Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
「学びの流流通市場」
Cyta.jp  新メディア戦略略
C  to  Cで実現する、
料料理理特化型プライベートレッスン・プラットフォーム
〜~インセンティブを回すエコシステムの構築と、
クックパッド流流⼊入を最⼤大限に⽣生かしたメディア戦略...
0.  新メディアのゴールイメージ  及び現状仮説
n  現在のCyta.jpの受講⽣生  =  20,000⼈人
n  現在のCyta.jp所属コーチ  =  1,000⼈人
※これを現在のCyta数値資産とし、これを基準にする
<現状仮...
ユーザー理理解の⽅方法1

0.  ゴールイメージを踏まえた現状把握  
n  お稽古・習い事市場規模:
1兆9,891億円(受講料料ベース)前年年度度⽐比0.9%増
  →  お稽古・習い事実施者:約1500万⼈人/年年
n  競合⼤大⼿...
新メディアビジネスコンセプト概要

C  to  Cで実現する、料料理理特化プライベートレッスン・プラットフォーム
レシピ投稿ユーザー

レシピコンテスト及びプレゼン⾯面接によりプライベート料料理理コーチに

ユーザー流流⼊入
レシピ投稿

レ...
ユーザー理理解の⽅方法1

1.  Cyta.jpのどのような資産を活⽤用するか?
<現状の資産>
1. 
2. 
3. 
4. 

20,000⼈人を超えるCyta.jp受講⽣生ネットワーク
レッスン値段設定を含めた、コーチ陣のリアルマネジメ...
ユーザー理理解の⽅方法1

2-‐‑‒1.  どの学習者の問題を解決するのか?
ターゲットユーザー定義

習い事・お稽古などをしたい学習者層

そのうちで料料理理に興味がある層、
及びクックパッド利利⽤用ユーザー
(⽉月間3000万⼈人)
クッ...
ユーザー理理解の⽅方法1

2-‐‑‒2.  どんな問題を解決するのか?
レシピ投稿ユーザー

プライベート料料理理コーチに

レシピ投稿に対する
インセンティブの限界
→継続的に投稿させるには?

承認欲求導線強化に加え⾦金金銭報酬
→ゲーム...
ユーザー理理解の⽅方法1

毎⽉月、レシピコンテストの開催
レシピ投稿ユーザー

プライベート料料理理コーチに

Q.  コーチレッスンを受けながら⾷食
べれるような軽⾷食で、お互いが
レッスンを頑張ろうと思えるよう
な簡単おやつのレシピ!
と...
ユーザー理理解の⽅方法1

3.  どのように事業を展開させていくのか
フェーズ①

フェーズ②

フェーズ③

領領域横展開及びHowto
データベース拡充によ
る、プレミアム販売
料料理理コーチのブランド
向上。コーチ×飲⾷食店の
コラボに...
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

