Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

AIの支援で執筆された短編小説作品「UFO」

1,327 views

Published on

AIの支援で執筆された短編小説作品をご紹介します。

Published in: Technology
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

AIの支援で執筆された短編小説作品「UFO」

  1. 1. UFO とある田舎の街の夜空に、突如あやしげな円盤が飛来してきた。その円盤は、どの国 の軍のレーダーにもひっかからず、突然街の住民に発見された。住民の通報を受けて、 あわてた国の幹部は、すぐに軍隊が戦闘機を飛ばして偵察をしたところ、確かに空を 飛ぶのっぺらぼうの円盤が飛行していた。 「A 県上空、確かに未確認飛行物体がおります!」 パイロットは報告した。 「敵国の攻撃か、はたまた宇宙からの飛来物かわからん、すぐに撃ち落とせ!」 指令を受けた戦闘機がミサイルを撃ち込むと、あっさりとその円盤は墜落した。 すでに噂が広がっていて、墜落現場にはたくさんのテレビ局や野次馬がやってきた。 「なんだあれは!UFO だ!!」 「UFO を撃ち落として、大丈夫なのか?地球への侵略が始まるのでは?!」 人々が騒ぐ中、軍の調査隊がやってきた。UFO のミサイルがあたって傷ついていると ころを広げて、調査隊が中に入って行くと、中から身長が 70cm ほどの奇妙な形をした ヒトに似た生き物が連れ出されてきた。頭はつるつるで、ゴーグルのような目は顔の半 分ほどの大きさもある。 「やや、これはいったい、、見たことがない生き物だ。、、、宇宙人だ!!」 隊員もやじうまもみな叫んだ。墜落の衝撃でか、もう意識はないようでぐったりしてい る。 「まだ何体かいるようです!」 円盤の中に入った他の隊員たちが、あと数体を引きずり出してきた。円盤から外に連 れ出されたあと、どの個体もしばらくは形を保っていたが、そのうちテレビカメラが映す 中で、どろどろと溶けて消えてしまった。どうみても人間ではないが、人間のような形を
  2. 2. した怪しげなその生き物の最後をテレビで見た世界中は大騒ぎになった。政治家や識 者たちも、連日議論を行った。 「宇宙人は何をしに地球にやってきたのだろうか?」 「撃ち落としてしまってまずかったのではないか。友好的な対応をするべきだったので は?」 「いや、攻撃されるまえに攻撃してよかったのだ。先に攻撃されていたら、もしかしたら 今頃人類が滅びていたかも知れない」 「そうだそうだ、もしかしたら地球の資源を全て盗みにきたのかも知れない」 「しかし、このあと報復攻撃を受けるかも知れない。やつらの軍事力が我々よりも上だっ たらどうする?」 「いや、あいつらの攻撃力は恐るべきものではない。事実、我々の戦闘機の攻撃で、 簡単に墜落してしまったではないか」 「確かにそうだ。まぁ、あの戦闘機は人類史上最高の性能を誇る戦闘力を持っている のだが、こうして我が軍の力も証明されて、歴史に名を残したな」 「そうだ、宇宙人がまた来たら、返り討ちにしてやろうじゃないか!」 その頃、円盤が墜落した現場から少し離れたところで、地球に潜入しているテトロリン 星人たちがホームパーティをしていた。 「おい、配達を頼んだピザはまだ届かないのか?」 「うーむ、それが、母国のテトロリン星の店にデリバーリーを頼んだのだが、どうやら 我々のピザが到着前に地球人たちによって撃ち落とされたようだ。地球人たちのテレ ビでやっている。」
  3. 3. 「なに?それじゃぁピザが食べられないのか?」 「うむ、地球人たちの技術が思ったよりも進化していたようで、戦闘機で撃ち落とされた ようだ。ピザから具のシーフードを取り出して大騒ぎしとる。」 「なんてことだ、だからあのピザ屋は信用ならん。だからあんまり安い店はやめろと言っ たのに。ピザ屋にクレームを言って代金を返してもらって、別の店に頼もう。別の店なら 地球人に見つかったりあいつらの攻撃にやられるなんてことはありえん。」 「そうしよう。」 「それにしてもこうしてデリバリーばかりの日々ももう終わりで嬉しいものだ。今日の打ち 上げは楽しもう!もうすぐに母国のテトロリン星に戻ってできたての飯を食べられるぞ」 「そうだな、我々の調査もこうして終わり、来週には我が軍の攻撃で地球は一日で侵略 できるだろう。」

×