Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Kawai citypromotion

4,632 views

Published on

シティプロモーションの新たな展開

Published in: Marketing
  • Hello! Get Your Professional Job-Winning Resume Here - Check our website! https://vk.cc/818RFv
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here
  • Nice !! Download 100 % Free Ebooks, PPts, Study Notes, Novels, etc @ https://www.ThesisScientist.com
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here

Kawai citypromotion

  1. 1. KAWAI Takayoshi シティプロモーションの新たな展開 東海大学文学部広報メディア学科 河井孝仁
  2. 2. 2 KAWAI Takayoshi
  3. 3. KAWAI Takayoshi シティプロモーションの背景 3
  4. 4. KAWAI Takayoshi シティプロモーションの背景 4 少子高齢化 少子超高齢社会
  5. 5. KAWAI Takayoshi シティプロモーションの背景 5 消滅可能性都市の 都道府県別割合
  6. 6. KAWAI Takayoshi シティプロモーションの背景 6 消滅可能性都市の 都道府県別割合 「担い手」激減 地方消滅
  7. 7. KAWAI Takayoshi 定住人口 地方創生 人口が増えればいいという 一次元発想 で、どうするか 7
  8. 8. KAWAI Takayoshi 「担い手」って誰だ 8 税金「取られる」 の嫌だな 選挙とかどう でもいいし 役所がなんと かしろよ 住んでるだけ だから 子育て 「支援」 足りない 隣から祭とか 誘われるの、 うざい
  9. 9. KAWAI Takayoshi ところで「地域」とは何なのか 9
  10. 10. KAWAI Takayoshi ところで「地域」とは何なのか 10 言い換えるなら、地域は サービス供給者と顧客で 成り立っているわけではない
  11. 11. KAWAI Takayoshi ところで「地域」とは何なのか 11 つまり 参画する主権者によって 成り立っているもの
  12. 12. KAWAI Takayoshi ・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・ むしろ、こっちじゃないのか 12
  13. 13. KAWAI Takayoshi ・・・・・・・・・・・・・ 「参画意欲」軸を加えた 二次元発想 ・・・・・・・・・・・・・ むしろ、こっちじゃないのか 13
  14. 14. KAWAI Takayoshi ・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・ 人口が増加しなければ 地域持続は不可能なのか 「担い手」って誰だ 14
  15. 15. KAWAI Takayoshi 宇都宮市ダブルプレイス • 首都圏で働きながら週末を宇都宮で過ごすなど、2 地域を拠点に生活するスタイル「ダブルプレイス」 を提唱 15
  16. 16. KAWAI Takayoshi ・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・ 関与人口 観光だけには止まら ない、支援・推奨意 欲を持つ域外住民の 増加 域外住民 「担い手」って誰だ 16
  17. 17. KAWAI Takayoshi 笑働OSAKA 17 参加することも笑働 伝えることも笑働 感謝を表すことも笑働
  18. 18. KAWAI Takayoshi ・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・域外住民 ・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・ ロングテールを 大事にする 「担い手」って誰だ 18
