Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
2016PCカンファレンス@大阪大学 (10/Aug/16)
学生が大学に持ち込む携帯情報端末と
学内電子リソースの活用に関する実態調査
木村修平
立命館大学生命科学部生命情報学科 准教授
kimuras@fc.ritsumei.ac.jp
T...
2016PCカンファレンス@大阪大学 (10/Aug/16)
アウトライン
1. 調査の背景
2. 調査1「BYODの状況把握」
3. 調査結果1(抄)
4. 調査2「PBL型英語授業でのICT活用」
5. プロジェクト発信型英語プログラム(P...
2016PCカンファレンス@大阪大学 (10/Aug/16)
調査の背景
• BYOD = Bring Your Own Device
• 私物情報端末の業務利用
• 個人所有デバイスの教育現場での活用(BYOD to Class)
• 国内大...
2016PCカンファレンス@大阪大学 (10/Aug/16)
調査1「BYODの状況把握」
• 実施時期:2015年7月
• 調査方法:学内LMS(manaba+R)の掲示板を通じて回
答フォームを学生に通知。回答は任意とした。
• 調査対象:...
2016PCカンファレンス@大阪大学 (10/Aug/16)
調査結果1(抄)
5
2016PCカンファレンス@大阪大学 (10/Aug/16)
調査結果1(抄)
6
2016PCカンファレンス@大阪大学 (10/Aug/16)
調査結果1(抄)
7
2016PCカンファレンス@大阪大学 (10/Aug/16)
調査結果1(抄)
8
2016PCカンファレンス@大阪大学 (10/Aug/16)
調査結果1(抄)
9
2016PCカンファレンス@大阪大学 (10/Aug/16)
調査結果1(抄)
10
2016PCカンファレンス@大阪大学 (10/Aug/16)
調査結果1(抄)
11
2016PCカンファレンス@大阪大学 (10/Aug/16)
調査結果1(抄)
12
2016PCカンファレンス@大阪大学 (10/Aug/16)
調査結果1(抄)
13
2016PCカンファレンス@大阪大学 (10/Aug/16)
調査結果1(抄)
14
2016PCカンファレンス@大阪大学 (10/Aug/16)
調査結果1(抄)
15
2016PCカンファレンス@大阪大学 (10/Aug/16)
調査結果1(抄)
16
2016PCカンファレンス@大阪大学 (10/Aug/16)
調査結果1(抄)
• 大学の情報環境への要望(自由記述)
• 71件の回答
• 44件:学内Wi-Fiの接続の安定性や電波強度を改善してほしい
• 12件:災害時の情報休講をWebを...
2016PCカンファレンス@大阪大学 (10/Aug/16)
調査2「PBL型英語授業でのICT活用」
• 実施時期:2016年4月
• 調査方法:学内LMS(manaba+R)の掲示板を通じて回
答フォームを学生に通知。回答は任意とした。
•...
2016PCカンファレンス@大阪大学 (10/Aug/16)
プロジェクト発信型英語プログラム(PEP)とは
• Project-based English Program = PEP
• 鈴木佑治(立命館大学客員教授・慶應義塾大学名誉教授)が...
2016PCカンファレンス@大阪大学 (10/Aug/16)
Project授業の構成要素
20
授業 内容 発表形態
P1 セルフアピール 個人
P2 アンケート、インタビュー、マル
チメディア資料を用いたリサーチ
個人
P3 ディベート
パ...
2016PCカンファレンス@大阪大学 (10/Aug/16)
プロジェクト発信型英語プログラム(PEP)とは
21
成果を英語で発信
興味・関心に基づく
リサーチ
持ち込みデバイスをWi-Fiに接続して授業に臨む
2016PCカンファレンス@大阪大学 (10/Aug/16)
調査結果2(抄)
22
2016PCカンファレンス@大阪大学 (10/Aug/16)
調査結果2(抄)
23
2016PCカンファレンス@大阪大学 (10/Aug/16)
調査結果2(抄)
24
2016PCカンファレンス@大阪大学 (10/Aug/16)
調査結果2(抄)
25
2016PCカンファレンス@大阪大学 (10/Aug/16)
結果の考察
• 学生が所有する端末(表 3)、大学に持ち込む端末(表
4)、授業で使用する端末(表 5)のいずれにおいても、
スマートフォンが最大多数を占めている。
• 授業に持ち込...
2016PCカンファレンス@大阪大学 (10/Aug/16)
結果の考察
• タッチタイピングの習熟度については、できる学生とで
きない学生がほぼ同数に分かれた(表 13)。
• スマートフォンでの日本語入力メソッドとして「その
他」を選んでい...
2016PCカンファレンス@大阪大学 (10/Aug/16)
結果の考察
• プロジェクト発信型英語プログラムを受講した2回生の多
くが入学時と比較した自己評価でICTスキルの伸びを感じ
ており(表 17)、そのうち70%以上が同プログラムとの...
2016PCカンファレンス@大阪大学 (10/Aug/16)
課題点
• 今回の調査は4学部400余名から回答を得たが、立命館大
学は13学部3万5000人以上の学生を擁する。今回の調査
をもって全学的なICT利用の動向を論じるのは早計。
• ...
2016PCカンファレンス@大阪大学 (10/Aug/16)
参考文献
(1) 学校法人立命館:“未来をつくるR2020 -立命館学園の
基本計画-前半期(2011年度から2015年度)の計画要
綱”,pp. 6(2011).
http://w...
2016PCカンファレンス@大阪大学 (10/Aug/16)
謝辞
• 山中司先生(生命科学部)
• 大石衡聴先生(スポーツ健康科学部<当時>)
• 田原憲和先生(法学部)
• 今回の調査は、立命館大学社会システム研究所の2015年
度社会シス...
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

