AgilePM reading circle #9 - Cost Management

434 views

Published on

0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
434
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
6
Actions
Shares
0
Downloads
9
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

AgilePM reading circle #9 - Cost Management

  1. 1. THE SOFTWARE PROJECT MANAGER’S BRIDGE TO AGILITY 読書会 #9 : Cost Management (後半) 株式会社エンラプト 関口匡稔, PMP, PMI-ACP, CSPO 会場提供: PMI日本支部様
  2. 2. News • この書籍 “The Software Project Manager’s Bridge to Agility” の新版がamazonで予約可 能に! • http://www.amazon.co.jp/dp/0321734254 • 2015年3月… まだまだ時間はあります!
  3. 3. 前回のおさらい (勝手な)ダイジェスト版
  4. 4. Waterfallの見積もり リソース 要件定義 基本設計 開発・単体 結合 UAT PM 1 1 2 2 1 Business Analyst 3 5 1 1 1 Lead Developer 2 2 2 2 2 Developer 3 5 10 5 4 QA 1 8 10 2 Migration 1 4 4 Total 8 13 22 22 13 スコープを固定して、スケジュールとリソースを見積もる
  5. 5. Agileの見積もり リソース Iteration1 Iteration2 Iteration3 Iteration4 Iteration5 Scrum Master 1 1 1 1 1 Business Analyst 3 3 3 3 3 Lead Developer 2 2 2 2 2 Developer 5 5 5 5 5 QA 4 4 4 4 4 SME 1 2 Total 15 15 16 15 17 リソースを固定して、スケジュールを見積もる
  6. 6. コストベースライン比較 0 20 40 60 80 1 2 3 4 5 Waterfall Agile 一般にWaterfallは、開発 工程以降に急激に工数が 増加する。
  7. 7. Cost Management Chapter7 Cost Budgeting
  8. 8. Cost Baseline Feature Feature Feature Feature Feature Feature Iteration1 Iteration2 Iteration3 Release Plan by Team X = Cost Baseline Team cost times Iterations …
  9. 9. Update cost baseline Team Velocity Feature FeatureFeature FeatureFeature Feature Additional Feature = Iterations Δ Δ X = Additional Cost
  10. 10. Reserve Analysis Feature Feature Feature Feature Feature Iteration1 Iteration2 Buffer … Release Buffer Iteration Feature Feature Feature Feature Feature Iteration1 Iteration2 Hardening … Release Hardening Iteration Tuning Manual Cleanup Feature Feature 追加のFeatureを見越し て、あらかじめ予備の Iterationを持っておく リリース前の諸々の作業 のためのIterationを計画 しておく
  11. 11. Waterfallの場合 リソース 要件定義 基本設計 開発・単体 結合 UAT PM 1 1 2 2 1 Business Analyst 3 5 1 1 1 Lead Developer 2 2 2 2 2 Developer 3 5 10 5 4 QA 1 8 10 2 Migration 1 4 4 Total 8 13 22 22 13 スケジュールも可変ではあるが、簡単には変えられない。
  12. 12. ワークショップ • みなさんが普段やっている見積もり方法のPros & Cons を共有しましょう!! • 3枚のPost it • 見積もり方法 • Pros(良い点) • Cons(悪い点)
  13. 13. Key Findings • 手法には再見積もりがやりづらいものもある • 見積もりと実績が食い違ったときには、見積も り根拠も修正し、再見積もりする必要がある • 実作業者が見積もるメリットは、個々の作業の リスクを考えて見積もれること • 何も決まってなければ見積もりようもない!
  14. 14. Cost Management Chapter7 Cost Control
  15. 15. –PMBOK® Guide 5th Edition “Control Costs is the process of monitoring the status of the project to update the project costs and managing changes to the cost baseline.”
  16. 16. Cost Control More Iterations More Cost Less Features Expected Team Velocity HigherLower Feature Feature Less Iterations Less Cost More Features
  17. 17. Iteration Delta Table Iteration Feature Iteration1 Feature 1 Feature 2 Feature 3 Feature 4 Feature 5 Iteration2 Feature 6 Feature 7 Feature 8 Iteration3 Feature 9 Feature 10 Iteration was Feature Iteration1 1 ✓Feature 1 1 ✓Feature 2 1 ✓Feature 3 Iteration2 1 Feature 4 3 Feature8 X Feature 6 New Feature11 Iteration3 2 Feature 7 1 Feature5 Iteration4 3 Feature 9 3 Feature 10 Estimate Actual
  18. 18. Agile EVM Iteration Traditional EVM Agile EVM Performance Measurement Baseline 総工数 リリースする予定のスト ーリーポイント合計 Schedule Baseline 総期間 Sprint数 x Sprint期間 Badget at Complete リリースまたはプロジェ クトの当初予算 リリースの当初予算 Planned Percent Complete 本来完了している見積工 数 / 総工数 現在のSprint / Sprint 総数 Actual Percent Complete 完了成果物の金額 / BAC 納めたストーリーポイン ト / PMB
  19. 19. ワークショップ • みなさんの普段のDeltaの報告方法を共有しま しょう • Post it • Deltaの報告方法(いくつか)
  20. 20. Key Findings • 従来手法はメトリクス重視、アジャイルは現物重視 • 従来手法は100%のゴールがあるが、アジャイルは軌 道修正を前提としている。報告手法の特性もこの考 え方の違いが大きい。 • オーナーがNoと言ったら進 はないので、数字上の 進 には意味がないのではないか? • 監査や第三者チェック上は無いと困る。。。
  21. 21. 参考文献 • AgileEVM • http://www.solutionsiq.com/portals/ 93486/docs/earned-value-analysis-in- scrum-projects-wp.pdf • http://www.slideshare.net/brentbarton/ earned-value-management-and-agile-tips- for-success
  22. 22. Thanks ‣ 素材: https://openclipart.org/ ‣ Keynoteテンプレート: https://github.com/ sanographix/azusa-keynote

×