SlideShare a Scribd company logo
1 of 52
Download to read offline
‣
‣


‣
‣
‣


‣
‣
‣
‣
‣
‣
‣


‣
‣
#pragma	 once

#include	 "ofMain.h"

class	 testApp	 :	 public	 ofBaseApp{
	 
public:
	  void	 setup();
	  void	 update();
	  void	 draw();
	 


 ofVec2f	 pos;	 //位置を記録するための変数(正確にはオブジェクト)
};
‣
#include	 "testApp.h"

void	 testApp::setup(){


 ofSetFrameRate(60);

     //更新を秒間60コマに(fps)


 ofBackgroundHex(0x000000);	 //背景色を黒に


 pos.x	 =	 ofGetWidth()/2;

 /初期位置を画面の中心に:x
                             /


 pos.y	 =	 ofGetHeight()/2;	 //初期位置を画面の中心に:y
}

void	 testApp::update(){


 pos.x	 +=	 4.0;	 //位置を更新:x


 pos.y	 +=	 3.0;	 //位置を更新:y


 //画面の端まできたら、反対方向から出現
	  if	 (pos.x	 >	 ofGetWidth())	 {pos.x	 =	 0;}
	  if	 (pos.x	 <	 0)	 {pos.x	 =	 ofGetWidth();}
	  if	 (pos.y	 >	 ofGetHeight())	 {pos.y	 =	 0;}
	  if	 (pos.y	 <	 0)	 {pos.y	 =	 ofGetHeight();}
}

void	 testApp::draw(){


 ofSetHexColor(0x3399ff);	 //描画する色を指定


 ofCircle(pos.x,	 pos.y,	 20);	 //更新された値を利用して円を描く
}
‣
‣
‣
‣
‣
‣
‣
#pragma	 once

#include	 "ofMain.h"

class	 testApp	 :	 public	 ofBaseApp{
	 
public:
	  void	 setup();
	  void	 update();
	  void	 draw();
	 


 ofVec2f	 pos;	 //位置を記録するための変数(正確にはオブジェクト)


 ofVec2f	 vel;	 //パーティクルの速度(Velocity)
};
‣
#include	 "testApp.h"

void	 testApp::setup(){


 ofSetFrameRate(60);

   //更新を秒間60コマに(fps)


 ofBackgroundHex(0x000000);	 //背景色を黒に



   //初期位置を画面の中心に
	    pos.x	 =	 ofGetWidth()/2;
	    pos.y	 =	 ofGetHeight()/2;



   //速度をランダムに決定
	    vel.x	 =	 ofRandom(-10,	 10);
	    vel.y	 =	 ofRandom(-10,	 10);
}

void	 testApp::update(){


 //位置を更新する
	  pos	 +=	 vel;



   //画面の端に来たら反対側へ


   if	 (pos.x	 >	 ofGetWidth())	 pos.x	 =	 0;	 	 //右


   if	 (pos.x	 <	 0)	 pos.x	 =	 ofGetWidth();	 	 //左


   if	 (pos.y	 >	 ofGetHeight())	 pos.y	 =	 0;	 //下


   if	 (pos.y	 <	 0)	 pos.y	 =	 ofGetHeight();	 //上
}
‣

void	 testApp::draw(){


 ofSetHexColor(0x3399ff);	 //描画する色を指定


 ofCircle(pos.x,	 pos.y,	 4);

 //更新された値を利用して円を描く
}
‣
‣
‣
‣
‣

      (      )

    pos[0]
    pos[1]
    pos[2]       NUM
‣



      (pos)     (vel)

    pos[0]    vel[0]

    pos[1]    vel[1]

    pos[2]    vel[2]
‣
‣

ofVec2f	 pos[100];	 //位置の配列
ofVec2f	 vel[100];	 //パーティクルの速度(Velocity)




‣
‣

pos[0],	 pos[1],	 pos[2],	 pos[3]	 ...
‣
‣

for	 (【初期化】;【ループの継続条件】;【カウンタ変数の更新】;)	 {

	 	 	 	 	 	 	 	 	 	 	 【くりかえし実行する処理】

}	 


‣

for	 (int	 i	 =	 0;	 i	 <	 100;	 i++)	 {

	 	 	 	 【くりかえし実行する処理】

}
‣
‣


for	 (int	 i	 =	 0;	 i	 <	 100;	 i++)	 {	 //100回くりかえし



 //速度をランダムに決定
	  vel[i].x	 =	 ofRandom(-10,	 10);
	  vel[i].y	 =	 ofRandom(-10,	 10);	  	 

}


‣
‣
#pragma	 once
#include	 "ofMain.h"
#define	 NUM	 100

class	 testApp	 :	 public	 ofBaseApp{
	 
public:
	  void	 setup();
	  void	 update();
	  void	 draw();
	 


 ofVec2f	 pos[NUM];	 //位置の配列


 ofVec2f	 vel[NUM];	 //パーティクルの速度(Velocity)
};
‣
#include	 "testApp.h"

void	 testApp::setup(){


 ofSetFrameRate(60);

 //更新を秒間60コマに(fps)


 ofBackgroundHex(0x000000);	 //背景色を黒に


 for	 (int	 i	 =	 0;	 i	 <	 NUM;	 i++)	 {	 //NUM回くりかえし


 

      //初期位置を画面の中心に
	  	       pos[i].x	 =	 ofGetWidth()/2;
	  	       pos[i].y	 =	 ofGetHeight()/2;


 

      //速度をランダムに決定
	  	       vel[i].x	 =	 ofRandom(-10,	 10);
	  	       vel[i].y	 =	 ofRandom(-10,	 10);	       	 
	  }
}

void	 testApp::update(){


 for	 (int	 i	 =	 0;	 i	 <	 NUM;	 i++)	 {	 //NUM回くりかえし


 

      //位置を更新する
	  	       pos[i]	 +=	 vel[i];


 

      //画面の端に来たら反対側へ


 

      if	 (pos[i].x	 >	 ofGetWidth())	 pos[i].x	 =	 0;	 	 //右


 

      if	 (pos[i].x	 <	 0)	 pos[i].x	 =	 ofGetWidth();	 	 //左


 

      if	 (pos[i].y	 >	 ofGetHeight())	 pos[i].y	 =	 0;	 //下


 

      if	 (pos[i].y	 <	 0)	 pos[i].y	 =	 ofGetHeight();	 //上
	  }
}
‣

void	 testApp::draw(){


 ofSetHexColor(0x3399ff);	 //描画する色を指定


 for	 (int	 i	 =	 0;	 i	 <	 NUM;	 i++)	 {	 //NUM回くりかえし


 

     ofCircle(pos[i].x,	 pos[i].y,	 4);	 //更新された値を利用して円を描く
	  }
}
‣
‣



‣
‣
‣


‣
‣



‣
‣
Particle	 p[100];



‣
‣

vector	 <Particle>	 p;
‣


‣
‣
    particles.push_back(p);

‣
    particles.pop_back();

‣
    particles.clear();
‣


‣
‣
#pragma	 once
#include	 "ofMain.h"

class	 testApp	 :	 public	 ofBaseApp{
	 
public:
	  void	 setup();
	  void	 update();
	  void	 draw();
	  void	 mouseDragged(int	 x,	 int	 y,	 int	 button);
	  void	 keyReleased(int	 key);
	 


 vector<ofVec2f>	 pos;	 //位置の可変配列


 vector<ofVec2f>	 vel;	 //パーティクルの速度の可変配列
};
‣
#include	 "testApp.h"

void	 testApp::setup(){


 ofSetFrameRate(60);

   //更新を秒間60コマに(fps)


 ofEnableBlendMode(OF_BLENDMODE_ADD);	 //色を加算合成に


 ofBackgroundHex(0x000000);	 //背景色を黒に
}

void	 testApp::update(){


 for	 (int	 i	 =	 0;	 i	 <	 pos.size();	 i++)	 {	 //NUM回くりかえし


 

     //位置を更新する
	  	      pos[i]	 +=	 vel[i];


 