  19. 19. KAWAI Takayoshi ・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・域外住民 ・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・ 感謝 「担い手」って誰だ 19
  20. 20. KAWAI Takayoshi 感謝 地域参画総量 地域推奨量+地域参加量+地域活動感謝量 20
  21. 21. KAWAI Takayoshi 感謝 地域参画総量 地域推奨量+地域参加量+地域活動感謝量 21 地域(まち)に 真剣(マジ)になる人 を増やす
  22. 22. KAWAI Takayoshi 感謝 地域参画総量 地域推奨量+地域参加量+地域活動感謝量 22 熱を持った しなやかな 地域の土台を作る
  23. 23. KAWAI Takayoshi どうしたら、できるのかな 23
  24. 24. KAWAI Takayoshi どうしたら、できるのかな 24 地域の魅力を 挙げられる人が まちのために働きたい
  25. 25. KAWAI Takayoshi • まちに住む人は、まちのために存在するのか • 人は自分が幸せになるために、まちに住んでいるん じゃないのか ところで、視点を変えてみる 25
  26. 26. KAWAI Takayoshi あらためて「幸せ」ってなんだ 26 マズローです。 欲求5段階説です
  27. 27. KAWAI Takayoshi 「自分には意味がある」をつくる 27
  28. 28. KAWAI Takayoshi 「自分には意味がある」をつくる 28 地域の魅力を 語れる人が 「自分は意味がある」
  29. 29. KAWAI Takayoshi シティプロモーション 29 シビックプライド 強化 地域への参画向上 地域のさらなる魅 力向上 市民による推奨 市外からの認知度 ・イメージ向上 地域魅力の創造 発信強化 自分に は意味 がある
  30. 30. KAWAI Takayoshi 熱を持ったしなやかな土台 地域参画総量増加 地域参画総量変化 地域参画総量変化 地域参画総量変化 担当施策 他部局施策 地域取り組み 他部局・地域による定住促進・交流拡大・産業振興・福祉充実施策 その他の基盤造成 地域に関わる人々の持続的な幸せ 地域参画総量増加のロジックモデル 活用 活用 30
  31. 31. KAWAI Takayoshi 熱を持ったしなやかな土台 地域参画総量増加 地域参画総量変化 地域参画総量変化 地域参画総量変化 担当施策 他部局施策 地域取り組み 他部局・地域による定住促進・交流拡大・産業振興・福祉充実施策 その他の基盤造成 地域に関わる人々の持続的な幸せ 地域参画総量増加のロジックモデル 活用 活用 地域の「稼ぐ力」の実現 31
  32. 32. KAWAI Takayoshi 1. 地域魅力創造サイクルの実現 – ブランド提起(発散・共有・編集) • 地域外ターゲットの確定 – ブランド浸透・確認 2. 的確な支援による地域参画総量増加 – 地域内支援 – 行政支援 3. 推進体制 4. 評価手法 熱を持ったしなやかな土台を造るために 32
  33. 33. KAWAI Takayoshi • 「ブランド」ってなんだ ブランド 33
  34. 34. KAWAI Takayoshi • まちの「空気」「雰囲気」を、ことばにする • 誰にとって「しっくりくる」まちなのかを、ことば にする • どんな人が共感できるまちなのかを、ことばにする 地域にとってのブランド 34
  35. 35. KAWAI Takayoshi 地域にとってのブランド 35 • 特別なものでなくていい • 他と全く違うものでなく てもいい • どこが濃度が高いのかを 考える
  36. 36. KAWAI Takayoshi 1. 地域魅力創造サイクルの実現 – ブランド提起(発散・共有・編集) • 地域外ターゲットの確定 – ブランド浸透・確認 2. 的確な支援による地域参画総量増加 – 地域内支援 – 行政支援 3. 推進体制 4. 評価手法 熱を持ったしなやかな土台を造るために 36
  37. 37. KAWAI Takayoshi 浸透 共有 編集 発散 評価 共創 エンジン 地域魅力創造サイクル ブランド形成 37
  38. 38. KAWAI Takayoshi 浸透 共有 編集 発散 評価 地域参画 総量の増加 地域魅力創造サイクル ブランド形成 38
