SlideShare a Scribd company logo

早稲田大学教育学部 近代論

早稲田大学教育学部 近代論

1 of 23
Download to read offline
小論文講座
2020.11.5(木)18:00-19:40
参加者:尾崎、牛坂、三井
(計3人)
1
今日の雑談
~目的意識を持ちましょう~
2
今日のTOPIC
テーマ「近代論」(早稲田大学教育学部改題)
①まずは読解
②本文の論理展開の整理
③本文の要約
④意見論述の視点
3
①まずは読解
~問一だけ解きましょう~
4
現
代
ア
メ
リ
カ
の
ネ
イ
チ
ャ
ー
ラ
イ
タ
ー
、
ロ
バ
ー
ト
・
フ
ィ
ン
チ
の
エ
ッ
セ
イ
に
「
鯨
の
よ
う
に
」
と
題
す
る
作
品
が
あ
る
。
あ
る
日
、
作
家
が
棲
み
暮
ら
す
ケ
ー
プ
コ
ッ
ド
の
海
岸
に
鯨
の
死
骸
が
打
ち
上
げ
ら
れ
た
。
海
岸
な
ら
ば
よ
く
あ
る
出
来
事
だ
。
そ
の
日
、
海
岸
は
人
で
溢
れ
か
え
っ
た
だ
れ
も
か
れ
も
が
打
ち
上
げ
ら
れ
た
鯨
を
「
目
撃
」
し
よ
う
と
駆
け
つ
け
た
。
そ
ん
な
い
っ
と
き
の
熱
狂
が
冷
め
た
あ
と
の
海
岸
に
た
た
ず
み
、
作
家
は
あ
の
大
騒
ぎ
は
い
っ
た
い
何
だ
っ
た
の
か
と
考
え
込
む
。
人
は
な
ぜ
海
岸
に
打
ち
上
げ
ら
れ
た
鯨
の
死
骸
に
殺
到
し
た
の
か
答
は
つ
い
に
見
つ
か
ら
な
い
。
さ
ま
ざ
ま
な
答
が
想
定
さ
れ
、
し
か
し
ど
の
答
も
不
充
分
だ
と
作
家
は
考
え
る
。
読
み
な
が
ら
私
た
ち
自
身
も
ま
た
自
分
な
り
の
解
答
を
試
み
る
か
も
知
れ
な
い
。
「
好
奇
心
」
と
言
っ
て
し
ま
え
ば
簡
単
だ
が
、
根
源
的
な
間
い
と
い
う
も
の
が
つ
ね
に
そ
う
で
あ
る
よ
う
に
、
問
題
は
む
し
ろ
、
な
ぜ
人
の
心
の
な
か
に
そ
の
よ
う
な
好
奇
心
が
胚
胎
す
る
の
か
だ
。
フ
ィ
ン
チ
は
や
っ
と
次
の
よ
う
な
答
に
到
達
す
る
。
そ
の
答
え
は
あ
ま
り
に
明
白
で
、
も
う
僕
た
ち
に
は
答
え
と
も
思
わ
れ
な
く
な
っ
て
し
ま
っ
た
。
僕
は
、
人
は
こ
の
宇
宙
で
他
者
と
の
出
会
い
を
渇
望
し
て
い
る
と
思
う
。
そ
れ
を
自
然
と
呼
ぶ
に
せ
よ
、
荒
野
、
「
素
晴
ら
し
き
ア
ウ
ト
ド
ア
」
、
あ
る
い
は
、
ど
ん
な
呼
び
方
を
す
る
に
せ
よ
。
僕
た
ち
は
、
わ
く
わ
く
し
な
が
ら
、
焦
燥
に
駆
ら
れ
な
が
ら
、
人
間
と
は
別
の
生
き
物
が
僕
た
ち
を
見
つ
め
返
し
て
は
く
れ
な
い
も
の
か
と
探
し
て
い
る
の
だ
。
「
他
者
と
の
出
会
い
」
、
「
人
間
と
は
別
の
生
き
物
」
に
見
つ
め
返
さ
れ
た
い
「
渇
望
」
が
人
に
は
あ
る
の
だ
と
い
う
。
そ
れ
が
鯨
の
死
骸
に
群
が
っ
た
人
間
た
ち
が
そ
の
行
動
に
よ
っ
て
表
現
し
よ
う
と
し
た
こ
と
な
の
だ
と
著
者
は
語
る
。
鯨
を
指
し
て
、
「
究
極
の
不
可
知
の
他
者
」
と
言
い
換
え
て
さ
え
い
る
。
「
究
極
の
不
可
知
の
他
者
」
に
見
つ
め
ら
れ
た
い
願
望
。
自
然
を
め
ぐ
る
こ
の
さ
さ
や
か
な
エ
ッ
セ
イ
が
伝
え
よ
う
と
す
る
の
は
、
美
術
批
評
家
ジ
ョ
ン
・
バ
ー
ジ
ャ
ー
が
「
な
ぜ
、
動
物
を
観
る
の
か
」
と
い
う
エ
ッ
セ
イ
で
間
う
た
も
の
と
同
質
だ
。
動
物
を
「
(
文
化
的
に
)
周
縁
化
」
し
て
や
ま
な
い
近
代
は
、
動
物
園
を
初
め
と
し
て
、
「
本
物
の
動
物
に
似
た
玩
具
、
動
物
図
像
の
広
範
な
商
業
的
拡
大
」
を
推
し
進
め
た
に
も
か
か
わ
ら
ず
、
そ
れ
は
同
時
に
「
動
物
が
日
常
生
活
か
ら
撤
退
し
始
め
た
時
期
」
に
相
当
す
る
の
だ
と
指
摘
し
て
い
る
。
動
物
の
周
縁
化
の
最
終
結
果
が
こ
こ
に
あ
る
。
人
間
社
会
の
発
達
に
決
定
的
役
割
を
果
た
し
、
一
世
紀
弱
前
ま
で
、
常
に
す
べ
て
の
人
間
が
共
に
生
き
た
、
動
物
と
人
間
と
の
間
に
交
わ
さ
れ
た
視
線
が
失
わ
れ
つ
つ
あ
る
。
動
物
を
観
て
い
る
来
園
者
、
視
線
を
相
手
か
ら
返
さ
れ
る
こ
と
の
な
い
人
間
は
孤
独
で
あ
る
。
人
間
は
最
終
的
に
群
れ
と
し
て
孤
立
し
て
い
く
種
な
の
だ
ろ
う
。
「
視
線
を
相
手
か
ら
返
さ
れ
る
こ
と
の
な
い
人
間
は
孤
独
で
あ
る
」
、
し
か
る
が
ゆ
え
に
ヒ
ト
と
い
う
生
物
種
は
「
人
間
と
は
別
の
生
き
物
が
見
つ
め
返
し
て
は
く
れ
な
い
も
の
か
」
(
フ
ィ
ン
チ
、
前
掲
)
と
相
手
を
探
し
回
る
の
だ
。
「
動
物
と
人
間
と
の
間
に
交
わ
さ
れ
た
視
線