     //画面の端に来たら反対側へ


 

     if	 (pos[i].x	 >	 ofGetWidth())	 pos[i].x	 =	 0;	 	 //右


 

     if	 (pos[i].x	 <	 0)	 pos[i].x	 =	 ofGetWidth();	 	 //左


 

     if	 (pos[i].y	 >	 ofGetHeight())	 pos[i].y	 =	 0;	 //下


 

     if	 (pos[i].y	 <	 0)	 pos[i].y	 =	 ofGetHeight();	 //上
	  }
}
‣

void	 testApp::draw(){


 ofSetHexColor(0x3399ff);	 //描画する色を指定


 for	 (int	 i	 =	 0;	 i	 <	 pos.size();	 i++)	 {	 //NUM回くりかえし


 

     ofCircle(pos[i].x,	 pos[i].y,	 4);	 //更新された値を利用して円を描く
	  }


 //現在の数とフレームレートを表示
	  string	 log;
	  log	 =	 "particle	 num	 =	 "	 +	 ofToString(pos.size(),	 0)	 +	 "n";
	  log	 +=	 "framerate	 =	 "	 +	 ofToString(ofGetFrameRate(),	 4);
	  ofSetHexColor(0xffffff);
	  ofDrawBitmapString(log,	 20,	 20);
}

void	 testApp::mouseDragged(int	 x,	 int	 y,	 int	 button)	 {


 ofVec2f	 p;	 //位置の変数を一時的に生成


 p.set(x,	 y);	 //位置をマウスをクリックした場所に設定


 pos.push_back(p);	 //可変配列の末尾に位置を追加


 ofVec2f	 v;	 //速度の変数を一時的に生成


 v.set(ofRandom(-1,	 1),	 ofRandom(-1,	 1));	 //速度を設定


 vel.push_back(v);	 //可変配列の末尾に速度を追加
}
‣

void	 testApp::keyReleased(int	 key)	 {


 if	 (key	 ==	 'c')	 {	 //「c」キーを押したら


 

     pos.clear();	 //位置の配列を初期化


 

     vel.clear();	 //速度の配列を初期化
	  }


 if	 (key	 ==	 'f')	 {	 //「f」キーを押したら


 

     ofToggleFullscreen();	 //フルスクリーンon/off
	  }
}
‣
‣
‣


‣


‣
ofColor	 col;	 //色のオブジェクトをインスタンス化
col.r	 =	 31;	 	 //redを設定
col.g	 =	 127;	 //greenを設定
col.b	 =	 255;	 //blueを設定
‣
#pragma	 once
#include	 "ofMain.h"

class	 testApp	 :	 public	 ofBaseApp{
	 
public:
	  void	 setup();
	  void	 update();
	  void	 draw();
	  void	 mouseDragged(int	 x,	 int	 y,	 int	 button);
	  void	 keyReleased(int	 key);
	 


 vector<ofVec2f>	 pos;	 //位置の可変配列


 vector<ofVec2f>	 vel;	 //パーティクルの速度の可変配列


 vector<ofColor>	 col;	 //色の可変配列
};
‣
#include	 "testApp.h"

void	 testApp::setup(){


 ofSetFrameRate(60);

   //更新を秒間60コマに(fps)


 ofEnableBlendMode(OF_BLENDMODE_ADD);	 //色を加算合成に


 ofBackgroundHex(0x000000);	 //背景色を黒に
}

void	 testApp::update(){


 for	 (int	 i	 =	 0;	 i	 <	 pos.size();	 i++)	 {	 //NUM回くりかえし


 

     //位置を更新する
	  	      pos[i]	 +=	 vel[i];


 

     //画面の端に来たら反対側へ


 

     if	 (pos[i].x	 >	 ofGetWidth())	 pos[i].x	 =	 0;	 	 //右


 

     if	 (pos[i].x	 <	 0)	 pos[i].x	 =	 ofGetWidth();	 	 //左


 

     if	 (pos[i].y	 >	 ofGetHeight())	 pos[i].y	 =	 0;	 //下


 

     if	 (pos[i].y	 <	 0)	 pos[i].y	 =	 ofGetHeight();	 //上
	  }
}
‣
void	 testApp::draw(){


 for	 (int	 i	 =	 0;	 i	 <	 pos.size();	 i++)	 {	 //NUM回くりかえし


 

     ofSetColor(col[i].r,	 col[i].g,	 col[i].b);//ランダムな色で描画


 

     ofCircle(pos[i].x,	 pos[i].y,	 4);	 //更新された値を利用して円を描く
	  }



   //現在の数とフレームレートを表示
	    string	 log;
	    log	 =	 "particle	 num	 =	 "	 +	 ofToString(pos.size(),	 0)	 +	 "n";
	    log	 +=	 "framerate	 =	 "	 +	 ofToString(ofGetFrameRate(),	 4);
	    ofSetHexColor(0xffffff);
	    ofDrawBitmapString(log,	 20,	 20);
}
‣
void	 testApp::mouseDragged(int	 x,	 int	 y,	 int	 button)	 {


 ofVec2f	 p;	 //位置の変数を一時的に生成


 p.set(x,	 y);	 //位置をマウスをクリックした場所に設定


 pos.push_back(p);	 //可変配列の末尾に位置を追加


 ofVec2f	 v;	 //速度の変数を一時的に生成


 v.set(ofRandom(-1,	 1),	 ofRandom(-1,	 1));	 //速度を設定


 vel.push_back(v);	 //可変配列の末尾に速度を追加


 ofColor	 c;	 //色を一時的に生成


 c.r	 =	 ofRandom(255);	 //red成分をランダムに


 c.g	 =	 ofRandom(255);	 //green成分をランダムに


 c.b	 =	 ofRandom(255);	 //blue成分をランダムに
	  col.push_back(c);
}

void	 testApp::keyReleased(int	 key)	 {


 if	 (key	 ==	 'c')	 {	 //「c」キーを押したら


 

     pos.clear();	 //位置の配列を初期化


 

     vel.clear();	 //速度の配列を初期化
	  }


 if	 (key	 ==	 'f')	 {	 //「f」キーを押したら


 

     ofToggleFullscreen();	 //フルスクリーンon/off
	  }
}
‣
‣


‣
‣


‣
‣
‣
‣
#pragma	 once
#include	 "ofMain.h"

class	 testApp	 :	 public	 ofBaseApp{
	 
public:
	  void	 setup();
	  void	 update();
	  void	 draw();
	  void	 mouseDragged(int	 x,	 int	 y,	 int	 button);
	  void	 keyReleased(int	 key);
	 


 vector<ofVec3f>	 pos;	 //位置の可変配列(3D)


 vector<ofVec3f>	 vel;	 //パーティクルの速度の可変配列(3D)
};
‣
#include	 "testApp.h"

void	 testApp::setup(){


 ofSetFrameRate(60);

   //更新を秒間60コマに(fps)


 ofEnableBlendMode(OF_BLENDMODE_ADD);	 //色を加算合成に


 ofBackgroundHex(0x000000);	 //背景色を黒に
}

void	 testApp::update(){


 for	 (int	 i	 =	 0;	 i	 <	 pos.size();	 i++)	 {	 //NUM回くりかえし


 

     //位置を更新する
	  	      pos[i]	 +=	 vel[i];
	  }
}

void	 testApp::draw(){


 glEnable(GL_DEPTH_TEST);	 //奥行の判定をする
	  ofSetHexColor(0x3399ff);


 for	 (int	 i	 =	 0;	 i	 <	 pos.size();	 i++)	 {	 //NUM回くりかえし
	  	      ofPushMatrix();


 

     ofTranslate(pos[i]);	 //位置を設定


 

     ofCircle(0,	 0,	 4);	 //更新された値を利用して円を描く
	  	      ofPopMatrix();
	  }
	  glDisable(GL_DEPTH_TEST);
‣