学生が大学に持ち込む携帯情報端末と学内電子リソースの活用に関する実態調査

403 views

Published on

2016PCカンファレンス@大阪大学豊中キャンパスにて行った口頭発表のスライドです。

Published in: Education
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

学生が大学に持ち込む携帯情報端末と学内電子リソースの活用に関する実態調査

  1. 1. 2016PCカンファレンス@大阪大学 (10/Aug/16) 学生が大学に持ち込む携帯情報端末と 学内電子リソースの活用に関する実態調査 木村修平 立命館大学生命科学部生命情報学科 准教授 kimuras@fc.ritsumei.ac.jp Twitter: @syuhei 近藤雪絵 立命館大学薬学部薬学科 講師 kondoyu@fc.ritsumei.ac.jp スライドはこちら→
  2. 2. 2016PCカンファレンス@大阪大学 (10/Aug/16) アウトライン 1. 調査の背景 2. 調査1「BYODの状況把握」 3. 調査結果1(抄) 4. 調査2「PBL型英語授業でのICT活用」 5. プロジェクト発信型英語プログラム(PEP)とは 6. 調査結果2(抄) 7. 結果の考察 8. 課題点 2
  3. 3. 2016PCカンファレンス@大阪大学 (10/Aug/16) 調査の背景 • BYOD = Bring Your Own Device • 私物情報端末の業務利用 • 個人所有デバイスの教育現場での活用(BYOD to Class) • 国内大学のBYOD取り組みの一例 • 九州大学:2013年度より新入生のPC必携化 • 北海道大学:2026年の「北海道大学近未来戦略 150」の一環 • 立命館大学:R2020の「重点的な基本課題1」として「情報通信 技術(ICT)を活用した教育」を掲げる(1) • 素朴な疑問: • ウチの大学の学生はどんなICT機器を持っているのか?大学に持っ てきているのか?授業でどのように活用しているのか? • ウチの英語プログラムはICTをかなり活用してる方だと思うが、学 生はそれによるスキル向上を感じているのか? 3
  4. 4. 2016PCカンファレンス@大阪大学 (10/Aug/16) 調査1「BYODの状況把握」 • 実施時期:2015年7月 • 調査方法:学内LMS(manaba+R)の掲示板を通じて回 答フォームを学生に通知。回答は任意とした。 • 調査対象:生命科学部・薬学部・スポーツ健康科学部・ 法学部の学部生 • 設問数:20 • 有効回答数:410 4
  5. 5. 2016PCカンファレンス@大阪大学 (10/Aug/16) 調査結果1(抄) 5
  6. 6. 2016PCカンファレンス@大阪大学 (10/Aug/16) 調査結果1(抄) 6
  7. 7. 2016PCカンファレンス@大阪大学 (10/Aug/16) 調査結果1(抄) 7
  8. 8. 2016PCカンファレンス@大阪大学 (10/Aug/16) 調査結果1(抄) 8
  9. 9. 2016PCカンファレンス@大阪大学 (10/Aug/16) 調査結果1(抄) 9
  10. 10. 2016PCカンファレンス@大阪大学 (10/Aug/16) 調査結果1(抄) 10
  11. 11. 2016PCカンファレンス@大阪大学 (10/Aug/16) 調査結果1(抄) 11
  12. 12. 2016PCカンファレンス@大阪大学 (10/Aug/16) 調査結果1(抄) 12
