Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
Interact 2017
IoT を手軽にビジネスプロセスへ統合
Azure IoT + Dynamics 365 の紹介
杉本 和也 @sugimomoto
自己紹介
Blog:Morning Girl
http://kageura.hatenadiary.jp/
Twitter:@sugimomoto Facebook:sugimomoto
名前:杉本和也
好き:珈琲・織物・C#・こぎん刺し・民族...
今日のゴール
Azure IoT HubとDynamics 365(CRM)を繋ぐ
「価値」と「方法」を理解してもらう
どんなことができて(標準機能)
どんなことができるようになるのか(拡張方法)
理解してもらう
-Question 1-
Dynamics 365知っていますか?
今日お話する部分は
「CRM(Customer Relationship Management)」
「Field Service」
モジュールの部分です
そもそもField Serviceって何?
作業指示書の作成
スケジュール/
ディスパッチ
現場での作業 報告 / 確認
在庫調整
請求
現場での設置・修理・工事などのフィールド業務を
効率的に実施、管理するDynamics 365 モジュール...
そもそもField Serviceって何?
ざっくりこんな感じ
①製品に異常発生!
②なんかおかしい!
メーカーに問合せよう!
③承知しました!エンジ
ニアを向かわせます!
④フィールドエンジニア
に作業指示
デバイス ユーザー サポート 作業...
1. Dynamics 365とAzure IoTの
組み合わせで実現できること
そもそものIoTのキーワードと全体像
ユーザー
クラウド
DB AI
デバイス
引用元:2時間でわかる 図解「IoT」ビジネス入門
https://www.amazon.co.jp/dp/B01JADEI2S/ref=dp-kindle-red...
ポイントはどうやって
ユーザーへアクチュエートするか……
!?
でも、ユーザーへのアクチュエートは
それなりにコストがかかる
Support WebSite? Notfication?
Device & User Management?
さらにデバイスと顧客の管理
対応結果、対応履歴の管理
どうしますか?
そこで
Dynamics 365 + Azure IoT !
引用元:競合優位性のあるフィールド サービス管理を促すIoT (モノのインターネット) を導入する
https://info.microsoft.com/dynamics365-field-service-future-ja-jp.html
I...
Dynamics 365 がカバーする領域イメージ
ユーザー
クラウド
データ AI/Stream
デバイス
Dynamics 365
Azure IoT
デバイス(センサー)のデータを元に
顧客(カスタマー)への
アクチュエート(フィードバック)を
サポートするビジネスアプリを
手軽に構築可能!
!
というわけで
Dynamics 365 + Azure IoT
を手軽に実現できるパッケージ
「Connected Field Service」
を本日紹介します!
2. Connected Field Serviceとは?
こんな感じ:デモ
Connected Field Service ってつまり
 Dynamics 365のフィールドサービスモジュールと連携
できるAzure IoT 統合パッケージ
 インポートするだけで、Azure IoT Hubをベースとし
たデモ可能...
再掲:そもそものIoTのキーワードと全体像
ユーザー
クラウド
DB AI
デバイス
引用元:2時間でわかる 図解「IoT」ビジネス入門
https://www.amazon.co.jp/dp/B01JADEI2S/ref=dp-kindle-...
Connected Field Service の
嬉しいポイント
 Dynamics 365 + Azure IoTの標準テンプレート
と試用環境が簡単に整えられる!
 結構素直な構成になっているので、自前のDevice
などを接続してD...
だけど……
Connected Field Service の
Azureコンポーネント
Connected Field Service のアーキテクチャ
引用元:Connected Field Service アーキテクチャ
https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/mt744253.aspx
なんかごちゃごちゃしてて
よくわかんない!
3. Connected Field Service理解のススメ
Azure IoT Hub 周りのオハナシ
Connected Field Service の基本シナリオ
1. IoT Device登録
2. IoT Deviceから通知
3. Dynamics 365からコマンドの送信
4. Power BIへの連携
Azure BLOB
Logic Apps
Logic Apps
Stream Analytics
Stream Analytics
IoT Hub
Service Bus
Service Bus
Dynamics 365
Azure SQL
...