   //現在の数とフレームレートを表示
	    string	 log;
	    log	 =	 "particle	 num	 =	 "	 +	 ofToString(pos.size(),	 0)	 +	 "n";
	    log	 +=	 "framerate	 =	 "	 +	 ofToString(ofGetFrameRate(),	 4);
	    ofSetHexColor(0xffffff);
	    ofDrawBitmapString(log,	 20,	 20);
}

void	 testApp::mouseDragged(int	 x,	 int	 y,	 int	 button)	 {


 ofVec3f	 p;	 //位置の変数を一時的に生成


 p.set(x,	 y);	 //位置をマウスをクリックした場所に設定


 pos.push_back(p);	 //可変配列の末尾に位置を追加



   ofVec3f	 v;	 //速度の変数を一時的に生成


   v.set(ofRandom(-1,	 1),	 ofRandom(-1,	 1),	 ofRandom(-1,	 1));//速度を設定


   vel.push_back(v);	 //可変配列の末尾に速度を追加
}
‣
void	 testApp::keyReleased(int	 key)	 {


 if	 (key	 ==	 'c')	 {	 //「c」キーを押したら


 

     pos.clear();	 //位置の配列を初期化


 

     vel.clear();	 //速度の配列を初期化
	  }



   if	 (key	 ==	 'f')	 {	 //「f」キーを押したら


   

     ofToggleFullscreen();	 //フルスクリーンon/off
	    }
}
‣
‣


‣


‣
openFrameworks基礎 たくさんの図形を動かす 静的配列と動的配列 - 芸大グラフィックスプログラミング演習B

More Related Content

What's hot

Media Art II 2013 第6回:openFrameworks Addonを使う 2 - ofxOpenCV と ofxCv
Media Art II 2013  第6回:openFrameworks Addonを使う 2 - ofxOpenCV と ofxCvMedia Art II 2013  第6回:openFrameworks Addonを使う 2 - ofxOpenCV と ofxCv
Media Art II 2013 第6回:openFrameworks Addonを使う 2 - ofxOpenCV と ofxCvAtsushi Tadokoro
 
非同期処理の基礎
非同期処理の基礎非同期処理の基礎
非同期処理の基礎信之 岩永
 
Media Art II 2013 第7回 : openFrameworks 3Dグラフィクス、OpenGL
Media Art II 2013 第7回 : openFrameworks 3Dグラフィクス、OpenGLMedia Art II 2013 第7回 : openFrameworks 3Dグラフィクス、OpenGL
Media Art II 2013 第7回 : openFrameworks 3Dグラフィクス、OpenGLAtsushi Tadokoro
 
はじめようRGB-Dセンシングと画像処理
はじめようRGB-Dセンシングと画像処理はじめようRGB-Dセンシングと画像処理
はじめようRGB-Dセンシングと画像処理Takashi Yoshinaga
 
AI x WebAR: MediaPipeのハンドトラッキングを使ってみよう
AI x WebAR: MediaPipeのハンドトラッキングを使ってみようAI x WebAR: MediaPipeのハンドトラッキングを使ってみよう
AI x WebAR: MediaPipeのハンドトラッキングを使ってみようTakashi Yoshinaga
 
게임에서 사용할 수 있는 포물선 운동
게임에서 사용할 수 있는 포물선 운동게임에서 사용할 수 있는 포물선 운동
게임에서 사용할 수 있는 포물선 운동세민 이
 
【Unite Tokyo 2018】誘導ミサイル完全マスター
【Unite Tokyo 2018】誘導ミサイル完全マスター【Unite Tokyo 2018】誘導ミサイル完全マスター
【Unite Tokyo 2018】誘導ミサイル完全マスターUnity Technologies Japan K.K.
 
【Unity道場】AssetGraph入門 〜ノードを駆使しててUnityの面倒な手作業を自動化する方法〜
【Unity道場】AssetGraph入門 〜ノードを駆使しててUnityの面倒な手作業を自動化する方法〜【Unity道場】AssetGraph入門 〜ノードを駆使しててUnityの面倒な手作業を自動化する方法〜
【Unity道場】AssetGraph入門 〜ノードを駆使しててUnityの面倒な手作業を自動化する方法〜Unity Technologies Japan K.K.
 
A Brief History of UniRx/UniTask, IUniTaskSource in Depth
A Brief History of UniRx/UniTask, IUniTaskSource in DepthA Brief History of UniRx/UniTask, IUniTaskSource in Depth
A Brief History of UniRx/UniTask, IUniTaskSource in DepthYoshifumi Kawai
 
20分くらいでわかった気分になれるC++20コルーチン
20分くらいでわかった気分になれるC++20コルーチン20分くらいでわかった気分になれるC++20コルーチン
20分くらいでわかった気分になれるC++20コルーチンyohhoy
 
AI x WebAR MediaPipeの顔認識を使ってみよう! in 織りなすラボ
AI x WebAR MediaPipeの顔認識を使ってみよう! in 織りなすラボAI x WebAR MediaPipeの顔認識を使ってみよう! in 織りなすラボ
AI x WebAR MediaPipeの顔認識を使ってみよう! in 織りなすラボTakashi Yoshinaga
 
Photon Fusionのはじめの一歩
Photon Fusionのはじめの一歩Photon Fusionのはじめの一歩
Photon Fusionのはじめの一歩聡 大久保
 
ゲーム開発者のための C++11/C++14
ゲーム開発者のための C++11/C++14ゲーム開発者のための C++11/C++14
ゲーム開発者のための C++11/C++14Ryo Suzuki
 
ももち浜TECHカフェ:OpenCVとKinectで作ろう壁面タッチパネル
ももち浜TECHカフェ:OpenCVとKinectで作ろう壁面タッチパネルももち浜TECHカフェ:OpenCVとKinectで作ろう壁面タッチパネル
ももち浜TECHカフェ:OpenCVとKinectで作ろう壁面タッチパネルTakashi Yoshinaga
 
Halide による画像処理プログラミング入門
Halide による画像処理プログラミング入門Halide による画像処理プログラミング入門
Halide による画像処理プログラミング入門Fixstars Corporation
 
【Unite Tokyo 2019】Unity Test Runnerを活用して内部品質を向上しよう
【Unite Tokyo 2019】Unity Test Runnerを活用して内部品質を向上しよう【Unite Tokyo 2019】Unity Test Runnerを活用して内部品質を向上しよう
【Unite Tokyo 2019】Unity Test Runnerを活用して内部品質を向上しようUnityTechnologiesJapan002
 
Game Creators Conference 2019 Keiji Kikuchi
Game Creators Conference 2019 Keiji KikuchiGame Creators Conference 2019 Keiji Kikuchi
Game Creators Conference 2019 Keiji KikuchiKeiji Kikuchi
 
Unityネイティブプラグインマニアクス #denatechcon
Unityネイティブプラグインマニアクス #denatechconUnityネイティブプラグインマニアクス #denatechcon
Unityネイティブプラグインマニアクス #denatechconDeNA
 
新しい並列for構文のご提案
新しい並列for構文のご提案新しい並列for構文のご提案
新しい並列for構文のご提案yohhoy
 
【Unity道場スペシャル 2017札幌】乱数完全マスター
【Unity道場スペシャル 2017札幌】乱数完全マスター 【Unity道場スペシャル 2017札幌】乱数完全マスター
【Unity道場スペシャル 2017札幌】乱数完全マスター Unity Technologies Japan K.K.
 

What's hot (20)

Media Art II 2013 第6回:openFrameworks Addonを使う 2 - ofxOpenCV と ofxCv
Media Art II 2013  第6回:openFrameworks Addonを使う 2 - ofxOpenCV と ofxCvMedia Art II 2013  第6回:openFrameworks Addonを使う 2 - ofxOpenCV と ofxCv
Media Art II 2013 第6回:openFrameworks Addonを使う 2 - ofxOpenCV と ofxCv
 
非同期処理の基礎
非同期処理の基礎非同期処理の基礎
非同期処理の基礎
 
Media Art II 2013 第7回 : openFrameworks 3Dグラフィクス、OpenGL
Media Art II 2013 第7回 : openFrameworks 3Dグラフィクス、OpenGLMedia Art II 2013 第7回 : openFrameworks 3Dグラフィクス、OpenGL
Media Art II 2013 第7回 : openFrameworks 3Dグラフィクス、OpenGL
 
はじめようRGB-Dセンシングと画像処理
はじめようRGB-Dセンシングと画像処理はじめようRGB-Dセンシングと画像処理
はじめようRGB-Dセンシングと画像処理
 
AI x WebAR: MediaPipeのハンドトラッキングを使ってみよう
AI x WebAR: MediaPipeのハンドトラッキングを使ってみようAI x WebAR: MediaPipeのハンドトラッキングを使ってみよう
AI x WebAR: MediaPipeのハンドトラッキングを使ってみよう
 
