SetucoCMS勉強会 TDD1

549 views

Published on

Published in: Economy & Finance
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
549
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
6
Actions
Shares
0
Downloads
1
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

SetucoCMS勉強会 TDD1

  1. 1. SetucoCMS勉強会 TDD1 @suzuki_mar
  2. 2. 本日の目的
  3. 3. TDDに馴染みがない人TDDが身近に感じ るようように
  4. 4. すでにTDDをしている人人に教えることに よってさらに 理解を深める
  5. 5. タイムスケジュール13:00 - 13:30 会場の準備 勉強会の説明13:30 - 15:00 FizzBuzzをTDDでペアプロでやる15:00 - 15:30 お互いのソースコードのレビュー余った時間は休憩15:30 - 17:00 TDDBC 1.7 for Tokyo お題 その1をやる17:00 -     振り返りを飲みながらやる(会議室の時間の有効活用のため)
  6. 6. FizzBuzzでTDDでペアプロをする目 的
  7. 7. すでにできるものを新しいやり方でやると理解が深ま る
  8. 8. FizzBuzzの仕様1から100までの数をプリントするプログラムを書く。ただし以下の条件を満たすこと3の倍数のときは数の代わりに[Fizz]と表示する5の倍数の時は[Buzz]と表示する3と5両方の倍数の場合には[FizzBuzz]と表示する
  9. 9. ソースコードをレ ビューする目的
  10. 10. 同じ課題を他の人がプログラミング したことによって、気づきをえる ことができる
  11. 11. レビューしてもらう人は、今まで気づかなかった問題点を知ることがで きる
  12. 12. 自分の悪いところは指摘してもらう まで気づけない
  13. 13. 相手のことを考えてdisりあうとことで、お互いが成長 する
  14. 14. TDDBCの問題を解 く目的
  15. 15. 簡単な問題は、仕事のプログラミングとは大きく異な る
  16. 16. 仕事のプログラミングと同じような 問題を解く
  17. 17. 仕事にも適用しや すくなる
  18. 18. 振り返りを飲みな がらやる理由
  19. 19. 振り返り 超重要
  20. 20. 多分時間が足りなくなる可能性が大 きい
  21. 21. 会議室はワークショップにできる だけ使いたい
  22. 22. 軽く飲みながら振 り返ればいい
  23. 23. 今回の勉強会をいかすための5のこと
  24. 24. TDDで重要なもの
  25. 25. 黄金の回転を素早 く何回も行ってソースコードをわかりやすくしてい く
  26. 26. TDDを活用して、ソースコードをわかりやすくしてい くことが重要
  27. 27. ワークショップ中でもリファクタリ ングを意識する
  28. 28. ペアプロを上手に やるには
  29. 29. 先輩や、初対面の人にも遠慮しないでどんどん話して いく
  30. 30. ペアプロを楽しく やるには
  31. 31. 少しでも問題が進んだら、大げさでもいいから喜び合 う
  32. 32. 課題を終わらせる ことよりも
  33. 33. TDDやペアプロを勉強するのが今回 の目的
  34. 34. ご清聴ありがとう ございました。
  35. 35. さっそくTDDをや りましょう
  36. 36. 問題1FizzBuzz
  37. 37. FizzBuzzの仕様1から100までの数をプリントするプログラムを書く。ただし以下の条件を満たすこと3の倍数のときは数の代わりに[Fizz]と表示する5の倍数の時は[Buzz]と表示する3と5両方の倍数の場合には[FizzBuzz]と表示する
  38. 38. FizzBuzzのコード レビュー
  39. 39. 問題2TDDBC 1.7 その1http://bit.ly/oEX5u1

×