」
が
失
わ
れ
つ
つ
あ
る
こ
と
を
知
る
が
ゆ
え
に
、
あ
る
い
は
「
人
間
社
会
の
発
達
に
決
定
的
役
割
を
果
た
し
た
」
動
物
と
い
う
存
在
の
周
縁
化
に
な
に
が
し
か
の
危
機
感
を
覚
え
る
が
ゆ
え
に
、
ヒ
ト
は
海
岸
に
打
ち
上
げ
ら
れ
た
鯨
に
向
か
っ
て
息
せ
き
切
っ
て
駆
け
て
ゆ
く
。
フ
ィ
ン
チ
は
言
う
――
「
僕
た
ち
の
肉
体
に
と
っ
て
食
物
と
暖
か
さ
が
必
要
な
よ
う
に
、
こ
う
し
た
意
味
で
の
他
者
が
、
僕
た
ち
が
人
間
で
あ
る
た
め
に
は
不
可
欠
で
あ
る
」
。
ほ
ん
と
う
だ
ろ
う
か
。
ヒ
ト
が
ヒ
ト
で
あ
る
た
め
に
は
〈
他
者
〉
が
必
要
な
の
だ
ろ
う
か
。
〈
他
者
〉
と
し
て
の
動
物
が
ほ
ん
と
う
に
必
要
な
の
だ
ろ
う
か
。
い
っ
た
い
ど
う
い
う
意
味
で
必
要
な
の
だ
ろ
う
か
。
『
平
成
幸
福
音
頭
』
(
一
九
九
三
)
藤
原
新
也
は
言
う
――
「
日
本
の
産
業
構
造
が
大
変
動
し
た
こ
こ
数
十
年
の
間
に
そ
の
外
部
(
自
然
)
は
と
つ
ぜ
ん
消
え
た
。
自
然
が
と
つ
ぜ
ん
消
滅
し
た
わ
け
で
は
な
い
。
自
然
を
意
識
し
、
そ
れ
と
交
わ
る
日
常
生
活
が
消
え
た
の
で
あ
る
。
」
こ
の
発
言
と
ま
っ
す
ぐ
に
呼
応
す
る
よ
う
に
、
ジ
ョ
ン
・
バ
ー
ジ
ャ
ー
は
言
う
――
「
二
十
世
紀
の
企
業
資
本
主
義
に
よ
っ
て
完
結
を
み
る
激
動
は
、
十
九
世
紀
の
欧
米
に
始
ま
る
。
そ
れ
に
よ
っ
て
人
間
と
自
然
を
繋
い
で
い
た
伝
統
は
す
べ
て
壊
さ
れ
て
し
ま
っ
た
。
こ
の
崩
壊
が
起
こ
る
以
前
に
人
間
を
取
り
巻
く
最
初
の
社
会
を
形
成
し
て
い
た
の
は
動
物
で
あ
る
」
。
藤
原
も
バ
ー
ジ
ャ
ー
も
時
代
設
定
こ
そ
異
な
れ
、
近
代
が
も
た
ら
し
た
自
然
と
人
間
の
関
係
の
根
本
的
な
切
断
を
語
っ
て
い
る
。
い
ず
れ
も
一
見
す
る
と
凡
庸
な
発
言
に
思
え
る
が
、
「
自
然
を
意
識
し
、
そ
れ
と
交
わ
る
日
常
生
活
」
の
消
滅
、
そ
の
深
刻
さ
の
度
合
い
を
測
ろ
う
と
す
る
眼
差
し
は
、
い
ず
れ
の
場
合
も
、
そ
の
問
題
意
識
の
切
実
さ
に
お
い
て
き
わ
だ
っ
て
い
る
。
そ
の
深
刻
さ
の
内
実
は
、
そ
れ
ぞ
れ
の
著
書
に
明
瞭
で
あ
ろ
う
。
た
と
え
ば
、
藤
原
新
也
の
『
東
京
漂
流
』
(
一
九
八
三
)
と
『
乳
の
海
』
(
一
九
八
六
)
と
い
う
代
表
的
エ
ッ
セ
イ
集
は
、
〈
自
然
〉
の
喪
失
を
そ
の
規
矩
と
し
て
い
る
。
東
京
の
ゴ
ミ
捨
て
場
た
る
「
夢
の
島
」
を
駆
け
め
ぐ
り
、
つ
い
に
は
、
か
つ
て
エ
ゾ
オ
オ
カ
ミ
(
絶
滅
)
に
施
さ
れ
た
と
同
じ
手
法
で
毒
殺
さ
れ
た
「
東
京
最
後
の
野
犬
有
明
フ
ェ
リ
ー
タ
」
と
は
、
そ
の
よ
う
な
失
わ
れ
た
〈
自
然
〉
の
別
称
に
ほ
か
な
ら
な
い
。
人
類
史
が
数
百
万
年
と
い
う
途
方
も
な
い
時
間
を
か
け
て
成
熟
さ
せ
て
き
た
「
動
物
と
人
間
と
の
間
に
交
わ
さ
れ
た
視
線
」
や
「
自
然
を
意
識
し
、
そ
れ
と
交
わ
る
日
常
生
活
」
は
、
近
代
と
と
も
に
あ
っ
と
い
う
間
に
消
滅
し
た
と
い
う
事
実
を
語
る
こ
と
に
よ
っ
て
、
フ
ィ
ン
チ
ゃ
バ
ー
ジ
ャ
ー
や
藤
原
新
也
は
「
自
然
教
育
」
や
「
環
境
教
育
」
あ
る
い
は
「
自
然
体
験
型
学
習
」
の
必
要
性
を
直
接
的
に
問
う
て
い
る
わ
け
で
は
な
い
。
直
接
的
に
問
う
ど
こ
ろ
か
、
こ
の
よ
う
な
問
い
は
も
は
や
間
接
的
に
で
さ
え
不
可
能
な
問
い
で
あ
る
と
考
え
て
い
る
か
も
知
れ
な
い
。
な
ぜ
な
ら
、
バ
ー
ジ
ャ
ー
に
よ
れ
ば
、
動
物
の
文
化
的
周
縁
化
と
消
滅
は
、
〈
家
族
〉
や
〈
見
世
物
〉
と
い
っ
た
カ
テ
ゴ
リ
ー
へ
の
吸
収
と
し
て
現
実
化
さ
れ
る
か
ら
だ
。
〈
家
族
〉
や
〈
見
世
物
〉
と
し
て
の
囲
い
込
み
と
は
、
本
来
〈
外
部
性
〉
を
き
わ
だ
た
せ
る
は
ず
の
動
物
=
自
然
が
内
部
化
さ
れ
て
い
く
と
い
う
意
味
で
あ
る
。
〈
家
族
〉
化
と
は
ペ
ッ
ト
化
と
同
義
で
あ
り
、
〈
見
世
物
〉
化
と
は
、
た
と
え
ば
動
物
園
や
動
物
写
真
と
同
義
で
あ
る
。
こ
う
し
て
動
物
た
ち
は
「
可
視
化
」
さ
れ
る
と
同
時
に
封
じ
込
め
ら
れ
て
ゆ
く
。
精
細
無
比
の
動
物
写
真
を
実
現
す
る
望
還
レ
ン
ズ
、
フ
ラ
