Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

プロトスフィア提案書

2,595 views

Published on

「プロトスフィア」は、インターネット上で3D仮想空間を提供し、多数の利用者が公開、非公開で遠隔会議、講演、展示会への参加、自宅からの双方向遠隔授業、研修、トレーニングの実施を可能にし、文書交換、ビデオや音声によるアバターコミュニケーションができます。

Published in: Business
  • Login to see the comments

  • Be the first to like this

プロトスフィア提案書

  1. 1. http://protosphere.resonant-sol.jp<br />3Dソーシャルプラットフォーム(アバターコラボレーション)「プロトスフィア」のご提案<br />安全で機能的な研修環境を「オーガニック・ラーニング」で実現します<br />It's like being there.<br />レゾナント・ソリューションズ株式会社(www.resonant-sol.jp)<br />©2010, Resonant-Sol Corporation, All Rights Reserved<br />
  2. 2. ごあいさつ<br />■はじめに<br /><ul><li>レゾナント・ソリューションズ株式会社は昨年、12月より米ProtonMedia社と、日本で初めて「ProtoSphere」の国内1次販売代理、テクニカルパートナーとして、教育機関、自治体、企業向けにアバターを使用したインターネットでの遠隔コミュニケーションに特化したサービスの提供を行っています。
  3. 3. 今回、英語版バージョンアップ「ProtoSphere v1.4」に伴い、5月より提供予定の日本語版v1.5をSI企業とパートナーシップを行い、教育機関、自治体、国内大手メーカー向けへの導入支援を開始しました。
  4. 4. 現在、自治体、教育機関、メーカーに対しての導入を進めていますが、今後ますます各組織でのコスト削減、エコ活動への取り組みが積極的に行われると考え、SIベンダー様とも連携した中での導入支援を行っています。</li></li></ul><li>プロトスフィアとは<br /><ul><li>インターネット上で「3Dソーシャルプラットフォーム」を提供し多数のユーザーが公開、非公開で自席や自宅からのシステム、アプリケーション共有、文書交換、ビデオや音声によりコミュニケーションコラボレーション(共同作業)、ができます。
  5. 5. 企業や自治体はもちろん、大学などあらゆる教育機関においてもインターネット環境での教育を可能にします。自分のデスクトップから、遠隔で研修、商品説明のトレーニング、展示会、会議、打合せ等に参加できます。大幅な費用の削減、業務の効率化が可能です。</li></li></ul><li>プロトスフィアとは<br /><ul><li>「3Dソーシャルプラットフォーム」
  6. 6. 関係する組織内(ソーシャル)で遠隔コラボレーション(共同作業)やコミュニケーション
  7. 7. 既存システムの有効活用による業務の効率化(移動時間、費用)・・・エコにつながる
  8. 8. 暗号化通信によるセキュリティ確保(AES256)</li></ul>ネットショップEC(電子決済)<br />アバターコラボレーション<br />社内システム<br />CRM(営業・顧客管理)<br />アプリケーション<br />の共有<br />インターネット<br />
  9. 9. プロトスフィアとは<br /><ul><li>オーガニック・ラーニング(3D仮想空間オーガニック・ラーニング:ProtonMedia Ron Burns著より引用、抜粋)
  10. 10. オーガニック・ラーニングとは組織(利用者)が常時、参加可能で情報や経験が得られる「安全で機能的な環境」を提供することと考えています。単にトレーニングではなく、知識欲を満たし、共同作業の重要さを助長するアプローチです。企業研修のキーワードもこれからは”オーガニック”となるでしょう。</li></ul>オーガニック・ラーニング<br />参加者同士での知識共有<br />パワーポイントで同一情報を同時に説明(体験共有)<br />音声やテキストでのコミュニケーション研修<br />商品、機器の研修(PDF、ワードデータのダウンロード)<br />新入社員研修<br />インストラクター<br />内定者研修<br />インターネット<br />
  11. 11. プロトスフィアとは<br /><ul><li>標準パッケージ内容:施設イメージ</li></ul>コラボレーションセンター<br />会議、ミーティング施設<br />研修、トレーニング施設<br />中ホール(合同講義)<br />就活イベント等開催会場<br />ウェルカムセンター<br />
  12. 12. プロトスフィアとは<br /><ul><li>簡単なユーザインターフェース、少ない操作で利用ができます(ID、パスワードでのログイン後の画面)</li></ul>①行き先の選択<br />③スクリーンを選択<br />➁椅子を選択<br />④会話を選択<br />