Logic Apps
IoT Hub
Service Bus
Dynamics 365
Dynamics 365
からのDevice登
録およびIoTへの
コマンドを蓄積
Deviceの登録
通知の確認のエス
カレーション
IoT Hubへコマ...
Azure BLOB
Logic Apps
Stream Analytics
IoT Hub
Service Bus
Dynamics 365App Service
アラートを上げるた
めの閾値を格納
Service Busの
Messageを...
Azure BLOB
Stream Analytics
IoT Hub Dynamics 365
Azure SQL
Power BI
App Service
アラートを上げるた
めの閾値を格納
Deviceの登録
通知の確認のエス
カレーショ...
Logic Apps
IoT Hub
Service Bus
Dynamics 365App Service
Dynamics 365
からのDevice登
録およびIoTへの
コマンドを蓄積
Deviceの登録
通知の確認のエス
カレーション...
それぞれのモジュールの役割が明確で
拡張しやすい感じに構成されている
4. せっかくなのでMESH(温度・湿度)
を繋いでみた
MESHとは?
ブロック形状のMESHタグをMESHアプリとつなげることで、
デジタルな仕掛けを簡単につくることができるIoT Device
http://meshprj.com/jp/
MESHはSDKでオリジナルタグが作成可能!
SDKはJavascriptベースで記述可能
Ajax(Httpリクエスト)が使える!
Azure BLOB
Logic Apps
Stream Analytics
IoT Hub
Service Bus
Dynamics 365MESH
アラートを上げるた
めの閾値を格納
Service Busの
Messageを確認
しDyn...
Ajaxで
HTTP Requestp
IoT HubMESH
もうちょっとざっくり説明
iPhone等
Wi-Fiで接続
Java Script Ajaxで
HTTP Request
SDK(JavaScript)
で作ったカスタムタグを利用
MESH 送信デモ
ソースコードや詳細な手順
GitHub:https://github.com/sugimomoto/MESH-CRM/blob/master/MorningGirl.MeshConnectToCrm.js
Blog:https://goo.gl...
5. 3分でわかる
Connected Field Serviceの構成手順
前提条件
 Dynamics 365 ライセンスを取得済み
 Dynamics 365 Field Serviceモジュールをインストール済み
 同テナントにAzure サブスクリプションを構成済み
(※20170624ご指摘いただき修正...
設定手順❶
1.Dynamics
MarketPlaceをク
リック
2.Connected
Field Serviceを
探して
3.無料試用版を
開始
設定手順❷
5.インストールする
環境を選択して、
チェックボックスをク
リック
6.「同意する」をク
リック
7.「承諾」をクリック
設定手順❸
8.Nextをクリック
9.Nextをクリック
設定手順❹
10.対象の
Dynamics 365
環境を選択
11.「Next」をク
リック
12.Azure のサブスクリプション
IoT Hub関係を構成するリソースグループ名
Azureの各コンポーネントのRegion
Power BI...
設定手順❺
14.「Deploy」をクリック後、裏側で
Azureの各コンポーネントが構成され
ていきます。
15.全部「Success」になったらOK
設定手順❻
16.シュミレーターも使えるようになっ
ているはず
設定手順❼
16.Dynamics 365の顧客資産か
らDeviceを登録
17.Deviceの名前
18.DeviceIDを登録
(IoT Hubに登録される名称)
19.「デバイスの登録」をクリックすると、
IoT Hubにデバイス情報が...
6. 最後に注意事項とまとめ
初期状態で月4万円くらいかかります……。
NO Name 役割 種類 料金プラン 価格目安
1 CRMHelper(+リソース名とID?)
シュミレータからCRMに接続するための
Helper
App Service なし なし
2 CRM-T...
まとめ・所感
 はじめはIoT Hubではなく、Event Hubから自力で色々構成し
ようとしていたけど、これがベースになってくれたおかげで
色々と学習が捗った感
参考情報
Connected Field Service を使用した遠隔監視および顧客装置 (現場使用) の点検
https://www.microsoft.com/ja-jp/dynamics/crm-customer-center/use-...
