Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

プロダクトとマネジメント〜自分事としてのプロダクトマネジメント

5,805 views

Published on

POStudy 2周年記念イベント( http://postudy.doorkeeper.jp/events/5325 )にお招きいただき、プロダクトマネジメントについてのお話しをというご依頼をいただきました。

改めてプロダクトマネジメントの基本を自分事として考えるきっかけとしてもらうために「プロダクトとマネジメント〜自分事としてのプロダクトマネジメント」と題し、ワークも盛り込み、3時間お話しをさせていただきました。

資料は自己紹介部分を一部変更している上、ワークの部分の資料などは割愛していますが、なるべく話しの筋がわかるように重要なものはだいたい残しています。

http://www.stylishidea.co.jp/

Published in: Business

プロダクトとマネジメント〜自分事としてのプロダクトマネジメント

  1. 1. プロダクトとマネジメント ∼自分事としての  プロダクトマネジメント 2013/09/16 株式会社スタイリッシュ・アイデア 新井 宏征
  2. 2. はじめに © Stylish Idea, Inc. 2  
  3. 3. 自己紹介・会社紹介 •  新井 宏征(あらい ひろゆき) •  ERPベンダー、シンクタンクを経て独立 •  2006年に『プロダクトマネジャーの教科書』翻訳 •  それ以降、プロダクトマネジメントの普及に尽力 •  株式会社スタイリッシュ・アイデア( stylishidea.co.jp ) •  2013年4月設立 •  プロダクトマネジメントコンサルティング •  「2200の世界を良いものにするためのアイデアを」がミッション •  http://www.stylishidea.co.jp/ 〔Webサイト〕 •  http://www.stylishidea.co.jp/newsletter/ 〔メールマガジン〕 © Stylish Idea, Inc. 3  
  4. 4. 株式会社スタイリッシュ・アイデアのミッション © Stylish Idea, Inc. 4   2200年の世界を 善いものにするための アイデアを
  5. 5. なぜ、2200年? •  2200年、あなたはどう覚えられていたいか? (名前ではなく、アイデアとして) •  TEDxTokyo - Hiroshi Ishii - The Last Farewell © Stylish Idea, Inc. 5   出所:http://www.youtube.com/watch?v=jSMSjaZy5hY
  6. 6. 今日のテーマとゴール •  POStudy 2周年という節目なので「プロダクトマネジメント」を 改めて考えてみる機会にしたいと思います © Stylish Idea, Inc. 6   ✍ プロダクトマネジメントで大切なことを知る ✍ プロダクトマネジャーとしての自分に気づく
  7. 7. 今日の流れ 1.  プロダクト 2.  マネジメント 3.  プロダクトマネジメント © Stylish Idea, Inc. 7   プロダクト (8) マネジメ ント (1) プロダク トマネジ メント (1)
  8. 8. 1. プロダクト © Stylish Idea, Inc. 8   プロダクト (8) マネジメ ント (1) プロダク トマネジ メント (1)
  9. 9. イノベーションが求められている •  イノベーションを実現する製品やサービスを考えなくては… © Stylish Idea, Inc. 9   出所:GEグローバル・イノベーション・バロメーター 2013年 世界の経営層の意識調査
  10. 10. 質問です(5分で個人ワーク+15分でグループシェア) •  プロダクトに関する質問です 1.  いま、あなたが日々かかわっているプロダクトは? (責任の大小は問いません) 2.  あなたが一番スゴイと思うプロダクトは何ですか? 3.  なぜそのプロダクトはスゴイんでしょうか? 4.  そのプロダクトのスゴさをあなたがかかわっている プロダクトに活かすとしたら、どう活かしますか? © Stylish Idea, Inc. 10  
  11. 11. 「プロダクト」って何? •  「プロダクト」=「製品」ではない •  『プロダクトマネジメント・マーケティング知識体系』第3章より © Stylish Idea, Inc. 11  
  12. 12. 「プロダクト」って何? •  「プロダクト」=「製品」ではない •  『プロダクトマネジメント・マーケティング知識体系』第3章より © Stylish Idea, Inc. 12  
