Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
今
スマートフォン の
2014年4月スマホ関連統計まとめ
Z041-1412-02
2014年4月
ダイジェスト
2
2014年4月のダイジェスト(※日本国内)
スマホ vs フィーチャーフォンの戦いは
スマートフォンが勝利
年代・性別・利用シーン別の
傾向は大きく変わらず
2014年1月~4月のキーワードは
動画・あえてのガラケー・MVNO
3
2014年4月時点
詳細
4
【国内】スマホ vs フィーチャーフォン
スマホ vs フィーチャーフォンの戦いは
スマートフォンが勝利。
2014年4月時点
~調査結果によると、スマートフォンの使用に関しては、過半数を超える53%が利用していることがわ
かった。~
(スマー...
【国内】年代別の傾向
年代が若くなればなるほど
スマートフォンを利用している。
~調査によると、現在何らかのスマートフォンを使用している未成年の割合は60.8%となることが分かっ
た。~そのうち女子高生では、今回は95.1%が「使用している」と...
【国内】性別の傾向
~男性52.2% 女性62.4%~
(「全国スマートフォンユーザー1000人定期調査」第9回分析結果報告:株式会社博報堂DYホールディングス:2014/04/11)
女性の方がスマホを使っている。
~スマートフォン所有率を性...
【国内】利用シーンの傾向
PCよりもスマホでネットショッピング
をする層が増えてきた。
~男女ともに年齢が下がるにつれて、スマートフォンを優先的に使うユーザーの割合が増加しているが、特
に女性はその傾向が顕著で、20代以下ではスマートフォンを優...
~スマートフォンでの動画視聴経験は8割超、1日平均視聴は34分~スマートフォンユーザーの約半数が、
「週1日以上」スマートフォンで動画を視聴。~10代では、4割以上が「ほぼ毎日」視聴。~「すきま時
間」や「移動中」などの時間を使った「短時間」の...
【国内】1~4月のキーワード(フィーチャーフォン)
あえてフィーチャーフォンを選ぶ人も。
理由は、月額・機種代などの料金的な理由が多い。
2014年4月時点
■参考記事(そのまま一部引用)
~スマートフォンを使ってない人に対し、今後スマホを使い...
【国内】1~4月のキーワード(MVNO)
流行りの格安スマートフォンを提供する
MVNO(仮想移動体通信事業者)の契約数が増えてきた。
~平成25(2013)年12月末時点のMVNO総契約数は1,375万。1.5億超の契約からなる移動系通信市場...
(おまけ)
2013年下半期
12
~米IDCが現地時間2013年11月12日に公表したスマートフォン市場調査によると、同年第3四半期(7~9
月)に世界で出荷されたスマートフォンの台数は2億6110万台で、前年同期から39.9%増えた。このうち
OSに米Googleの「Andr...
国内のOSシェアNo.1はAndroid
メーカーシェアNo.1はApple
~2013年9月末のスマートフォン契約数をOS別に見ると、Androidスマートフォン契約数が3157万件
(63.0%)で最も多い。
次いでiOS(iPhone)が...
フィーチャーフォン vs スマートフォン
普及率は五十歩百歩
【日本】スマホ vs フィーチャーフォン
~「主に利用している端末」の種類を尋ねたところ、「携帯電話」が45.5%(前回52.1%)、「スマートフォ
ン」が49.8%(同44.5%)...
年代が若くなればなるほど
スマートフォンを利用
【国内】傾向:年代
~特に10代~30代のスマートフォン利用率は、前月から増えて過去最高を記録した。10代は9.0%増の
75.0%、20代は3.5%増の69.5%、30代は5.0%増の60.5%...
特に20代女性は、
スマホ経由のEC利用率が高い
~性年代別でみると(グラフ(1)-2)、20代、30代の女性の割合が高く、とくに20代女性の3人に2人
はスマートフォンでの購入経験がある。また、10代の女性を除き、年齢が若いほどスマートフォン...
スマホ関連
お役立ちコンテンツ
18
スマホ関連 お役立ちコンテンツ
■過去の統計まとめ
⇒【スマートフォンの今】
2013年下半期のスマートフォン関連統計まとめ
■無料eBook
スマートフォン対策 完全マニュアル
⇒ ダウンロード Web編/メール編
■その他お役立ち資料
上記...