繋ぐだけじゃ終わらない! IoTを手軽にビジネスプロセスへ統合する Azure IoT + Dynamics 365 の紹介
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

繋ぐだけじゃ終わらない! IoTを手軽にビジネスプロセスへ統合する Azure IoT + Dynamics 365 の紹介

1,939 views

Published on

Interact 2017
Azure IoT Hub 触ってますか!? Stream Analytics やPower BIと繋ぐだけでも色々と夢が広がって楽しいですよね。 でも、せっかくなので、IoTの膨大な分析結果をカスタマーサポート等のビジネスプロセスへと繋げて、役立ててみませんか?
このセッションでは、手軽に構成できるAzure IoT + Dynamics 365 の紹介と共に、活用方法、拡張アプローチをお伝えします!

杉本 和也
Microsoft MVP for Business Solutions 2017(Dynamics 365・CRM)

Twitter:sugimomoto(https://twitter.com/sugimomoto)
Facebook:sugimomoto(https://www.facebook.com/sugimomoto)
Blog:Morning Girl(http://kageura.hatenadiary.jp/)

Published in: Technology
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

繋ぐだけじゃ終わらない! IoTを手軽にビジネスプロセスへ統合する Azure IoT + Dynamics 365 の紹介

  1. 1. Interact 2017 IoT を手軽にビジネスプロセスへ統合 Azure IoT + Dynamics 365 の紹介 杉本 和也 @sugimomoto
  2. 2. 自己紹介 Blog:Morning Girl http://kageura.hatenadiary.jp/ Twitter:@sugimomoto Facebook:sugimomoto 名前:杉本和也 好き:珈琲・織物・C#・こぎん刺し・民族衣装 出身:青森県(青森→宮城→神奈川→青森→東京→? ) 会社:日本ビジネスシステムズ株式会社 CRMチーム アシスタントマネージャー Microsoft MVP for Business Solutions 2017
  3. 3. 今日のゴール Azure IoT HubとDynamics 365(CRM)を繋ぐ 「価値」と「方法」を理解してもらう どんなことができて(標準機能) どんなことができるようになるのか(拡張方法) 理解してもらう
  4. 4. -Question 1- Dynamics 365知っていますか?
  5. 5. 今日お話する部分は 「CRM(Customer Relationship Management)」 「Field Service」 モジュールの部分です
  6. 6. そもそもField Serviceって何? 作業指示書の作成 スケジュール/ ディスパッチ 現場での作業 報告 / 確認 在庫調整 請求 現場での設置・修理・工事などのフィールド業務を 効率的に実施、管理するDynamics 365 モジュールの1つ
  7. 7. そもそもField Serviceって何? ざっくりこんな感じ ①製品に異常発生! ②なんかおかしい! メーカーに問合せよう! ③承知しました!エンジ ニアを向かわせます! ④フィールドエンジニア に作業指示 デバイス ユーザー サポート 作業指示 エンジニア デバイス ⑤現場に急行! これは修理が必要だ! ⑥なおったー!
  8. 8. 1. Dynamics 365とAzure IoTの 組み合わせで実現できること
  9. 9. そもそものIoTのキーワードと全体像 ユーザー クラウド DB AI デバイス 引用元:2時間でわかる 図解「IoT」ビジネス入門 https://www.amazon.co.jp/dp/B01JADEI2S/ref=dp-kindle-redirect?_encoding=UTF8&btkr=1 ①「センサー」でモノか ら情報を収集する ②インターネットを経由 して「クラウド」にデー タを蓄積する ③クラウドに蓄積された データを分析する。必要 であれば「人工知能 (AI)」が使われる ④結果に応じて「アク チュエート(フィード バック)」する
  10. 10. ポイントはどうやって ユーザーへアクチュエートするか…… !?
  11. 11. でも、ユーザーへのアクチュエートは それなりにコストがかかる Support WebSite? Notfication? Device & User Management?