ッ
シ
ュ
、
超
小
型
カ
メ
ラ
、
リ
モ
コ
ン
カ
メ
ラ
と
い
っ
た
装
置
は
、
人
間
の
視
覚
能
力
を
は
る
か
に
超
え
た
世
界
を
そ
こ
に
捕
捉
し
、
「
自
然
の
驚
異
」
を
写
し
取
る
。
だ
が
、
こ
れ
ら
の
画
像
が
提
示
し
て
い
る
の
は
、
「
人
間
が
動
物
を
知
れ
ば
知
る
ほ
ど
、
【
】
」
と
い
う
逆
説
的
な
事
態
だ
、
と
バ
ー
ジ
ャ
ー
は
指
摘
す
る
。
自
然
の
徹
底
し
た
〈
内
部
化
〉
が
気
づ
か
ぬ
う
ち
に
深
く
進
行
し
て
い
る
の
で
あ
る
。
文
化
地
理
学
者
イ
ー
フ
ー
・
ト
ゥ
ア
ン
に
よ
る
な
ら
ば
、
「
造
園
の
喜
び
、
ペ
ッ
ト
を
飼
う
楽
し
み
、
ま
た
愛
情
と
い
う
名
の
感
情
」
も
、
た
ち
ま
ち
〈
支
配
〉
に
転
化
さ
れ
る
。
い
や
、
〈
支
配
〉
そ
の
も
の
の
現
実
態
な
の
だ
。
ト
ゥ
ア
ン
の
『
愛
と
支
配
の
博
物
誌
――
ペ
ッ
ト
の
王
国
・
奇
型
の
庭
園
』
(
一
九
八
四
)
が
と
り
わ
け
興
味
深
い
の
は
、
「
楽
し
み
、
遊
び
、
芸
術
の
世
界
」
に
お
け
る
「
力
や
支
配
」
の
行
使
に
焦
点
を
当
て
て
い
る
こ
と
で
あ
る
。
文
学
も
美
的
な
る
も
の
も
け
っ
し
て
「
力
や
支
配
」
と
無
縁
な
中
立
地
帯
で
は
あ
り
え
な
い
。
環
境
問
題
が
自
然
科
学
的
知
の
問
題
だ
け
で
も
な
け
れ
ば
、
社
会
構
造
的
な
問
題
、
経
済
学
的
な
問
題
だ
け
で
も
片
づ
か
な
い
こ
と
の
証
左
が
こ
こ
に
あ
る
。
振
り
返
っ
て
み
よ
う
。
ロ
バ
ー
ト
・
フ
ィ
ン
チ
の
エ
ッ
セ
イ
で
語
ら
れ
た
、
鯨
へ
の
人
々
の
狂
熱
は
、
ま
さ
し
く
、
い
ま
だ
〈
内
部
化
〉
さ
れ
ざ
る
自
然
(
ネ
イ
チ
ャ
ー
ラ
イ
テ
ィ
ン
グ
研
究
で
は
〈
野
生
〉
と
呼
ぶ
)
へ
の
狂
熱
に
ほ
か
な
ら
な
い
。
鯨
が
「
究
極
の
不
可
知
の
他
者
」
で
あ
る
が
ゆ
え
の
狂
熱
――
そ
こ
に
は
〈
外
部
〉
が
出
現
し
て
い
る
の
だ
。
フ
ィ
ン
チ
の
言
う
よ
う
に
、
私
た
ち
が
人
間
で
あ
る
た
め
に
は
ど
う
や
ら
〈
外
部
〉
=
〈
他
者
〉
が
必
要
な
の
だ
。
そ
の
欲
求
は
無
意
識
に
手
が
届
く
ほ
ど
根
源
的
で
あ
る
た
め
に
、
だ
れ
も
が
そ
の
必
要
性
に
気
づ
く
と
い
う
わ
け
に
は
い
か
な
い
が
、
近
代
以
前
な
ら
ば
、
し
ば
し
ば
〈
怪
物
〉
的
表
象
と
し
て
神
話
化
さ
れ
畏
怖
さ
れ
た
「
究
極
の
不
可
知
の
他
者
」
は
、
い
ま
や
〈
自
然
〉
と
し
て
そ
の
後
ろ
姿
を
か
い
ま
見
る
だ
け
の
か
そ
け
き
存
在
に
堕
そ
う
と
し
て
い
る
。
(
野
田
研
一
「
世
界
・
自
然
と
の
コ
ミ
ュ
ニ
ケ
ー
シ
ョ
ン
を
め
ぐ
っ
て
」
に
よ
る
)
問
一
【
】
に
入
る
語
を
以
下
の
中
か
ら
選
び
な
さ
い
。
イ
彼
ら
へ
の
愛
情
は
薄
れ
て
い
く
ロ
彼
ら
の
価
値
は
小
さ
く
な
っ
て
い
く
ハ
彼
ら
と
の
交
流
は
深
ま
っ
て
い
く
ニ
彼
ら
に
つ
い
て
の
謎
が
う
ま
れ
る
ホ
彼
ら
と
の
距
離
は
遠
ざ
か
る
問
二
本
文
の
内
容
を
要
約
し
な
さ
い
。
(
二
〇
〇
字
以
内
)
問
三
本
文
の
内
容
に
対
し
て
、
あ
な
た
の
意
見
を
述
べ
な
さ
い
。
(
五
〇
〇
字
以
内
)
②本文の論理展開の整理
~問一の解説も含めて~
9
10
〈大事なこと〉
①マクロな視点
・問題提起、話題設定を追いかける
・問題提起に対する答えを追いかける
②ミクロな視点
・指示語の指示内容を適宜確認する
・接続語の接続関係に着目する
・イコール関係、対比関係を整理する
現
代
ア
メ
リ
カ
の
ネ
イ
チ
ャ
ー
ラ
イ
タ
ー
、
ロ
バ
ー
ト
・
フ
ィ
ン
チ
の
エ
ッ
セ
イ
に
「
鯨
の
よ
う
に
」
と
題
す
る
作
品
が
あ
る
。
あ
る
日
、
作
家
が
棲
み
暮
ら
す
ケ
ー
プ
コ
ッ
ド
の
海
岸
に
鯨
の
死
骸
が
打
ち
上
げ
ら
れ
た
。
海
岸
な
ら
ば
よ
く
あ
る
出
来
事
だ
。
そ
の
日
、
海
岸
は
人
で
溢
れ
か
え
っ
た
だ
れ
も
か
れ
も
が
打
ち
上
げ
ら
れ
た
鯨
を
「
目
撃
」
し
よ
う
と
駆
け
つ
け
た
。
そ
ん
な
い
っ
と
き
の
熱
狂
が
冷
め
た
あ
と
の
海
岸
に
た
た
ず
み
、
作
家
は
あ
の
大
騒
ぎ
は
い
っ
た
い
何
だ
っ
た
の
か
と
考
え
込
む
。
人
は
な
ぜ
海
岸
に
打
ち
上
げ
ら
れ
た
鯨
の
死
骸
に
殺
到
し
た
の
か
答
は
つ
い
に
見
つ
か
ら
な
い
。
さ
ま
ざ
ま
な
答
が
想
定
さ
れ
、
し
か
し
ど
の
答
も
不
充
分
だ
と
作
家
は
考
え
る
。
読
み
な
が
ら
私
た
ち
自
身
も
ま
た
自
分
な
り