게임에서 사용할 수 있는 포물선 운동
게임에서 사용할 수 있는 포물선 운동게임에서 사용할 수 있는 포물선 운동
게임에서 사용할 수 있는 포물선 운동
 
【Unite Tokyo 2018】誘導ミサイル完全マスター
【Unite Tokyo 2018】誘導ミサイル完全マスター【Unite Tokyo 2018】誘導ミサイル完全マスター
【Unite Tokyo 2018】誘導ミサイル完全マスター
 
【Unity道場】AssetGraph入門 〜ノードを駆使しててUnityの面倒な手作業を自動化する方法〜
【Unity道場】AssetGraph入門 〜ノードを駆使しててUnityの面倒な手作業を自動化する方法〜【Unity道場】AssetGraph入門 〜ノードを駆使しててUnityの面倒な手作業を自動化する方法〜
【Unity道場】AssetGraph入門 〜ノードを駆使しててUnityの面倒な手作業を自動化する方法〜
 
A Brief History of UniRx/UniTask, IUniTaskSource in Depth
A Brief History of UniRx/UniTask, IUniTaskSource in DepthA Brief History of UniRx/UniTask, IUniTaskSource in Depth
A Brief History of UniRx/UniTask, IUniTaskSource in Depth
 
20分くらいでわかった気分になれるC++20コルーチン
20分くらいでわかった気分になれるC++20コルーチン20分くらいでわかった気分になれるC++20コルーチン
20分くらいでわかった気分になれるC++20コルーチン
 
AI x WebAR MediaPipeの顔認識を使ってみよう! in 織りなすラボ
AI x WebAR MediaPipeの顔認識を使ってみよう! in 織りなすラボAI x WebAR MediaPipeの顔認識を使ってみよう! in 織りなすラボ
AI x WebAR MediaPipeの顔認識を使ってみよう! in 織りなすラボ
 
Photon Fusionのはじめの一歩
Photon Fusionのはじめの一歩Photon Fusionのはじめの一歩
Photon Fusionのはじめの一歩
 
ゲーム開発者のための C++11/C++14
ゲーム開発者のための C++11/C++14ゲーム開発者のための C++11/C++14
ゲーム開発者のための C++11/C++14
 
ももち浜TECHカフェ:OpenCVとKinectで作ろう壁面タッチパネル
ももち浜TECHカフェ:OpenCVとKinectで作ろう壁面タッチパネルももち浜TECHカフェ:OpenCVとKinectで作ろう壁面タッチパネル
ももち浜TECHカフェ:OpenCVとKinectで作ろう壁面タッチパネル
 
Halide による画像処理プログラミング入門
Halide による画像処理プログラミング入門Halide による画像処理プログラミング入門
Halide による画像処理プログラミング入門
 
【Unite Tokyo 2019】Unity Test Runnerを活用して内部品質を向上しよう
【Unite Tokyo 2019】Unity Test Runnerを活用して内部品質を向上しよう【Unite Tokyo 2019】Unity Test Runnerを活用して内部品質を向上しよう
【Unite Tokyo 2019】Unity Test Runnerを活用して内部品質を向上しよう
 
Game Creators Conference 2019 Keiji Kikuchi
Game Creators Conference 2019 Keiji KikuchiGame Creators Conference 2019 Keiji Kikuchi
Game Creators Conference 2019 Keiji Kikuchi
 
Unityネイティブプラグインマニアクス #denatechcon
Unityネイティブプラグインマニアクス #denatechconUnityネイティブプラグインマニアクス #denatechcon
Unityネイティブプラグインマニアクス #denatechcon
 
新しい並列for構文のご提案
新しい並列for構文のご提案新しい並列for構文のご提案
新しい並列for構文のご提案
 
【Unity道場スペシャル 2017札幌】乱数完全マスター
【Unity道場スペシャル 2017札幌】乱数完全マスター 【Unity道場スペシャル 2017札幌】乱数完全マスター
【Unity道場スペシャル 2017札幌】乱数完全マスター
 

Viewers also liked

openFrameworks 外部ファイルを利用する - 画像、動画 - 多摩美メディアアートII
openFrameworks 外部ファイルを利用する - 画像、動画 - 多摩美メディアアートIIopenFrameworks 外部ファイルを利用する - 画像、動画 - 多摩美メディアアートII
openFrameworks 外部ファイルを利用する - 画像、動画 - 多摩美メディアアートIIAtsushi Tadokoro
 
teamLab Meet-up #6「チームラボ、工作室と現場で仕事をするエンジニアが次にすること」
teamLab Meet-up #6「チームラボ、工作室と現場で仕事をするエンジニアが次にすること」teamLab Meet-up #6「チームラボ、工作室と現場で仕事をするエンジニアが次にすること」
teamLab Meet-up #6「チームラボ、工作室と現場で仕事をするエンジニアが次にすること」teamLab Inc.
 
チームラボでアートをつくる展示カタリストとは. [Japanese only]
チームラボでアートをつくる展示カタリストとは. [Japanese only]チームラボでアートをつくる展示カタリストとは. [Japanese only]
チームラボでアートをつくる展示カタリストとは. [Japanese only]Kento Takemura
 
openFrameworksとは何か? - 芸大 グラフィクスプログラミング演習B
openFrameworksとは何か? - 芸大 グラフィクスプログラミング演習BopenFrameworksとは何か? - 芸大 グラフィクスプログラミング演習B
openFrameworksとは何か? - 芸大 グラフィクスプログラミング演習BAtsushi Tadokoro
 
チームラボ流 デジタルマーケティングにおけるクラウド活用術
チームラボ流 デジタルマーケティングにおけるクラウド活用術チームラボ流 デジタルマーケティングにおけるクラウド活用術
チームラボ流 デジタルマーケティングにおけるクラウド活用術Keisuke Kadoyama
 
ゲーム開発出身者がチームラボで働いてみた
ゲーム開発出身者がチームラボで働いてみたゲーム開発出身者がチームラボで働いてみた
ゲーム開発出身者がチームラボで働いてみた秀和 福永
 

Viewers also liked (6)

openFrameworks 外部ファイルを利用する - 画像、動画 - 多摩美メディアアートII
openFrameworks 外部ファイルを利用する - 画像、動画 - 多摩美メディアアートIIopenFrameworks 外部ファイルを利用する - 画像、動画 - 多摩美メディアアートII
openFrameworks 外部ファイルを利用する - 画像、動画 - 多摩美メディアアートII
 
teamLab Meet-up #6「チームラボ、工作室と現場で仕事をするエンジニアが次にすること」
teamLab Meet-up #6「チームラボ、工作室と現場で仕事をするエンジニアが次にすること」teamLab Meet-up #6「チームラボ、工作室と現場で仕事をするエンジニアが次にすること」
teamLab Meet-up #6「チームラボ、工作室と現場で仕事をするエンジニアが次にすること」
 
チームラボでアートをつくる展示カタリストとは. [Japanese only]
チームラボでアートをつくる展示カタリストとは. [Japanese only]チームラボでアートをつくる展示カタリストとは. [Japanese only]
チームラボでアートをつくる展示カタリストとは. [Japanese only]
 
openFrameworksとは何か? - 芸大 グラフィクスプログラミング演習B
openFrameworksとは何か? - 芸大 グラフィクスプログラミング演習BopenFrameworksとは何か? - 芸大 グラフィクスプログラミング演習B
openFrameworksとは何か? - 芸大 グラフィクスプログラミング演習B
 
チームラボ流 デジタルマーケティングにおけるクラウド活用術
チームラボ流 デジタルマーケティングにおけるクラウド活用術チームラボ流 デジタルマーケティングにおけるクラウド活用術
チームラボ流 デジタルマーケティングにおけるクラウド活用術
 
ゲーム開発出身者がチームラボで働いてみた
ゲーム開発出身者がチームラボで働いてみたゲーム開発出身者がチームラボで働いてみた
ゲーム開発出身者がチームラボで働いてみた
 

Similar to openFrameworks基礎 たくさんの図形を動かす 静的配列と動的配列 - 芸大グラフィックスプログラミング演習B

Canvas de shooting 制作のポイント
Canvas de shooting 制作のポイントCanvas de shooting 制作のポイント
Canvas de shooting 制作のポイントYohei Munesada
 
enchant.jsでゲーム制作をはじめてみよう
enchant.jsでゲーム制作をはじめてみようenchant.jsでゲーム制作をはじめてみよう
enchant.jsでゲーム制作をはじめてみようRyota Shiroguchi
 
