Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
1
KAIZENがしてきた失敗に学ぶPM論
Kaizen Platform, Inc
Co-founder&CEO
Sudoken
BIZREACH X KAIZEN PLATFORM
PRODUCT MANAGER SEMINER
2
今日のゴール
B to B Productにおける
Product Managementの難しさと面白さ
について知ってもらえたら幸いです
3
そもそもPMの定義とはなんだろう?
4
スタートアップにおける
プロダクトとは何か?
5
私(sudoken)の定義
スタートアップにおけるプロダクトとは
顧客体験を生み出すための全てである
6
私(sudoken)の定義
スタートアップにおける
プロダクトとは全てである
↓
PM≒CEO
7
なので、今日はKaizenがしてきた
失敗から学んだことを共有し
みなさんに少しの知見と
たくさんの勇気をご提供するつもりです
8
AGENDA
1. Kaizen って何?
2. 我々がどんな罠にハマってきたか?
3. そこから見えたプロダクトマネジャーに必要なこと
9
What’s Kaizen?
10
10%
Market opportunity
クリエイティブがビジネスのROIをレバレッジする
Visit x CVR = Rev
Web site
LTVx
Ad spend Revenue
10%
11
Current solution (=Customer pain point)
市場に数多ある高機能で複雑なソフトウェアにマーケターが孤軍奮闘
12
Creative Network
2500を超える世界中のクリエイティブリソース
(UIデザイナーやエンジニア、コピーライター含む)
UX Optimization Platform
ROIダッシュボード, ワークフロー管理
機械学習によ...
1313
PRODUCT
Kaizen Platform はエンタープライズ向けのパ
フォーマンスマーケティングの為のソリューションと
して、顧客体験(UX)を向上するためのコラボレー
ションを強力に支援します
コラボレーションと最適化のための...
14
TRACTION & GAP
15
TRACTION?
IDEAL REAL
16
Market Product
ROI
Effect
PRODUCT/MARKET FIT
市場とプロダクトがガッチリ噛み合う状態をつくりたい
Product
UX
Business
Model
Sales
Strategy
17
最初のステップにも小さな成
功体験を設計する
IDEAL UX
VALUE=ROI
CUSTOMER CAPABILITY
顧客が頑張った分だけ、成果につな
がる仕掛けをセットする
カスタマーが正しく頑張ると、成果がきちんとお返しできる ...
18
Market Product
ROI
Effect
PRODUCT/MARKET FIT
市場とプロダクトがガッチリ噛み合う状態をつくりたい
Product
UX
Business
Model
Sales
Strategy
19
どうやったら我々は
世界を変えられるのか?
20
21
TRACTION & GAP
22
TRACTION
CEOが
兼任
PMとチームのあり方
が見え始める
様々な理由で、プロジェクトが上手く
いかず苦しむ暗黒期
PMを採用し、チーム
を構築 開発の品質
向上に着手
PM不在
開発品質が低くベース
クオリティに悩む
CEOが...
23
ISSUE DRIVEN
イシューからはじめよ 安宅和人著
Start
イシュー度=課題の質
自分のおかれた局面でこの問題に答えを出す必要性の高さ
解の質
そのイシューに対してどこ
まで明確に答えを出せて
いるか?
バリュー度の
ある仕事...
24
少なくても定量的に判断できる規模に達するまで
顧客要望の質を判断することはできない
25
