Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Pras150531シェア

1,238 views

Published on

  • Be the first to comment

Pras150531シェア

  1. 1. KAWAI Takayoshi 公共コミュニケーション学会シンポジウム ウェルカムスピーチ 地域創生を超えて。 シティプロモーションの可能性 公共コミュニケーション学会会長理事 河井孝仁
  2. 2. KAWAI Takayoshi 地方消滅 2
  3. 3. KAWAI Takayoshi 地方消滅を招かないために • まち・ひと・しごと創生人口ビジョン • まち・ひと・しごと創生総合戦略 3 京丹後市 塩尻市 那須塩原市 … 各自治 体
  4. 4. KAWAI Takayoshi ところで「地域」とは何なのか 4 主権者 代理人
  5. 5. KAWAI Takayoshi ところで「地域」とは何なのか 5 言い換えるなら、地域は サービス供給者と顧客で 成り立っているわけではない
  6. 6. KAWAI Takayoshi ところで「地域」とは何なのか 6 つまり 参画する主権者によって 成り立っているもの
  7. 7. KAWAI Takayoshi ところで「地域」とは何なのか 7 地理的範囲 つまり 思いの参画による交響が 地域を形づくる
  8. 8. KAWAI Takayoshi 創生している地域とは何か 8 定住人口・訪問人口 • 地域参画総量の増加
  9. 9. KAWAI Takayoshi 創生している地域とは何か 9 • 地域参画総量の増加 市民、 NPO 、企業 の参画意欲の増加
  10. 10. KAWAI Takayoshi 創生している地域とは何か 10 • 地域参画総量の増加 行政、市 民、 NPO 、企業の 推奨や活動による交 流・定住人口の増加
  11. 11. KAWAI Takayoshi 創生している地域とは何か(参考) 11 定住人口・訪問人口 参 画 意 欲 • 地域参画総量の減少 サービスを要求するば かりの住民が増加 することは、素敵なこ とか
  12. 12. KAWAI Takayoshi 創生している地域とは何か(参考) 12 定住人口・訪問人口 参 画 意 欲 • 地域参画総量の増加 住民が増加しなけれ ば創生は不可能なのか
  13. 13. KAWAI Takayoshi 創生している地域とは何か 13 • 地域参画総量の増加 参画・関与人口 の増加 参画人口・関与人口 「住民」でなく てさえいい
  14. 14. KAWAI Takayoshi 宇都宮市ダブルプレイス • 首都圏で働きながら週末を宇都宮で過ごすなど、2 地域を拠点に生活するスタイル「ダブルプレイス」 を提唱 14
  15. 15. KAWAI Takayoshi I amsterdam • アムステルダムに住む市民の国籍は計 178 。その 市民の心の何処かに Amsterdam をフックさせる • 観光ではなく、まず市民の心を高めるためのデザイ ン、政策 15
  16. 16. KAWAI Takayoshi 笑働 OSAKA
  17. 17. KAWAI Takayoshi 笑働 OSAKA
  18. 18. KAWAI Takayoshi 笑働 OSAKA
  19. 19. KAWAI Takayoshi 創生している地域とは何か 19 • 地域参画総量の増加 市民、 NPO 、企業 の参画意欲の増加 笑働
  20. 20. KAWAI Takayoshi 市 内 市 外 尼崎版シティプロモーション推進指針 20 尼崎が好きあまらぶ あまらぶな 人 あまらぶ増加要素 あまらぶ
  21. 21. KAWAI Takayoshi シティプロモーションとは • 地域(まち)に真剣(マジ)になる 人を増やす仕組み 21 積極的 に活動 したい まあ活 動した い あまり活 動したく ない 全く活 動した くない 全体 1 19 33 28 81 1. 2 23. 5 40. 7 34. 6 100% 11 135 104 20 270 4. 1 50. 0 38. 5 7. 4 100% 11 39 13 2 65 16. 9 60. 0 20. 0 3. 1 100% 0 1~4 5~
  22. 22. KAWAI Takayoshi シティプロモーション戦略 22 シビックプライド 強化 地域への参画向上 地域のさらなる魅 力向上 市民による推奨 市外からの認知度 ・イメージ向上 地域魅力の創造 発信強化
  23. 23. KAWAI Takayoshi シティプロモーションの進め方 23
  24. 24. KAWAI Takayoshi 24 差別的優位性実現のための 地域魅力創造サイクル 共創 エンジン 研磨 共有 編集 発散