  12. 12. さらにデバイスと顧客の管理 対応結果、対応履歴の管理 どうしますか?
  13. 13. そこで Dynamics 365 + Azure IoT !
  14. 14. 引用元:競合優位性のあるフィールド サービス管理を促すIoT (モノのインターネット) を導入する https://info.microsoft.com/dynamics365-field-service-future-ja-jp.html IoTとの組み合わせで変わること
  15. 15. Dynamics 365 がカバーする領域イメージ ユーザー クラウド データ AI/Stream デバイス Dynamics 365 Azure IoT
  16. 16. デバイス(センサー)のデータを元に 顧客(カスタマー)への アクチュエート(フィードバック)を サポートするビジネスアプリを 手軽に構築可能! !
  17. 17. というわけで Dynamics 365 + Azure IoT を手軽に実現できるパッケージ 「Connected Field Service」 を本日紹介します!
  18. 18. 2. Connected Field Serviceとは?
  19. 19. こんな感じ:デモ
  20. 20. Connected Field Service ってつまり  Dynamics 365のフィールドサービスモジュールと連携 できるAzure IoT 統合パッケージ  インポートするだけで、Azure IoT Hubをベースとし たデモ可能環境が簡単に構成可能  Dynamics 365上でDeviceの登録から管理まで実施  DeviceからRequestを受けて、閾値を超えたものをア ラートし、サポート案件として登録したり  Deviceに対して、Dynamics 365からコマンドの送信 も可能
  21. 21. 再掲:そもそものIoTのキーワードと全体像 ユーザー クラウド DB AI デバイス 引用元:2時間でわかる 図解「IoT」ビジネス入門 https://www.amazon.co.jp/dp/B01JADEI2S/ref=dp-kindle-redirect?_encoding=UTF8&btkr=1 ①「センサー」でモノか ら情報を収集する ②インターネットを経由 して「クラウド」にデー タを蓄積する ③クラウドに蓄積された データを分析する。必要 であれば「人工知能 (AI)」が使われる ④結果に応じて「アク チュエート」する
  22. 22. Connected Field Service の 嬉しいポイント  Dynamics 365 + Azure IoTの標準テンプレート と試用環境が簡単に整えられる!  結構素直な構成になっているので、自前のDevice などを接続してDynamics 365と連携させやす い!  標準はField Service用だけど、Dynamics 365の 中ではモジュールが独立しているため、SFAや マーケティングにも応用しやすいかも!
  23. 23. だけど……
  24. 24. Connected Field Service の Azureコンポーネント
  25. 25. Connected Field Service のアーキテクチャ 引用元:Connected Field Service アーキテクチャ https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/mt744253.aspx
  26. 26. なんかごちゃごちゃしてて よくわかんない!
  27. 27. 3. Connected Field Service理解のススメ Azure IoT Hub 周りのオハナシ
  28. 28. Connected Field Service の基本シナリオ 1. IoT Device登録 2. IoT Deviceから通知 3. Dynamics 365からコマンドの送信 4. Power BIへの連携
  29. 29. Azure BLOB Logic Apps Logic Apps Stream Analytics Stream Analytics IoT Hub Service Bus Service Bus Dynamics 365 Azure SQL Power BI App Service アラートを上げるた めの閾値を格納 Dynamics 365 からのDevice登 録およびIoTへの コマンドを蓄積 Service Busの Messageを確認 しDynamics 365に通知 Deviceの登録 通知の確認のエス カレーション Power BI表示用 データの格納処理 Power BI 表示用データの格 納 Dynamics 365 表示用グラフ・リス トの管理 IoT Hubへコマン ド送信し、送信結 果をDynamics 365に反映 Deviceからの Messageが Alertするべきかど うか判断 IoT Deviceの シュミレーター Web Service Streamで処理し たアラートを蓄積 IoT Deviceの管 理とルーティング Connected Field Serviceのアーキテクチャ分解