事実として分業と人員増は乗数的に
コミュニケーションの難易度をあげる
26
プロダクトビジョンの達成まで
遠くてもジャンプしなきゃいけない時もある
27
NOと言えるPMに
28
顧客要望の量が必要
=最初はスケールしなくても
こなす
一定量が集まる時
組織はそれなりに
大きくコミュニケーションの難
易度が上がる
質の見極めをする時にジャ
ンプが必要
NOを言う
29
我々はどんな罠にハマったのか?
社外 社内
実行
意思決定
顧客要望の罠
(Market in/Product out)
プロダクトビジョンの崖
(Coverage/Simple)
コミュニケーションGAP
(全体最適/個別最適)
ステー...
30
最初は顧客要望の量をこなす
(もちろんその中でのイシューの質に拘る)
そのためのMarket in & 民主制 & 個別最適 & Coverage
でスピードを重視
一定の質の評価ができる段階で
独裁制に一気に移行
大きなチームへ
再度P...
31
振り子のようにその時、フェーズに応じて
Product Management手法を使い分ける
顧客要望の罠
プロダクトビジョンの崖
コミュニケーションGAP
ステークホルダーの壁
Market in ⇄ Product out
Cover...
32
HOW TO JUMP OVER THE GAP?
33
TRACTION
CEOが
兼任
PMとチームのあり方
が見え始める
様々な理由で、プロジェクトが上手く
いかず苦しむ暗黒期
PMを採用し、チーム
を構築 開発の品質
向上に着手
PM不在
開発品質が低くベース
クオリティに悩む
CEOが...
34
ACTION PLAN
CEOからPMになって2ヶ月でやったこと
提供価値を決める
期待を集める
短期で成果を出す
中長期の変革を開始する
要はうるさいと黙らせた
他のことをやめさせた
ほれ見たことかと言いまくった
本当にやるべきことを始...
35
ROI DASHBOARD
顧客への提供価値をROIの改善とし、そこから逃げないと決めた
36
改善活動をもっと当たり前に
職人技→オープンに
スキルを可視化→市場原理を効かせる
=みんなが改善したくなる
巨大なインセンティブを創り出す
37
顧客
売上を上げたい
$150Bも使っている広
告の投資対効果を上
げたい
Kaizen
スキルの可視化
定量化をすすめて
市場原理を効かせる
グロースハッカー
改善するって楽しい
新しい職業
みんなが改善したくなる巨
大なインセンティブ...
38
POINT
1. 真のProduct/Market Fitなんて存在しない
2. スタートアップ、新規事業におけるPMはCEOと似ている
3. イシューの質を上げるためには、振り幅が必要
4. 最適な手法はフェーズが決める
5. PMがで...
39
余談
クリエイティブ・デザインの力を経営に活かすには?http://logmi.jp/series/%E3%82%AF%E3%83%AA%
E3%82%A8%E3%82%A4%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%96%E3%8...
40
プロダクトの価値=製品
↓
プロダクトの価値=体験
41
課題発見 課題解決
↓
クリエイティブ
↓
デザイン
42
B
ビジネス
T
テクノロジー
C
クリエイティブ
今の時代のプロダクトマネジャー
に必要なケーパビリティー
43
改善活動をもっと当たり前に
=みんなが改善したくなる
巨大なインセンティブを創り出す
仲間を絶賛募集中です
https://www.wantedly.com/projects/10214
44
THANK YOU
https://www.facebook.com/kenji.sudo
https://twitter.com/sudoken
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