  13. 13. プロトスフィアとは<br /><ul><li>「3Dソーシャルプラットフォーム」の用途例</li></ul>8<br />
  14. 14. ProtonMedia,Inc.(米国「ProtonMedia」社)<br /><ul><li>2006年米国ペンシルバニア州ランズデールに設立の3D仮想空間ソフトウェア開発販売会社で企業・教育専用3D空間ソフトウェアで多くの実績があります。多機能でありながらプライバシーとセキュリティを提供する高性能製品を提供して、情報伝達の高品質化、移動費用・時間の大幅節約に貢献しています。
  15. 15. 米国の心理学、教育学研究の結果から3D仮想空間における通信は発言しやすく集中力を絶やさず、情報の伝達補助として注目され導入の機運が非常に高まっています。この3D仮想世界をメタバースと呼んでいます。</li></li></ul><li>ProtonMedia,Inc.(米国「ProtonMedia」社)<br /><ul><li>導入顧客
  16. 16. ジョンソン・アンド・ジョンソン、BP(英国石油)、米国防衛大学、デューク大学、AstraZeneca(アストラゼネカ)、シェブロン、Merck(メルク)、TIAA-CREF等があります。
  17. 17. 米国フォーチュン500ランキング企業への実績</li></li></ul><li>ProtonMedia,Inc.(米国「ProtonMedia」社)<br /><ul><li>導入顧客事例(BP:英国石油)
  18. 18. BP p.l.c.
  19. 19. 日本名:ビーピー・ピーエルシーは、イギリスに本拠を置くエネルギー関連企業。 国際石油資本であり、スーパーメジャーと呼ばれる6社の内の一社。                                      ※出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
  20. 20. SITUATION(企業の状況)
  21. 21. 英国石油は、ロンドンで毎年3日の世界的な会議を開きます。しかし、英国石油の経済状態は出張規制によるコスト削減を行う必要がありました。同社は、現実のイベント開催に費用効果がよい代わるものを見つける努力において、15の異なる仮想会議とチーム化プラットホームをテストしました。プロトンメディア社の「プロトスフィア」は、企業のための最新技術仮想協同プラットホームとしてプロジェクトのために最終的に選ばれました。</li></li></ul><li>ProtonMedia,Inc.(米国「ProtonMedia」社)<br /><ul><li>導入顧客事例(BP:英国石油)
  22. 22. The Experience (導入状況)
  23. 23. 178人のメンバーが参加して、プロジェクトは2009年3月にキックオフしました。チームは、互いに2つまたは3つのタイムゾーン(時差が生じる地域)の中で組織されました。毎日、メンバーは「プロトスフィア」に入って、彼らの割り当てられた「プロトスフィア」のミーティングルームに行きました。
  24. 24. BENEFITS (利益)
  25. 25. 50%の前年比による年次会議の総経費削減効果。最終的な数が計算されたとき、身体的なイベントを生じることと比較して、BPは仮想の世界的会議が会社にとって370万ドルの節約になるとわかりました。仮想会議の参加メンバーは、10~15分で「プロトスフィア」を使うことを学びました。ほとんどは、彼らが環境(その会社商標を付けていて、「未来的な」感じ)の重大性に「感動する」と報告しました。彼らは、「プロトスフィア」の統合したアプローチを独立型ツールのコレクションより優れているとしてあげました。</li></li></ul><li>ProtonMedia Partners(海外) <br />
  26. 26. プロトスフィアで実現<br /><ul><li>人材教育に不可欠な集合研修もプロトスフィアで遠隔からスタッフに対して一斉に実施することが可能になります
  27. 27. リアルな環境に近い室でまとめて開催、自宅からでも参加が可能になります</li></ul>講師が移動せずに遠隔開催<br />実物に近い設備を見ての研修会<br />※画面イメージは個別カスタマイズによるものです。<br />
  28. 28. プロトスフィアで実現<br /><ul><li>離れたオフィス、キャンパスでも移動なく開催できる会議、研修
  29. 29. 顧客(見込み客、既存顧客等)に向けたプレゼンテーション、導入支援研修の開催
  30. 30. 議長(モデレータ)としての会議運営、質問、アクティビティ(活動)管理機能</li></ul>講演者画面<br />受講者画面<br />
  31. 31. プロトスフィアで実現<br /><ul><li>バーチャル展示会、企業説明会(リクルート)の開催で遠隔参加者の負担が軽減されます