Html canvas shooting_and_performanceup
Html canvas shooting_and_performanceupHtml canvas shooting_and_performanceup
Html canvas shooting_and_performanceupYohei Munesada
 
2012 03-03-titanium plusquicktigame2d
2012 03-03-titanium plusquicktigame2d2012 03-03-titanium plusquicktigame2d
2012 03-03-titanium plusquicktigame2dHiroshi Oyamada
 
Processing workshop v3.0
Processing workshop v3.0Processing workshop v3.0
Processing workshop v3.0Wataru Kani
 
Processing資料(1) Processingの基本
Processing資料(1) Processingの基本Processing資料(1) Processingの基本
Processing資料(1) Processingの基本reona396
 
Creators'night#12今井
Creators'night#12今井Creators'night#12今井
Creators'night#12今井Daisuke Imai
 
iTamabi 13 第7回:ARTSAT API 実践 2 衛星の情報で表現する
iTamabi 13  第7回:ARTSAT API 実践 2 衛星の情報で表現するiTamabi 13  第7回:ARTSAT API 実践 2 衛星の情報で表現する
iTamabi 13 第7回:ARTSAT API 実践 2 衛星の情報で表現するAtsushi Tadokoro
 
Continuation with Boost.Context
Continuation with Boost.ContextContinuation with Boost.Context
Continuation with Boost.ContextAkira Takahashi
 
Siv3Dで楽しむゲームとメディアアート開発
Siv3Dで楽しむゲームとメディアアート開発Siv3Dで楽しむゲームとメディアアート開発
Siv3Dで楽しむゲームとメディアアート開発Ryo Suzuki
 
WindowsストアーアプリでSharpDXを動かしてみる
WindowsストアーアプリでSharpDXを動かしてみるWindowsストアーアプリでSharpDXを動かしてみる
WindowsストアーアプリでSharpDXを動かしてみるShinichiAoyagi
 
enchant.jsでゲーム制作をはじめてみよう 「パンダの会」バージョン
enchant.jsでゲーム制作をはじめてみよう 「パンダの会」バージョンenchant.jsでゲーム制作をはじめてみよう 「パンダの会」バージョン
enchant.jsでゲーム制作をはじめてみよう 「パンダの会」バージョンRyota Shiroguchi
 
静岡Developers勉強会 HTML5&CSS3
静岡Developers勉強会 HTML5&CSS3静岡Developers勉強会 HTML5&CSS3
静岡Developers勉強会 HTML5&CSS3yaju88
 
寺子屋クスール @STATION5
寺子屋クスール @STATION5寺子屋クスール @STATION5
寺子屋クスール @STATION5biscuitjam
 
PBL1-v1-006j.pptx
PBL1-v1-006j.pptxPBL1-v1-006j.pptx
PBL1-v1-006j.pptxNAIST
 
C++でのゲームプログラミングをしたときのお話 札幌C++勉強会 #4 〜スタートゲームプログラミング〜
C++でのゲームプログラミングをしたときのお話 札幌C++勉強会 #4 〜スタートゲームプログラミング〜C++でのゲームプログラミングをしたときのお話 札幌C++勉強会 #4 〜スタートゲームプログラミング〜
C++でのゲームプログラミングをしたときのお話 札幌C++勉強会 #4 〜スタートゲームプログラミング〜勝成 鈴江
 

Similar to openFrameworks基礎 たくさんの図形を動かす 静的配列と動的配列 - 芸大グラフィックスプログラミング演習B (20)

Canvas de shooting 制作のポイント
Canvas de shooting 制作のポイントCanvas de shooting 制作のポイント
Canvas de shooting 制作のポイント
 
P5utda day3
P5utda day3P5utda day3
P5utda day3
 
enchant.jsでゲーム制作をはじめてみよう
enchant.jsでゲーム制作をはじめてみようenchant.jsでゲーム制作をはじめてみよう
enchant.jsでゲーム制作をはじめてみよう
 
Html canvas shooting_and_performanceup
Html canvas shooting_and_performanceupHtml canvas shooting_and_performanceup
Html canvas shooting_and_performanceup
 
Ssaw08 0916
Ssaw08 0916Ssaw08 0916
Ssaw08 0916
 
2012 03-03-titanium plusquicktigame2d
2012 03-03-titanium plusquicktigame2d2012 03-03-titanium plusquicktigame2d
2012 03-03-titanium plusquicktigame2d
 
Arctic.js
Arctic.jsArctic.js
Arctic.js
 
Processing workshop v3.0
Processing workshop v3.0Processing workshop v3.0
Processing workshop v3.0
 
Processing資料(1) Processingの基本
Processing資料(1) Processingの基本Processing資料(1) Processingの基本
Processing資料(1) Processingの基本
 
Creators'night#12今井
Creators'night#12今井Creators'night#12今井
Creators'night#12今井
 
iTamabi 13 第7回:ARTSAT API 実践 2 衛星の情報で表現する
iTamabi 13  第7回:ARTSAT API 実践 2 衛星の情報で表現するiTamabi 13  第7回:ARTSAT API 実践 2 衛星の情報で表現する
iTamabi 13 第7回:ARTSAT API 実践 2 衛星の情報で表現する
 
CG2013 05
CG2013 05CG2013 05
CG2013 05
 
Continuation with Boost.Context
Continuation with Boost.ContextContinuation with Boost.Context
Continuation with Boost.Context
 
Siv3Dで楽しむゲームとメディアアート開発
Siv3Dで楽しむゲームとメディアアート開発Siv3Dで楽しむゲームとメディアアート開発
Siv3Dで楽しむゲームとメディアアート開発
 
WindowsストアーアプリでSharpDXを動かしてみる
WindowsストアーアプリでSharpDXを動かしてみるWindowsストアーアプリでSharpDXを動かしてみる
WindowsストアーアプリでSharpDXを動かしてみる
 
enchant.jsでゲーム制作をはじめてみよう 「パンダの会」バージョン
enchant.jsでゲーム制作をはじめてみよう 「パンダの会」バージョンenchant.jsでゲーム制作をはじめてみよう 「パンダの会」バージョン
enchant.jsでゲーム制作をはじめてみよう 「パンダの会」バージョン
 
静岡Developers勉強会 HTML5&CSS3
静岡Developers勉強会 HTML5&CSS3静岡Developers勉強会 HTML5&CSS3
静岡Developers勉強会 HTML5&CSS3
 
寺子屋クスール @STATION5
寺子屋クスール @STATION5寺子屋クスール @STATION5
寺子屋クスール @STATION5
 
PBL1-v1-006j.pptx
PBL1-v1-006j.pptxPBL1-v1-006j.pptx
PBL1-v1-006j.pptx
 
C++でのゲームプログラミングをしたときのお話 札幌C++勉強会 #4 〜スタートゲームプログラミング〜
C++でのゲームプログラミングをしたときのお話 札幌C++勉強会 #4 〜スタートゲームプログラミング〜C++でのゲームプログラミングをしたときのお話 札幌C++勉強会 #4 〜スタートゲームプログラミング〜
C++でのゲームプログラミングをしたときのお話 札幌C++勉強会 #4 〜スタートゲームプログラミング〜
 

More from Atsushi Tadokoro

「クリエイティブ・ミュージック・コーディング」- オーディオ・ビジュアル作品のための、オープンソースなソフトウエア・フレームワークの現状と展望
「クリエイティブ・ミュージック・コーディング」- オーディオ・ビジュアル作品のための、オープンソースなソフトウエア・フレームワークの現状と展望「クリエイティブ・ミュージック・コーディング」- オーディオ・ビジュアル作品のための、オープンソースなソフトウエア・フレームワークの現状と展望
「クリエイティブ・ミュージック・コーディング」- オーディオ・ビジュアル作品のための、オープンソースなソフトウエア・フレームワークの現状と展望Atsushi Tadokoro
 
プログラム初級講座 - メディア芸術をはじめよう
プログラム初級講座 - メディア芸術をはじめようプログラム初級講座 - メディア芸術をはじめよう
プログラム初級講座 - メディア芸術をはじめようAtsushi Tadokoro
 