の
解
答
を
試
み
る
か
も
知
れ
な
い
。
「
好
奇
心
」
と
言
っ
て
し
ま
え
ば
簡
単
だ
が
、
根
源
的
な
間
い
と
い
う
も
の
が
つ
ね
に
そ
う
で
あ
る
よ
う
に
、
問
題
は
む
し
ろ
、
な
ぜ
人
の
心
の
な
か
に
そ
の
よ
う
な
好
奇
心
が
胚
胎
す
る
の
か
だ
。
フ
ィ
ン
チ
は
や
っ
と
次
の
よ
う
な
答
に
到
達
す
る
。
そ
の
答
え
は
あ
ま
り
に
明
白
で
、
も
う
僕
た
ち
に
は
答
え
と
も
思
わ
れ
な
く
な
っ
て
し
ま
っ
た
。
僕
は
、
人
は
こ
の
宇
宙
で
他
者
と
の
出
会
い
を
渇
望
し
て
い
る
と
思
う
。
そ
れ
を
自
然
と
呼
ぶ
に
せ
よ
、
荒
野
、
「
素
晴
ら
し
き
ア
ウ
ト
ド
ア
」
、
あ
る
い
は
、
ど
ん
な
呼
び
方
を
す
る
に
せ
よ
。
僕
た
ち
は
、
わ
く
わ
く
し
な
が
ら
、
焦
燥
に
駆
ら
れ
な
が
ら
、
人
間
と
は
別
の
生
き
物
が
僕
た
ち
を
見
つ
め
返
し
て
は
く
れ
な
い
も
の
か
と
探
し
て
い
る
の
だ
。
「
他
者
と
の
出
会
い
」
、
「
人
間
と
は
別
の
生
き
物
」
に
見
つ
め
返
さ
れ
た
い
「
渇
望
」
が
人
に
は
あ
る
の
だ
と
い
う
。
そ
れ
が
鯨
の
死
骸
に
群
が
っ
た
人
間
た
ち
が
そ
の
行
動
に
よ
っ
て
表
現
し
よ
う
と
し
た
こ
と
な
の
だ
と
著
者
は
語
る
。
鯨
を
指
し
て
、
「
究
極
の
不
可
知
の
他
者
」
と
言
い
換
え
て
さ
え
い
る
。
「
究
極
の
不
可
知
の
他
者
」
に
見
つ
め
ら
れ
た
い
願
望
。
自
然
を
め
ぐ
る
こ
の
さ
さ
や
か
な
エ
ッ
セ
イ
が
伝
え
よ
う
と
す
る
の
は
、
美
術
批
評
家
ジ
ョ
ン
・
バ
ー
ジ
ャ
ー
が
「
な
ぜ
、
動
物
を
観
る
の
か
」
と
い
う
エ
ッ
セ
イ
で
間
う
た
も
の
と
同
質
だ
。
動
物
を
「
(
文
化
的
に
)
周
縁
化
」
し
て
や
ま
な
い
近
代
は
、
動
物
園
を
初
め
と
し
て
、
「
本
物
の
動
物
に
似
た
玩
具
、
動
物
図
像
の
広
範
な
商
業
的
拡
大
」
を
推
し
進
め
た
に
も
か
か
わ
ら
ず
、
そ
れ
は
同
時
に
「
動
物
が
日
常
生
活
か
ら
撤
退
し
始
め
た
時
期
」
に
相
当
す
る
の
だ
と
指
摘
し
て
い
る
。
動
物
の
周
縁
化
の
最
終
結
果
が
こ
こ
に
あ
る
。
人
間
社
会
の
発
達
に
決
定
的
役
割
を
果
た
し
、
一
世
紀
弱
前
ま
で
、
常
に
す
べ
て
の
人
間
が
共
に
生
き
た
、
動
物
と
人
間
と
の
間
に
交
わ
さ
れ
た
視
線
が
失
わ
れ
つ
つ
あ
る
。
動
物
を
観
て
い
る
来
園
者
、
視
線
を
相
手
か
ら
返
さ
れ
る
こ
と
の
な
い
人
間
は
孤
独
で
あ
る
。
人
間
は
最
終
的
に
群
れ
と
し
て
孤
立
し
て
い
く
種
な
の
だ
ろ
う
。
「
視
線
を
相
手
か
ら
返
さ
れ
る
こ
と
の
な
い
人
間
は
孤
独
で
あ
る
」
、
し
か
る
が
ゆ
え
に
ヒ
ト
と
い
う
生
物
種
は
「
人
間
と
は
別
の
生
き
物
が
見
つ
め
返
し
て
は
く
れ
な
い
も
の
か
」
(
フ
ィ
ン
チ
、
前
掲
)
と
相
手
を
探
し
回
る
の
だ
。
「
動
物
と
人
間
と
の
間
に
交
わ
さ
れ
た
視
線
」
が
失
わ
れ
つ
つ
あ
る
こ
と
を
知
る
が
ゆ
え
に
、
あ
る
い
は
「
人
間
社
会
の
発
達
に
決
定
的
役
割
を
果
た
し
た
」
動
物
と
い
う
存
在
の
周
縁
化
に
な
に
が
し
か
の
危
機
感
を
覚
え
る
が
ゆ
え
に
、
ヒ
ト
は
海
岸
に
打
ち
上
げ
ら
れ
た
鯨
に
向
か
っ
て
息
せ
き
切
っ
て
駆
け
て
ゆ
く
。
フ
ィ
ン
チ
は
言
う
――
「
僕
た
ち
の
肉
体
に
と
っ
て
食
物
と
暖
か
さ
が
必
要
な
よ
う
に
、
こ
う
し
た
意
味
で
の
他
者
が
、
僕
た
ち
が
人
間
で
あ
る
た
め
に
は
不
可
欠
で
あ
る
」
。
ほ
ん
と
う
だ
ろ
う
か
。
ヒ
ト
が
ヒ
ト
で
あ
る
た
め
に
は
〈
他
者
〉
が
必
要
な
の
だ
ろ
う
か
。
〈
他
者
〉
と
し
て
の
動
物
が
ほ
ん
と
う
に
必
要
な
の
だ
ろ
う
か
。
い
っ
た
い
ど
う
い
う
意
味
で
必
要
な
の
だ
ろ
う
か
。
『
平
成
幸
福
音
頭
』
(
一
九
九
三
)
藤
原
新
也
は
言
う
――
「
日
本
の
産
業
構
造
が
大
変
動
し
た
こ
こ
数
十
年
の
間
に
そ
の
外
部
(
自
然
)
は
と
つ
ぜ
ん
消
え
た
。
自
然
が
と
つ
ぜ
ん
消
滅
し
た
わ
け
で
は
な
い
。
自
然
を
意
識
し
、
そ
れ
と
交
わ
る
日
常
生
活
が
消
え
た
の
で
あ
る
。
」
こ
の
発
言
と
ま
っ
す
ぐ
に
呼
応
す
る
よ
う
に
、
ジ
ョ
ン
・
バ
ー
ジ
ャ
ー
は
言
う
――
「
二
十
世
紀
の
企
業
資
本
主
義
に
よ
っ
て
完
結
を
み