  39. 39. KAWAI Takayoshi 浸透 共有 編集 発散 評価 しなやかな 土台の造成 地域魅力創造サイクル ブランド形成 39
  40. 40. KAWAI Takayoshi ステージ 1 発散 • 意欲ある市民の参画(共創エンジン)による魅力発 見・異化 • 50,100という過剰な発散 • もの・ところ・こと・ひと しごと・かこ・みらいの7種 • 課題からではなく 魅力からの意見交換 40
  41. 41. KAWAI Takayoshi ステージ 2 共有 • 個人的に提示された魅力を、多方向な視野を持った 市民の集まりとして(共創エンジン)可能なかぎり 実際に体験。 • 地域Deepキャラバン – 市民によるツアーの提案・評価 – 重ならなかった魅力を共有する – 友達の友達的な拡散 – ソーシャルメディアを利用した情報発信 – 何回にも分けても。長短いろいろ。 41
  42. 42. KAWAI Takayoshi ステージ 3 編集 • 発散・共有した魅力を基礎に、どのような人が幸せ になれるまちなのかを、市民とともに(共創エンジ ン)、明らかにする作業 • ペルソナ・物語の活用 42
  43. 43. KAWAI Takayoshi ステージ 3 編集 • まちの魅力を基礎として生まれる「物語」を組み合 わせることで、まちの「空気」「雰囲気」を示す。 • 伴走していたプロフェッショナルによるブランドメ ッセージ案の提示 =「語れる」まち を創る作業 43
  44. 44. KAWAI Takayoshi ステージ 3 編集 • 市民の参画(共創エンジン)による選択に向けた議論 – プロフェッショナルによるブランドメッセージ 案を基礎とした、多様なグループが行う「ワイ ガヤ」の促進 44
  45. 45. KAWAI Takayoshi • まちの「空気」「雰囲気」を、ことばにする • どんな未来を作ろうとするのかを、ことばにする • どのようなまちとして「世界一」に なろうとするのかを、ことばにする • 誰にとって「しっくりくる」 まちなのかを、ことばにする • どんな人が共感できる まちなのかを、ことば にする ブランドメッセージ 45
  46. 46. KAWAI Takayoshi 「立ち向かうユウキ」 「乗り越える強いココロ」 「きり拓くチカラ」 僕らは、先人からフロンテ ィア-DNAを受け継いで いる。 だからこそ、新しい世界に 挑み、チャレンジする人を 応援できるのである。 ブランドメッセージ 46 サブメッセージ 一方踏み出す人を応援 するまち ボディコピー
  47. 47. KAWAI Takayoshi • 世界中のどこよりも、あな たにいちばん愛されるまち でありたい。 • 世界中の誰よりも、このま ちで暮らすあなたと未来を 歩みたい。 • いつまでも誇れる北上のた めに、もっとふるさとに溶 け込もう、飛び込もう。 • 一人ひとりの北上愛が、自 慢のまちをつくる力になる から。 ブランドメッセージ 47 ボディコピー サブメッセージ やっぱり、北上だよね。
  48. 48. KAWAI Takayoshi • ブランドブックの作成 ブランドメッセージの磨き上げ 48
  49. 49. KAWAI Takayoshi • ブランドWebサイトの制作 ブランドメッセージの磨き上げ 49
  50. 50. KAWAI Takayoshi 1. 地域魅力創造サイクルの実現 – ブランド提起(発散・共有・編集) • 地域外ターゲットの確定 – ブランド浸透・確認 2. 的確な支援による地域参画総量増加 – 地域内支援 – 行政支援 3. 推進体制 4. 評価手法 熱を持ったしなやかな土台を造るために 50
  51. 51. KAWAI Takayoshi 地域外ターゲットの確定 51 このまちに 共感可能性のある 人をターゲットに 「どのような人が 幸せになれるまち なのか」を基礎に ブランド メッセージ このまちが 発展可能性のある 人をターゲットに 「どのような人が 資源になれるまち なのか」を基礎に 希望を持ち、一歩踏み 出そうとする人 30歳代で 子どもがいる人
  52. 52. KAWAI Takayoshi 地域外ターゲットの確定 52 このまちに 共感可能性のある 人をターゲットに 「どのような人が 幸せになれるまち なのか」を基礎に ブランド メッセージ このまちが 発展可能性のある 人をターゲットに 「どのような人が 資源になれるまち なのか」を基礎に 希望を持ち、一歩踏み 出そうとする人 30歳代で 子どもがいる人 顧客参画者