Interactive Music II ProcessingとSuperColliderの連携 -2
Interactive Music II ProcessingとSuperColliderの連携 -2Interactive Music II ProcessingとSuperColliderの連携 -2
Interactive Music II ProcessingとSuperColliderの連携 -2Atsushi Tadokoro
 
coma Creators session vol.2
coma Creators session vol.2coma Creators session vol.2
coma Creators session vol.2Atsushi Tadokoro
 
Interactive Music II ProcessingとSuperColliderの連携1
Interactive Music II ProcessingとSuperColliderの連携1Interactive Music II ProcessingとSuperColliderの連携1
Interactive Music II ProcessingとSuperColliderの連携1Atsushi Tadokoro
 
Interactive Music II Processingによるアニメーション
Interactive Music II ProcessingによるアニメーションInteractive Music II Processingによるアニメーション
Interactive Music II ProcessingによるアニメーションAtsushi Tadokoro
 
Interactive Music II Processing基本
Interactive Music II Processing基本Interactive Music II Processing基本
Interactive Music II Processing基本Atsushi Tadokoro
 
Interactive Music II SuperCollider応用 2 - SuperColliderとPure Dataの連携
Interactive Music II SuperCollider応用 2 - SuperColliderとPure Dataの連携Interactive Music II SuperCollider応用 2 - SuperColliderとPure Dataの連携
Interactive Music II SuperCollider応用 2 - SuperColliderとPure Dataの連携Atsushi Tadokoro
 
Media Art II openFrameworks アプリ間の通信とタンジブルなインターフェイス
Media Art II openFrameworks  アプリ間の通信とタンジブルなインターフェイス Media Art II openFrameworks  アプリ間の通信とタンジブルなインターフェイス
Media Art II openFrameworks アプリ間の通信とタンジブルなインターフェイス Atsushi Tadokoro
 
Interactive Music II SuperCollider応用 - SuperColliderと OSC (Open Sound Control)
Interactive Music II SuperCollider応用 - SuperColliderと OSC (Open Sound Control)Interactive Music II SuperCollider応用 - SuperColliderと OSC (Open Sound Control)
Interactive Music II SuperCollider応用 - SuperColliderと OSC (Open Sound Control)Atsushi Tadokoro
 
iTamabi 13 ARTSAT API 実践 5 - 衛星の軌道を描く
iTamabi 13 ARTSAT API 実践 5 - 衛星の軌道を描くiTamabi 13 ARTSAT API 実践 5 - 衛星の軌道を描く
iTamabi 13 ARTSAT API 実践 5 - 衛星の軌道を描くAtsushi Tadokoro
 
メディア芸術基礎 II 第11回:HTML5実践 表現のための様々なJavaScriptライブラリ
メディア芸術基礎 II 第11回:HTML5実践 表現のための様々なJavaScriptライブラリメディア芸術基礎 II 第11回:HTML5実践 表現のための様々なJavaScriptライブラリ
メディア芸術基礎 II 第11回:HTML5実践 表現のための様々なJavaScriptライブラリAtsushi Tadokoro
 
芸術情報演習デザイン(Web) 第8回: CSSフレームワークを使う
芸術情報演習デザイン(Web)  第8回: CSSフレームワークを使う芸術情報演習デザイン(Web)  第8回: CSSフレームワークを使う
芸術情報演習デザイン(Web) 第8回: CSSフレームワークを使うAtsushi Tadokoro
 
Interactive Music II SuperCollider応用 JITLib - ライブコーディング 2
Interactive Music II SuperCollider応用 JITLib - ライブコーディング 2Interactive Music II SuperCollider応用 JITLib - ライブコーディング 2
Interactive Music II SuperCollider応用 JITLib - ライブコーディング 2Atsushi Tadokoro
 
iTamabi 13 第9回:ARTSAT API 実践 3 ジオコーディングで衛星の位置を取得
iTamabi 13 第9回:ARTSAT API 実践 3 ジオコーディングで衛星の位置を取得iTamabi 13 第9回:ARTSAT API 実践 3 ジオコーディングで衛星の位置を取得
iTamabi 13 第9回:ARTSAT API 実践 3 ジオコーディングで衛星の位置を取得Atsushi Tadokoro
 
Webデザイン 第10回:HTML5実践 Three.jsで3Dプログラミング
Webデザイン 第10回:HTML5実践 Three.jsで3DプログラミングWebデザイン 第10回:HTML5実践 Three.jsで3Dプログラミング
Webデザイン 第10回:HTML5実践 Three.jsで3DプログラミングAtsushi Tadokoro
 
Interactive Music II SuperCollider応用 JITLib - ライブコーディング 1
Interactive Music II SuperCollider応用 JITLib - ライブコーディング 1Interactive Music II SuperCollider応用 JITLib - ライブコーディング 1
Interactive Music II SuperCollider応用 JITLib - ライブコーディング 1Atsushi Tadokoro
 
iTamabi 13 第8回:ARTSAT API 実践 2 衛星アプリを企画する
iTamabi 13 第8回:ARTSAT API 実践 2 衛星アプリを企画するiTamabi 13 第8回:ARTSAT API 実践 2 衛星アプリを企画する
iTamabi 13 第8回:ARTSAT API 実践 2 衛星アプリを企画するAtsushi Tadokoro
 
Interactive Music II SuperCollider実習 オリジナルの楽器を作ろう!
Interactive Music II SuperCollider実習  オリジナルの楽器を作ろう!Interactive Music II SuperCollider実習  オリジナルの楽器を作ろう!
Interactive Music II SuperCollider実習 オリジナルの楽器を作ろう!Atsushi Tadokoro
 

More from Atsushi Tadokoro (20)

「クリエイティブ・ミュージック・コーディング」- オーディオ・ビジュアル作品のための、オープンソースなソフトウエア・フレームワークの現状と展望
「クリエイティブ・ミュージック・コーディング」- オーディオ・ビジュアル作品のための、オープンソースなソフトウエア・フレームワークの現状と展望「クリエイティブ・ミュージック・コーディング」- オーディオ・ビジュアル作品のための、オープンソースなソフトウエア・フレームワークの現状と展望
「クリエイティブ・ミュージック・コーディング」- オーディオ・ビジュアル作品のための、オープンソースなソフトウエア・フレームワークの現状と展望
 
プログラム初級講座 - メディア芸術をはじめよう
プログラム初級講座 - メディア芸術をはじめようプログラム初級講座 - メディア芸術をはじめよう
プログラム初級講座 - メディア芸術をはじめよう
 
Interactive Music II ProcessingとSuperColliderの連携 -2
Interactive Music II ProcessingとSuperColliderの連携 -2Interactive Music II ProcessingとSuperColliderの連携 -2
Interactive Music II ProcessingとSuperColliderの連携 -2
 
coma Creators session vol.2
coma Creators session vol.2coma Creators session vol.2
coma Creators session vol.2
 
Interactive Music II ProcessingとSuperColliderの連携1
Interactive Music II ProcessingとSuperColliderの連携1Interactive Music II ProcessingとSuperColliderの連携1
Interactive Music II ProcessingとSuperColliderの連携1
 
Interactive Music II Processingによるアニメーション
Interactive Music II ProcessingによるアニメーションInteractive Music II Processingによるアニメーション
Interactive Music II Processingによるアニメーション
 
Interactive Music II Processing基本
Interactive Music II Processing基本Interactive Music II Processing基本
Interactive Music II Processing基本
 
Interactive Music II SuperCollider応用 2 - SuperColliderとPure Dataの連携
Interactive Music II SuperCollider応用 2 - SuperColliderとPure Dataの連携Interactive Music II SuperCollider応用 2 - SuperColliderとPure Dataの連携
Interactive Music II SuperCollider応用 2 - SuperColliderとPure Dataの連携
 
Media Art II openFrameworks アプリ間の通信とタンジブルなインターフェイス
Media Art II openFrameworks  アプリ間の通信とタンジブルなインターフェイス Media Art II openFrameworks  アプリ間の通信とタンジブルなインターフェイス
Media Art II openFrameworks アプリ間の通信とタンジブルなインターフェイス
 