  30. 30. Logic Apps IoT Hub Service Bus Dynamics 365 Dynamics 365 からのDevice登 録およびIoTへの コマンドを蓄積 Deviceの登録 通知の確認のエス カレーション IoT Hubへコマン ド送信し、送信結 果をDynamics 365に反映 IoT Deviceの管 理とルーティング ❶IoT Deviceの登録
  31. 31. Azure BLOB Logic Apps Stream Analytics IoT Hub Service Bus Dynamics 365App Service アラートを上げるた めの閾値を格納 Service Busの Messageを確認 しDynamics 365に通知 Deviceの登録 通知の確認のエス カレーション Deviceからの Messageが Alertするべきかど うか判断 IoT Deviceの シュミレーター Web Service Streamで処理し たアラートを蓄積 IoT Deviceの管 理とルーティング ❷IoT Deviceから通知
  32. 32. Azure BLOB Stream Analytics IoT Hub Dynamics 365 Azure SQL Power BI App Service アラートを上げるた めの閾値を格納 Deviceの登録 通知の確認のエス カレーション Power BI表示用 データの格納処理 Power BI 表示用データの格 納 Dynamics 365 表示用グラフ・リス トの管理 IoT Deviceの シュミレーター Web Service IoT Deviceの管 理とルーティング ❸Power BIへの連携
  33. 33. Logic Apps IoT Hub Service Bus Dynamics 365App Service Dynamics 365 からのDevice登 録およびIoTへの コマンドを蓄積 Deviceの登録 通知の確認のエス カレーション IoT Hubへコマン ド送信し、送信結 果をDynamics 365に反映 IoT Deviceの シュミレーター Web Service IoT Deviceの管 理とルーティング ❹Dynamics 365からコマンドの送信
  34. 34. それぞれのモジュールの役割が明確で 拡張しやすい感じに構成されている
  35. 35. 4. せっかくなのでMESH(温度・湿度) を繋いでみた
  36. 36. MESHとは? ブロック形状のMESHタグをMESHアプリとつなげることで、 デジタルな仕掛けを簡単につくることができるIoT Device http://meshprj.com/jp/
  37. 37. MESHはSDKでオリジナルタグが作成可能! SDKはJavascriptベースで記述可能 Ajax(Httpリクエスト)が使える!
  38. 38. Azure BLOB Logic Apps Stream Analytics IoT Hub Service Bus Dynamics 365MESH アラートを上げるた めの閾値を格納 Service Busの Messageを確認 しDynamics 365に通知 Deviceの登録 通知の確認のエス カレーション Deviceからの Messageが Alertするべきかど うか判断 MESHから 一定間隔で 温度/湿度を送信 Streamで処理し たアラートを蓄積 IoT Deviceの管 理とルーティング ❷IoT Deviceから通知(MESH版)
  39. 39. Ajaxで HTTP Requestp IoT HubMESH もうちょっとざっくり説明 iPhone等 Wi-Fiで接続 Java Script Ajaxで HTTP Request SDK(JavaScript) で作ったカスタムタグを利用
  40. 40. MESH 送信デモ
  41. 41. ソースコードや詳細な手順 GitHub:https://github.com/sugimomoto/MESH-CRM/blob/master/MorningGirl.MeshConnectToCrm.js Blog:https://goo.gl/nuyfNm
  42. 42. 5. 3分でわかる Connected Field Serviceの構成手順
  43. 43. 前提条件  Dynamics 365 ライセンスを取得済み  Dynamics 365 Field Serviceモジュールをインストール済み  同テナントにAzure サブスクリプションを構成済み (※20170624ご指摘いただき修正:Office365 同一テナントではなくても大丈夫です。)
  44. 44. 設定手順❶ 1.Dynamics MarketPlaceをク リック 2.Connected Field Serviceを 探して 3.無料試用版を 開始
  45. 45. 設定手順❷ 5.インストールする 環境を選択して、 チェックボックスをク リック 6.「同意する」をク リック 7.「承諾」をクリック
  46. 46. 設定手順❸ 8.Nextをクリック 9.Nextをクリック