  53. 53. KAWAI Takayoshi 1. 地域魅力創造サイクルの実現 – ブランド提起(発散・共有・編集) • 地域外ターゲットの確定 – ブランド浸透・確認 2. 的確な支援による地域参画総量増加 – 地域内支援 – 行政支援 3. 推進体制 4. 評価手法 熱を持ったしなやかな土台を造るために 53
  54. 54. KAWAI Takayoshi 浸透 共有 編集 発散 評価 共創 エンジン 地域魅力創造サイクルによるブランド浸透 ブランド形成 54
  55. 55. KAWAI Takayoshi ブランド浸透のためのメディア活用 55 メディア活用戦略モデル 行動促進認知獲得 着地点整備 情報共有 支援 傾聴 探索誘導関心惹起 情報共有 支援 情報共有 支援 情報共有 支援 信頼 確保 共感 形成 傾聴しつつ、ブランドを認知させ、ブランドに関心を惹き、 詳しい魅力を探索させ、詳しい情報を提供する場所を整え、 地域への推奨・参加・感謝を促し、各時点で情報発信させる
  56. 56. KAWAI Takayoshi フェイズ 1 傾聴 56 地域経営のステークホルダーの行動変容を促すメディア活用 56 傾聴しつつ、ブランドを認知させ、ブランドに関心を惹き、 詳しい魅力を探索させ、詳しい情報を提供する場所を整え、 地域への推奨・参加・感謝を促し、各時点で情報発信させる 行動促進認知獲得 着地点整備 情報共有 支援 傾聴 探索誘導関心惹起 情報共有 支援 情報共有 支援 情報共有 支援 信頼 確保 共感 形成
  57. 57. KAWAI Takayoshi ブランド浸透の前提としての傾聴 周囲を見まわす マーケティングリサーチ 「前の傾聴」 – ブランド浸透の現状を確認 – ターゲットごとに必要なメディアの状況・コン テンツの確認 – アンケート・グループインタビュー・既存資料 「途中の傾聴」 – 各フェイズの進展状況を確認 – 各フェイズのPDCAのために 57
  58. 58. KAWAI Takayoshi フェイズ 2 認知獲得 58 地域経営のステークホルダーの行動変容を促すメディア活用 58 行動促進認知獲得 着地点整備 情報共有 支援 傾聴 探索誘導関心惹起 情報共有 支援 情報共有 支援 情報共有 支援 信頼 確保 共感 形成 傾聴しつつ、ブランドを認知させ、ブランドに関心を惹き、 詳しい魅力を探索させ、詳しい情報を提供する場所を整え、 地域への推奨・参加・感謝を促し、各時点で情報発信させる
  59. 59. KAWAI Takayoshi ブランドの認知獲得 可視化する 熱量を上げる 59 「誘発ポイント」 1. ドミナント:差別的優位性 2. トレンド :動向・傾向への連携 3. ギャップ :意図的逸脱
  60. 60. KAWAI Takayoshi ブランドの認知獲得 60
  61. 61. KAWAI Takayoshi ブランドの認知獲得 可視化する • 多彩な視点を持つ主権者の納得を得る • ダイバシティへの配慮 熱量を上げる 61 「誘発ポイント」 1. ドミナント:差別的優位性 2. トレンド :動向・傾向への連携 3. ギャップ :意図的逸脱
  62. 62. KAWAI Takayoshi • 行政は強制的に徴収する税による運営を行っている • 認知獲得フェイズは熱量を上げさえすればいいわけ ではない • 市民の納得が得られるのか • ブランドを毀損しないのか ダイバシティへの配慮 62 鹿児島県志布志市 宮城県
  63. 63. KAWAI Takayoshi クックパッドとの連携によるトレンド活用 63 鹿児島県 長島町 ニュース リリース
  64. 64. KAWAI Takayoshi 鯖江市役所JK課のドミナントとギャップ • 福井県鯖江市が「鯖江市役所JK課」スタート、女 子高校生が新しいまちづくり 64 ニュース リリース
  65. 65. KAWAI Takayoshi • 動画がソーシャルメディアでの自動再生などによ り、シェアしやすくなっている • 動画は3つの誘発ポイント+「人」による認知深 化をしこみやすい 自治体動画 65 • 【自治体史上最多 !3058人が出演】 • 踊ってみた動画で 人気のまなこさん が出演。 • 踊ってみた動画も 募集中です!