Interactive Music II SuperCollider応用 - SuperColliderと OSC (Open Sound Control)
Interactive Music II SuperCollider応用 - SuperColliderと OSC (Open Sound Control)Interactive Music II SuperCollider応用 - SuperColliderと OSC (Open Sound Control)
Interactive Music II SuperCollider応用 - SuperColliderと OSC (Open Sound Control)
 
iTamabi 13 ARTSAT API 実践 5 - 衛星の軌道を描く
iTamabi 13 ARTSAT API 実践 5 - 衛星の軌道を描くiTamabi 13 ARTSAT API 実践 5 - 衛星の軌道を描く
iTamabi 13 ARTSAT API 実践 5 - 衛星の軌道を描く
 
メディア芸術基礎 II 第11回:HTML5実践 表現のための様々なJavaScriptライブラリ
メディア芸術基礎 II 第11回:HTML5実践 表現のための様々なJavaScriptライブラリメディア芸術基礎 II 第11回:HTML5実践 表現のための様々なJavaScriptライブラリ
メディア芸術基礎 II 第11回:HTML5実践 表現のための様々なJavaScriptライブラリ
 
芸術情報演習デザイン(Web) 第8回: CSSフレームワークを使う
芸術情報演習デザイン(Web)  第8回: CSSフレームワークを使う芸術情報演習デザイン(Web)  第8回: CSSフレームワークを使う
芸術情報演習デザイン(Web) 第8回: CSSフレームワークを使う
 
Interactive Music II SuperCollider応用 JITLib - ライブコーディング 2
Interactive Music II SuperCollider応用 JITLib - ライブコーディング 2Interactive Music II SuperCollider応用 JITLib - ライブコーディング 2
Interactive Music II SuperCollider応用 JITLib - ライブコーディング 2
 
iTamabi 13 第9回:ARTSAT API 実践 3 ジオコーディングで衛星の位置を取得
iTamabi 13 第9回:ARTSAT API 実践 3 ジオコーディングで衛星の位置を取得iTamabi 13 第9回:ARTSAT API 実践 3 ジオコーディングで衛星の位置を取得
iTamabi 13 第9回:ARTSAT API 実践 3 ジオコーディングで衛星の位置を取得
 
Tamabi media131118
Tamabi media131118Tamabi media131118
Tamabi media131118
 
Webデザイン 第10回:HTML5実践 Three.jsで3Dプログラミング
Webデザイン 第10回:HTML5実践 Three.jsで3DプログラミングWebデザイン 第10回:HTML5実践 Three.jsで3Dプログラミング
Webデザイン 第10回:HTML5実践 Three.jsで3Dプログラミング
 
Interactive Music II SuperCollider応用 JITLib - ライブコーディング 1
Interactive Music II SuperCollider応用 JITLib - ライブコーディング 1Interactive Music II SuperCollider応用 JITLib - ライブコーディング 1
Interactive Music II SuperCollider応用 JITLib - ライブコーディング 1
 
iTamabi 13 第8回:ARTSAT API 実践 2 衛星アプリを企画する
iTamabi 13 第8回:ARTSAT API 実践 2 衛星アプリを企画するiTamabi 13 第8回:ARTSAT API 実践 2 衛星アプリを企画する
iTamabi 13 第8回:ARTSAT API 実践 2 衛星アプリを企画する
 
Interactive Music II SuperCollider実習 オリジナルの楽器を作ろう!
Interactive Music II SuperCollider実習  オリジナルの楽器を作ろう!Interactive Music II SuperCollider実習  オリジナルの楽器を作ろう!
Interactive Music II SuperCollider実習 オリジナルの楽器を作ろう!
 