る
激
動
は
、
十
九
世
紀
の
欧
米
に
始
ま
る
。
そ
れ
に
よ
っ
て
人
間
と
自
然
を
繋
い
で
い
た
伝
統
は
す
べ
て
壊
さ
れ
て
し
ま
っ
た
。
こ
の
崩
壊
が
起
こ
る
以
前
に
人
間
を
取
り
巻
く
最
初
の
社
会
を
形
成
し
て
い
た
の
は
動
物
で
あ
る
」
。
藤
原
も
バ
ー
ジ
ャ
ー
も
時
代
設
定
こ
そ
異
な
れ
、
近
代
が
も
た
ら
し
た
自
然
と
人
間
の
関
係
の
根
本
的
な
切
断
を
語
っ
て
い
る
。
い
ず
れ
も
一
見
す
る
と
凡
庸
な
発
言
に
思
え
る
が
、
「
自
然
を
意
識
し
、
そ
れ
と
交
わ
る
日
常
生
活
」
の
消
滅
、
そ
の
深
刻
さ
の
度
合
い
を
測
ろ
う
と
す
る
眼
差
し
は
、
い
ず
れ
の
場
合
も
、
そ
の
問
題
意
識
の
切
実
さ
に
お
い
て
き
わ
だ
っ
て
い
る
。
そ
の
深
刻
さ
の
内
実
は
、
そ
れ
ぞ
れ
の
著
書
に
明
瞭
で
あ
ろ
う
。
た
と
え
ば
、
藤
原
新
也
の
『
東
京
漂
流
』
(
一
九
八
三
)
と
『
乳
の
海
』
(
一
九
八
六
)
と
い
う
代
表
的
エ
ッ
セ
イ
集
は
、
〈
自
然
〉
の
喪
失
を
そ
の
規
矩
と
し
て
い
る
。
東
京
の
ゴ
ミ
捨
て
場
た
る
「
夢
の
島
」
を
駆
け
め
ぐ
り
、
つ
い
に
は
、
か
つ
て
エ
ゾ
オ
オ
カ
ミ
(
絶
滅
)
に
施
さ
れ
た
と
同
じ
手
法
で
毒
殺
さ
れ
た
「
東
京
最
後
の
野
犬
有
明
フ
ェ
リ
ー
タ
」
と
は
、
そ
の
よ
う
な
失
わ
れ
た
〈
自
然
〉
の
別
称
に
ほ
か
な
ら
な
い
。
人
類
史
が
数
百
万
年
と
い
う
途
方
も
な
い
時
間
を
か
け
て
成
熟
さ
せ
て
き
た
「
動
物
と
人
間
と
の
間
に
交
わ
さ
れ
た
視
線
」
や
「
自
然
を
意
識
し
、
そ
れ
と
交
わ
る
日
常
生
活
」
は
、
近
代
と
と
も
に
あ
っ
と
い
う
間
に
消
滅
し
た
と
い
う
事
実
を
語
る
こ
と
に
よ
っ
て
、
フ
ィ
ン
チ
ゃ
バ
ー
ジ
ャ
ー
や
藤
原
新
也
は
「
自
然
教
育
」
や
「
環
境
教
育
」
あ
る
い
は
「
自
然
体
験
型
学
習
」
の
必
要
性
を
直
接
的
に
問
う
て
い
る
わ
け
で
は
な
い
。
直
接
的
に
問
う
ど
こ
ろ
か
、
こ
の
よ
う
な
問
い
は
も
は
や
間
接
的
に
で
さ
え
不
可
能
な
問
い
で
あ
る
と
考
え
て
い
る
か
も
知
れ
な
い
。
な
ぜ
な
ら
、
バ
ー
ジ
ャ
ー
に
よ
れ
ば
、
動
物
の
文
化
的
周
縁
化
と
消
滅
は
、
〈
家
族
〉
や
〈
見
世
物
〉
と
い
っ
た
カ
テ
ゴ
リ
ー
へ
の
吸
収
と
し
て
現
実
化
さ
れ
る
か
ら
だ
。
〈
家
族
〉
や
〈
見
世
物
〉
と
し
て
の
囲
い
込
み
と
は
、
本
来
〈
外
部
性
〉
を
き
わ
だ
た
せ
る
は
ず
の
動
物
=
自
然
が
内
部
化
さ
れ
て
い
く
と
い
う
意
味
で
あ
る
。
〈
家
族
〉
化
と
は
ペ
ッ
ト
化
と
同
義
で
あ
り
、
〈
見
世
物
〉
化
と
は
、
た
と
え
ば
動
物
園
や
動
物
写
真
と
同
義
で
あ
る
。
こ
う
し
て
動
物
た
ち
は
「
可
視
化
」
さ
れ
る
と
同
時
に
封
じ
込
め
ら
れ
て
ゆ
く
。
精
細
無
比
の
動
物
写
真
を
実
現
す
る
望
還
レ
ン
ズ
、
フ
ラ
ッ
シ
ュ
、
超
小
型
カ
メ
ラ
、
リ
モ
コ
ン
カ
メ
ラ
と
い
っ
た
装
置
は
、
人
間
の
視
覚
能
力
を
は
る
か
に
超
え
た
世
界
を
そ
こ
に
捕
捉
し
、
「
自
然
の
驚
異
」
を
写
し
取
る
。
だ
が
、
こ
れ
ら
の
画
像
が
提
示
し
て
い
る
の
は
、
「
人
間
が
動
物
を
知
れ
ば
知
る
ほ
ど
、
【
】
」
と
い
う
逆
説
的
な
事
態
だ
、
と
バ
ー
ジ
ャ
ー
は
指
摘
す
る
。
自
然
の
徹
底
し
た
〈
内
部
化
〉
が
気
づ
か
ぬ
う
ち
に
深
く
進
行
し
て
い
る
の
で
あ
る
。
文
化
地
理
学
者
イ
ー
フ
ー
・
ト
ゥ
ア
ン
に
よ
る
な
ら
ば
、
「
造
園
の
喜
び
、
ペ
ッ
ト
を
飼
う
楽
し
み
、
ま
た
愛
情
と
い
う
名
の
感
情
」
も
、
た
ち
ま
ち
〈
支
配
〉
に
転
化
さ
れ
る
。
い
や
、
〈
支
配
〉
そ
の
も
の
の
現
実
態
な
の
だ
。
ト
ゥ
ア
ン
の
『
愛
と
支
配
の
博
物
誌
――
ペ
ッ
ト
の
王
国
・
奇
型
の
庭
園
』
(
一
九
八
四
)
が
と
り
わ
け
興
味
深
い
の
は
、
「
楽
し
み
、
遊
び
、
芸
術
の
世
界
」
に
お
け
る
「
力
や
支
配
」
の
行
使
に
焦
点
を
当
て
て
い
る
こ
と
で
あ
る
。
文
学
も
美
的
な
る
も
の
も
け
っ
し
て
「
力
や
支
配
」
と
無
縁
な
中
立
地
帯
で
は
あ
り
え
な
い
。
環
境
問
題
が
自
然
科
学
的
知
の
問
題
だ
け
で
も
な
け
れ
ば
、
社
会
構
造
的
な
問
題
、
経
済
学
的
な
問
題