  66. 66. KAWAI Takayoshi フェイズ 3 関心惹起 66 地域経営のステークホルダーの行動変容を促すメディア活用 66 行動促進認知獲得 着地点整備 情報共有 支援 傾聴 探索誘導関心惹起 情報共有 支援 情報共有 支援 情報共有 支援 情報共有 支援 信頼 確保 共感 形成 傾聴しつつ、ブランドを認知させ、ブランドに関心を惹き、 詳しい魅力を探索させ、詳しい情報を提供する場所を整え、 地域への推奨・参加・感謝を促し、各時点で情報発信させる
  67. 67. KAWAI Takayoshi ブランドへの関心惹起 自分事にさせる ターゲティング 参考:「市民」ではなく 「ターゲットの束」と言う発想 伝わるのではない、刺さる活動を 67
  68. 68. KAWAI Takayoshi • 生駒市PRシネアド「住みよさ まんてん いこま」 ブランドへの関心惹起 68 大阪から生駒に引っ越してきて
  69. 69. KAWAI Takayoshi 父になるなら流山市 6969
  70. 70. KAWAI Takayoshi 千葉県酒々井町 • 町は「若者が定着する町」を目指す。 • 2012年。企画~執筆を行う編集委員を18歳以上 35歳未満の 条件で募集 • 学生や会社員など6人応募 • 年2回の発行 70
  71. 71. KAWAI Takayoshi フェイズ 4 探索誘導 71 地域経営のステークホルダーの行動変容を促すメディア活用 71 行動促進認知獲得 着地点整備 情報共有 支援 傾聴 探索誘導関心惹起 情報共有 支援 情報共有 支援 情報共有 支援 信頼 確保 共感 形成 傾聴しつつ、ブランドを認知させ、ブランドに関心を惹き、 詳しい魅力を探索させ、詳しい情報を提供する場所を整え、 地域への推奨・参加・感謝を促し、各時点で情報発信させる
  72. 72. KAWAI Takayoshi 探索誘導 迷子にさせない 72
  73. 73. KAWAI Takayoshi フェイズ 5 着地点整備 73 地域経営のステークホルダーの行動変容を促すメディア活用 73 行動促進認知獲得 着地点整備 情報共有 支援 傾聴 探索誘導関心惹起 情報共有 支援 情報共有 支援 情報共有 支援 信頼 確保 共感 形成 傾聴しつつ、ブランドを認知させ、ブランドに関心を惹き、 詳しい魅力を探索させ、詳しい情報を提供する場所を整え、 地域への推奨・参加・感謝を促し、各時点で情報発信させる
  74. 74. KAWAI Takayoshi ブランドを信頼・共感させる着地点整備 信頼の場で理解させる 1.行政が提供する場 共感の場で納得させる 2.ソーシャルが提供する場 74 行動を準備させる
  75. 75. KAWAI Takayoshi ブランドを信頼させる着地点整備 信頼の場で理解させる 1.行政が提供する場 75
  76. 76. KAWAI Takayoshi 流山市シティPRサイト 76 共感の場 にも
  77. 77. KAWAI Takayoshi 生駒で子育て(公式PRサイト) 77 共感の場 にも
  78. 78. KAWAI Takayoshi ブランドに共感させる着地点整備 共感の場で納得させる 2.ソーシャルが提供する場 78
  79. 79. KAWAI Takayoshi そのママ夜会 79 活用可能性
  80. 80. KAWAI Takayoshi 生駒市公式Facebook「まんてん いこま」 80
  81. 81. KAWAI Takayoshi 那須塩原市ブランドブック 81
  82. 82. KAWAI Takayoshi 尼崎市[尼の民」 82
  83. 83. KAWAI Takayoshi フェイズ 6 行動促進 83 地域経営のステークホルダーの行動変容を促すメディア活用 83 行動促進認知獲得 着地点整備 情報共有 支援 傾聴 探索誘導関心惹起 情報共有 支援 情報共有 支援 情報共有 支援 信頼 確保 共感 形成 傾聴しつつ、ブランドを認知させ、ブランドに関心を惹き、 詳しい魅力を探索させ、詳しい情報を提供する場所を整え、 地域への推奨・参加・感謝を促し、各時点で情報発信させる
  84. 84. KAWAI Takayoshi やる気にさせる ブランド浸透のための行動促進 インセンティブ設計 • ターゲットにとって「美味しいこと」は何か • 必ずしも、モノ・カネだけではない 84