openFrameworks基礎 たくさんの図形を動かす 静的配列と動的配列 - 芸大グラフィックスプログラミング演習B

  • 1.
  • 3.
  • 6. ‣ #pragma once #include "ofMain.h" class testApp : public ofBaseApp{ public: void setup(); void update(); void draw(); ofVec2f pos; //位置を記録するための変数(正確にはオブジェクト) };
  • 7. ‣ #include "testApp.h" void testApp::setup(){ ofSetFrameRate(60); //更新を秒間60コマに(fps) ofBackgroundHex(0x000000); //背景色を黒に pos.x = ofGetWidth()/2; /初期位置を画面の中心に:x / pos.y = ofGetHeight()/2; //初期位置を画面の中心に:y } void testApp::update(){ pos.x += 4.0; //位置を更新:x pos.y += 3.0; //位置を更新:y //画面の端まできたら、反対方向から出現 if (pos.x > ofGetWidth()) {pos.x = 0;} if (pos.x < 0) {pos.x = ofGetWidth();} if (pos.y > ofGetHeight()) {pos.y = 0;} if (pos.y < 0) {pos.y = ofGetHeight();} } void testApp::draw(){ ofSetHexColor(0x3399ff); //描画する色を指定 ofCircle(pos.x, pos.y, 20); //更新された値を利用して円を描く }
  • 8.
  • 9.
  • 11. ‣ #pragma once #include "ofMain.h" class testApp : public ofBaseApp{ public: void setup(); void update(); void draw(); ofVec2f pos; //位置を記録するための変数(正確にはオブジェクト) ofVec2f vel; //パーティクルの速度(Velocity) };
  • 12. ‣ #include "testApp.h" void testApp::setup(){ ofSetFrameRate(60); //更新を秒間60コマに(fps) ofBackgroundHex(0x000000); //背景色を黒に //初期位置を画面の中心に pos.x = ofGetWidth()/2; pos.y = ofGetHeight()/2; //速度をランダムに決定 vel.x = ofRandom(-10, 10); vel.y = ofRandom(-10, 10); } void testApp::update(){ //位置を更新する pos += vel; //画面の端に来たら反対側へ if (pos.x > ofGetWidth()) pos.x = 0; //右 if (pos.x < 0) pos.x = ofGetWidth(); //左 if (pos.y > ofGetHeight()) pos.y = 0; //下 if (pos.y < 0) pos.y = ofGetHeight(); //上 }
  • 13. ‣ void testApp::draw(){ ofSetHexColor(0x3399ff); //描画する色を指定 ofCircle(pos.x, pos.y, 4); //更新された値を利用して円を描く }
  • 14.
  • 15.
  • 16. ‣ ‣ ‣ ‣ ( ) pos[0] pos[1] pos[2] NUM
  • 17. (pos) (vel) pos[0] vel[0] pos[1] vel[1] pos[2] vel[2]
  • 18. ‣ ‣ ofVec2f pos[100]; //位置の配列 ofVec2f vel[100]; //パーティクルの速度(Velocity) ‣ ‣ pos[0], pos[1], pos[2], pos[3] ...
  • 19. ‣ ‣ for (【初期化】;【ループの継続条件】;【カウンタ変数の更新】;) { 【くりかえし実行する処理】 } ‣ for (int i = 0; i < 100; i++) { 【くりかえし実行する処理】 }
  • 20. ‣ ‣ for (int i = 0; i < 100; i++) { //100回くりかえし //速度をランダムに決定 vel[i].x = ofRandom(-10, 10); vel[i].y = ofRandom(-10, 10); } ‣
  • 21. ‣ #pragma once #include "ofMain.h" #define NUM 100 class testApp : public ofBaseApp{ public: void setup(); void update(); void draw(); ofVec2f pos[NUM]; //位置の配列 ofVec2f vel[NUM]; //パーティクルの速度(Velocity) };
  • 22. ‣ #include "testApp.h" void testApp::setup(){ ofSetFrameRate(60); //更新を秒間60コマに(fps) ofBackgroundHex(0x000000); //背景色を黒に for (int i = 0; i < NUM; i++) { //NUM回くりかえし //初期位置を画面の中心に pos[i].x = ofGetWidth()/2; pos[i].y = ofGetHeight()/2; //速度をランダムに決定 vel[i].x = ofRandom(-10, 10); vel[i].y = ofRandom(-10, 10); } } void testApp::update(){ for (int i = 0; i < NUM; i++) { //NUM回くりかえし //位置を更新する pos[i] += vel[i]; //画面の端に来たら反対側へ if (pos[i].x > ofGetWidth()) pos[i].x = 0; //右 if (pos[i].x < 0) pos[i].x = ofGetWidth(); //左 if (pos[i].y > ofGetHeight()) pos[i].y = 0; //下 if (pos[i].y < 0) pos[i].y = ofGetHeight(); //上 } }
  • 23. ‣ void testApp::draw(){ ofSetHexColor(0x3399ff); //描画する色を指定 for (int i = 0; i < NUM; i++) { //NUM回くりかえし ofCircle(pos[i].x, pos[i].y, 4); //更新された値を利用して円を描く } }
  • 24.
  • 25.
  • 28. ‣ ‣ ‣ particles.push_back(p); ‣ particles.pop_back(); ‣ particles.clear();
  • 30. ‣ #pragma once #include "ofMain.h" class testApp : public ofBaseApp{ public: void setup(); void update(); void draw(); void mouseDragged(int x, int y, int button); void keyReleased(int key); vector<ofVec2f> pos; //位置の可変配列 vector<ofVec2f> vel; //パーティクルの速度の可変配列 };
  • 31. ‣ #include "testApp.h" void testApp::setup(){ ofSetFrameRate(60); //更新を秒間60コマに(fps) ofEnableBlendMode(OF_BLENDMODE_ADD); //色を加算合成に ofBackgroundHex(0x000000); //背景色を黒に } void testApp::update(){ for (int i = 0; i < pos.size(); i++) { //NUM回くりかえし //位置を更新する pos[i] += vel[i]; //画面の端に来たら反対側へ if (pos[i].x > ofGetWidth()) pos[i].x = 0; //右 if (pos[i].x < 0) pos[i].x = ofGetWidth(); //左 if (pos[i].y > ofGetHeight()) pos[i].y = 0; //下 if (pos[i].y < 0) pos[i].y = ofGetHeight(); //上 } }
  • 32. ‣ void testApp::draw(){ ofSetHexColor(0x3399ff); //描画する色を指定 for (int i = 0; i < pos.size(); i++) { //NUM回くりかえし ofCircle(pos[i].x, pos[i].y, 4); //更新された値を利用して円を描く } //現在の数とフレームレートを表示 string log; log = "particle num = " + ofToString(pos.size(), 0) + "n"; log += "framerate = " + ofToString(ofGetFrameRate(), 4); ofSetHexColor(0xffffff); ofDrawBitmapString(log, 20, 20); } void testApp::mouseDragged(int x, int y, int button) { ofVec2f p; //位置の変数を一時的に生成 p.set(x, y); //位置をマウスをクリックした場所に設定 pos.push_back(p); //可変配列の末尾に位置を追加 ofVec2f v; //速度の変数を一時的に生成 v.set(ofRandom(-1, 1), ofRandom(-1, 1)); //速度を設定 vel.push_back(v); //可変配列の末尾に速度を追加 }
  • 33. ‣ void testApp::keyReleased(int key) { if (key == 'c') { //「c」キーを押したら pos.clear(); //位置の配列を初期化 vel.clear(); //速度の配列を初期化 } if (key == 'f') { //「f」キーを押したら ofToggleFullscreen(); //フルスクリーンon/off } }
  • 34.
  • 35.
  • 36. ‣ ‣ ‣ ‣ ofColor col; //色のオブジェクトをインスタンス化 col.r = 31; //redを設定 col.g = 127; //greenを設定 col.b = 255; //blueを設定
  • 37. ‣ #pragma once #include "ofMain.h" class testApp : public ofBaseApp{ public: void setup(); void update(); void draw(); void mouseDragged(int x, int y, int button); void keyReleased(int key); vector<ofVec2f> pos; //位置の可変配列 vector<ofVec2f> vel; //パーティクルの速度の可変配列 vector<ofColor> col; //色の可変配列 };
  • 38. ‣ #include "testApp.h" void testApp::setup(){ ofSetFrameRate(60); //更新を秒間60コマに(fps) ofEnableBlendMode(OF_BLENDMODE_ADD); //色を加算合成に ofBackgroundHex(0x000000); //背景色を黒に } void testApp::update(){ for (int i = 0; i < pos.size(); i++) { //NUM回くりかえし //位置を更新する pos[i] += vel[i]; //画面の端に来たら反対側へ if (pos[i].x > ofGetWidth()) pos[i].x = 0; //右 if (pos[i].x < 0) pos[i].x = ofGetWidth(); //左 if (pos[i].y > ofGetHeight()) pos[i].y = 0; //下 if (pos[i].y < 0) pos[i].y = ofGetHeight(); //上 } }
  • 39. ‣ void testApp::draw(){ for (int i = 0; i < pos.size(); i++) { //NUM回くりかえし ofSetColor(col[i].r, col[i].g, col[i].b);//ランダムな色で描画 ofCircle(pos[i].x, pos[i].y, 4); //更新された値を利用して円を描く } //現在の数とフレームレートを表示 string log; log = "particle num = " + ofToString(pos.size(), 0) + "n"; log += "framerate = " + ofToString(ofGetFrameRate(), 4); ofSetHexColor(0xffffff); ofDrawBitmapString(log, 20, 20); }
  • 40. ‣ void testApp::mouseDragged(int x, int y, int button) { ofVec2f p; //位置の変数を一時的に生成 p.set(x, y); //位置をマウスをクリックした場所に設定 pos.push_back(p); //可変配列の末尾に位置を追加 ofVec2f v; //速度の変数を一時的に生成 v.set(ofRandom(-1, 1), ofRandom(-1, 1)); //速度を設定 vel.push_back(v); //可変配列の末尾に速度を追加 ofColor c; //色を一時的に生成 c.r = ofRandom(255); //red成分をランダムに c.g = ofRandom(255); //green成分をランダムに c.b = ofRandom(255); //blue成分をランダムに col.push_back(c); } void testApp::keyReleased(int key) { if (key == 'c') { //「c」キーを押したら pos.clear(); //位置の配列を初期化 vel.clear(); //速度の配列を初期化 } if (key == 'f') { //「f」キーを押したら ofToggleFullscreen(); //フルスクリーンon/off } }
  • 41.
  • 42.
  • 45. ‣ #pragma once #include "ofMain.h" class testApp : public ofBaseApp{ public: void setup(); void update(); void draw(); void mouseDragged(int x, int y, int button); void keyReleased(int key); vector<ofVec3f> pos; //位置の可変配列(3D) vector<ofVec3f> vel; //パーティクルの速度の可変配列(3D) };
  • 46. ‣ #include "testApp.h" void testApp::setup(){ ofSetFrameRate(60); //更新を秒間60コマに(fps) ofEnableBlendMode(OF_BLENDMODE_ADD); //色を加算合成に ofBackgroundHex(0x000000); //背景色を黒に } void testApp::update(){ for (int i = 0; i < pos.size(); i++) { //NUM回くりかえし //位置を更新する pos[i] += vel[i]; } } void testApp::draw(){ glEnable(GL_DEPTH_TEST); //奥行の判定をする ofSetHexColor(0x3399ff); for (int i = 0; i < pos.size(); i++) { //NUM回くりかえし ofPushMatrix(); ofTranslate(pos[i]); //位置を設定 ofCircle(0, 0, 4); //更新された値を利用して円を描く ofPopMatrix(); } glDisable(GL_DEPTH_TEST);
  • 47. //現在の数とフレームレートを表示 string log; log = "particle num = " + ofToString(pos.size(), 0) + "n"; log += "framerate = " + ofToString(ofGetFrameRate(), 4); ofSetHexColor(0xffffff); ofDrawBitmapString(log, 20, 20); } void testApp::mouseDragged(int x, int y, int button) { ofVec3f p; //位置の変数を一時的に生成 p.set(x, y); //位置をマウスをクリックした場所に設定 pos.push_back(p); //可変配列の末尾に位置を追加 ofVec3f v; //速度の変数を一時的に生成 v.set(ofRandom(-1, 1), ofRandom(-1, 1), ofRandom(-1, 1));//速度を設定 vel.push_back(v); //可変配列の末尾に速度を追加 }
  • 48. ‣ void testApp::keyReleased(int key) { if (key == 'c') { //「c」キーを押したら pos.clear(); //位置の配列を初期化 vel.clear(); //速度の配列を初期化 } if (key == 'f') { //「f」キーを押したら ofToggleFullscreen(); //フルスクリーンon/off } }
  • 49.
  • 50.