  25. 25. KAWAI Takayoshi 25 共創エンジン(東広島市シティプロモーション戦略プラン)
  26. 26. KAWAI Takayoshi ステージ 1  発散 • 意欲ある市民の参画(共創エンジン)による魅力発 見・異化 • 50 , 100 という過剰な発散 • 課題からではなく 魅力からの意見交換 26
  27. 27. KAWAI Takayoshi ステージ 2  共有 • 個人的に提示された魅力を、多方向な視野を持った 市民の集まりとして(共創エンジン)可能なかぎり 実際に体験。 • オープンストリートマップ – 地理情報データを誰でも 利用できることを目的と したプロジェクト。 誰でも自由に参加、編集、 利用可能 27
  28. 28. KAWAI Takayoshi ステージ 3  編集 • 編集:要素を組み合わせることで、個別要素の和を 超える魅力を作り上げる作業 • 「語れる」まち にする • 発散→共有ステージにより確認した大量の個別魅力 を基礎に、複数の「物語」としての魅力群を設定。 →我々はどのように「特別なまち」「世界一のまち 」になる可能性があるのか(物語を重ねる)   28 ブランドメッセージ
  29. 29. KAWAI Takayoshi ステージ 3  編集 • 伴走していたプロフェッショナルによるブランドメ ッセージ案の提示 • 市民の参画 ( 共創エンジン ) による選択に向けた議 論 – プロフェッショナルによるブランドメッセージ 案を基礎とした、多様なグループが行う「ワイ ガヤ」の促進 – 「だったら○○ができる」という触発装置にもな る → 当事者化 29
  30. 30. KAWAI Takayoshi ステージ 3 編集(ブランドメッセージ構築) • 浜松:製造業発達+家康の出世城+初子祝いの凧揚 げ祭 →「出世の街 浜松」 • 宇都宮:充実した生活環境+楽しい日常+特徴ある 食  →「住めば愉快だ宇都宮」 30 どのようなまちを創る 市民に 定住してほしいのか
  31. 31. KAWAI Takayoshi ステージ 4  研磨 31 魅 力 増 進 サ イ ド 発散ステージで提示 された魅力、その後 に発見された魅力を ブランドメッセージ に沿って、さらに磨 き上げる 自転車で通行しやすい  → 専用道の検討 ブランドメッセージ を実現するために 克服すべき課題を解 決する 課 題 解 決 サ イ ド自転車の放置 → 駐輪場設置 個々の魅力をブランドメッセージに沿って磨き 上げる、個々の課題をブランドメッセージに 沿って解決する作業
  32. 32. KAWAI Takayoshi ブランドメッセージをハブにする • 出世の街 浜松 32 家康「しかみ像」 武田に惨敗後の姿 浜松市博物館
  33. 33. KAWAI Takayoshi 共創エンジン •使いやすいツールを用意することで市 民・民間が工夫しやすい仕組み 知的財産としての扱いに留意 •市民が「まちを推奨したい」という気 持ちの向上を図る仕組み 再び ステージ 1 発散へ 3333 後に述べるメディア活用戦略モデルも参考に
  34. 34. KAWAI Takayoshi 愉快市民証 • 宇都宮が好きで、宇都宮を愉快にしていきたいとい う想いを持つ方を認定、愉快市民証発行 • 宇都宮を盛り上げたい!と考えている人 • 宇都宮に住んでいなくても OK • 宇都宮の愉快(良さ・楽しさ)を発見し、楽しみ、 そして周りに伝えることがミッション • 1700 人( 2011 )  → 3000 人以上( 2013 ) 34
  35. 35. KAWAI Takayoshi 35 差別的優位性実現のための 地域魅力創造サイクル 共創 エンジン 研磨 共有 編集 発散
  36. 36. KAWAI Takayoshi シティプロモーションの進め方 36
  37. 37. KAWAI Takayoshi 行動促進認知獲得 A 着地点整備 L A メディア活用戦略モデル 37 傾聴しつつ、①魅力を認知させ、②魅力を「自分事」化させ、 ③魅力を探索させ、 ④着地する的確な場所を整備し、 ⑤魅力を活用させ、 ⑥各時点で情報を発信させる 情報共有 支援 S L 傾聴 探索誘導 S 関心惹起 I 情報共有 支援 S 情報共有 支援 S 情報共有 支援 S 情報共有 支援 S 地域経営のステークホルダーの行動変容を促すメディア活用 37
  38. 38. KAWAI Takayoshi 行動促進認知獲得 A 着地点整備 L A メディア活用戦略モデル 38 傾聴しつつ、①魅力を認知させ、②魅力を「自分事」化させ、 ③魅力を探索させ、 ④着地する的確な場所を整備し、 ⑤魅力を活用させ、 ⑥各時点で情報を発信させる 情報共有 支援 S L 傾聴 探索誘導 S 関心惹起 I 情報共有 支援 S 情報共有 支援 S 情報共有 支援 S 情報共有 支援 S 地域経営のステークホルダーの行動変容を促すメディア活用 38