  13. 13. 2016PCカンファレンス@大阪大学 (10/Aug/16) 調査結果1(抄) 13
  14. 14. 2016PCカンファレンス@大阪大学 (10/Aug/16) 調査結果1(抄) 14
  15. 15. 2016PCカンファレンス@大阪大学 (10/Aug/16) 調査結果1(抄) 15
  16. 16. 2016PCカンファレンス@大阪大学 (10/Aug/16) 調査結果1(抄) 16
  17. 17. 2016PCカンファレンス@大阪大学 (10/Aug/16) 調査結果1(抄) • 大学の情報環境への要望(自由記述) • 71件の回答 • 44件:学内Wi-Fiの接続の安定性や電波強度を改善してほしい • 12件:災害時の情報休講をWebを通じて迅速に告知してほしい 17
  18. 18. 2016PCカンファレンス@大阪大学 (10/Aug/16) 調査2「PBL型英語授業でのICT活用」 • 実施時期:2016年4月 • 調査方法:学内LMS(manaba+R)の掲示板を通じて回 答フォームを学生に通知。回答は任意とした。 • 調査対象:生命科学部・薬学部・スポーツ健康科学部の2 回生 • 設問数:15 • 有効回答数:220 18
  19. 19. 2016PCカンファレンス@大阪大学 (10/Aug/16) プロジェクト発信型英語プログラム(PEP)とは • Project-based English Program = PEP • 鈴木佑治(立命館大学客員教授・慶應義塾大学名誉教授)が提唱 19 総合心理学部 2008年 2010年 2016年 生命科学・薬学部 スポーツ健康科学部
  20. 20. 2016PCカンファレンス@大阪大学 (10/Aug/16) Project授業の構成要素 20 授業 内容 発表形態 P1 セルフアピール 個人 P2 アンケート、インタビュー、マル チメディア資料を用いたリサーチ 個人 P3 ディベート パネル・ディスカッション グループ P4 アドバンストプロジェクト アカデミックなリサーチ 個人 JP1 専門分野のテーマに基づくプロ ジェクト グループ JP2 自由 動画作成にもチャレンジ! http://jp2.pep-rg.jp
  21. 21. 2016PCカンファレンス@大阪大学 (10/Aug/16) プロジェクト発信型英語プログラム(PEP)とは 21 成果を英語で発信 興味・関心に基づく リサーチ 持ち込みデバイスをWi-Fiに接続して授業に臨む
  22. 22. 2016PCカンファレンス@大阪大学 (10/Aug/16) 調査結果2(抄) 22
  23. 23. 2016PCカンファレンス@大阪大学 (10/Aug/16) 調査結果2(抄) 23
  24. 24. 2016PCカンファレンス@大阪大学 (10/Aug/16) 調査結果2(抄) 24
  25. 25. 2016PCカンファレンス@大阪大学 (10/Aug/16) 調査結果2(抄) 25
  26. 26. 2016PCカンファレンス@大阪大学 (10/Aug/16) 結果の考察 • 学生が所有する端末(表 3)、大学に持ち込む端末(表 4)、授業で使用する端末(表 5)のいずれにおいても、 スマートフォンが最大多数を占めている。 • 授業に持ち込んだ情報端末の使用用途としては、LMS (manaba+R)へのアクセスが群を抜いて高い(表 7およ び表 10)。 • 学内Wi-Fiに接続される端末としてはスマートフォンと ノートパソコンが多く(表 8)、その頻度も全体的に高 い(表 9)。 • 多くの学生が学内Wi-Fiの増強と改善を強く望んでいる。 26
