Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

0903はじめに

940 views

Published on

  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

0903はじめに

  1. 1. 研究の世界 B< 研究リテラシー入門コース > 英語論文執筆 1 夏休み集中講座 9/3 (月) - 9/7 (金)
  2. 2. 本講座の目標(1) 基本的な英語論文の型を掴み、その構造・ 文体・表現等を理解する。(知る)(2) 学術論文の形式をふまえ、英語での論文執 筆を行う。 (書く)  本年度は、実際の執筆活動も授業内で積極的に 行っていきます。本講座の目標
  3. 3. 本講座の目標 守・破・離 まずは「型」を習得する。本講座の目標
  4. 4. 自己紹介(1) 日本語で  英語で (2) 名前、所属・専門、出身地、趣味、          部活・サークル、なぜこの授業を とったか、    将来は…などウォームアップ
  5. 5. 本時 : 英語論文の基礎知識◎ 論文のイメージについて話し合いましょう0. 英語で論文を書いたことがありますか?1. 学術論文を書く目的は何ですか? 日記、英作 文、読書感2. 誰に向かって書きますか? 想文とどう 違う?3. どのような文体で書きますか?4. その具体的な言語的特徴は?ウォームアップ
  6. 6. 英語学術論文の特徴1. 目的 2. 読み手  研究成果の公表  当該分野の専門家  「英語」で書く意 Discourse community 味 cf.) Readerly writer3. 文体  中立性 (Neutrality)  客観性 (Objectivity)ウォームアップ
  7. 7. モデル英語論文 実際に論文とはどんなものか、一つのモデル論文を見てみましょう 。モデル英語論文
  8. 8. 作業 : モデル英語論文のダウンロード  【手順】※今日はネット接続がないので行いません。 (1) Google Scholar にアクセス (2) キーワード入力 (3) PDF ファイルを選択 PDF あり ここをクリッ ク【出典】Benedict, C. J., David, R. F., Lisa, M. D., Anthony, C.L., & Jovana ,V. (2008). Integrating cues of socialinterest and voice pitch in mens preferences forwomens voices. Biological Letter, 4: 192-194. モデル英語論文
  9. 9. モデル英語論文  【出典】 Benedict, C. J., David, R. F., Lisa, M. D., Anthony, C. L., & Jovana ,V. (2008). Integrating cues of social interest and voice pitch in mens preferences for womens voices. Biological Letter, 4: 192-194.モデル英語論文
  10. 10. モデル英語論文A. 論文構成について・何が、どんな順番で書かれていますか?・自分の専門分野の論文も同じ構成になっている でしょうか?B. 論文内容について・これは何について書いた論文ですか?・論文の概要を素早くつかみたい時、どこを読め ばよいでしょうか?モデル英語論文
  11. 11. モデル英語論文A. 論文構成について・何が、どんな順番で書かれていますか?・自分の専門分野の論文も同じ構成になっている でしょうか?B. 論文内容について・これは何について書いた論文ですか?・論文の概要を素早くつかみたい時、どこを読め ばよいでしょうか?モデル英語論文
  12. 12. A. 英語論文の基本構成 IMR a D ?英語論文の基本構成
  13. 13. A. 英語論文の基本構成カタログ情報 本体(本文) 参考文献 Title Introduction Reference Author Methods Acknowledge ment Abstract Results Appendix Key words Discussion 基本要素 Conclusion 付加要素英語論文の基本構成
  14. 14. スケジュール  9/4( 火 ) 9/5( 水 ) 9/6( 木 ) 9/7( 金 ) Results & Abstract &3限 導入 Method Discussion Title4 限 Introduction Results Conclusion Revision5 限 Introduction Discussion Conclusion まとめ
  15. 15. モデル英語論文A. 論文構成について・何が、どんな順番で書かれていますか?・自分の専門分野の論文も同じ構成になっている でしょうか?B. 論文内容について・これは何について書いた論文ですか?・論文の概要を素早くつかみたい時、どこを読め ばよいでしょうか?モデル英語論文
  16. 16. B. モデル論文の内容 授業では、適宜モデル論文を参照しながら、英語で の学術論文の書き方を学んでいきます。そのため、 まず論文の概要を確認しておきましょう。cf.) Readerly writer (読み手のような書き手) ⇔ Writerly reader (書き手のような読み手)  =論文読解を通して、書くべきこと、書き方を学 ぶ● ワークシート参照モデル論文の内容
  17. 17. (補足)英語論文執筆の原則3CClear, Correct,Concise
  18. 18. (補足)英語論文執筆の原則3CClear, Correct,Concise
  19. 19. (補足)論文作成のヒント―日本語と英語一般的な日本語(論文)の特徴 Cause/reason comes first 原因・理由が最初 Followed by the conclusion 結論が後に続く Ki-sho-ten-ketsu 起承転結 (参考)採用率を高める科学英語の書き方:日本人の論文に特徴的 な  問題点とは . 2011. International Nursing Review, Supplement 151, 34(3), 94−102
  20. 20. (補足)論文作成のヒント―日本語と英語一般的な英語(論文)の特徴 The conclusion comes first 結論が最初 Reasoning/explanation comes after the conclusion 理由・説明が結論の後に続く (参考)採用率を高める科学英語の書き方:日本人の論文に特徴的 な  問題点とは . 2011. International Nursing Review, Supplement 151, 34(3), 94−102

×