  85. 85. KAWAI Takayoshi • 無料のツアー • 自然菜食カフェでの食事 • 先輩ママとの交流 • あべのハルカスチケット ブランド浸透のための行動促進 85
  86. 86. KAWAI Takayoshi • 教えてください あなたの「やっぱり北 上だよね!」 • 大賞10万円 ブランド浸透のための行動促進 86
  87. 87. KAWAI Takayoshi フェイズ 7 情報共有支援 87 地域経営のステークホルダーの行動変容を促すメディア活用 87 行動促進認知獲得 着地点整備 情報共有 支援 傾聴 探索誘導関心惹起 情報共有 支援 情報共有 支援 情報共有 支援 信頼 確保 共感 形成 傾聴しつつ、ブランドを認知させ、ブランドに関心を惹き、 詳しい魅力を探索させ、詳しい情報を提供する場所を整え、 地域への推奨・参加・感謝を促し、各時点で情報発信させる
  88. 88. KAWAI Takayoshi ブランド浸透のための情報共有促進 伝えたくなる気持ちを 起こさせる 認知獲得フェイズ:3つの誘発ポイント 関心惹起フェイズ以降:しかけの設定(デザイン) 88 ソーシャル ボタン
  89. 89. KAWAI Takayoshi フェイズ 7 情報共有支援 89 地域経営のステークホルダーの行動変容を促すメディア活用 89 傾聴しつつ、魅力を認知させ、魅力を「自分事」化させ、 着地点を探索させ、着地する的確な場所を整備し、 推奨・参加・感謝を促し、各時点で情報発信させる 行動促進認知獲得 着地点整備 情報共有 支援 傾聴 探索誘導関心惹起 情報共有 支援 情報共有 支援 情報共有 支援 信頼 確保 共感 形成
  90. 90. KAWAI Takayoshi 流山市イベントプリクラ • 流山市 – イベントにあわせてプリクラを設置 90
  91. 91. KAWAI Takayoshi 久喜市PRビデオ 91 踊ってみた動画 も募集中です!
  92. 92. KAWAI Takayoshi 主体 強み 弱み 行 政 現在 W 将来 T 他主体 現在 将来 ①自己 弱み 確認 ブランド浸透を実現する協働 ① 各フェイズを実現するための、行政(私たち)の 弱み確認 92
  93. 93. KAWAI Takayoshi 主体 強み 弱み 行 政 現在 W 将来 T 他主体 現在 s 将来 o ①自己 弱み 確認 ②相手 探索 ブランド浸透を実現する協働 ② 確認できた行政(私たち)の弱みを補完できる協 働相手(候補)を探索 93
  94. 94. KAWAI Takayoshi 主体 強み 弱み 行 政 現在 W 将来 T 他主体 現在 s w 将来 o t ①自己 弱み 確認 ②相手 探索 ③相手 弱み 確認 ブランド浸透を実現する協働 ③ 各フェイズを実現するための協働相手(候補)の 弱み確認 – 協働相手(候補)に弱みがない場合 94
  95. 95. KAWAI Takayoshi 主体 強み 弱み 行 政 現在 S W 将来 O T 他主体 現在 s w 将来 o t ①自己 弱み 確認 ②相手 探索 ③相手 弱み 確認 ④相手 補完 ブランド浸透を実現する協働 ④ 協働相手(候補)の弱みを補完できる行政(私た ち)の強み確認 – インセンティブ設計 95
  96. 96. KAWAI Takayoshi ブランド浸透を実現する協働 • 「行政は、このフェイズで、何ができないのか」か ら考える 9696 広報しまだ7月号 • 大阪市民にアプローチ できるメディア • 差別化した住宅団地の 紹介 • バスツアーのノウハウ
  97. 97. KAWAI Takayoshi • 協働相手は何が弱みなのか ブランド浸透を実現する協働 97 • 営利目的で案内されて 信頼できるの? 信頼 副市長が ガイド
  98. 98. KAWAI Takayoshi 生駒市公式Facebook「まんてん いこま」 98 地域参画 総量の増加
  99. 99. KAWAI Takayoshi 1. 地域魅力創造サイクルの実現 – ブランド提起(発散・共有・編集) • 地域外ターゲットの確定 – ブランド浸透・確認 2. 的確な支援による地域参画総量増加 – 地域内支援 – 行政支援 3. 推進体制 4. 評価手法 熱を持ったしなやかな土台を造るために 99
