報を必 要な範囲で動的に取得し、 ゼンリン (WMS, WFS, KMLなど) マッシュアップが実現 ・住宅地図 ter データのキャッシュ後にオフライン クラウド環境NIED BOSAI-DRIP 罹災証明発行支援システム がれき撤去管理支援システム (eコミマップを活用/拡張) (eコミマップ) 3
  4. 4. National Research Institute for Earth Science and Disast Prevention, Disaster Risk Information Platform Project 東日本大震災における防災科研の被災地支援 BOSAI-DRIP 1. ALL311:東日本大震災協働情報プラットフォーム » 人・物・データによる下記のような被災地支援を行うための 体制の構築 2. 災害ボランティアセンターの支援 » 災害ボランティアセンターの情報支援 • 宮城県および県下の市町村 ter 3. 被災自治体の災害対応業務支援 » 罹災証明発行支援システム(岩手県陸前高田市、岩手県大槌町) » がれき撤去支援(岩手県釜石市)NIED BOSAI-DRIP 4. 311まるごとアーカイブ » 官民協働による災害記録のアーカイブ化と公開 4
  5. 5. National Research Institute for Earth Science and Disast Prevention, Disaster Risk Information Platform Project オープンソースのWebGIS「eコミマップ」 BOSAI-DRIP 流通する知を地図上で可視化し、統合的に共有・議論・検討で きるツール 使いたい場所にあわせて、使いたいデータを検索 その情報の所在、目的、精度、 災害リスク情報 メタデータ登録 等が記載されている メタデータDB クリアリングハウス 自治体 地域住民 統合型GIS ハザードマップ 地域住民による情報 分 散 相 大学・研究 ter 機関等 互 各種地図・図表 シミュレーション 運 用 環 NIED 境 地震動予測地図 地すべり地形分布図NIED BOSAI-DRIP 洪水ハザードマップ • 専門機関等の地理空間 「eコミマップ」:地域住民側が必要な地理空間情報をクリアリング 情報(GISデータ) ハウスで検索し、その情報を動的に引き出し、その上で自らの情 •他の相互運用方式に対 応した情報システムへの 報を追加することが可能なWebマッピングシステム(WebGIS) データ提供が可能 5
  6. 6. National Research Institute for Earth Science and Disast Prevention, Disaster Risk Information Platform Project 情報発信・共有を支援する情報プラットフォーム BOSAI-DRIP 「eコミグループウェア」 ○○町まつり 防災に限らず、地域内の情報 8月21日 ・防災訓練 今年も大勢 共有や内外への情報発信を の方が参加 9月2日9:00から ○○小学校 しました。 可能とした、ウェブベースの ○○○町内会 情報プラットフォーム 情報獲得 活動報告 お知らせ スケジュール » RSSリーダー、タグリーダー、検 • ○○町まつり ・ごみの収集 ter 索、etc. 索 etc 8月21日 について • 清掃 情報収集、意見交換・議論、 9月2日 9月7日 活動支援 回覧版 市民センターから のお知らせ ・8月31日版 » 掲示板、アンケート、市民レポー ・9月6日版 地図(eコミマップ) ・休館日の案内 ター機能、スケジュール管理、フ ・号外 歴史 防犯 ・クリスマスコンサー トのご案内 ァイル管理、etc.NIED BOSAI-DRIP お問い合わせ ○○町内会規則 情報発信 アンケート 環境 防災 » ブログ、RSS配信、etc. eコミマップとの連携による地 アンケート機能による eコミマップによ RSSを用いた外部 図作成と公開 問い合わせやアン る多様な地図 サイトの情報表示 ケートの実施 作成 機能 6
  7. 7. NIED BOSAI-DRIPNational Research Institute for Earth Science and Disast Prevention, Disaster Risk Information Platform Project ter ALL311トップページ http://all311.ecom-plat.jp eコミグループウェア eコミマップ 被災直後からクラウド環境の提供を受けてサイト構築7 BOSAI-DRIP
  8. 8. National Research Institute for Earth Science and Disast Prevention, Disaster Risk Information Platform Project 成果1:支援体制の構築(7月末現在、39団体) BOSAI-DRIP データ・コンテンツ サイト構築支援 » 宇宙航空研究開発機構(JAXA) » つくばマルチメディア » NTT-ME、国際航業、朝日航洋 » デジタルアース・ラボ » OSM/OSMFJ » ナブラ・ゼロ » ゼンリン » ファルコン » 中央ジオマチックス 情報発信・運営支援 サーバー・クラウド環境 » 茨城レスキューサポートバイク(IRB) » OSGeo財団日本支部 » NPO愛知ネット » nifty » AJU自立の家 » 日本IBM » コムポ ト コムポート ter » ブロードバンドタワー(BBT) » (財)地域開発研究所 » Amazon Web Services » つくばコミュニティ放送 » 応用技術 » 遠野・山・里・暮らしネットワーク » 帝塚山学院大学 » ながおか生活情報交流ねっと 利用機器調達 » 三菱スペース・ソフトウェア » NTTドコモ » ミュージック・バードNIED BOSAI-DRIP » EPSON » リアルタイム地震情報利用協議会 » 京セラミタ » レスキュー・サポート九州 » シーマ・ラボ・ジャパン » レスキューナウ » 深谷レジリエンス研究所 » 気仙市民復興連絡会 » Yahoo! Japan 個人の皆様 » マイクロソフト 8
