Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

VRセミナー講演資料20161119

466 views

Published on

VRセミナー(岡山理科大学, 2016年11月19日)の発表資料です

Published in: Technology
  • DOWNLOAD THIS BOOKS INTO AVAILABLE FORMAT (Unlimited) ......................................................................................................................... ......................................................................................................................... Download Full PDF EBOOK here { https://tinyurl.com/yyxo9sk7 } ......................................................................................................................... Download Full EPUB Ebook here { https://tinyurl.com/yyxo9sk7 } ......................................................................................................................... ACCESS WEBSITE for All Ebooks ......................................................................................................................... Download Full PDF EBOOK here { https://tinyurl.com/yyxo9sk7 } ......................................................................................................................... Download EPUB Ebook here { https://tinyurl.com/yyxo9sk7 } ......................................................................................................................... Download doc Ebook here { https://tinyurl.com/yyxo9sk7 } ......................................................................................................................... ......................................................................................................................... ......................................................................................................................... .............. Browse by Genre Available eBooks ......................................................................................................................... Art, Biography, Business, Chick Lit, Children's, Christian, Classics, Comics, Contemporary, Cookbooks, Crime, Ebooks, Fantasy, Fiction, Graphic Novels, Historical Fiction, History, Horror, Humor And Comedy, Manga, Memoir, Music, Mystery, Non Fiction, Paranormal, Philosophy, Poetry, Psychology, Religion, Romance, Science, Science Fiction, Self Help, Suspense, Spirituality, Sports, Thriller, Travel, Young Adult,
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here
  • Be the first to like this

