Amazon Web Services(AWS)とcloudpack について

1,654 views

Published on

0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
1,654
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
111
Actions
Shares
0
Downloads
10
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Amazon Web Services(AWS)とcloudpack について

  1. 1. Amazon Web Services(AWS) cloudpack 2011.11.21
  2. 2. Amazon Web Services(AWS)について
  3. 3. AWS1. アマゾンの⾼度なEコマ―スサイトの運⽤ノウハウとテクノロジーをIaaSな クラウドとして提供。2. 完全従量制(初期費⽤無し)+ 低コストで、CPU、ストレージ、DB及び 各種サービスを提供 各種サ ビスを提供 ⇒キャッシュフロー経営に効果⼤3. Windows、Linuxなどの仮想化環境を提供 ⇒既存のアプリケーションの移植性が⾼い(技術的なジャンプ少)4. SLA(稼働時間:99.95%)を提⽰ ⇒運⽤に24時間⼈を張り付ける必要なし 運 時 付 必5. 仮想サ バ(EC2)だけでなくデ タベ ス(RDS)、Webストレ ジ(S3)等、5 仮想サーバ(EC2)だけでなくデータベース(RDS) Webストレージ(S3)等 より運⽤を簡単にするためのサービスを順次追加 2
  4. 4. AWSRegion (地域) 及びAvailability Zoneを選択可能RegionとAvailability Zoneの組み合わせた運⽤可能⾼い耐障害性 US East Region US West Region US West Region Oregon California Zone Zone A B Zone Zone Zone Zone A B A B Zone Zone D C EU West Region Asia Pacific Region Asia Pacific Region Singapore Tokyo Zone Zone Zone Zone Zone Zone A B A B A B 3
  5. 5. Amazon EC21. オンデマンドで必要なCPUパワーを提供 数分で新しくサーバ(=インスタンス)を起動 数分 新 くサ バ( イ タ )を起動 スケールアップ、ダウンも迅速に実現2. 従量制課⾦(Pay-as-you-go): インスタンスの時間貸し+データ流量3. 主な特徴: 主要なOS、Web、アプリケーションプラットフォームをサポート Elastic IPs (固定IP)による運⽤の柔軟性 Elastic Block Store(EBS)による永続的なデータ利⽤ ロードバランサー(Elastic Load Balancing)+ モニタリング(CloudWatch) + オート スケールにより、負荷分散、サーバの⾃動増減等の運⽤⾃動化が可能 スケ ルにより 負荷分散 サ バ ⾃動増減等 運⽤⾃動化が可能 Availability Zone(データセンター)をまたがった冗⻑構成が可能 4
  6. 6. Amazon EC2 AWS(東京) A Zone B Zone AMI EBS EBS S3 Snapshot Snapshot 5
  7. 7. Amazon S31. クラウド上のスケーラブルなデータストレージ2. ⾼い信頼性と永続性 99.999999999%の堅牢性と、99.99%の可⽤性を提供 99 999999999%の堅牢性と 99 99%の可⽤性を提供3. 従量制課⾦(Pay-as-you-go): 従量制課⾦(Pay as you go): 使⽤するディスク容量とデータ流量での課⾦4. CloudFrontとの組み合わせで⾼速なCDNを構築 CloudFrontのEdgeサーバは東京にも有り5. CloudFront Streamingとの組み合わせでオンデマンドストリーミングにも対応 Adobe Flash Media Serverをビルトイン 6
  8. 8. Amazon S3 CloudFront CloudFront CloudFront S3 html img css js swf 7
  9. 9. Amazon RDS1. クラウド上でリレーショナルデータベースを簡単にセットアップ可能2. MySQL、Oracleデータベースの2種類から選択可能3. 従量制課⾦(Pay-as-you-go): インスタンスの時間貸し+とデ タ流量での課⾦ インスタンスの時間貸し+とデータ流量での課⾦4. DBスナップショットによる完全バックアップ5. ハードウェア障害時には、⾃動的にホストを置換 Multi-AZで利⽤時に限ります。 8
  10. 10. Amazon RDS AWS(東京) A Zone B Zone ⾮同期 同期 Read Replica Active Standby S3 Snapshot 9
  11. 11. コンピューター処理 ストレージAmazon Elastic Compute Cloud(EC2) p ( ) Amazon Simple Strage Service(S3) p g ( )Amazon Elastic MapReduce Amazon Elastic Block Storage(EBS)Auto Scaling AWS Import/Exportデータベースデ タ ネットワーク ネ ト クAmazon SimpleDB Amazon Route 53Amazon Relational Database Service(RDS) Amazon Virtual Private Cloud(VPC) Elastic Load Balancerメッセージング メッセージングAmazon Simple Queue Service(SQS)Amazon Simple Notification Service(SNS) AWS Elastic BeanstalkAmazon Simple Email Service(SES) AWS CloudFormationコンテンツ配信 モニタリングAmazon CloudFront Amazon CloudWatch 10
