Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Waston が拓く UX の新しい地平 〜 UX デザイナーが IBM Waston を使ってみた 〜:2017年4月22日 AI eats UX meetup

10,933 views

Published on

2017年4月22日「AI eats UX meetup」での「Waston が拓く UX の新しい地平 〜 UX デザイナーが IBM Waston を使ってみた 〜」の資料です。イベントのページ:https://uxtokyo.connpass.com/event/52556/

Published in: Design
  • Did you try ⇒ www.WritePaper.info ⇐?. They know how to do an amazing essay, research papers or dissertations.
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here
  • Hi there! I just wanted to share a list of sites that helped me a lot during my studies: .................................................................................................................................... www.EssayWrite.best - Write an essay .................................................................................................................................... www.LitReview.xyz - Summary of books .................................................................................................................................... www.Coursework.best - Online coursework .................................................................................................................................... www.Dissertations.me - proquest dissertations .................................................................................................................................... www.ReMovie.club - Movies reviews .................................................................................................................................... www.WebSlides.vip - Best powerpoint presentations .................................................................................................................................... www.WritePaper.info - Write a research paper .................................................................................................................................... www.EddyHelp.com - Homework help online .................................................................................................................................... www.MyResumeHelp.net - Professional resume writing service .................................................................................................................................. www.HelpWriting.net - Help with writing any papers ......................................................................................................................................... Save so as not to lose
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here
  • Follow the link, new dating source: ❶❶❶ http://bit.ly/39sFWPG ❶❶❶
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here
  • Sex in your area is here: ♥♥♥ http://bit.ly/39sFWPG ♥♥♥
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here
  • DOWNLOAD THIS BOOKS INTO AVAILABLE FORMAT (Unlimited) ......................................................................................................................... ......................................................................................................................... Download Full PDF EBOOK here { https://tinyurl.com/yyxo9sk7 } ......................................................................................................................... Download Full EPUB Ebook here { https://tinyurl.com/yyxo9sk7 } ......................................................................................................................... ACCESS WEBSITE for All Ebooks ......................................................................................................................... Download Full PDF EBOOK here { https://tinyurl.com/yyxo9sk7 } ......................................................................................................................... Download EPUB Ebook here { https://tinyurl.com/yyxo9sk7 } ......................................................................................................................... Download doc Ebook here { https://tinyurl.com/yyxo9sk7 } ......................................................................................................................... ......................................................................................................................... ......................................................................................................................... .............. Browse by Genre Available eBooks ......................................................................................................................... Art, Biography, Business, Chick Lit, Children's, Christian, Classics, Comics, Contemporary, Cookbooks, Crime, Ebooks, Fantasy, Fiction, Graphic Novels, Historical Fiction, History, Horror, Humor And Comedy, Manga, Memoir, Music, Mystery, Non Fiction, Paranormal, Philosophy, Poetry, Psychology, Religion, Romance, Science, Science Fiction, Self Help, Suspense, Spirituality, Sports, Thriller, Travel, Young Adult,
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here

Waston が拓く UX の新しい地平 〜 UX デザイナーが IBM Waston を使ってみた 〜:2017年4月22日 AI eats UX meetup