  13. 13. じゃあ、どうやってプロダクトをつくればいいの? © Stylish Idea, Inc. 13  
  14. 14. イノベーションの「10の型」 •  Ten Types of Innovationで紹介されている「10の型」 © Stylish Idea, Inc. 14   【基本構造】 収益 モデル どのように儲けるか? ネット ワーク 価値創造のために誰とどの ように協力するか? 組織構成 自社の人材や資産をどのよ うに組織するか? プロセス 特徴的な手法をどのように 活用するか? 【提供物】 製品 パフォー マンス 優れた特長や機能をどの ように利用するのか? 製品 システム 補完的な製品やサービス をどのように生み出す か? 【経験】 サービス 提供物の価値をどうやって 引き出し、引き立たせるの か? チャネル 提供物をどのように顧客に 届けるのか? ブランド 提供物や自社をどのように 表現するのか? 顧客 エンゲー ジメント 顧客を引きつけるようなや り取りをどのように進めて いくか? 出所:http://www.doblin.com/tentypes/ と書籍の内容を元に新井作成
  15. 15. 「10の型」の考え方 •  さまざまな手法・ツールを「10の型」で分類 →これらを使ってイノベーションを実現する © Stylish Idea, Inc. 15   【基本構造】 収益 モデル ジレットモデル、フリーミ アム、従量制 →ジレット ネット ワーク 連携、フランチャイズ、 オープンイノベーション →UPS〔東芝との連携〕 組織構成 インセンティブシステム、 企業内大学、資産の共通化 →サウスウエスト航空 プロセス リーン生産方式、現地化、 クラウドソーシング →トヨタ、ネスレ 【提供物】 製品 パフォー マンス 機能・技術での差別化、 シンプル化、カスタマイ ズ性、サステナビリティ →ダイソン 製品 システム プラットフォーム、サー ビス連携、プラグイン →Mozilla Firefox 【経験】 サービス 保証、サポート、教育・情 報提供 →ザッポス チャネル 直販、クロスセリング、フ ラッグシップ店 →オフィスグリコ ブランド ブランド拡張、共同ブラン ド →インテル 顧客 エンゲー ジメント コミュニティ、ソーシャル メディア、パーソナライズ →Foursquare 出所:『Ten Types of Innovation』の内容を元に新井作成
  16. 16. 「10の型」で考える意義 •  製品だけでは持続的なイノベーションは興せない! © Stylish Idea, Inc. 16   稼ぎ方を 考える 作り方を 考える プロダクトを 考える 顧客の使い方(経験)を 考える 狭義の
  17. 17. ケース:Googleの「10の型」(検索事業を中心に) •  Googleの検索事業はどこでどんな取り組みを行っているか? © Stylish Idea, Inc. 17   【基本構造】 収益 モデル ネット ワーク 組織構成 プロセス 【提供物】 製品 パフォー マンス 製品 システム 【経験】 サービス チャネル ブランド 顧客 エンゲー ジメント
  18. 18. Googleの「10の型」(検索事業を中心に) •  Googleは10のうち8の型で重点的な取り組みを行っている © Stylish Idea, Inc. 18   【基本構造】 収益 モデル シンプルなAdWords広告 の活用(2011年には収益 の96%を占める) ネット ワーク 組織構成 優秀な人材を引きつけるオ フィス(設備や無料の食 事)や「20%ルール」と いった仕組み プロセス PageRankアルゴリズムに よる高い検索精度 【提供物】 製品 パフォー マンス PageRankに基づいた結 果に加え、AdWordsによ る広告表示によって、よ りシンプルで使いやすい 検索結果画面が利用者を 引きつけた 製品 システム 2003年にAdSenseを開 始したことで、Googleの 広告を載せられる場所が 飛躍的に増えた 【経験】 サービス 広告掲載に際して電話や チャット、メールでのサ ポートの他、コミュニティ における専門家の活用など も組み入れている チャネル Androidの提供により、 Googleを使ってもらう機 会を増やす ブランド 業種を超えた高いブランド 力を持っている(※) 顧客 エンゲー ジメント 出所:『Ten Types of Innovation』の内容を元に新井作成 ※例えば日経リサーチによる過 去10年間のデータに基づく企業 ブランド評価でGoogleは総合1位
  19. 19. (参考)Googleの売上推移と売上構成 © Stylish Idea, Inc. 19   売上推移 売上構成