  100. 100. KAWAI Takayoshi フェイズ 1 傾聴 100 地域経営のステークホルダーの行動変容を促すメディア活用 100 行動促進認知獲得 着地点整備 情報共有 支援 傾聴 探索誘導関心惹起 情報共有 支援 情報共有 支援 情報共有 支援 信頼 確保 共感 形成 傾聴しつつ、ブランドを認知させ、ブランドに関心を惹き、 詳しい魅力を探索させ、詳しい情報を提供する場所を整え、 地域への推奨・参加・感謝を促し、各時点で情報発信させる
  101. 101. KAWAI Takayoshi 周囲を見まわす 「前の傾聴」 – メディア活用に取り組む前の現状を確認 – 市民(トップ、財政担当)に 事業の必要性を説明できる資料収集 – アンケート・グループインタビュー・既存資料 「途中の傾聴」 – 各フェイズの進展状況を確認 – 各フェイズのPDCAのために ブランド浸透の確認としての傾聴 101
  102. 102. KAWAI Takayoshi 1. 地域魅力創造サイクルの実現 – ブランド提起(発散・共有・編集) • 地域外ターゲットの確定 – ブランド浸透・確認 2. 的確な支援による地域参画総量増加 – 地域内支援 – 行政支援 3. 推進体制 4. 評価手法 熱を持ったしなやかな土台を造るために 102
  103. 103. KAWAI Takayoshi • 地域内支援 – 対象事業の認定 • 参加者・関係者の 地域参画総量の増加が条件 – 広報支援の方法 – 財政支援の条件と方法 – メディア構築・活用 地域参画総量増加につながる事業への支援 103 支援であるこ とに留意
  104. 104. KAWAI Takayoshi • 生駒市「おもいをかわす婚姻届」 • メッセージを書く便箋つき=3年後に二人に郵送 地域参画総量増加につながる事業への支援 104
  105. 105. KAWAI Takayoshi • 生駒市「おもいをかわす婚姻届」 • メッセージを書く便箋つき=3年後に二人に郵送 地域参画総量増加につながる事業への支援 105 支援であるこ とに留意 地域参画総量 が増加したか を常に確認 トップによる 評価の重要性
  106. 106. KAWAI Takayoshi 1. 地域魅力創造サイクルの実現 – ブランド提起(発散・共有・編集) • 地域外ターゲットの確定 – ブランド浸透・確認 2. 的確な支援による地域参画総量増加 – 地域内支援 – 行政支援 3. 推進体制 4. 評価手法 熱を持ったしなやかな土台を造るために 106
  107. 107. KAWAI Takayoshi 推進体制 107 small Do
  108. 108. KAWAI Takayoshi 1. 地域魅力創造サイクルの実現 – ブランド提起(発散・共有・編集) • 地域外ターゲットの確定 – ブランド浸透・確認 2. 的確な支援による地域参画総量増加 – 地域内支援 – 行政支援 3. 推進体制 4. 評価手法 熱を持ったしなやかな土台を造るために 108
  109. 109. KAWAI Takayoshi 浸透 共有 編集 発散 評価 共創 エンジン 地域魅力創造サイクルによるブランド評価 ブランド形成 109
  110. 110. KAWAI Takayoshi 熱を持ったしなやかな土台 地域参画総量増加 地域参画総量変化 地域参画総量変化 地域参画総量変化 担当施策 他部局施策 地域取り組み 他部局・地域による定住促進・交流拡大・産業振興・福祉充実施策 その他の基盤造成 地域に関わる人々の持続的な幸せ 地域参画総量増加のロジックモデル 活用 活用 110
  111. 111. KAWAI Takayoshi 熱を持ったしなやかな土台 地域参画総量増加 地域参画総量変化 地域参画総量変化 地域参画総量変化 担当施策 他部局施策 地域取り組み 他部局・地域による定住促進・交流拡大・産業振興・福祉充実施策 その他の基盤造成 地域に関わる人々の持続的な幸せ 地域参画総量増加のロジックモデル 活用 活用 地域の「稼ぐ力」の実現 111
  112. 112. KAWAI Takayoshi 熱を持ったしなやかな土台 地域参画総量増加 地域参画総量変化 地域参画総量変化 地域参画総量変化 担当施策 他部局施策 地域取り組み 他部局・地域による定住促進・交流拡大・産業振興・福祉充実施策 その他の基盤造成 地域に関わる人々の持続的な幸せ 地域参画総量増加のロジックモデル 定量化 定量 化 定量 化 定量 化 活用 活用 地域の「稼ぐ力」の実現 112
