日本と米国西海岸のビーチ環境について

591 views

Published on

Published in: Sports
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
591
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
267
Actions
Shares
0
Downloads
2
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

日本と米国西海岸のビーチ環境について

  1. 1. 日本と米国西海岸の ビーチ環境について 2013.11.28 @ KEEN GARAGE 原宿店 一般社団法人サーフライダーファウンデーションジャパン 松原広美・竹本雅史 "
  2. 2. 一般社団法人サーフライダーファウンデーションジャパンについて MISSION 熱心な活動家のネットワークにより、海・波・海岸の保護活動と その利用に貢献し、喜びを分かち合う. ABOUT SFJ *サーファーやボディーボーダー、海を愛する全ての人の視点から海辺の 環境保護活動を行っている国際環境NGO。 *主な事業:海岸の保全・保護/調査/環境教育/啓蒙活動 *1984年にカリフォルニア(米国)で発足し、日本では1993年に活動を開始。 *日本のサポーター人数:140名 (全世界約50,000人) *個人、団体、企業の寄付金によって運営。 •  日本の美しい海岸環境を次世代に残すために、  海岸保全/保護、調査、環境教育の理念に基づき事業を展開
  3. 3. 世界のサーフライダーファウンデーション 2009年国際会議@リオデジャネイロ(ブラジル) 2011年国際会議@ビアリッツ(フランス) 2010年国際会議@鴨川(千葉) 2012年国際会議@ロングビーチ(米)
  4. 4. 2013年9月 国際会議&西海岸支部会議 @サンディエゴ(米国)
  5. 5. ティワナ川(メキシコ)フィールドツアー
  6. 6. 米国カリフォルニアのビーチ環境 ①多くの市民に愛される公益性の高い場所
  7. 7. 米国カリフォルニアのビーチ環境 ②レクリエーション設備、インフラの充実
  8. 8. 米国カリフォルニアのビーチ環境 ③ 経済的、商業的、文化的価値
  9. 9. 米国カリフォルニアのビーチ環境 ④行政と市民による環境意識の向上と保全活動
  10. 10. 米国カリフォルニアのビーチ環境 ⑤ 成熟したサーファー、サーフィンカルチャーの形成
  11. 11. 日本のビーチは?   景観:人工物(堤防やテトラポット)が多い?   施設:駐車場、海の家(夏)   利用:海水浴、フィッシング、漁業   取り組み:地元ボランティア、サーフショップ   年間を通して市民が利用できる、安全な環境と言えるでしょうか?
  12. 12. ご清聴ありがとうございました。

×