Kaizenがしてきた失敗に学ぶpm論 公開用

32,156 views

Published on

スドケンとビズリーチ丹野氏で「プロダクトマネージャー」を語るセミナー
2015年10月9日(金)19:00@ビズリーチ本社(渋谷)
http://jp-blog.kaizenplatform.com/20151009_product_manager

Published in: Business
  • Be the first to comment

Kaizenがしてきた失敗に学ぶpm論 公開用

  1. 1. 1 KAIZENがしてきた失敗に学ぶPM論 Kaizen Platform, Inc Co-founder&CEO Sudoken BIZREACH X KAIZEN PLATFORM PRODUCT MANAGER SEMINER
  2. 2. 2 今日のゴール B to B Productにおける Product Managementの難しさと面白さ について知ってもらえたら幸いです
  3. 3. 3 そもそもPMの定義とはなんだろう?
  4. 4. 4 スタートアップにおける プロダクトとは何か?
  5. 5. 5 私(sudoken)の定義 スタートアップにおけるプロダクトとは 顧客体験を生み出すための全てである
  6. 6. 6 私(sudoken)の定義 スタートアップにおける プロダクトとは全てである ↓ PM≒CEO
  7. 7. 7 なので、今日はKaizenがしてきた 失敗から学んだことを共有し みなさんに少しの知見と たくさんの勇気をご提供するつもりです
  8. 8. 8 AGENDA 1. Kaizen って何? 2. 我々がどんな罠にハマってきたか? 3. そこから見えたプロダクトマネジャーに必要なこと
  9. 9. 9 What’s Kaizen?
  10. 10. 10 10% Market opportunity クリエイティブがビジネスのROIをレバレッジする Visit x CVR = Rev Web site LTVx Ad spend Revenue 10%
  11. 11. 11 Current solution (=Customer pain point) 市場に数多ある高機能で複雑なソフトウェアにマーケターが孤軍奮闘
  12. 12. 12 Creative Network 2500を超える世界中のクリエイティブリソース (UIデザイナーやエンジニア、コピーライター含む) UX Optimization Platform ROIダッシュボード, ワークフロー管理 機械学習による最適化 + Our solution GitHubのようにマーケターがコラボレーションしやすいソフトウェアを提供
  13. 13. 1313 PRODUCT Kaizen Platform はエンタープライズ向けのパ フォーマンスマーケティングの為のソリューションと して、顧客体験(UX)を向上するためのコラボレー ションを強力に支援します コラボレーションと最適化のための Saas Platform オンデマンドなクリエイティブリソース 分析、機械学習、リアルタイムな 最適化エンジン
  14. 14. 14 TRACTION & GAP
  15. 15. 15 TRACTION? IDEAL REAL
  16. 16. 16 Market Product ROI Effect PRODUCT/MARKET FIT 市場とプロダクトがガッチリ噛み合う状態をつくりたい Product UX Business Model Sales Strategy
  17. 17. 17 最初のステップにも小さな成 功体験を設計する IDEAL UX VALUE=ROI CUSTOMER CAPABILITY 顧客が頑張った分だけ、成果につな がる仕掛けをセットする カスタマーが正しく頑張ると、成果がきちんとお返しできる プロダクトへ 顧客のレベルを引き上げるためのカ スタマーサクセスへ GHも成果をあげると報われる仕 組みに
  18. 18. 18 Market Product ROI Effect PRODUCT/MARKET FIT 市場とプロダクトがガッチリ噛み合う状態をつくりたい Product UX Business Model Sales Strategy
  19. 19. 19 どうやったら我々は 世界を変えられるのか?
  20. 20. 20
  21. 21. 21 TRACTION & GAP
  22. 22. 22 TRACTION CEOが 兼任 PMとチームのあり方 が見え始める 様々な理由で、プロジェクトが上手く いかず苦しむ暗黒期 PMを採用し、チーム を構築 開発の品質 向上に着手 PM不在 開発品質が低くベース クオリティに悩む CEOが 兼任 PO 兼 PM 米国体 制構築 米国立ち上げ &資金調達 営業&PR 採用&営業 &資金調達 営業& 資金調 達 PM 製品の大きなアップデートができず苦しむ PM体制 CEOの 活動 Product の目的 フェーズ4 PMFを再度目指す フェーズ3 運用負荷を下げる フェーズ2 事業拡大の痛みをしのぐ フェーズ1 Proof of Concept(POC)を得る シード ラウンド シリーズA ラウンド シリーズA’ ラウンド
  23. 23. 23 ISSUE DRIVEN イシューからはじめよ 安宅和人著 Start イシュー度=課題の質 自分のおかれた局面でこの問題に答えを出す必要性の高さ 解の質 そのイシューに対してどこ まで明確に答えを出せて いるか? バリュー度の ある仕事 ①「イシュー」の見極め ②「解」の徹底した 磨き込み 犬の道 一心不乱に大量の仕事をすることでバ リューを上げようとしても無駄 http://www.amazon.co.jp/dp/4862760856
