0905.rd

663 views

Published on

0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
663
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
262
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

0905.rd

  1. 1. Methods,Results & Discussion
  2. 2. スケジュール 9/4(火) 9/5(水) 9/6(木) 9/7(金) Results & Abstract &3限 導入 Method Discussion Title4限 Introduction Results Conclusion Revision5限 Introduction Discussion Conclusion まとめ
  3. 3. スケジュール 9/4(火) 9/5(水) 9/6(木) 9/7(金) Results & Abstract &3限 導入 Method Discussion Title4限 Introduction Results Conclusion Revision5限 Introduction Discussion Conclusion まとめ
  4. 4. IMRaD
  5. 5. Results
  6. 6. Results(結果)とDiscussion(考察)の違いとは?
  7. 7. Results Discussion Describe Explain Depict InterpretDemonstrate Show
  8. 8. Results(1) Resultsのムーブを知る。(2) 時制とコロケーションに気を付ける。本時の目標
  9. 9. Resultsの構造 ムーブ 観点 分析の観点を示す 発見 調査から得た発見を示す 図表 図表を参照する 例示 発見の具体例を示す 対象 調査の対象をふり返る 予告 次に来る情報を予告するResults セクション
  10. 10. Resultsの構造 ムーブ 表現 観点 分析の観点を示す regarding, as for, 発見 調査から得た発見を示す was greater than, focused on, had fewer numbers of features…, as compared with, were not different 図表 図表を参照する (Table 1), as shown in Table 1, Table A summarizes ~ 例示 発見の具体例を示す were, for example, specifically 対象 調査の対象をふり返る during the study…~were included 予告 次に来る情報を予告する provide quotes to illustrate, In addition, Similarly, Meanwhile,Results セクション
  11. 11. • 交互作用—2つ以上の要因があるとき、1つ の要因の水準ごとに測定変数に対する他の 要因の効果が異なること 統計学のここが知りたい 石井秀宗(著)• 図表の参照→ Blackawton bees, Resultsセクション
  12. 12. Discussion
  13. 13. Discussion(1) Discussionのムーブを知る。(2) 解釈する。(Resultsで発見したことに関して意味付けをし、論 じる)(3) 位置づける。(先行研究との比較)本時の目標
  14. 14. Discussionの構造 ムーブ 結果 調査の結果をまとめる 解釈 先行研究をふり返る 先行研究と本研究との相違を指摘する 本研究で発見したことを論じる 限界 本研究の問題点を示す 本研究の問題点を検討するDiscussionセクション
  15. 15. Discussionの構造 ムーブ 表現 結果 調査の結果をまとめる In our study, X are focusing on Y 解釈 先行研究をふり返る found that, X was not associated with B, were preferred for, 先行研究と本研究との相 have identified few studies… that 違を指摘する provide evidence 本研究で発見したことを add to the literature by providing 論じる empirical evidence , submit that~, this result could be interpreted as~ 限界 本研究の問題点を示す our study has some limitations, the sample size was small, our findings may not apply to other types of presentations. 本研究の問題点を検討す However, allowed us to explore areas る without cueingDiscussionセクション
  16. 16. 補足• 剽窃(plagiarism)を防止するために= 他人の作品・学説などを自分のものとして 発表すること。→必ず出典を明記すること。e.g.) ○○と同様に・・ ○○とは異なって・・補足
  17. 17. 明日までに• 自分の研究分野の論文のResultsと Discussion部をムーブ分析し、授業内 で取り上げた論文との相違点をまと めてくる。

×