  113. 113. KAWAI Takayoshi • 修正地域参画総量指標(mGAP) 定量化による評価 PDCA 113
  114. 114. KAWAI Takayoshi • NPS(ネットプロモータスコア)参考 – 意欲 10~8(パーセンテージ)をプラス – 意欲 5~0 (パーセンテージ)をマイナスとして計算 各意欲の定量化方法 114
  115. 115. KAWAI Takayoshi • 地域推奨量(地域内) 地域推奨意欲指数 10~8<35%> 5以下<25%> 35%ー 25% = 10 10 ✕ 定住人口 5(万人)=50 • 地域推奨量(地域外ターゲット) 地域推奨意欲指数 10~8<5%> 5以下<35%> 5%ー 35% = -30 -30 ✕ ターゲット人口 2(万人)=-60 115 修正地域参加総量 mGAP
  116. 116. KAWAI Takayoshi • 地域参加量 地域参加意欲指数 10~8<25%> 5以下<30%> 25%ー 30% = -5 -5 ✕ 定住人口 5(万人)=-25 • 地域感謝量 地域感謝意欲指数 10~8<55%> 5以下<15%> 55%ー 15% = 40 40 ✕ 定住人口 5(万人)=200 116 修正地域参加総量 mGAP
  117. 117. KAWAI Takayoshi 地域推奨量(地域内) 50 + 地域推奨量(地域外ターゲット)-60 + 地域参加量(地域内) -25 + 地域参加量(地域内) 200 165 mGAP 117 修正地域参加総量 mGAP 常に増加を図ることが 目的となる
  118. 118. KAWAI Takayoshi PDCAサイクルによる評価 Plan Do Check Action small Do 不断の 見直し・改善 118
  119. 119. KAWAI Takayoshi PDCAサイクルによる評価 Plan Do Check Action small Do 不断の 見直し・改善 地域参画総量 が増加したか を常に確認 119
  120. 120. KAWAI Takayoshi 1. 地域内での地域推奨量 2. 地域外ターゲットによる地域推奨量 3. 地域参加量 4. 地域活動感謝量 5. 定住人口 6. ターゲット人口 上記6つの量を、各地域(自治体)において測定し 継続的測定における上昇・下降に応じて、自らの地 域特性を、動的に設定する 地域特性の動的な設定 120 地域参画総量を 構成する個々の データに着目
  121. 121. KAWAI Takayoshi 64地域特性 121
  122. 122. KAWAI Takayoshi 64地域特性 122
  123. 123. KAWAI Takayoshi 123 • 地域外推奨 上昇 • 地域内推奨 下降 • 地域参加 下降 • 地域感謝 上昇 • 定住人口 上昇 • ターゲット人口 上昇 定住人口が増加しているに も関わらず、地域内の推奨 ・参加意欲が減少している =主権者というより顧客と しての住民が増加 外部ターゲットについては 人口・意欲が上昇し、順調 外面的に順調に見える が、地域内部の意欲向 上が課題
  124. 124. KAWAI Takayoshi 浸透 共有 編集 発散 評価 共創 エンジン 地域魅力創造サイクルによるブランド評価 ブランド形成 124 必要に応じ リブランドを行う
  125. 125. KAWAI Takayoshi 熱を持ったしなやかな土台 地域参画総量増加 地域参画総量変化 地域参画総量変化 地域参画総量変化 担当施策 他部局施策 地域取り組み 他部局・地域による定住促進・交流拡大・産業振興・福祉充実施策 その他の基盤造成 地域に関わる人々の持続的な幸せ 地域参画総量増加のロジックモデル 定量化 定量 化 定量 化 定量 化 活用 活用 地域の「稼ぐ力」の実現 125
  126. 126. KAWAI Takayoshi ご清聴ありがとうございました 河井孝仁 tk.kawai@nifty.com @tacohtk https://www.facebook.com/tk.kawai http://www28.atwiki.jp/tacohtk/ 126

×