20130426patagonia_symposium_oceanconservation

653 views

Published on

Published in: Education
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
653
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
355
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

20130426patagonia_symposium_oceanconservation

  1. 1. 震災後の沿岸開発と水質汚染について一般社団法人サーフライダーファウンデーションジャパン事務局長 松原広美えゆく かな〜消 豊 海:放射能汚染・乱獲・沿岸開発〜  2013.4.26 パタゴニアサーフ@ 東京
  2. 2. ★ 今日のアジェンダ*はじめに: SFJ の紹介1)震災後の水質汚染:宮城県仙台新港、七ヶ浜の事例2)福島第一原発事故による放射能汚染水の海洋への放出問題について3)沿岸開発:震災後の宮城県にみられる防波堤建設について
  3. 3. サーフライダーファウンデーションジャパン( SFJ )について*カリフォルニア(米国)を本拠地として 1984 年に発足。*サーファーやボディーボーダー、海を愛する全ての人の視点から海辺の環境保護活動を行っている国際環境 NGO 。*日本では 1993 年に活動を開始。*サーフィンのメッカ、千葉県の九十九里海岸沿い一宮町事務局。*常勤スタッフ1名、インターン1名、アルバイト1名。*サポーター人数: 140 名MISSION日本の美しい海岸環境を次世代に残すために、海岸保全/保護、調査、啓蒙、環境教育の理念に基づき事業を展開
  4. 4. 宮城県仙台(新港、七ヶ浜): 2011 年 5 月
  5. 5. 1)震災後の水質汚染:津波の被害を受け、仙台の下水処理場機能が低下震災から8ヶ月目、 2011 年 11 月 11 日七ヶ浜町菖蒲田海岸の解放。 震災後、宮城県初のビーチ開放、サーフィンが可能に。水質調査実施結果( SFJ 、仙台サーフユニオンとの恊働)★ 大腸菌(大腸菌):仙台新港 *環境省水浴場水質判定基準  B (不適)*平成 20 年から 22 年までの数値と同じ*下痢・嘔吐・皮膚の弱いところ(顔や傷口)であればしみたり赤くなりかゆみ*ふん便性大腸菌群数  2200 ( 100 m l)★ 放射性物質七ヶ浜: 放射性ヨウ素(I-131)、放射性セシウム(Cs-134、Cs-137)     いずれも不検出 仙台新港:放射性ヨウ素(I-131) 放射性セシウム(Cs-134、Cs-137)     いずれも不検出 
  6. 6. 2)福島第一原発事故による放射能汚染水の海洋投棄、放出問題
  7. 7. 放射能汚染水の海洋投棄、放出に対するアクション*海水及び砂の放射性汚染物質の調査   調査ポイント:一宮、いすみ(千葉)、高萩・鉾田(茨城)、仙台(宮城)   調査頻度:千葉及び茨城ー 2011 年 3 月、 9 月、 11 月、 2012 年 10 月        仙台ー 2012 年 1 月〜 2013 年 3 月*東京電力及び政府への請願書、要望書など提出  「放射能汚染水海中投棄中止を求める要望書」  「福島第一原子力発電所からの放射能汚染水の海洋投棄及び漏出の   防止策の徹底・海水モニタリングの全国実施を求める請願書」  「さよなら原発」署名提出と政府交渉  「処理済みの放射能汚染水の海中投棄中止を求める要望書」提出  「低濃度の放射能汚染水の海洋投棄中止を求める要望書」提出  「東京電力福島第一原子力発電所原子炉施設の設置、運転等に関して   必要な事項を定める告示(仮称)案」パブコメ提示
  8. 8. 3)沿岸開発:震災後の宮城県にみられる防波堤建設について
  9. 9. 日本の海岸づくり、海岸防護の考え方★ 海外の事例:海岸セットバックルール*できるだけ人口的な構造物をビーチに設置しない減災、まちづくり*ビーチや海が保護され、風土的景観の形成★ 海岸法の根拠( 1956 年制定)  *都道府県知事が防護の必要ある区域を海岸保全区域に指定し、海岸管理者を定める。   建設・港湾海岸は国土交通省、漁港海岸は水産庁、農地海岸は農林水産省、   それ以外の保安林は林野庁と縦割り行政。   * 国の直轄工事を認める。   * 海岸保全施設の築造基準を定める。  * 海岸保全に支障ある行為を制限。
  10. 10. 海岸法 (1999 年改正 )第 1 条 “この法律は、津波、高潮、波浪その他海水又は地盤の変動による被害から海岸を防護するとともに、海岸環境の整備と保全及び公衆の海岸の適正な利用を図り、もつて国土の保全に資する”ことを目的とする。第 2 条の 3  “関係海岸管理者は、前項の案を作成しようとする場合において必要があると認めるときは、あらかじめ公聴会の開催等関係住民の意見を反映させるために必要な措置を講じなければな”らない。★防潮堤整備をめぐる法・制度と計画決定プロセス国レベル: 国の海岸保全基本方針 ⇒ 国交省・農水省・水産庁からの「海岸保全施設の技術上の基準を定める省令 ( 第二条第三号 ) 」 ⇒ 「設計津波の水位の設定方法等について」の通知 (2012.7.8.)地域レベル:県の海岸保全基本計画と災害復旧事業の同時進行⇒ 被災地の海岸管理部局 ( 県の土木部・農林水産部 ) が整備計画を策定⇒ 市町村へ提示 ⇒ 地元への説明と合意形成★  防潮堤建設は、復興とは関係がなく、災害復旧事業とされている。★  防潮堤を建設しないと、背後の土地利用画(まちづくりと復興)  を決めることができず、復興予算がおりない。★  防潮堤の高さは国が決めたことで、県や市には変更できない。
  11. 11. 宮城県の防潮堤建設予算  2180 億円最大で 14.7m の防潮堤
  12. 12. 資料提供:「三陸リアスの復興・地域活性化 NPO 法人 森は海の恋人 畠山信」より9.7M に変更9.7M に変更
  13. 13. ★ 防潮堤建設の課題<便益>*安心安全<機会費用>*海の見える毎日の満足度*自然環境や生態系の保全*海に対する関心や愛着の形成*津波に対する正しい知識及び海の変化による危険察知と回避能力*自然環境への感性の芽生え*観光資源*地域の特性、暮らし、歴史、文化、レクリエーションなどの人々の営みと融合海からみた日本の沿岸開発(人工構造物)への問題提起SFJ では、 Surf Save The Earth (宮城県気仙沼の団体)をはじめとする地元の方々と連携、恊働しながら、自然に立ち向かう強靱な国土作りではなく、自然と共に生きて自然の恵みを享受する、海洋民族日本人として魅力ある海岸づくりに貢献していきたいと考えています。
  14. 14. 日本の美しい海岸環境を次世代に残すためにいつまでもサーフィンができる安心、安全な海岸づくりのためにご支援、ご協力お願いしますご清聴、ありがとうございまいした。

×