だ
け
で
も
片
づ
か
な
い
こ
と
の
証
左
が
こ
こ
に
あ
る
。
振
り
返
っ
て
み
よ
う
。
ロ
バ
ー
ト
・
フ
ィ
ン
チ
の
エ
ッ
セ
イ
で
語
ら
れ
た
、
鯨
へ
の
人
々
の
狂
熱
は
、
ま
さ
し
く
、
い
ま
だ
〈
内
部
化
〉
さ
れ
ざ
る
自
然
(
ネ
イ
チ
ャ
ー
ラ
イ
テ
ィ
ン
グ
研
究
で
は
〈
野
生
〉
と
呼
ぶ
)
へ
の
狂
熱
に
ほ
か
な
ら
な
い
。
鯨
が
「
究
極
の
不
可
知
の
他
者
」
で
あ
る
が
ゆ
え
の
狂
熱
――
そ
こ
に
は
(
外
部
〉
が
出
現
し
て
い
る
の
だ
。
フ
ィ
ン
チ
の
言
う
よ
う
に
、
私
た
ち
が
人
間
で
あ
る
た
め
に
は
ど
う
や
ら
〈
外
部
〉
=
〈
他
者
〉
が
必
要
な
の
だ
。
そ
の
欲
求
は
無
意
識
に
手
が
届
く
ほ
ど
根
源
的
で
あ
る
た
め
に
、
だ
れ
も
が
そ
の
必
要
性
に
気
づ
く
と
い
う
わ
け
に
は
い
か
な
い
が
、
近
代
以
前
な
ら
ば
、
し
ば
し
ば
〈
怪
物
〉
的
表
象
と
し
て
神
話
化
さ
れ
畏
怖
さ
れ
た
「
究
極
の
不
可
知
の
他
者
」
は
、
い
ま
や
(
自
然
〉
と
し
て
そ
の
後
ろ
姿
を
か
い
ま
見
る
だ
け
の
か
そ
け
き
存
在
に
堕
そ
う
と
し
て
い
る
。
(
野
田
研
一
「
世
界
・
自
然
と
の
コ
ミ
ュ
ニ
ケ
ー
シ
ョ
ン
を
め
ぐ
っ
て
」
に
よ
る
)
問
一
【
】
に
入
る
語
を
以
下
の
中
か
ら
選
び
な
さ
い
。
イ
彼
ら
へ
の
愛
情
は
薄
れ
て
い
く
ロ
彼
ら
の
価
値
は
小
さ
く
な
っ
て
い
く
ハ
彼
ら
と
の
交
流
は
深
ま
っ
て
い
く
ニ
彼
ら
に
つ
い
て
の
謎
が
う
ま
れ
る
ホ
彼
ら
と
の
距
離
は
遠
ざ
か
る
問
二
本
文
の
内
容
を
要
約
し
な
さ
い
。
(
二
〇
〇
字
以
内
)
問
三
本
文
の
内
容
に
対
し
て
、
あ
な
た
の
意
見
を
述
べ
な
さ
い
。
(
五
〇
〇
字
以
内
)
(
例
)
最
も
男
ら
し
い
行
為
は
女
装
で
あ
る
と
い
う
逆
説
。
①
一
見
矛
盾
、
実
は
真
理
②
矛
盾
逆
説
★
逆
説
(
パ
ラ
ド
ッ
ク
ス
)
(
例
)
急
が
ば
回
れ
A
(
本
来
は
…)
B
(
逆
に
…)
C
(
理
由
)
※
逆
説
の
説
明
本
来
は
急
い
で
い
る
な
ら
近
道
を
す
る
べ
き
だ
が
、
実
際
に
は
遠
回
り
を
し
た
ほ
う
が
、
安
全
で
あ
る
と
い
う
点
で
得
を
す
る
と
い
う
こ
と
。
逆
接
16
〈本文中の対比の構造化〉
【外部化】 (=不可知)
=自然(野生)への狂熱・畏怖
↓ 近代化
【内部化】 (=可視化)
=自然の支配
=動物の文化的周縁化/消滅
(日常生活からの動物の撤退)
③本文の要約
17
18
【解答例】(三木作成)
近代以前、怪物のように神話化されていた外部的
存在たる〈野生〉としての他者は、近代がもたらした
自然と人間の関係の根本的な切断によって内部さ
れ、かそけき存在としての〈自然〉となった。それは
すなわち、欧米における近代化の影響で産業構造
が変動し、動物がペットや動物園の見世物とされ、
文化的に周縁化し、日常生活から撤退しだしたこと
を意味する。それゆえ人間は究極の不可知な他者
との出会いを渇望するのである。(197字)
19
【答案例①】 尾崎くん①
ヒトは、ヒトとして生きていくためには、他者が必要
である。なぜなら人は、他者との出会いや人間や不
可知なものとの交流を求めるからである。初めは、
動物は、外部的な存在であり人間にとって不可知な
存在であったが、現在は、ヒトは自然を支配し、可
視化させてしまった。それにより、ヒトと動物が以前
交わしていた交流はなくなり、お互いの距離は離れ
ていく一方である。
20
【答案例②】 尾崎くん②
ヒトは、ヒトとして生きていくために、不可知な存在
が必要である。以前は、自然界の動物がその役割
を果たしていて、ヒトは、それに狂熱していた。しか
し現在の資本主義社会では、動物は可視的な存在
となり、動物と人間の以前のような関係は崩れ、ま
たヒトの日常生活から消えていく一方である。(136
字)
要約問題
【手順】
(1)文章構成の把握(意味段落分け)
①文章のジャンルを意識
(例)随筆文なら 体験→感想→意見
②指示語や接続語のフル活用!
(2)強弱の把握→要約に使う箇所を押さえる
①強:強調表現や反復表現
②弱:具体例・比喩・引用、類比・対比、一般論、譲歩
(3)表現の吟味 ※解答の独立性(一読して分かる内容になっているか)を意識
①筆者独自の表現(「 」のついた表現、比喩的表現など)は言い換える
②問題提起(~だろうか)などの表現効果的なものは、そのまま使わない
→シンプルに、本文の骨子となる部分を淡々とつないでまとめていく。
(4)論理関係の保存に注意して書く
21
③意見論述の視点
22
★着想方法(切り口の見つけ方)
まず、問題のパターンを見極める。
・抽象的 ━━━━ 具体例を提示し、問題点を発見し、解決策を提示。
(「平和とは何か」など)
・具体的 ━ 事実 ━ 問題点を発見し、解決策を提示。
┗ 意見 ━ 一つ:賛成か反対かを決定。
┃ 賛成なら一部に論の欠陥を探す。
┃ 反対ならその理由と代案を提示。
┗ 二つ(対立意見):弁証法により解決策を提示。
※意見とは、「賛成/反対」が表明できるものであり、定義と提言の2つに分かれる。
23