  39. 39. KAWAI Takayoshi 傾聴 39 周囲を見まわす ベース分析( Battle Field ) – 我々はどこにいるのか 経過分析( small PDCA ) – 我々はどう動いているのか ?!
  40. 40. KAWAI Takayoshi 認知獲得 熱量を上げる 40 「誘発ポイント」 1. 差別的優位性(「○○初」) 2. トレンドとギャップ 3. 物語 (人物・日常と非日常の連鎖) 4. データ(数字)
  41. 41. KAWAI Takayoshi 恋をしたら流山市に「恋届」を提出しよう 41
  42. 42. KAWAI Takayoshi 関心惹起 自分事にさせる 1.ターゲットの束と言う発想 2.共感形成 伝わるのではない、刺さる活動を 42
  43. 43. KAWAI Takayoshi 父になるなら流山市 4343
  44. 44. KAWAI Takayoshi 迷子にさせない 探索誘導 44
  45. 45. KAWAI Takayoshi 着地点整備 信頼の場で理解させる 1.行政が提供する場 共感の場で納得させる 2.ソーシャルが提供する場 45 参画行動へ
  46. 46. KAWAI Takayoshi 流山市シティ PR サイト 46
  47. 47. KAWAI Takayoshi そのママ夜会 47
  48. 48. KAWAI Takayoshi 行動促進 48 やる気にさせる  ゲーミフィケーション 課題解決にゲーム的な要素である 1. 参加を容易に 2. 協力・競争を組み込み 3. 達成感、心理的報酬を設定する ことで、やる気にさせる  共感 人への共感により、リピートさせる
  49. 49. KAWAI Takayoshi 未来自治体 若年層の地域参画を目標 1.キット・メンターによる容易な参加 2.学生グループによる応募、進捗の相互見える化 3.公開での表彰 49
  50. 50. KAWAI Takayoshi 長崎通さるく • 地元ガイドへの共感形成 – 案内するのは、このまちを知り尽くした名人ガ イドのみなさん – 大好きな長崎をたっぷり楽しんでほしい!あそ こにも、ここにも連れていきたい!そんな思い で技を磨いてお待ちしてまーす。 50
  51. 51. KAWAI Takayoshi 情報共有促進 言いたくなる気持ちを 起こさせる 51
  52. 52. KAWAI Takayoshi 流山市イベントプリクラ • 流山市 – イベントにあわせてプリクラを設置 52
  53. 53. KAWAI Takayoshi 戦略的発想の必要性(ロジックモデル) 目的の明確化 どうなれば成功なのか 各段階で 手段の明確化 どうすれば・どうなれば 1段階アップするのか 53
  54. 54. KAWAI Takayoshi 川崎市シティプロモーション戦略プラン 54 10~0 までを選択  10,9,8 を推奨者 A 、 6(5) 以下を批 判者 B   A-B= ネットプロ モートスコア
  55. 55. KAWAI Takayoshi 伊勢原市シティプロモーション戦略体系を基礎に 55 将来都市像 しあわせ創造都市 「いせはら」が多くの人から選ばれ、まちが賑わい 地域の活力が高まっている  NPS   +20 ポイント 県内知名度 ランキング 16 位⇒ 10 位以内 キャラ twitter フォロワー 1700 5000⇒ シティセールスサポーター なし⇒ 30 人 サポセン 利用団体 114 230⇒ 件 観光客総数 170 190⇒ 万人 文化財サイト アクセス数 8000 10000⇒ 伊勢原を上手に発信 伊勢原びとを育てる 歴史・観光で呼込む シティプロモーシ ョンブックの作成 5 月完成 … 大山学び塾の開催 年 8 回実施 … 伊勢原堪能ツアー の開催 月 1 回実施 … … … … …
  56. 56. KAWAI Takayoshi 市民・ NPO の役割 56 • 東海市総合計画施策 ( まちづくり ) 達成度報告書 – 成果指標の役割分担値 という発想
  57. 57. KAWAI Takayoshi 協働を成長の糧にする SECI モデル(野中郁次郎)から 5757 現場で共感 しあう 共感した知恵 や思いを、文 字や言葉、図 にする 文字や言葉や 図を連携させ る 連携させた知 恵を自分の中 に落とす
  58. 58. KAWAI Takayoshi ご清聴ありがとうございました 河井孝仁 tk.kawai@nifty.com @ tacohtk https://www.facebook.com/tk.kawai http://www28.atwiki.jp/tacohtk/     58

×