  47. 47. 設定手順❹ 10.対象の Dynamics 365 環境を選択 11.「Next」をク リック 12.Azure のサブスクリプション IoT Hub関係を構成するリソースグループ名 Azureの各コンポーネントのRegion Power BIを構成する場合は、Power BI用Azure SQLのID・PWを設定 13.「Deploy」を クリック
  48. 48. 設定手順❺ 14.「Deploy」をクリック後、裏側で Azureの各コンポーネントが構成され ていきます。 15.全部「Success」になったらOK
  49. 49. 設定手順❻ 16.シュミレーターも使えるようになっ ているはず
  50. 50. 設定手順❼ 16.Dynamics 365の顧客資産か らDeviceを登録 17.Deviceの名前 18.DeviceIDを登録 (IoT Hubに登録される名称) 19.「デバイスの登録」をクリックすると、 IoT Hubにデバイス情報が登録され ます。
  51. 51. 6. 最後に注意事項とまとめ
  52. 52. 初期状態で月4万円くらいかかります……。 NO Name 役割 種類 料金プラン 価格目安 1 CRMHelper(+リソース名とID?) シュミレータからCRMに接続するための Helper App Service なし なし 2 CRM-To-IoT IoT Hubへコマンド送信し、送信結果を Dynamics 365に反映 Logic App Standard:0 S ¥0.0816/アクション 30秒30日間で86,400回 トータル7,050.24 3 dynamicscrmonline Dynamics CRMへの接続情報管理 API 接続 なし なし 4 IoTHub(+リソース名とID?) シュミレータからIoT Hubに接続するための Helper App Service なし なし 5 IoT-To-CRM Service BusのMessageを確認しDynamics 365に通知 Logic App Standard:0 S ¥0.0816/アクション 30秒30日間で86,400回 トータル7,050.24 6 (リソース名とID?) Streamで処理したアラートを蓄積 Service Bus Standard ¥1,020/月 7 (リソース名とID?) DeviceからのMessageがAlertするべきかど うか判断 Stream Analytics ジョブ 1 ストリーミングユニット ¥11.22/時間 30日で8,078.4 8 (リソース名とID?) IoT Deviceの管理とルーティング IoT Hub Standard:1 S 5,100/1ユニット 月 9 (リソース名とID?) Power BI表示用データの格納処理 Stream Analytics ジョブ 1 ストリーミングユニット ¥11.22/時間 (30日で8,078.4) 10 (リソース名とID?) アラートを上げるための閾値を格納 ストレージ アカウント Standard 読み取りアクセス地理冗長スト レージ (RA-GRS) ¥3.83 最初の 50 TB/月 11 QueueMessageParser シュミレータ App Service なし なし 12 SBMessage Service Busへの接続情報管理 API 接続 なし なし 13 ServicePlan App Service App Service プラン Standard:0 S 7,588.80/月 14 Simulator Web アプリ シュミレータの実行 App Service なし なし 15 sqlsrv(+リソース名とID?) Power BI用 SQL Server SQL Server なし なし 16 db2wrxmxquddple Power BI表示用データの格納 SQL データベース Basic (5 DTUs) 576.75/月 ※マイクロソフトKenichiro Nakamuraさんに「Connected Field Service いかに安く試すか!および拡張のポイント概要」を書いていただきました。 https://blogs.msdn.microsoft.com/kenakamu/2017/04/07/dynamics-365-connected-field-service-how-to-save-money-and-extend/
  53. 53. まとめ・所感  はじめはIoT Hubではなく、Event Hubから自力で色々構成し ようとしていたけど、これがベースになってくれたおかげで 色々と学習が捗った感
  54. 54. 参考情報 Connected Field Service を使用した遠隔監視および顧客装置 (現場使用) の点検 https://www.microsoft.com/ja-jp/dynamics/crm-customer-center/use- connected-field-service-to-remotely-monitor-and-service-customer- equipment-field-service.aspx#bkmk_register Connected Field Service の開発者ガイド https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/mt790241.aspx

×