Recommended

2014centerkobun.pdf
2014centerkobun.pdf2014centerkobun.pdf
2014centerkobun.pdfstudyplace0
 
都留文科大学
都留文科大学都留文科大学
都留文科大学studyplace0
 
エコツーリズム
エコツーリズムエコツーリズム
エコツーリズムstudyplace0
 
小論文模試解説
小論文模試解説小論文模試解説
小論文模試解説studyplace0
 
慶應義塾文学部2014
慶應義塾文学部2014慶應義塾文学部2014
慶應義塾文学部2014studyplace0
 

More Related Content

More from studyplace0

九州大学共創学部 設問1問1
九州大学共創学部 設問1問1九州大学共創学部 設問1問1
九州大学共創学部 設問1問1studyplace0
 
課題文型小論文
課題文型小論文課題文型小論文
課題文型小論文studyplace0
 
早稲田大学教育学部 近代論2
早稲田大学教育学部 近代論2早稲田大学教育学部 近代論2
早稲田大学教育学部 近代論2studyplace0
 
現代文の解法100
現代文の解法100現代文の解法100
現代文の解法100studyplace0
 
基礎強化数学 第7回
基礎強化数学 第7回基礎強化数学 第7回
基礎強化数学 第7回studyplace0
 
基礎強化数学 第3回
基礎強化数学 第3回基礎強化数学 第3回
基礎強化数学 第3回studyplace0
 
基礎強化数学 第2回
基礎強化数学 第2回基礎強化数学 第2回
基礎強化数学 第2回studyplace0
 
基礎強化数学 第18回
基礎強化数学 第18回基礎強化数学 第18回
基礎強化数学 第18回studyplace0
 
基礎強化数学 第17回
基礎強化数学 第17回基礎強化数学 第17回
基礎強化数学 第17回studyplace0
 
基礎強化数学 第4回
基礎強化数学 第4回基礎強化数学 第4回
基礎強化数学 第4回studyplace0
 
基礎強化数学 第11回
基礎強化数学 第11回基礎強化数学 第11回
基礎強化数学 第11回studyplace0
 
基礎強化数学 第14回
基礎強化数学 第14回基礎強化数学 第14回
基礎強化数学 第14回studyplace0
 
基礎強化数学 2次関数のグラフ
基礎強化数学 2次関数のグラフ基礎強化数学 2次関数のグラフ
基礎強化数学 2次関数のグラフstudyplace0
 
基礎強化数学 第6回
基礎強化数学 第6回基礎強化数学 第6回
基礎強化数学 第6回studyplace0
 
基礎強化数学 第15回
基礎強化数学 第15回基礎強化数学 第15回
基礎強化数学 第15回studyplace0
 
基礎強化数学 第20回
基礎強化数学 第20回基礎強化数学 第20回
基礎強化数学 第20回studyplace0
 
基礎強化数学 第19回
基礎強化数学 第19回基礎強化数学 第19回
基礎強化数学 第19回studyplace0
 
基礎強化数学 第9回
基礎強化数学 第9回基礎強化数学 第9回
基礎強化数学 第9回studyplace0
 
基礎強化数学 第13回
基礎強化数学 第13回基礎強化数学 第13回
基礎強化数学 第13回studyplace0
 

More from studyplace0 (20)

