情報リテラシー基礎ⅠB
ガイダンス
情報リテラシー基礎ⅠB
京都大学国際高等教育研究院
小山田耕二
授業の概要と目的
 文系・理系を問わずあらゆる分野において研究を遂
行するために必要とされる情報活用能力について体
験的に習得する。
 学生が興味を持つ研究分野における日本語論文執筆
を前提に,あらゆる分野の研究において共通してい
る情報活...
授業の具体的内容
 科学的方法の基礎(9月9日)
 シンポジウム概要(3限)
 仮説検証法(4限)
 科学的方法の習得(9月10日)
 公開データを使った仮説検証演習(3・4限)
 検証結果の英語プレゼン(5限)
 英語による論文...
成績評価について
 科学的方法の習得(9月9-10日)…10%
 仮説検証法
 論文査読
 英語による論文執筆(9月11-13日)…20%
 英語による口頭発表(10月)…10%
 第四回全学共通教育国際学生シンポジウムへ投稿…60...
情報リテラシー基礎ⅠB
ガイダンスⅠ(第3限)
• 教員スタッフの自己紹介…10分
• 学生スタッフによるメッセージ…20分
• 受講生と知り合いましょう…60分
 自己紹介
 研究内容の紹介
 この授業で習得したいこと
全学共通教育国際学生シンポジウ
ム
情報リテラシー基礎ⅠB
情報リテラシー基礎ⅠB
研究ベース学習
研究する力を取り戻す
• 2004年春,自学自習という京都大学の教育理念に向き合って教育のあるべき
姿を考える場「教育交流会」発足.
• 教育交流会学生委員の一声「学生と教職員が一緒になって授業を創っていっ
たら面白いんじゃない...
第1回シンポジウム概要
• 初年次教育における成果発表の場
– 合格発表日(2011年3月10日)に合わせて開催
– 英語による講演発表
• 本学大学院学生による企画運営
– 投稿促進・論文執筆支援
– 論文査読・表彰システム開発
– 会場準備...
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

情報リテラシー基礎㈵B ガイダンス 20130909

616 views

Published on

0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
616
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
203
Actions
Shares
0
Downloads
2
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

情報リテラシー基礎㈵B ガイダンス 20130909

  1. 1. 情報リテラシー基礎ⅠB ガイダンス 情報リテラシー基礎ⅠB 京都大学国際高等教育研究院 小山田耕二
  2. 2. 授業の概要と目的  文系・理系を問わずあらゆる分野において研究を遂 行するために必要とされる情報活用能力について体 験的に習得する。  学生が興味を持つ研究分野における日本語論文執筆 を前提に,あらゆる分野の研究において共通してい る情報活用能力を習得させる.  表計算ソフトを使った情報分析・情報表現  英語による論文執筆  英語による口頭発表(10月に別途開講) 情報リテラシー基礎ⅠB 学術コミュニケーション能力の習得
  3. 3. 授業の具体的内容  科学的方法の基礎(9月9日)  シンポジウム概要(3限)  仮説検証法(4限)  科学的方法の習得(9月10日)  公開データを使った仮説検証演習(3・4限)  検証結果の英語プレゼン(5限)  英語による論文執筆(9月11-13日)  第四回全学共通教育国際学生シンポジウムへの 投稿(9月末)  英語による口頭発表(10月) 情報リテラシー基礎ⅠB
  4. 4. 成績評価について  科学的方法の習得(9月9-10日)…10%  仮説検証法  論文査読  英語による論文執筆(9月11-13日)…20%  英語による口頭発表(10月)…10%  第四回全学共通教育国際学生シンポジウムへ投稿…60% 情報リテラシー基礎ⅠB
  5. 5. 情報リテラシー基礎ⅠB ガイダンスⅠ(第3限) • 教員スタッフの自己紹介…10分 • 学生スタッフによるメッセージ…20分 • 受講生と知り合いましょう…60分  自己紹介  研究内容の紹介  この授業で習得したいこと
  6. 6. 全学共通教育国際学生シンポジウ ム 情報リテラシー基礎ⅠB 情報リテラシー基礎ⅠB
  7. 7. 研究ベース学習 研究する力を取り戻す • 2004年春,自学自習という京都大学の教育理念に向き合って教育のあるべき 姿を考える場「教育交流会」発足. • 教育交流会学生委員の一声「学生と教職員が一緒になって授業を創っていっ たら面白いんじゃないか!?」 – 【学生と教員が一緒に授業を創る】というコンセプト – 2004年8月~2005年3月に「授業はどのようなものにするか」「どのように進行す るか」といった論点で何度もミーティング • 授業コンセプトは「1回生のうちから<研究>というものに触れよう!」 – 学生が自由なテーマで研究を行い,その成果を論文にまとめ,研究発表を行うことを通して、 研究遂行に必要な情報活用能力を習得する グループ討論→投稿→査読→修正→採録→クラス発表→表彰情報リテラシー基礎ⅠB
  8. 8. 第1回シンポジウム概要 • 初年次教育における成果発表の場 – 合格発表日(2011年3月10日)に合わせて開催 – 英語による講演発表 • 本学大学院学生による企画運営 – 投稿促進・論文執筆支援 – 論文査読・表彰システム開発 – 会場準備・会議進行 • 期待される効果 – 国際的学術コミュニケーション能力の向上 – 卒業・修士・博士論文品質の向上 学生シンポジウム 対話と理解 研究ベース学習 行動 調査・観察・実験 きづき 大学院学生 新入生 参加 投稿 情報リテラシー基礎ⅠB

×