  20. 20. 「10の型」のうちいくつに取り組めばいいのか? •  調査の結果、多ければ多い方が良いことがわかった •  通常企業の平均は1.8、トップイノベーターの平均は3.6 © Stylish Idea, Inc. 20   出所:『Ten Types of Innovation』の内容を元に新井作成
  21. 21. 自分のプロダクトの「10の型」 •  冒頭のワークを元に自分がかかわるプロダクトで考えよう! © Stylish Idea, Inc. 21  
  22. 22. グループワーク!:アクションラーニング(質問会議) •  これから体験するセッションは「アクションラーニング」と呼ばれる 会議手法のひとつです •  ジョージ・ワシントン大学大学院のマイケル・マーコード教授が開発 したものをベースとしています •  45分のセッションを2回実施します •  セッションではメンバーは3つの役割を分担します ①  問題提示者 ②  メンバー(質問をして問題解決に貢献する人) ③  プロセス・コーチ(プロセスのみを管理するコーチ) © Stylish Idea, Inc. 22   大まかなルール
  23. 23. セッションのプロセス •  40分のセッションの中で大きく3つの流れで進める © Stylish Idea, Inc. 23   ➵ 解決に向けては「10の型」も意識しながら進める
  24. 24. 2. マネジメント © Stylish Idea, Inc. 24   プロダクト (8) マネジメ ント (1) プロダク トマネジ メント (1)
  25. 25. なぜ、こうなってしまうのか? © Stylish Idea, Inc. 25  
  26. 26. 例えば、こんな理論があります:PM理論 •  社会心理学者の三隅二不二(みすみ じゅうじ)氏が提唱 •  P機能:計画立案や指示、叱咤により成果や生産性を高める •  M機能:集団の人間関係を良好に保ち、チームワークを維持 © Stylish Idea, Inc. 26   Pm型(P型)【専制君主】 •  高い成果を上げる •  メンバーの面倒見は悪い PM型【名君】 •  高い成果を上げる •  メンバーの面倒見もいい ここを目指したい! pm型【置物】 •  成果はいまひとつ •  面倒見も悪い pM型【いいひと】 •  メンバーの面倒見はいい •  成果はいまひとつ Maintenance(集団維持能力) Performance ︵ 目 標 達 成 能 力 ︶ マネジメントの 出番です
  27. 27. 優れたマネジャーは「情報」を「配る」 •  「配る」マネジメント •  『プロフェッショナルマネジャーの仕事はたった1つ』 •  マネジメントはヒト、モノ、カネ、情報を配る仕事 →中でも「情報」こそがすべてのカギを握る存在で、これが  部下の「動機付け」を上げる © Stylish Idea, Inc. 27   主体的に動くための 「認識」 なぜその仕事を担当する のか? その仕事はどのような状 況の中でどのような意味 があるのか? その仕事はどう評価され るのか 上司は何を考えているの か 組織の中で自分の仕事が「必要とされ ている仕事」だとわかる 組織全体の中での自分の位置づけがわ かる 自分の仕事の価値がわかる 上司が自分を育てようとしていると知 る(気持ちの情報)
  28. 28. 3. プロダクトマネジメント © Stylish Idea, Inc. 28   プロダクト (8) マネジメ ント (1) プロダク トマネジ メント (1)
  29. 29. プロダクトマネジャーが意識すべきこと【左右】 •  プロダクトマネジャーは社内と社外をつなぐハブとしての存在 © Stylish Idea, Inc. 29  
  30. 30. プロダクトマネジャーが意識すべきこと【上下】 ビジョ ン・ミッ ション 経営戦略 (全社目標) 事業戦略 (部門・部署目標) プロダクト (オファリング) 30 why how •  上下の目標の整合性を意識し、一貫性のある戦略実行を心がける
  31. 31. プロダクトマネジメント体系 •  プロダクトマネジャーが身につけるべき知識・スキルをまとめたもの •  この体系に基づいた「プロダクトマネジャー養成講座」を開催 © Stylish Idea, Inc. 31  
  32. 32. © Stylish Idea, Inc. 32   ご清聴&ご協力 ありがとうございました! 〔Webサイト〕 http://www.stylishidea.co.jp/ 〔メールマガジン〕 http://www.stylishidea.co.jp/newsletter/ 〔お問い合わせ〕 arai@stylishidea.co.jp 新井 宏征(あらい ひろゆき)

×