すべて無料でご利用いただけます
シナジーマーケティングのさまざまなノウハウを
まとめたeBookが無料でダウンロードできます。
ぜひご活用ください。
▶▶▶ ほかのeBOOKを見てみる
■著作権について
本書に記載されているすべての画像・文章・...
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

スマートフォンの今 ~2014年4月スマホ関連統計まとめ~

8,988 views

Published on

変化が多く目が離せないスマートフォン周りの統計データの2014年4月時点のまとめです。今後のスマートフォン対策に向けて情報収集をしているWeb・マーケティング担当のみなさま、ぜひご参考ください。

Published in: Marketing

スマートフォンの今 ~2014年4月スマホ関連統計まとめ~

  1. 1. 今 スマートフォン の 2014年4月スマホ関連統計まとめ Z041-1412-02
  2. 2. 2014年4月 ダイジェスト 2
  3. 3. 2014年4月のダイジェスト(※日本国内) スマホ vs フィーチャーフォンの戦いは スマートフォンが勝利 年代・性別・利用シーン別の 傾向は大きく変わらず 2014年1月~4月のキーワードは 動画・あえてのガラケー・MVNO 3
  4. 4. 2014年4月時点 詳細 4
  5. 5. 【国内】スマホ vs フィーチャーフォン スマホ vs フィーチャーフォンの戦いは スマートフォンが勝利。 2014年4月時点 ~調査結果によると、スマートフォンの使用に関しては、過半数を超える53%が利用していることがわ かった。~ (スマートフォンに関する調査(2014年)。スマートフォンの利用者は53%で半数を超える。:ライフメディア リサーチバンク調べ:20134/04/09) ~前回調査(2013年8月)時点から4.8ポイント増加し、2年前(2012年2月)の2倍となる過半数の 54.0%に達した。前回はじめてスマートフォンに抜かれた携帯電話/PHS(フィーチャーフォン)の個人所 有率は41.9%で~ (スマートフォン所有率は、2年前の2倍、過半数の54.0%に。僅かではあるが、はじめて女性のスマートフォン所有率が男性を上回る。:株式会社ビデオリ サーチインタラクティブ:2014/02/25) ~スマートフォンの保有率は全国で55.2%と、国民の約2人に1人は所有していることになります。同調査 の約1年前にあたる第4回分析結果報告では39.1%でしたので、わずか1年の間で約16%も保有人口が拡大 したことになります。~ (ガラケーを抜き去ったスマホ普及率、どこまで拡大? - gooスマホ部 Q&A:マイナビニュース:2014/02/02) ■参考記事(そのまま一部引用) 5
  6. 6. 【国内】年代別の傾向 年代が若くなればなるほど スマートフォンを利用している。 ~調査によると、現在何らかのスマートフォンを使用している未成年の割合は60.8%となることが分かっ た。~そのうち女子高生では、今回は95.1%が「使用している」と回答~ (デジタルアーツ/未成年者と保護者のスマホ・ネット利用意識調査を発表:ICT教育ニュース:2014/03/11) ~スマートフォン保有率は58.1%と前回の第8回調査(2013年11月実施)と比較して+2.9p増加、特に10 代・20代では8割を超えるなど、スマートフォンの普及がさらに進んでいることが分かりました。~ (「全国スマートフォンユーザー1000人定期調査」第9回分析結果報告:株式会社博報堂DYホールディングス:2014/04/11) 2014年4月時点 ■参考記事(そのまま一部引用) 6
  7. 7. 【国内】性別の傾向 ~男性52.2% 女性62.4%~ (「全国スマートフォンユーザー1000人定期調査」第9回分析結果報告:株式会社博報堂DYホールディングス:2014/04/11) 女性の方がスマホを使っている。 ~スマートフォン所有率を性別でみると、6回目の調査ではじめて女性の所有率(54.4%)が男性 (53.7%)を僅かばかり上回る結果になった。~ (スマートフォン所有率は、2年前の2倍、過半数の54.0%に。僅かではあるが、はじめて女性のスマートフォン所有率が男性を上回る。:株式会社ビデオリ サーチインタラクティブ:2014/02/25) 2014年4月時点 ■参考記事(そのまま一部引用) 7