C to Cで実現する、 料理特化型プライベートレッスン・プラットフォーム

  • Login to see the comments

  • Be the first to like this

C to Cで実現する、 料理特化型プライベートレッスン・プラットフォーム

  1. 1. 「学びの流流通市場」 Cyta.jp  新メディア戦略略 C  to  Cで実現する、 料料理理特化型プライベートレッスン・プラットフォーム 〜~インセンティブを回すエコシステムの構築と、 クックパッド流流⼊入を最⼤大限に⽣生かしたメディア戦略略〜~
  2. 2. 0.  新メディアのゴールイメージ  及び現状仮説 n  現在のCyta.jpの受講⽣生  =  20,000⼈人 n  現在のCyta.jp所属コーチ  =  1,000⼈人 ※これを現在のCyta数値資産とし、これを基準にする <現状仮説> n  現状から10倍スケールするためには、レッスン領領域の拡⼤大、及 び領領域の深堀。また、コーチブランドの向上が必要 n  当新メディア戦略略により、⼀一領領域の深堀及びブランド向上を n  5年年後に  “総受講⽣生20万⼈人(コーチ5万⼈人)”を達成するため、 まずは領領域特化型レッスンの新メディアを     →  領領域特化により、既存サービスからの流流⼊入を期待         結果、レッスンの敷居下げにもつながる(次々⾴頁参照) n  この実積をレバレッジに、「学びの流流通市場(領領域の横展開) 」を⽬目指す
  3. 3. ユーザー理理解の⽅方法1 0.  ゴールイメージを踏まえた現状把握   n  お稽古・習い事市場規模: 1兆9,891億円(受講料料ベース)前年年度度⽐比0.9%増   →  お稽古・習い事実施者:約1500万⼈人/年年 n  競合⼤大⼿手ユーキャンの年年間利利⽤用者数:約60万⼈人   →  このうち5%(3万⼈人)が料料理理関連講座受講者 http://job.mynavi.jp/14/pc/search/corp72921/outline.html n  お稽古・習い事実施者におけるスマホ利利⽤用率率率:47.3% http://www.yano.co.jp/market_̲reports/mrCategoryReport.php? id=492&category=0604 ※Cyta.jp利利⽤用者におけるスマホ利利⽤用率率率:45% http://jp.techcrunch.com/2013/07/01/cytajp-‐‑‒mobile-‐‑‒user-‐‑‒surpassed-‐‑‒pc-‐‑‒user/ n  n  n  n  “総受講⽣生20万⼈人”⽬目標に対して当市場におけるネット親和率率率は⼗十分 ①当外部環境の中で、ユーキャン年年間料料理理講座利利⽤用者シェア ②及びクックパッドプレミアム会員100万⼈人(次⾴頁参照) を奪取、及び流流⼊入させることで初動可能イメージ
  4. 4. 新メディアビジネスコンセプト概要 C  to  Cで実現する、料料理理特化プライベートレッスン・プラットフォーム レシピ投稿ユーザー レシピコンテスト及びプレゼン⾯面接によりプライベート料料理理コーチに ユーザー流流⼊入 レシピ投稿 レシピ閲覧 ユーザー流流⼊入 料料理理レッスン教える プレミアム利利⽤用料料 レシピ閲覧ユーザー コーチ時給 レッスン受講 レッスン受講料料 料料理理レッスン受講⽣生に
  5. 5. ユーザー理理解の⽅方法1 1.  Cyta.jpのどのような資産を活⽤用するか? <現状の資産> 1.  2.  3.  4.  20,000⼈人を超えるCyta.jp受講⽣生ネットワーク レッスン値段設定を含めた、コーチ陣のリアルマネジメントノウハウ レッスン後の、アフターコミュニケーション・プラットフォーム クックパッド傘下により得られる、ネットに強い(リテラシーの⾼高い) 主 婦 層 ユ ー ザ ー ( ※ ク ッ ク パ ッ ド プ レ ミ ア ム 会 員 数 1 0 0 万 ⼈人 ) https://info.cookpad.com/press/2013/0701 <上記資産をレバレッジに、当事業CtoC料料理理レッスンへ横展開> 1.  2.  3.  4.  20,000⼈人を超えるCyta.jp受講⽣生ネットワークの流流⼊入 毎⽉月開催のレシピコンテスト選抜、及びレッスン実施時のマネジメント クックパッドと当事業CtoC料料理理レッスン間のコミュニケーション設計 コーチ陣のリテラシーを考慮しなくて良良くなるため、よりネット密着の 【コーチ・受講⽣生マッチング】が実現する(及びコーチがネット密着に なるため、上記3.のプラットフォームの強化にもつながる)
  6. 6. ユーザー理理解の⽅方法1 2-‐‑‒1.  どの学習者の問題を解決するのか? ターゲットユーザー定義 習い事・お稽古などをしたい学習者層 そのうちで料料理理に興味がある層、 及びクックパッド利利⽤用ユーザー (⽉月間3000万⼈人) クックパッドプレミアム会員100万⼈人
  7. 7. ユーザー理理解の⽅方法1 2-‐‑‒2.  どんな問題を解決するのか? レシピ投稿ユーザー プライベート料料理理コーチに レシピ投稿に対する インセンティブの限界 →継続的に投稿させるには? 承認欲求導線強化に加え⾦金金銭報酬 →ゲーム要素及びブランド化によ り、継続的に投稿へ レシピ⾒見見てもわからないときがし ばしばある(※) →このユーザーを吸上げるには? 教えてもらえる内容の質は担保さ れ(コーチなので)、また対⾯面の ためレベルに合ったレッスンを レシピ閲覧ユーザー ※理理由:①レシピ投稿の質はさまざま ②⾃自分が初⼼心者で、料料理理の基本を理理解しきれてない 料料理理レッスン受講⽣生に
  8. 8. ユーザー理理解の⽅方法1 毎⽉月、レシピコンテストの開催 レシピ投稿ユーザー プライベート料料理理コーチに Q.  コーチレッスンを受けながら⾷食 べれるような軽⾷食で、お互いが レッスンを頑張ろうと思えるよう な簡単おやつのレシピ! といったお題(これは何でも良良い のだが)を毎⽉月提⽰示し、 コーチ選抜をかけてレシピコンテ スト(及びプレゼン⾯面接)を実施 する。
  9. 9. ユーザー理理解の⽅方法1 3.  どのように事業を展開させていくのか フェーズ① フェーズ② フェーズ③ 領領域横展開及びHowto データベース拡充によ る、プレミアム販売 料料理理コーチのブランド 向上。コーチ×飲⾷食店の コラボにより商品販売 クックパッドからの流流 ⼊入(レシピコンテス ト)により集客確保 料料理理コーチのブランド 向上。コーチ×飲⾷食店の コラボにより商品販売 クックパッドからの流流 ⼊入(レシピコンテス ト)により集客確保 クックパッドからの流流 ⼊入(レシピコンテス ト)により集客確保 初動は領領域特化により流流⼊入を導線。結果、レッスンの敷居下げを期待できる。 またコーチのブランド化により、ユーザーにとって強いインセンティブにも。 レッスンを受けたユーザーが、最終的にはコーチになるような循環の仕組みを。

×