  24. 24. 24 少なくても定量的に判断できる規模に達するまで 顧客要望の質を判断することはできない
  25. 25. 25 事実として分業と人員増は乗数的に コミュニケーションの難易度をあげる
  26. 26. 26 プロダクトビジョンの達成まで 遠くてもジャンプしなきゃいけない時もある
  27. 27. 27 NOと言えるPMに
  28. 28. 28 顧客要望の量が必要 =最初はスケールしなくても こなす 一定量が集まる時 組織はそれなりに 大きくコミュニケーションの難 易度が上がる 質の見極めをする時にジャ ンプが必要 NOを言う
  29. 29. 29 我々はどんな罠にハマったのか? 社外 社内 実行 意思決定 顧客要望の罠 (Market in/Product out) プロダクトビジョンの崖 (Coverage/Simple) コミュニケーションGAP (全体最適/個別最適) ステークホルダーの壁 (民主制/独裁制)
  30. 30. 30 最初は顧客要望の量をこなす (もちろんその中でのイシューの質に拘る) そのためのMarket in & 民主制 & 個別最適 & Coverage でスピードを重視 一定の質の評価ができる段階で 独裁制に一気に移行 大きなチームへ 再度Product out & 全体最適 & Simpleに 個別のイシューを捨てて NOを言いまくり、 プロダクトの価値をソリッドにする 目線が揃ったら 再度、スケールのため Market in & 民主制 小さなチームへ
  31. 31. 31 振り子のようにその時、フェーズに応じて Product Management手法を使い分ける 顧客要望の罠 プロダクトビジョンの崖 コミュニケーションGAP ステークホルダーの壁 Market in ⇄ Product out Coverage  ⇄ Simple 個別最適  ⇄ 全体最適 民主制  ⇄ 独裁制
  32. 32. 32 HOW TO JUMP OVER THE GAP?
  33. 33. 33 TRACTION CEOが 兼任 PMとチームのあり方 が見え始める 様々な理由で、プロジェクトが上手く いかず苦しむ暗黒期 PMを採用し、チーム を構築 開発の品質 向上に着手 PM不在 開発品質が低くベース クオリティに悩む CEOが 兼任 PO 兼 PM 米国体 制構築 米国立ち上げ &資金調達 営業&PR 採用&営業 &資金調達 営業& 資金調 達 PM 製品の大きなアップデートができず苦しむ PM体制 CEOの 活動 Product の目的 フェーズ4 PMFを再度目指す フェーズ3 運用負荷を下げる フェーズ2 事業拡大の痛みをしのぐ フェーズ1 Proof of Concept(POC)を得る シード ラウンド シリーズA ラウンド シリーズA’ ラウンド
  34. 34. 34 ACTION PLAN CEOからPMになって2ヶ月でやったこと 提供価値を決める 期待を集める 短期で成果を出す 中長期の変革を開始する 要はうるさいと黙らせた 他のことをやめさせた ほれ見たことかと言いまくった 本当にやるべきことを始めた
  35. 35. 35 ROI DASHBOARD 顧客への提供価値をROIの改善とし、そこから逃げないと決めた
  36. 36. 36 改善活動をもっと当たり前に 職人技→オープンに スキルを可視化→市場原理を効かせる =みんなが改善したくなる 巨大なインセンティブを創り出す
  37. 37. 37 顧客 売上を上げたい $150Bも使っている広 告の投資対効果を上 げたい Kaizen スキルの可視化 定量化をすすめて 市場原理を効かせる グロースハッカー 改善するって楽しい 新しい職業 みんなが改善したくなる巨 大なインセンティブを創り 出す ↓ 使いづらいサービスが なくなる
  38. 38. 38 POINT 1. 真のProduct/Market Fitなんて存在しない 2. スタートアップ、新規事業におけるPMはCEOと似ている 3. イシューの質を上げるためには、振り幅が必要 4. 最適な手法はフェーズが決める 5. PMができることは、時間軸のコントロール 6. テーマごとにチームをつくり、チームがテーマを再定義する
  39. 39. 39 余談 クリエイティブ・デザインの力を経営に活かすには?http://logmi.jp/series/%E3%82%AF%E3%83%AA% E3%82%A8%E3%82%A4%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%96%E3%83%BB%E3%83%87%E3%82%B6% E3%82%A4%E3%83%B3%E3%81%AE%E5%8A%9B%E3%82%92%E7%B5%8C%E5%96%B6%E3%81% AB%E6%B4%BB%E3%81%8B%E3%81%99%E3%81%AB
  40. 40. 40 プロダクトの価値=製品 ↓ プロダクトの価値=体験
  41. 41. 41 課題発見 課題解決 ↓ クリエイティブ ↓ デザイン
  42. 42. 42 B ビジネス T テクノロジー C クリエイティブ 今の時代のプロダクトマネジャー に必要なケーパビリティー
  43. 43. 43 改善活動をもっと当たり前に =みんなが改善したくなる 巨大なインセンティブを創り出す 仲間を絶賛募集中です https://www.wantedly.com/projects/10214
  44. 44. 44 THANK YOU https://www.facebook.com/kenji.sudo https://twitter.com/sudoken

×