  1. 1. Waston  が拓拓く  UX  の新しい地平 〜~  UX  デザイナーが  IBM  Waston  を使ってみた  〜~ HCD-‐‑‒Net認定  ⼈人間中⼼心設計専⾨門家 ⽻羽⼭山  祥樹  @storywriter 1 2017年年  4⽉月22⽇日(⼟土)
  2. 2. ⽻羽⼭山  祥樹  HAYAMA  Yoshiki v インフォメーションアーキテクト •  使いやすいWebサイトをつくる専⾨門家 •  HCD-‐‑‒Net認定  ⼈人間中⼼心設計専⾨門家 v Web業界に20年年くらい v 担当したWebサイトが、雑誌のWebユーザビリティランキン グで国内トップクラスの評価を受ける  ほか実積多数 v 主な専⾨門分野 •  ユーザーエクスペリエンス、情報アーキテクチャ、 ⼈人間中⼼心設計、アクセシビリティ、⼤大規模CMS、AI、ライター Twi$er:@storywriter     WebSite:  storywriter.jp 2 ユーザー⼼心理理を つかむプロです
  3. 3. 3 メンタルモデル ユーザーへの共感から⽣生まれるUXデザイン戦略略 Amazonで購⼊入: http://www.amazon.co.jp/dp/4621088068 コンピュータ・IT  >  インターネット・Web開発  >  Web開発  最⾼高「1位」 コンピュータ・IT  総合  最⾼高「9位」
  4. 4. 4 AI(⼈人⼯工知能)とのかかわり: 1年年ほど前から、UXデザイナー  および  エンジニア  の ⽴立立場で、AI  の実務をしています。
  5. 5. 5 IBM  Watson: IBM  の  Watson  は、⼿手軽に使える  AI  です。 IBM  のクラウドサービス  Bluemix  を 契約すると(個⼈人でもOK)、すぐに使えます。 従量量課⾦金金制で、さらに無料料枠もあるので、 試すくらいなら、個⼈人でも安⼼心。 備考: IBM  ⾃自⾝身は、Watson  を「⼈人⼯工知能」だとは⾔言っていません。「ヒトの認知 能⼒力力を⽀支援する  Cognitive  Systems(認知システム)」と表現しています。
  6. 6. 6 まず解かなければいけない誤解: IBM  の  CM  で「やるじゃん、Watson」という、 ⾃自然な会話をしている⾵風のものがありますが あれは、嘘とまではいかないまでも、 CM  ⽤用に、ガチガチに実装されています。 なぜなら、Watson  には、2017年年4⽉月時点で: •  ⽂文脈を理理解する能⼒力力はない。 •  ⾔言語を⽣生成する能⼒力力はない。 •  「考える」能⼒力力はない。
  7. 7. 7 それでも  UXデザイナーが  Watson  を使う理理由: それでも  UXデザイナーは、 Watson  を今のうちに使ってみるといい、と思います。 なぜなら、   Watson  は「⼈人間の認知を代替」する  AI だからです。将来の  UI  のヒントが含まれています。
  8. 8. 8 とりあえず  Watson  を使ってみよう: IBM  Bluemix  のアカウントをつくる。 デモ 引⽤用: https://console.ng.bluemix.net/
  9. 9. 9 とりあえず  Watson  を使ってみよう: 「カタログ」から 「Watson」  >  「Speech  To  Text」 を選んで「公開」をクリック。 これで  ⾳音声認識識API  がもう使える。 デモ 引⽤用: https://console.ng.bluemix.net/
  10. 10. 10 とりあえず  Watson  を使ってみよう: 「ダッシュボード」から、先ほど作った 「Speech  To  Text」を選択、「サービス資格情報」に、 APIのURL、ユーザーID、パスワードがある。 デモ 引⽤用: https://console.ng.bluemix.net/
  11. 11. 11 とりあえず  Watson  を使ってみよう: ⽤用意した⾳音声: デモ https://github.com/storywriter/Watson-‐‑‒Speech-‐‑‒To-‐‑‒Text-‐‑‒201612/raw/ master/audio-‐‑‒file-‐‑‒ja.flac
  12. 12. 12 とりあえず  Watson  を使ってみよう: curl  -‐‑‒X  POST  -‐‑‒u  <username>:<password>   -‐‑‒-‐‑‒header  "Content-‐‑‒Type:  audio/flac”   -‐‑‒-‐‑‒header  "Transfer-‐‑‒Encoding:  chunked”   -‐‑‒-‐‑‒data-‐‑‒binary  @<path>audio-‐‑‒file-‐‑‒ja.flac   "https://stream.watsonplatform.net/speech-‐‑‒ to-‐‑‒text/api/v1/models/ja-‐‑‒JP_̲BroadbandModel/ recognize?continuous=true" デモ
  13. 13. 13 とりあえず  Watson  を使ってみよう: 戻り値は  JSON  形式で返ってくる: デモ {  "results":  [  {  "alternatives":  [  {    "confidence":  0.73,    "transcript":  "ただいま  ワトソン  の  テスト  中  ⻑⾧長芋   と  その  テスト  中  の  ⽇日  は  晴天  なり  の  ⽇日  は  晴天  な り  ” }  ],  “final”:  true  }  ],    “result_̲index”:  0  }
  14. 14. 14 これだけで  Watson  が使えた!: かんたん設定と、コマンド⼀一発で、いきなり使える。 デモ リンクスタート!
  15. 15. 15 UXデザインの観点では、何が起きたか?: ⾼高度度な技術が必要と思っていた 「⼈人間の⽿耳」の認知機能が、かんたんに代替できた! これが⾰革新的。⼈人間の側に「⽿耳」がなくてよい。 ⽿耳の認知⽿耳の認知 シ ス テ ム シ ス テ ム ⼈人 間 ⼈人 間
  16. 16. 16 AI  には、いろいろな種類がある: AI  には、いろいろな種類があります。 Watson  は「認知型」の  AI  です。 ⼈人間と外界とのインタフェースを代替することが できます。 統計に強 いAI 特定⽤用途 に特化し たAI 強化学習 や深層学 習のAI 認知を代 替するAI ・・・ 他いろいろ