  8. 8. 【国内】利用シーンの傾向 PCよりもスマホでネットショッピング をする層が増えてきた。 ~男女ともに年齢が下がるにつれて、スマートフォンを優先的に使うユーザーの割合が増加しているが、特 に女性はその傾向が顕著で、20代以下ではスマートフォンを優先的に使うユーザーがパソコンを優先的に 使うユーザーを大きく上回っている。 (【独自調査】ECにおける女性のメイン利用デバイスは、スマートフォンがPCを上回ったことが判明:株式会社ドコモ・ドットコム:2014/03/25) 2014年4月時点 ~スマートフォンでのネットショッピングサービス利用経験は65%~スマートフォンユーザーの4人に1 人が「週1日以上」利用、5人に1人が「ほぼ毎日」利用~時間や場所を問わず「思い立った時に利用でき る」手軽さがポイントに~ (博報堂DYグループ・スマートデバイス・ビジネスセンター、「全国スマートフォンユーザー1000人定期調査」第8回分析結果を発表:株式会社博報堂DYホー ルディングス:2014/01/20) ~・オンラインショッピング/動画サイトはスマホからの利用者がPCに並ぶ~・amazon、YouTube、 niwangoは、スマホからの利用者数がPCを上回る~ ~カテゴリーの中でも「オンラインモール」と「ビ デオと映画」は、2月に入り、PCからの利用者数とスマートフォンからの利用者数がほぼ同数に~楽天市場 は昨年の12月時点で既にスマートフォンからの利用者が上回っていました~ (オンラインショッピング/動画サイトはスマホへシフト~ニールセン インターネット利用のPCからスマホへのシフト状況を発表~:ニールセン株式会社: 2014/03/26) ■参考記事(そのまま一部引用) 8
  9. 9. ~スマートフォンでの動画視聴経験は8割超、1日平均視聴は34分~スマートフォンユーザーの約半数が、 「週1日以上」スマートフォンで動画を視聴。~10代では、4割以上が「ほぼ毎日」視聴。~「すきま時 間」や「移動中」などの時間を使った「短時間」の視聴スタイルが特徴的。~ (「全国スマートフォンユーザー1000人定期調査」第9回分析結果報告:株式会社博報堂DYホールディングス:2014/04/11) 【国内】1~4月のキーワード(動画) スマホで動画を見る人が増えてきた。 ~・オンラインショッピング/動画サイトはスマホからの利用者がPCに並ぶ~・amazon、YouTube、 niwangoは、スマホからの利用者数がPCを上回る~カテゴリーの中でも「オンラインモール」と「ビデオ と映画」は、2月に入り、PCからの利用者数とスマートフォンからの利用者数がほぼ同数に~YouTube、 ニコニコ動画を運営するニワンゴでは、2月が、スマートフォンからの利用者数がPCからの利用者数を上回 る転換点となっていました。~ (オンラインショッピング/動画サイトはスマホへシフト~ニールセン インターネット利用のPCからスマホへのシフト状況を発表~:ニールセン株式会社: 2014/03/26) 2014年4月時点 ■参考記事(そのまま一部引用) 9
  10. 10. 【国内】1~4月のキーワード(フィーチャーフォン) あえてフィーチャーフォンを選ぶ人も。 理由は、月額・機種代などの料金的な理由が多い。 2014年4月時点 ■参考記事(そのまま一部引用) ~スマートフォンを使ってない人に対し、今後スマホを使いたいか尋ねたところ、67%が「スマートフォ ンを利用したいと思わない」と回答した。~ (スマートフォンに関する調査(2014年)。スマートフォンの利用者は53%で半数を超える。:ライフメディア リサーチバンク調べ:2014/04/09) ※注釈 スマートフォンは使っていないと回答した人に対する「今後、利用したいスマートフォンはありますか?」 という問いに関して、1位は「スマートフォンを利用したいと思わない」に。「なぜ、スマートフォンを利 用したいと思わないのですか?」と理由を尋ねた結果、1位は「普通の携帯電話で満足しているから」2位 「利用料金が高いから」3位「本体料金が高いから」という結果に。 ※調査結果の要旨 「1年以内にスマートフォンを購入する予定はありますでしょうか?」という問いに対し、「購入する予定 はなく購入したいとも思わない方」が1位の63.7%。その理由の1位は「月々の支払いが高いから (55.1%)」、2位は「現在の携帯電話に満足しているから(41.3%)」、3位が「機種代が高いから (38.5%)」だった。 (2014年2月 利用OSに関する調査:アイブリッジ株式会社:2014/02/28) 10