  9. 9. NIED BOSAI-DRIPNational Research Institute for Earth Science and Disast Prevention, Disaster Risk Information Platform Project ter ログより転載 Yahoo! Japan広報室ブ 企業等による機材等の支援 アなど 寄付を受けた機材 » 複合機、プロッター、通信 端末、ノートPC、ソフトウェ9 BOSAI-DRIP
  10. 10. National Research Institute for Earth Science and Disast Prevention, Disaster Risk Information Platform Project 成果2:被災地支援のための地理空間情報 BOSAI-DRIP 被災地支援のために相互運用方式で活用できる地理空間情 報の所在を確認することができた。 協働により提供を受けたデータについては、相互運用形式の 配信を行った » 住宅地図、民間被災後航空写真、日本地理学会津波被災マップなど 国土地理院 産総研(GEO Grid) 道路状況 NTT‐ME 参加型マッピング ・被災後空中写真 ・ASTER衛星画像 ・本田技研 ・被災前後空中写真 ・OpenStreetMap ter ・震度分布図 ・道路地図 ・Googleマイマップ G l マイマ プ ・トヨタ ‐炊き出しマップ JAXA(ALOS) ・宮城県情報 ‐避難マップなど ・だいち衛星画像 気象庁 国土数値情報 ・気象情報 ・公共施設など 防災科研 ハザードマップ ・J-SHISなど 分散相互運用環境 利用者が必要な情報を必要 ゼンリンNIED BOSAI-DRIP な範囲で動的に取得し、マッ ・住宅地図 地理学会 (WMS, WFS, KMLなど) シュアップが実現 ・津波被災マップ 被災地において、これらの地理空間情報を活用した支援を行う 環境が整った 10
  11. 11. NIED BOSAI-DRIPNational Research Institute for Earth Science and Disast Prevention, Disaster Risk Information Platform Project ter よる配信 被災後空中写真 ・国(国土地理院) 相互運用データの例(住宅地図&航空写真) ・民間(NTTME、アジア航測、国際航業) 航測会社との恊働による被災後航空写真の相互運用方式に ゼンリンとの恊働による住宅地図(被災自治体限定)や、民間 BOSAI-DRIP11
  12. 12. NIED BOSAI-DRIPNational Research Institute for Earth Science and Disast Prevention, Disaster Risk Information Platform Project ter 相互運用データの例(道路情報) カーナビ会社の通行実績情報、宮城県道路情報 被災後航空写真と重ね合わせ BOSAI-DRIP12
  13. 13. National Research Institute for Earth Science and Disast Prevention, Disaster Risk Information Platform Project 2. 災害ボランティアセンター支援 BOSAI-DRIP 対象 » 宮城県及び県下13市町村の社会福祉協議会 ※ 社会福祉協議会は、災害発生後、災害ボランティアセンータを立ち上げる 課題 » 地震発生直後、外部への情報発信や、情報の収集・分 析 活用を行うための仕組みが無い 析・活用を行うための仕組みが無い ter 内容 » 発災と同時に準備・構築したクラウド上の情報プラッNIED BOSAI-DRIP トフォームを活用し、東日本大震災直後からボランテ ィアセンターの情報面での運用支援を実施 13
  14. 14. National Research Institute for Earth Science and Disast Prevention, Disaster Risk Information Platform Project 情報プラットフォーム(eコミ)の活用 BOSAI-DRIP 宮城県 気仙沼市VC VC ←ウェブページ(eコミグ 南三陸町VC ループウェア):広報用 各VCにグループページを設置 石巻市VC ↓地図ツール(eコミマップ) 七ヶ浜町VC :情報管理・活用 名取市VC 東松島市VC ter 仙台市VC 提供を受けたクラウド環境でサイト構築 岩沼市VC http://msv3151.c‐bosai.jp/ 多賀城市VC 塩釜市VCNIED BOSAI-DRIP 亘理町VC 山元町VC 各VCにグループページを割り 当て、VC間で情報共有・連携 <通信カード付PC> <大判プロッター> ALL311で支援を受けた物資を現地に投入 14
