Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

AWS+でスケールアウト&スケールアップ

6,953 views

Published on

Published in: Technology, Sports
  • Be the first to comment

AWS+でスケールアウト&スケールアップ

  1. 1. AWS+でスケールアウト&スケールアップ suz-lab Amazon EC2 導入サービス http://www.aws-plus.com アイレット株式会社
  2. 2. AWSとは? ● Amazonが提供するIaaSサービス。 ● 従量課金制: 資産を持たず、開始/終了も直ちに可能 ● 豊富な製品群: 既存システムの移行も容易 – EC2, EBS, セキュリティグループ, ELB, S3, CloudFront, … ● 幅広いスペック(EC2): CPU 1~33.5 ECU, MEM 1.7~68.4 GB – 1ECU = Opteron/Xeon 1.0~1.2 GHz ● Region/Zoneの概念 ● 複数の地域(Region)、複数のデータセンター(Zone)で利用可能 A Zone B Zone シンガポール A Zone B Zone カリフォルニア バージニア アイルランド
  3. 3. AWSの製品群 ● EC2(マシン) ● 追加、削除が容易に可 ● Linux/Windows/... ● AMI(Bootイメージ)を予め 作成 ● ELB(ロードバランサー) ● Zoneをまたがった振り分け (冗長化)も可能 ● ヘルスチェックを行い障害が 発生したマシン自動切り離し ● EIP(固定パブリックIP) ● 一つのインスタンスに一つ付与 可能 ● 付与しているインスタンスを動 的に付け替えることも可能 ● RDS(データベース) ● MySQL専用マシン ● 冗長化(Multi-AZ) ● 自動バックアップ ● 読み取り専用DB(リードレプリ カ)
  4. 4. AWS製品の構成図 EC2(マシン) ELB(ロードバランサー) インターネット Region(地域) Zone(データセンター) Zone(データセンター) EC2(マシン) RDS(マスター) (データベース) RDS(スレーブ) (データベース) Multi-AZ Read-Replica EIP(固定IP) EIP(固定IP)
  5. 5. AWS+とは? ● EC2やS3をはじめとするAWSのプロダクトを導入設計か ら運用・保守まで行うトータルサポートサービスです。 ● 定額課金・請求書払い – AWSは従量課金(クレジットカード払い)ですが、その部分を代行し、お客 様が定額の料金を請求書払いできるようにしています。 ● バースト保障 – 急なアクセス増(バースト)でも、追加料金なしで一時的にサーバを増強し、 サービスが停止しないようにします。 ● フルマネージド – 標準で毎日二世代バックアップをとります。 – 任意のサービス/リソースを監視します。 – 専門スタッフが24時間サポートします。
  6. 6. サーバ(EC2)の拡張 ● マシン(EC2) ● スケールアウト(無停止) – 予め作成したスケールアウト用AMI(Bootイメージ)より、追加インスタン ス(EC2)を生成。 ● スケールアップ(停止) – 現行インスタンスを一旦停止し、そこからAMIを作成し、そのAMIを用いて よりスペックの高いインスタンスを起動。 ● データベース(RDS) ● スケールアウト(無停止) – リードレプリカ(読み取り専用DB)を作成 ● スケールアウト(停止) – RDSを一旦停止してバックアップからよりスペックの高いRDSを作成
  7. 7. スケールアウト(EC2) ● 依頼があれば直ちに無停止で実現できます。 ● CPUなどの閾値を指定して自動拡張(Auto Scaling)させる こともできます。 EC2(マスター) ELB(ロードバランサー) EC2(スレーブ) EC2(スレーブ) AMI 1. 予めスケールアウト用のAMIを用意 2. AMIからインスタンス(EC2)を作成 3. 作成したスレーブインスタンスを調整 4. ELB(ロードバランサー)に追加
  8. 8. スケールアップ(EC2) ● 依頼があれば直ちに実現できます。 ● 基本的に停止時間が必要ですが、(冗長)構成によっては無停止で 行うこともできます。 1. 旧インスタンス(EC2)を停止 2. 旧インスタンスからAMIを作成 3. AMIから新インスタンスを作成 4. 新インスタンスにEIP(IPアドレス)を移動 EC2(旧) AMI EC2(新) インターネット EIP
  9. 9. スケールアウト(RDS) ● 依頼があれば直ちに無停止で実現できます。 ● リードレプリカ(読み取り専用DB)を無停止で作成可能。 RDS(スレーブ) EC2(サーバ) RDS(マスター) RDS(スレーブ) - AWSマネジメントコンソールから簡単に作成 - 非同期レプリケーション - 接続先の追加はアプリケーションで対応
  10. 10. スケールアップ(RDS) ● 依頼があれば直ちに実現できます。 ● 基本的に停止時間が必要ですが、(冗長)構成によっては無停止で 行うこともできます。 - AWSマネジメントコンソールから簡単に実行 - 停止時間は3分くらい - 接続先(DNS名)は変わらない RDS(旧) バックアップ RDS(新) DNS名 EC2(サーバ)
  11. 11. AWS+ 導入資料 suz-lab Amazon EC2 導入サービス http://www.aws-plus.com アイレット株式会社

×