  12. 12. 先⾏投資が不要でコストは実際に利⽤した分のみ。また信頼性、拡張性が⾼いので、安⼼した運⽤が可能。頼性 拡張性が⾼いので 安⼼した運⽤が可能コストメリットが⾼い 信頼性が⾼い・初期費⽤なし+完全従量課⾦制 ・世界中にデータセンタがある・低コストでCPU/ストレージ/DB/その他各種サービス ・Amazon.com運⽤ノウハウをサービス化 を提供 ・CDNサービス・使った分だけ請求される拡張性 ⾼拡張性が⾼い サ サーバ管理・運⽤が容易 管理 運⽤ 容易・必要な時いつでも起動できる ・サーバ起動がコマンドひとつ、ブラウザから管理画・サーバの増減が⾃由 ⾯利⽤で可能・帯域について⼼配する必要がない ・ハードウェア故障がない ・運⽤に24時間⼈を張り付ける必要なし ・各種仮想化イメージ提供(Windows/Linux etc) ・セキュリティ設定の機構が予め準備されている 11
  13. 13. システム構築 ・ミドルウェアのインストールなどは⾃分で実施バックアップと障害対応バ クア プと障害対応 ・⽇々の運⽤は⾃分で実施 障害対応も⾃分で実施 ・障害対応も⾃分で実施OS/MWレベルの監視とサポート ・AWSが提供する監視(CloudWatch)はAWSインフラレベルまで ・サポートも基本的にAWSインフラレベルまで円建て請求書払い ・基本的にドル建てクレジットカード払い 12
  14. 14. cloudpackとは?
  15. 15. EC2やS3をはじめとするAWSプロダクトを導⼊設計から運⽤保守まで⾏うトータルサービスです。⽤保守まで⾏うト タルサ ビスです AWSソリューションプロバイダー ⽇本企業では、19社(2011年8⽉24⽇現在)が登録されており、AWSのエコシステ ムを⽀える重要なソリューションプロバイダーとして、⽶国Amazon社が認定する企 業です。 業です http://aws.amazon.com/jp/solutions/solution-providers/cloudpack/ プレミアムサポート(GOLD)に加⼊済み プレミアムサポートは、緊急性の⾼い障害や障害原因やAWSプロダクトに対する技術 的な内容などについて、電話やメールで問い合わせが可能なサポートサービスです。 cloudpackでは、プレミアムサポートゴールドに加⼊しているため、質問内容に対す る返答を1時間以内にもらうことが可能です。 14
  16. 16. トレンドマイクロ株式会社クラウド(AWS)上のサーバにも提供し、クラウド時代のセキュリティを牽引GMOグローバルサイン株式会社AWS上での⽉額課⾦型SSL証明書の提供マクニカネットワークス株式会社Amazon VPC利⽤時の拠点側に設置するVPNルーター(Juniper製品)に精通リアルテックジャパン株式会社AWSとSAPの両⽅に精通しています。安⼼して運⽤することが可能aiCache.LTDWebアプリケーションに対するキャッシュソリューション 15
  17. 17. 16
  18. 18. ・急なアクセス増にも対応・スケールアウトで負荷分散!・追加料⾦なし! 追加料⾦なし!・⽇本円での定額課⾦・請求書払い・ cloudpackがAWSへの⽀払いを代⾏・サービス/リソース監視・バックアップ/リストア バックアップ/リストア・24時間/365⽇のサポート 17
  19. 19. ○サービス/リソース監視○サ ビス/リソ ス監視 ○バックアップ/リストア ○安⼼のセキュリティ ○安⼼のセキ リティ○セキュリティ診断 ○負荷テスト ○万 サポ ト ○万全サポート 18
  20. 20. 専⾨スタッフが電話/メール/Backlogにてサポート。お客様の抱えているAWSの問題点をに技術サポートにてお客様の抱えているAWSの問題点をに技術サポ トにてクリアにいたします! CTO 鈴⽊ 窓⼝担当 サポートエンジニア お客様 サポートエンジニア AWSプレミアムサポート「ゴールド」 プレミアムサポ ト ルド」ご契約いただいたお客様専⽤のプロジェクト管理ツール「Backlog」を gご⽤意し、cloudpackスタッフが密に対応して参ります。 19
  21. 21. セキュリティについて
  22. 22. Amazon VPCは、企業の既存ITインフラとAWSクラウドをVPN接続を⽤いて統合できる、安全かつシームレスなブをVPN接続を⽤いて統合できる 安全かつシ ムレスなブリッジです。・独⾃に隔離されたリソースを利⽤・サブネットやゲートウェイなど 使いなれたネットワークコンセプトを利⽤・Dedicaatedインスタンスで D di t dインスタンスで ハードウェアの占有も可能 21
  23. 23. お客様がより安⼼してクラウド環境でのサービス運⽤を⾏うために、トレンドマイクロ社のソリューションを採⽤しています。 Trend Micro Deep ServerProtect Trend Micro Security SecureCloud・FW/IDS/IPS/WAF ・ウィルス対策 ・ディスクの暗号化・変更監視/ログ監視 ・スパイウェア対策 ・鍵管理 22
  24. 24. cloudpackは、プライバシーマーク取得企業です。 cloudpack(アイレット株式会社)は、プライバシーマー クの認定取得を通して、個⼈情報の保護および適正な取り 扱いを⾏い、ユーザーの皆様の信頼と満⾜を得られるよう にサービス向上に取り組んでおります。 2012年10⽉にISMS(ISO27001)の取得予定 23

×