食料自給率
食料自給率食料自給率
食料自給率
 
九州大学共創学部 設問1問1
九州大学共創学部 設問1問1九州大学共創学部 設問1問1
九州大学共創学部 設問1問1
 
課題文型小論文
課題文型小論文課題文型小論文
課題文型小論文
 
早稲田大学教育学部 近代論2
早稲田大学教育学部 近代論2早稲田大学教育学部 近代論2
早稲田大学教育学部 近代論2
 
現代文の解法100
現代文の解法100現代文の解法100
現代文の解法100
 
基礎強化数学 第7回
基礎強化数学 第7回基礎強化数学 第7回
基礎強化数学 第7回
 
基礎強化数学 第3回
基礎強化数学 第3回基礎強化数学 第3回
基礎強化数学 第3回
 
基礎強化数学 第2回
基礎強化数学 第2回基礎強化数学 第2回
基礎強化数学 第2回
 
基礎強化数学 第18回
基礎強化数学 第18回基礎強化数学 第18回
基礎強化数学 第18回
 
基礎強化数学 第17回
基礎強化数学 第17回基礎強化数学 第17回
基礎強化数学 第17回
 
基礎強化数学 第4回
基礎強化数学 第4回基礎強化数学 第4回
基礎強化数学 第4回
 
基礎強化数学 第11回
基礎強化数学 第11回基礎強化数学 第11回
基礎強化数学 第11回
 
基礎強化数学 第14回
基礎強化数学 第14回基礎強化数学 第14回
基礎強化数学 第14回
 
基礎強化数学 2次関数のグラフ
基礎強化数学 2次関数のグラフ基礎強化数学 2次関数のグラフ
基礎強化数学 2次関数のグラフ
 
基礎強化数学 第6回
基礎強化数学 第6回基礎強化数学 第6回
基礎強化数学 第6回
 
基礎強化数学 第15回
基礎強化数学 第15回基礎強化数学 第15回
基礎強化数学 第15回
 
基礎強化数学 第20回
基礎強化数学 第20回基礎強化数学 第20回
基礎強化数学 第20回
 
基礎強化数学 第19回
基礎強化数学 第19回基礎強化数学 第19回
基礎強化数学 第19回
 
基礎強化数学 第9回
基礎強化数学 第9回基礎強化数学 第9回
基礎強化数学 第9回
 
基礎強化数学 第13回
基礎強化数学 第13回基礎強化数学 第13回
基礎強化数学 第13回
 

Recently uploaded

画像の圧縮・復元モデルと認識モデルのEnd-to-End学習.pdf
画像の圧縮・復元モデルと認識モデルのEnd-to-End学習.pdf画像の圧縮・復元モデルと認識モデルのEnd-to-End学習.pdf
画像の圧縮・復元モデルと認識モデルのEnd-to-End学習.pdfMILab
 
Graduatescholexaminationpresentation2024.3.5.pptx
Graduatescholexaminationpresentation2024.3.5.pptxGraduatescholexaminationpresentation2024.3.5.pptx
Graduatescholexaminationpresentation2024.3.5.pptxYukiTerazawa
 
○△□(まるさんかくしかく)
○△□(まるさんかくしかく)○△□(まるさんかくしかく)
○△□(まるさんかくしかく)Ni sei
 
東工大 建築学系/都市・環境学コース 大学院入学・進学説明会2024
東工大 建築学系/都市・環境学コース 大学院入学・進学説明会2024東工大 建築学系/都市・環境学コース 大学院入学・進学説明会2024
東工大 建築学系/都市・環境学コース 大学院入学・進学説明会2024Tokyo Institute of Technology
 
関西大学専攻横断型講義「デジタルとグローバルの時代」に音楽を担う人たちに僕が伝えたいこと
関西大学専攻横断型講義「デジタルとグローバルの時代」に音楽を担う人たちに僕が伝えたいこと関西大学専攻横断型講義「デジタルとグローバルの時代」に音楽を担う人たちに僕が伝えたいこと
関西大学専攻横断型講義「デジタルとグローバルの時代」に音楽を担う人たちに僕が伝えたいことssuserc83f42
 
変形ARマーカの高速かつ高精度な姿勢推定
変形ARマーカの高速かつ高精度な姿勢推定変形ARマーカの高速かつ高精度な姿勢推定
変形ARマーカの高速かつ高精度な姿勢推定MILab
 

Recently uploaded (6)

画像の圧縮・復元モデルと認識モデルのEnd-to-End学習.pdf
画像の圧縮・復元モデルと認識モデルのEnd-to-End学習.pdf画像の圧縮・復元モデルと認識モデルのEnd-to-End学習.pdf
画像の圧縮・復元モデルと認識モデルのEnd-to-End学習.pdf
 
Graduatescholexaminationpresentation2024.3.5.pptx
Graduatescholexaminationpresentation2024.3.5.pptxGraduatescholexaminationpresentation2024.3.5.pptx
Graduatescholexaminationpresentation2024.3.5.pptx
 
○△□(まるさんかくしかく)
○△□(まるさんかくしかく)○△□(まるさんかくしかく)
○△□(まるさんかくしかく)
 
東工大 建築学系/都市・環境学コース 大学院入学・進学説明会2024
東工大 建築学系/都市・環境学コース 大学院入学・進学説明会2024東工大 建築学系/都市・環境学コース 大学院入学・進学説明会2024
東工大 建築学系/都市・環境学コース 大学院入学・進学説明会2024
 
関西大学専攻横断型講義「デジタルとグローバルの時代」に音楽を担う人たちに僕が伝えたいこと
関西大学専攻横断型講義「デジタルとグローバルの時代」に音楽を担う人たちに僕が伝えたいこと関西大学専攻横断型講義「デジタルとグローバルの時代」に音楽を担う人たちに僕が伝えたいこと
関西大学専攻横断型講義「デジタルとグローバルの時代」に音楽を担う人たちに僕が伝えたいこと
 
変形ARマーカの高速かつ高精度な姿勢推定
変形ARマーカの高速かつ高精度な姿勢推定変形ARマーカの高速かつ高精度な姿勢推定
変形ARマーカの高速かつ高精度な姿勢推定
 

早稲田大学教育学部 近代論