  27. 27. 2016PCカンファレンス@大阪大学 (10/Aug/16) 結果の考察 • タッチタイピングの習熟度については、できる学生とで きない学生がほぼ同数に分かれた(表 13)。 • スマートフォンでの日本語入力メソッドとして「その 他」を選んでいる学生が最も多い(表 11)が、おそらく フリック入力という名称を知らないものと推察される。 • 仮にそういう理由でフリック入力のつもりで「その他」 が選択されたとすると、外国語入力時のメソッドとして 約半数がフルキーボード入力を用いていること(表 12) は興味深い対照と言えよう。 27
  28. 28. 2016PCカンファレンス@大阪大学 (10/Aug/16) 結果の考察 • プロジェクト発信型英語プログラムを受講した2回生の多 くが入学時と比較した自己評価でICTスキルの伸びを感じ ており(表 17)、そのうち70%以上が同プログラムとの 関連性について肯定的な回答を寄せている(表 18)。 • 英語による口頭プレゼンテーションやアカデミック・ラ イティングを行う機会が多いため、スライドや文書の作 成といったタスクがICTを活用する実践的な機会(2)として 捉えられている(表 19)。 • 正課授業内でICTを活用する合理的な機会の提供が重要な のでは。 28
  29. 29. 2016PCカンファレンス@大阪大学 (10/Aug/16) 課題点 • 今回の調査は4学部400余名から回答を得たが、立命館大 学は13学部3万5000人以上の学生を擁する。今回の調査 をもって全学的なICT利用の動向を論じるのは早計。 • 学部ごとの独自の取り組みもある(3) • 本調査の対象を全学規模に拡大し、学部ごとの細かな利 用実態を明らかにしたい。 →『立命館大学ICT活用白書』(仮)を毎年刊行? • そもそも論として、全国規模で見て大学のBYODは推進 されているのだろうか?(4) • FYI: • Computers required for ‘U’ (23/Aug/01) 29
  30. 30. 2016PCカンファレンス@大阪大学 (10/Aug/16) 参考文献 (1) 学校法人立命館:“未来をつくるR2020 -立命館学園の 基本計画-前半期(2011年度から2015年度)の計画要 綱”,pp. 6(2011). http://www.ritsumei.ac.jp/mng/gl/so- ki/vision_r2020/pdf/r2020-keikakuyoukou.pdf (2) 木村修平:“プロジェクト型英語プログラムにおける ICTスキル教育の有機的導入の試み”,PC Conference論文集(2013),pp. 177-180. (3) 西出崇:“大学教育における SNS (Social Networking Service) の有用性”,政策科学,19,4. (4) 九州大学:”コミュニティで紡ぐ次世代大学 ICT環境と してのアカデミッククラウド成果報告書”,pp. 106 . 30
  31. 31. 2016PCカンファレンス@大阪大学 (10/Aug/16) 謝辞 • 山中司先生(生命科学部) • 大石衡聴先生(スポーツ健康科学部<当時>) • 田原憲和先生(法学部) • 今回の調査は、立命館大学社会システム研究所の2015年 度社会システム研究プロジェクトの助成により行われま した(採択名:学生が大学に持ち込む携帯情報端末と学 内電子リソースの活用に関する実態調査)。 • 今年度も継続決定!(^O^) 31

×