  15. 15. National Research Institute for Earth Science and Disast Prevention, Disaster Risk Information Platform Project 地図活用例:周辺の被災状況の把握 BOSAI-DRIP 相互運用方式で公開されている「被災後航空写真」、「津波被災マップ」、、「 交通実績情報」など、eコミマップに表示させ、地域の被災状況を確認 被災前航空写真+津波浸水範囲 被災前航空写真 被災後航空写真 terNIED BOSAI-DRIP 道路通行実績 ゼンリン住宅地図 被災後航空写真 15
  16. 16. NIED BOSAI-DRIPNational Research Institute for Earth Science and Disast Prevention, Disaster Risk Information Platform Project ter の情報データを入手して登録。活動場所の調整 地図活用例:避難所・給水場・炊き出しマップ 石巻市VCの例 避難所情報、炊き出し場所情報、給水場情報、ランドマーク情報など、外部 BOSAI-DRIP16
  17. 17. NIED BOSAI-DRIPNational Research Institute for Earth Science and Disast Prevention, Disaster Risk Information Platform Project ter 地図活用例:ボランティアニーズマップ 援の状況管理。受け付け、継続、終了など対応状況に応じた可視化。 東松島市VCの例 ニーズや必要な支援状況を登録し、ボランティアの派遣や被災地の復旧支 BOSAI-DRIP17
  18. 18. NIED BOSAI-DRIPNational Research Institute for Earth Science and Disast Prevention, Disaster Risk Information Platform Project ter 地図閲覧 eコミマップの活用例 地図上への情報登録、 活動調整・確認 活動内容の掲示・共有 地図の印刷 分散相互運用方式で各種地理空間情報を取得し重ね合わせ BOSAI-DRIP18
  19. 19. NIED BOSAI-DRIPNational Research Institute for Earth Science and Disast Prevention, Disaster Risk Information Platform Project ter 報の連携が大変 後で情報が残らない場合も 付箋だと表で管理ができず、 紙地図とエクセルデータでは情 地図ツールが無いと・・・ 作業は面倒 紙地図をコピーして繋ぎ合せる 被災後の地理空間情報の利用ができないだけでなく・・・ BOSAI-DRIP19
  20. 20. National Research Institute for Earth Science and Disast Prevention, Disaster Risk Information Platform Project 3. 被災自治体の災害対応業務支援 BOSAI-DRIP 課題 » 地図を活用した災害対応業務を行うための仕組み(情報ツールと データ)が無い 目的 » eコミマップを活用した被災自治体の災害対応業務支援 • ALL311で所在を確認した地理空間情報を活用 支援内容(継続中) ter » 災害対応業務に関わる情報システムの支援 • ALL311経由で支援を受けたPC、通信カード、大判プリンター、複合 機などの機材を提供 ► 罹災証明発行支援システム: 岩手県陸前高田市、大槌町 ► がれき処理管理支援システム:岩手県釜石市NIED BOSAI-DRIP » クラウド上のeコミマップの提供 • 住宅地図や被災後航空写真などの地理空間情報の閲覧や印刷が可能 20
  21. 21. National Research Institute for Earth Science and Disast Prevention, Disaster Risk Information Platform Project 罹災証明発行支援システム(陸前高田市) BOSAI-DRIP eコミマップを拡張(特に、表管理、帳表出力機能を強化) » セキュリティポリシーやネット環境を考慮し、イントラ環境で利用 罹災証明発行支援システム画面サンプル terNIED BOSAI-DRIP 罹災証明発行業務の様子 発行業務は税務課と他自治体の支援チームが実施 21
  22. 22. National Research Institute for Earth Science and Disast Prevention, Disaster Risk Information Platform Project 罹災証明発行支援システム(大槌町) BOSAI-DRIP eコミマップの汎用機能を使い、現地調査結果と住宅地図、被 災後航空写真を確認しながら、罹災証明書を発行(帳表発行 は別システムで運用) 被害調査結果画面 terNIED BOSAI-DRIP オフラインで利用 発行の様子 発行業務は税務課と他自 治体の支援チームが実施 22
  23. 23. NIED BOSAI-DRIPNational Research Institute for Earth Science and Disast Prevention, Disaster Risk Information Platform Project ter 有 クラウドから利用 職員が地図に登録 市民から電話を受け、 登録情報は他部局と共 ガレキ処理管理支援システム(釜石市) 理(継続中) 地図画面 eコミマップの汎用機能を 使い、地図上でがれきの 撤去要請や処理状況を管 BOSAI-DRIP23

×