  32. 32. 営業、新商品発表会、事例発表、来場者との直接コミュニケーション</li></ul>来場者との直接コミュニケーション<br />遠隔での参加者も入っての<br />企業案内の実施、面接開催<br />
  33. 33. プロトスフィアで実現<br /><ul><li>人材採用活動に不可欠な大学訪問もプロトスフィアで遠隔から学生に対して一斉に実施することが可能になります
  34. 34. リアルな大学の講義室でまとめて開催、自宅からでも参加が可能になります</li></ul>企業ブースの設置で遠隔開催<br />研修、展示会、商品説明等をおこなう上で世話役(議長)をモデレータと呼びます。研修の管理、プレゼンテーション、アクティビティ、参加者の質問の管理を行い、運用する権限を持っています。<br />実物に近い形を見ての企業説明会<br />
  35. 35. 企業概要(1)<br />商号:レゾナント・ソリューションズ株式会社 www.resonant-sol.jp<br />設立:平成18年1月11日<br />資本金: 1,050万円<br />代表者:代表取締役CIO首藤完治<br />事業内容:ソリューションサービス(ICTによる問題解決、支援)<br />所在地 <br />本社・バーチャルラーニングセンター <br />  〒870-0037 大分市東春日町17-20 大分第2ソフィアプラザビル5階iプラザ内5017<br />大分ソリューションセンター ITQ(ICTトレーニングセンター九州) <br />  〒870-0101 大分県大分市中鶴崎1-1-6NTT西日本鶴崎ビル本館1F<br />   TEL 097-503-6622 FAX 097-503-6616 mail:info@resonant-sol.jp<br />代表者プロフィール<br />国立大分工業高等専門学校機械工学科卒業<br />TDK株式会社 生産設備自動組立機エンジニア・・・・米国工場への設備導入<br />キヤノン販売株式会社入社 Appleコンピュータシステム販売<br />大分県立芸術文化短期大学:CG教育コンピュータの導入及び非常勤講師<br />地場企業IT事業部の立ち上げ、ITベンチャー設立、企業ITコンサルティング実施<br />レゾナント・ソリューションズ株式会社設立(代表取締役CIOに就任~現在)<br />IVY総合技術工学院 非常勤講師(平成18年~20年、22年~現在)<br />
  36. 36. 企業概要(2)<br />ソリューションサービス(ICTによる問題解決、支援)<br />CMS: コンテンツ(情報資産)管理、更新システム<br />CRM: 顧客、営業管理、支援システム<br />E C: 電子決済、ネットショップ管理システム<br />I C T: 情報・コミュニケーション技術<br />
  37. 37. 企業概要(3)<br />レゾナント社の沿革<br />2006年 1月:地域企業向けオープンソースCMS webサイト構築、教育支援事業開始<br />2006年 2月:大分県日田市 日田観光協会、市民参加ポータルサイト「おいでひた」構築<br />2007年 4月: 3D仮想世界サービス「セカンドライフ」支援ビジネスを開始<br />2007年10月: 「セカンドライフ」バーチャル展示会パッケージサービス開始<br />2008年 3月:「Virtual World of the Year 2007」企業部門で入賞<br />2008年 5月:松山市、愛媛大学、松山市商工会議所「e-まつやま最先端情報技術研究会」         「セカンドライフ」、Matsuyama SIMで実施される産学官連携事業の構築支援         「道後温泉」、「松山城」、「大街道」、「大学利用研修施設」等を再現<br />2008年11月:IT関連ビジネスマッチングサービスで大分銀行と提携<br />2008年11月:オープンソース利用でのNewb「エコビジネスパッケージ」サービス開始<br />2008年12月:仮想空間「セカンドライフ」アバターでテレビCM制作サービス提供<br />2008年12月:大分県商工会連合会でNewbCMSが採用される<br />2009年 6月:大分県雇用再生技術人材創出事業委託業務開始<br />eラーニング、メタバースを活用した、オープンソースソフトウェアによるwebサービスの構築、設計、ユーザビリティデザイン技術者育成<br />2009年 9月:第2回大分県雇用再生技術人材創出事業委託業務開始<br />オープンソース3次元インターネットプラットフォーム(メタバース)によるシミュレーション技術の習得<br />2010年 3月:3D仮想空間と地域ポータルサイトで地域医療支援病院とともに        最新医療設備、診療案内情報提供<br />
  38. 38. 提案に関するお問い合せは下記まで宜しくお願いいたします。<br />・レゾナント・ソリューションズ株式会社 (広報:首藤)<br /> info@resonant-sol.jp   http://www.resonantstyle.com<br /> TEL 097-503-6622 FAX 097-503-6616 <br />

×