VRセミナー講演資料20161119

  1. 1. VRセミナー まもなく開催します 本日の教材は,画像を抜いて公開します http://slideshare.net/syamane GameStudy.jp. 2016. 0
  2. 2. 本セミナーについて GameStudy.jp. 2016. 1 • 主催者について • 自己紹介
  3. 3. オープニング: はじめに • 岡山のゲームシーン紹介 1. 日本三大○○○○○○ 2. 世界のゲーム産業を変えた岡山の 人材 3. 日本のインディーゲーム開発を変え た岡山の人材 4. 世界が注目する岡山の大学 GameStudy.jp. 2016. 2
  4. 4. 日本3大ジョイポリス GameStudy.jp. 2016. 3
  5. 5. 世界のゲーム産業を変えた岡山の人材 GameStudy.jp. 2016. 4
  6. 6. 日本のインディーゲームを変えた 岡山の人材 GameStudy.jp. 2016. 5
  7. 7. 世界が注目する岡山の大学 • ゲーム教育機関の全米組織 HEVGA http://higheredgames.org/ • 世界に通用する国内教育機関は数少ない GameStudy.jp. 2016. 6
  8. 8. オープニングはこのへんにして, 本題に入ります • VR • ゲームジャム • プロトタイピング GameStudy.jp. 2016. 7
  9. 9. 「VR体験」は存在しない • VRと一言で言っても色々あります • 代表的なものを紹介します: GameStudy.jp. 2016. 8
  10. 10. さまざまなVR開発だが,開発基盤は共通 • ゲーム技術 • ゲームエンジン • ゲームは最新技術実用化の実験場だったが, VRの普及でもゲームがパイオニア GameStudy.jp. 2016. 9
  11. 11. VR開発の課題と対策 • 技術だけでは解決できない問題 – マーケット: ユーザは誰? – リスクアセスメント: ゲームをダメにするのは何? – コスト: 完成までにどれくらいかかるのか? • 大学・大学院のゲーム開発専攻では,これら の問題も学ぶようになりました – 日本が立ち遅れている部分 • ゲームジャムでこれらの課題に取り組めるか GameStudy.jp. 2016. 10
  12. 12. VRゲームジャムで学べること • マーケット: ユーザは誰? – 多様なユーザに開発版をプレーしてもらいフィード バックを集める • リスクアセスメント: ゲームをダメにするのは何? – 検証用プロトタイプを作る • コスト: 完成までにどれくらいかかるのか? – コア(そのゲームの核心)となる部分をまずつくり,期 限まで成長させる – コアって何?VR技術?いいえ,ユーザ体験です • これらをすべてゲームジャムで体験できるGameStudy.jp. 2016. 11
  13. 13. ゲームジャムとは? • Indie Game Jam – ゲームの大規模化に対するインディーゲームムーブメ ント – ハッカソンとの違い • Nordic Game Jam – コペンハーゲンでの産学連携イベント • Global Game Jam – 国際NPO団体 IGDA の Education SIGのプロジェクト GameStudy.jp. 2016. 12
  14. 14. Global Game Jam 基調講演で学ぶ • Global Game Jam 2009 基調講演 (日本語字幕) https://www.youtube.com/watch?v=BYIESCGeI5k • 日本語字幕に加えて,ゲームジャムを日本国内に 紹介した時の解説をIGDA日本ブログで読めます. – http://igdajac.blogspot.jp/2010/05/global-game-jam- 2010.html – http://igdajac.blogspot.jp/2012/01/2011ggj-global- game-jam-22-ojtoff-jt-4.html GameStudy.jp. 2016. 13
  15. 15. ゲームジャムへの反響 GameStudy.jp. 2016. 14
  16. 16. ゲームジャムでVRプロトタイピング GameStudy.jp. 2016. 15
  17. 17. ゲームジャム発のVRタイトル (1) Keep Talking and Nobody Explodes • Global Game Jam 2014 にて開発 – http://globalgamejam.org/2014/games/keep-talking-and- nobody-explodes-oculus-rift-razer-hydra • 開発続行と予想外の反響 – 当初はアーリーアダプターが注目,非公式日本語訳マニュアル も配布 – その後「over 200,000 copies 」,ゲームを遊ばない人にも売れた – ゲーム企業が手を出さない「VRパーティーゲーム」市場を開拓 • GDC16でIGFアワードを受賞 – 講演: http://www.gdcvault.com/ でタイトル検索 – 受賞式: http://www.gdcvault.com/play/1023490/IGF-Awards GameStudy.jp. 2016. 16
  18. 18. ゲームジャム発のVRタイトル (2) Headmaster • Boston VR Bender Game Jam 2014 • ゲームジャム後も開発を継続 – Unity Award 2015 ファイナリスト – PSVRローンチタイトルとして,E3やFIFAチャンピオンズ リーグ決勝イベントで展示される • ゲームジャムでのプレイ動画はとてもシンプ ルで,コアとなる体験にフォーカスしている – https://www.youtube.com/watch?v=-I5AOl_747k GameStudy.jp. 2016. 17
  19. 19. ゲームジャム発のVRタイトル (3) 学園追放 • Oculus Game Jam 2014 大阪会場 – http://togetter.com/li/752365 – https://www.youtube.com/watch?v=sAffY65Zwt0 • 映画『楽園追放』戦闘シーンのVR版を浮き輪 を使ってやってみた • 高速移動なのにVR酔いが少なかったという発 見.(研究者がチームに入っていたら…) GameStudy.jp. 2016. 18
  20. 20. ゲームジャム発のVRタイトル (番外編1) Surgeon Simulator VR • Global Game Jam 2013 ロンドン会場 http://2013.globalgamejam.org/2013/surgeon -simulator-2013 • 開発継続して有料版 • なぜか英国アカデミー賞(BAFTA)のシミュレー ションゲーム部門にノミネート – インディーゲーム開発者がアカデミー賞レッド カーペットに • 無料VR版,ドナルド・トランプ版を追加投入 GameStudy.jp. 2016. 19
  21. 21. ゲームジャム発のVRタイトル (番外編2) Goat Simulator VR • 社内ゲームジャム発,公開する予定はなかっ た • スタッフの投稿したプレイ動画に大反響,本 格開発へ • 数々の受賞後,VR版を発表 GameStudy.jp. 2016. 20
  22. 22. 国産VR開発の課題 • 国内ゲームジャムからも面白いものはあるが… – その場かぎりで開発継続・完成させるのが難しい – ヒット作のVR化があまりない印象 • どうすれば開発継続できる? – 国内ファンドもあるが,問題は資金調達ではない – そもそもゲームジャムからヒット作へというマインドが薄い – ヒットメーカーの基調講演でモチベーションをあげるGlobal Game Jam – プロトタイプの将来性を信じて開発を継続するには – 無名の開発者が応援しあうコミュニティ(ゲームジャム会 場) GameStudy.jp. 2016. 21
  23. 23. クロージング: 今後の課題 • ゲーム分野以外へのVRチャレンジ – ゲーム以外へのVR応用はなぜ難しいのか • ゲーム開発者は「これはゲームなのか?」という境界 例チャレンジをとりこんできた – ゲーム開発者だけでなく,すべての人がゲームエ ンジンの恩恵を受けられるべき • 単なるVR応用ではなく,ゲーム開発者と他業 種とのコラボレーションが鍵 • 例: Epic欧州拠点のBig Data VR Challenge – ビッグデータのインタフェースは数十年前から変 わっていなかった GameStudy.jp. 2016. 22
  24. 24. まとめ • 岡山のゲームシーン • ゲーム技術で誰もがVR作品開発できるように • ゲームジャムでの短期チーム開発 – VRプロトタイピング • ゲームジャム発のVRゲームの可能性 • 今後のゲームジャム岡山会場開催に向けて GameStudy.jp. 2016. 23
  25. 25. 連携して盛り上げていきましょう! • 一つの分野,一つの組織でやることには限界 がある • ゲームは一つの専門だけではつくれない GameStudy.jp. 2016. 24
  26. 26. 最後に宣伝 • 【インターンシップ・キャンパスウェブHP】 http://www.campusweb.or.jp/internship/web / • 本学学生には岡山県中小企業団体中央会が 運用するインターンシップサイトの利用を勧め ています • ご登録に関するお問合せ等は、岡山県中小 企業団体中央会インターンシップ担当者まで GameStudy.jp. 2016. 25

×