  11. 11. 【国内】1~4月のキーワード(MVNO) 流行りの格安スマートフォンを提供する MVNO(仮想移動体通信事業者)の契約数が増えてきた。 ~平成25(2013)年12月末時点のMVNO総契約数は1,375万。1.5億超の契約からなる移動系通信市場全 体の中で占める割合は9%程度。~MVNOサービスの事業者数は161社。~ (MVNOサービスの利用動向に関するデータの公表(平成25年12月末時点):総務省:2014/04/15) ~2014年度(2015年3月期)におけるMVNOサービス累計契約数の合計は1,970万契約が見込まれ、移 動体通信サービス全体に占めるMVNOサービスの割合は12.3%を予測する。~ (携帯電話の国内市場に関する調査結果 2014~契約数・ハンドセット出荷台数は頭打ち、今後はMVNO拡大に期待~:矢野経済研究所:2014/04/09) 2014年4月時点 ■参考記事(そのまま一部引用) 11
  12. 12. (おまけ) 2013年下半期 12
  13. 13. ~米IDCが現地時間2013年11月12日に公表したスマートフォン市場調査によると、同年第3四半期(7~9 月)に世界で出荷されたスマートフォンの台数は2億6110万台で、前年同期から39.9%増えた。このうち OSに米Googleの「Android」を搭載する端末の台数は前年同期比51.3%増の2億1160万台となり、全体の 81.0%を占めた。Androidの市場シェアが80%を超えたのはこれが初めて。~ (2013年Q3の世界スマホ市場、Androidが初めて80%超に:ITpro:2013/11/13) 【世界】OS・メーカーのシェア 世界のOSシェアNo.1はAndroid メーカーシェアNo.1はSamsung ~スマートフォンは驚異的な成長を遂げている~そんなスマホ業界ではサムソンが存在感を見せている~ Androidが世界を席巻する?~ (デジタルの未来について10秒で分かる10枚のグラフ:THE NEW CLASSIC:2013/11/14) ~2014年 ■参考記事(そのまま一部引用) 13
  14. 14. 国内のOSシェアNo.1はAndroid メーカーシェアNo.1はApple ~2013年9月末のスマートフォン契約数をOS別に見ると、Androidスマートフォン契約数が3157万件 (63.0%)で最も多い。 次いでiOS(iPhone)が1787万件(35.6%)、その他Windows PhoneやBlackBerryが71万件(1.4%)となっ ている。~ (国内のスマホOSシェアはAndroidが63%、iOSが35%に – MM総研:マイナビニュース:2013/10/10) 【日本】OS・メーカーのシェア ~メーカー別出荷台数シェアは、Apple(27.2%)が4半期連続で1位となり、出荷台数は447万台。2位 は“ツートップ”の「Xperia A」などが好調だったソニーモバイルコミュニケーションズで、シェアは前年同 期から6.9ポイント増の16.8%、出荷台数は36%増の276万台に拡大した。同社が2位以上にランクインす るのは初めて。~ (国内携帯電話シェア、ソニーモバイルが初の2位に:ITmedia ニュース:2013/10/31) ~2014年 ■参考記事(そのまま一部引用) 14
  15. 15. フィーチャーフォン vs スマートフォン 普及率は五十歩百歩 【日本】スマホ vs フィーチャーフォン ~「主に利用している端末」の種類を尋ねたところ、「携帯電話」が45.5%(前回52.1%)、「スマートフォ ン」が49.8%(同44.5%)。ついにスマートフォンの所有率がほぼ5割に達し、携帯電話を上回った。~ (スマホ所有率がついに携帯超え、ドコモ版 iPhone 登場の影響がそこかしこに―定期調査「新携帯電話/スマホ買い替え」(2):japan.internet.com : 2013/12/13) ~スマートフォンの所有率は49.8%~ (国内モバイル/クライアントコンピューティング機器 家庭ユーザー利用実態調査結果を発表:IDC Japan株式会社:2013/10/03) ~「スマートフォン」ユーザーの割合が48.0%となり、「フィーチャーフォン」ユーザーの47.7%を2012 年7月の調査開始以来、初めて上回った。~ (スマートフォンの割合がフィーチャーフォンを上回る – ジャストシステム調査:マイナビニュース:2013/11/19) ~2014年 ■参考記事(そのまま一部引用) 15