  17. 17. 17 Watson  が得意とする範囲: Watson  は「⼈人間の認知を拡張する」のが得意。 •  ⾔言語処理理 •  画像処理理 •  ⾳音声認識識処理理 だからこそ、⼈人間の認知をあつかう仕事である、 僕ら  UXデザイナー  は  Watson  をさわるといい。 備考: ⾔言ってしまえば  Watson  でなくてもよい。Microsoft  でも  Google  でも。
  18. 18. 18 Watson  が苦⼿手とする範囲: あまり得意でないのは、数値演算。Math  関数もない。 (つまり  1  +  1  の計算もできない) 統計解析モジュールもあるけれど、SPSS(統計解析ソフト)を買収して ブランドに⼊入れただけの印象で、いまいち統合されてない。
  19. 19. 19 Watson  を使ってみよう: 今度度は「Visual  Recognition」を試してみましょう。 画像認識識API  です。 デモ 引⽤用: https://console.ng.bluemix.net/
  20. 20. 20 Watson  を使ってみよう: とりあえず写真をアップロードしてみる。 デモ curl  -‐‑‒X  POST  -‐‑‒F   "images_̲file=@<path>self.jpg"   "https://gateway-‐‑‒ a.watsonplatform.net/visual-‐‑‒ recognition/api/v3/classify? api_̲key=<api_̲key>&version=2016-‐‑‒ 05-‐‑‒20"
  21. 21. 21 Watson  を使ってみよう: 戻り値は  JSON  形式で返ってくる(抜粋): デモ {  "class":  "steward",  "score":  0.876,   "type_̲hierarchy":  "/person/steward”  }, {  "class":  "person",  "score":  0.877  }, {  "class":  "coal  black  color",  "score":  0.821  } ⿊黒服の執事・・・。
  22. 22. 22 Watson  に学習させてみよう: 学習させたい対象の写真を、50枚(+α)⽤用意して、 「Yoshiki_̲Hayama」とタグづけして、アップロード。 デモ
  23. 23. 23 Watson  に学習させてみよう: 判定したい写真をアップロードする。 デモ curl  -‐‑‒X  POST  -‐‑‒F   "images_̲file=@<path>self.jpg"  -‐‑‒F   "parameters=@<path>myparams.j son"  "https://gateway-‐‑‒ a.watsonplatform.net/visual-‐‑‒ recognition/api/v3/classify? api_̲key=<api_̲key>&version=2016-‐‑‒ 05-‐‑‒20”
  24. 24. 24 Watson  に学習させてみよう: 戻り値は  JSON  形式で返ってくる(抜粋): デモ {  "class":  "Yoshiki_̲Hayama",  "score":   0.612198  } ... {  "class":  "steward",  "score":  0.876,   "type_̲hierarchy":  "/person/steward"  }, {  "class":  "person",  "score":  0.877  }, {  "class":  "coal  black  color",  "score":  0.821  } Yoshiki_̲Hayamaと認識識!
  25. 25. 25 これだけで  Watson  が使えた!: かんたんな⼿手順、少量量のデータで、 それなりの学習がされて、使える。 デモ オーディナルスケール起動!
  26. 26. 26 UXデザインの観点では、何が起きたか?: ⾼高度度な技術が必要と思っていた 「⼈人間の⽬目」の認知機能が、かんたんに代替できた! ⼈人間の側に「⽬目」がなくてよい。 ⽬目の認知⽬目の認知 シ ス テ ム シ ス テ ム ⼈人 間 ⼈人 間
  27. 27. 27 Watson  が代替・拡張する認知能⼒力力: アイデアの例例: 例例えば、全盲者が、スクリーンリーダーで ウェブページを読みあげていたとき、 alt  属性が適切切でない画像を、 「Visual  Recognition」にかけることで、 内容を知ることができる。 視覚が、Watson  によって代替・拡張された。
  28. 28. 28 Watson  が拓拓く  UX  の新しい地平: これまで、⼈人間がシステムの都合に寄り添って、 インタフェースを設計してきた。
  29. 29. 29 Watson  が拓拓く  UX  の新しい地平: 今後は、システムが⼈人間の認知に寄り添う。 ⼈人間の代わりにシステムが認知する。 UXデザイナーは、その設計をするのが仕事に。 それ取って
  30. 30. 30 Watson  が拓拓く  UX  の新しい地平: Watson  は⼈人⼯工知能の⾰革新というより インタフェースの⾰革新である。
  31. 31. 31 まとめ: 1.  Watson  は、⼿手軽に使える  AI。 2.  Watson  は、かんたんに、 ⼈人間の認知を代替することができる。 その意味で、UXデザインにとって⾰革新的。 3.  UXデザイナーは、今から  Watson  に ふれるといいと思う。 Watson  でなくても、認知型  AI  なら  Microsoft  でも  Google  でも。
  32. 32. 32 ありがとうございました。 ⽻羽⼭山  祥樹 Twitter:  @storywriter Facebook:  storywriter.jp Facebook  でも、ぜひ、つながってください!
  33. 33. ⽻羽⼭山のプレゼンのアレ          が、     スタンプになりました! スタンプ名:ハーミィ(CSS編)  作者名:⽻羽⼭山  祥樹 https://store.line.me/stickershop/product/1228201/ja Web・CSSネタ 全40種類

×