  16. 16. 年代が若くなればなるほど スマートフォンを利用 【国内】傾向:年代 ~特に10代~30代のスマートフォン利用率は、前月から増えて過去最高を記録した。10代は9.0%増の 75.0%、20代は3.5%増の69.5%、30代は5.0%増の60.5%にのぼる。~ (スマートフォンの割合がフィーチャーフォンを上回る – ジャストシステム調査:マイナビニュース:2013/11/19) ~全国の高等学校1年生相当(約3500名)に対し、アンケート~スマートフォン保有者は全体の84%と昨 年度(59%)より大幅に上昇。また、インターネットに接続する際、最もよく利用する機器についても、 スマートフォンが全体の75%と昨年度(48%)より大幅に上昇。~ (「平成25年度 青少年のインターネット・リテラシー指標等」の公表:総務省:2013/09/03) ~携帯電話を持つ中学生の割合は82%、高校生は98%。回答者全体のうちスマホの保有率は高校生が74%、 中学生が42%だった。中学生には昨年7月にも同様の調査をしており、スマホの保有率は23%からほぼ倍 増した。~ (中学生のスマホ保有率42%に倍増 警視庁調査 高い依存度も指摘:日本経済新聞:2013/11/29) ~2014年 ■参考記事(そのまま一部引用) 16
  17. 17. 特に20代女性は、 スマホ経由のEC利用率が高い ~性年代別でみると(グラフ(1)-2)、20代、30代の女性の割合が高く、とくに20代女性の3人に2人 はスマートフォンでの購入経験がある。また、10代の女性を除き、年齢が若いほどスマートフォンから購 入する人の割合が高い。~ (20代女性の3人に2人はスマートフォンで買物:DFオンライン:2013/12/02) 【国内】傾向:性別/利用シーン ~スマートフォン経由でECを利用した経験がある人の比率が最も高かった層は「女性20代」74.0%。以下、 「女性10代」55.0%、「男性30代」「女性30代」が共に50.0%となっている。~ (スマホを利用したEC市場規模、2015年に2兆6677億円へ – 矢野研:マイナビニュース:2013/10/24) ~2014年 ■参考記事(そのまま一部引用) 17
  18. 18. スマホ関連 お役立ちコンテンツ 18
  19. 19. スマホ関連 お役立ちコンテンツ ■過去の統計まとめ ⇒【スマートフォンの今】 2013年下半期のスマートフォン関連統計まとめ ■無料eBook スマートフォン対策 完全マニュアル ⇒ ダウンロード Web編/メール編 ■その他お役立ち資料 上記以外にも、弊社のさまざまなノウハウをまとめたeBookを 無料でダウンロードできます。ぜひご活用ください。 ⇒シナジーマーケティング株式会社 ライブラリーページ ■著作権について 本書に記載されているすべての画像・文章・情報など一切の権利はシナジーマーケティング株式会社が保有いたします。 この内容のすべて、または一部の無断転載・無断転用を禁止します。 ■商標について 本資料に掲載されている商品およびサービスなどの名称は、各社の商標または登録商標です。 他社商標については「他社商標について」のページをご参照ください。 他社商標について:https://www.synergy-marketing.co.jp/company/terms/trademarks/ 19
  20. 20. すべて無料でご利用いただけます シナジーマーケティングのさまざまなノウハウを まとめたeBookが無料でダウンロードできます。 ぜひご活用ください。 ▶▶▶ ほかのeBOOKを見てみる ■著作権について 本書に記載されているすべての画像・文章・情報など一切の権利はシナジーマーケティング株式会社が保有いたします。この内容のすべて、または一部の無断転載・無断転用を禁止します。 ■商標について 本資料に掲載されている商品およびサービスなどの名称は、各社の商標または登録商標です。 他社商標については「他社商標について」のページをご参照ください。 20

×