Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

AI(人工知能)とCMS:MTDDC Meetup TOKYO 2019

726 views

Published on

2019年11月16日 MTDDC Meetup TOKYO 2019 のスライドです。AI(人工知能)が注目を集めています。これまでのITに代わって、まさにゲームチェンジの役者になろうとしています。CMSは、この流れのなかで、どのように変わっていくのでしょうか。長年にわたり大規模CMSの導入を進め、今はAIの導入にたずさわる立場から、「AIとCMS」を考えます。

Published in: Technology
  • Be the first to comment

AI(人工知能)とCMS:MTDDC Meetup TOKYO 2019

  1. 1. AI(⼈⼯知能)とCMS IBM Champion / HCD-Net認定 ⼈間中⼼設計専⾨家 ⽻⼭ 祥樹 @storywriter 1 2019年11⽉16⽇(⼟)
  2. 2. 2 AI(⼈⼯知能)がブームです。
  3. 3. 3 「わかりやすく、⼿軽に使える AI」も増えてきました。 やってみましょう。
  4. 4. 4 ⾳声データを聞き取って⽂字にする 只今 ワトソン の テスト 中 本⽇ は 晴天 なり 只今 ワトソンのテスト中 本⽇は晴天なり
  5. 5. 5 ⾳声データを聞き取って⽂字にする 短いプログラミングで、かんたんにできる。 curl -X POST -u "apikey:{apikey}" --header "Content-Type: audio/flac" --data-binary @audio-file-ja.flac "https://gateway-tok.watsonplatform.net/speech-to-text/api/v1/ recognize/?model=ja-JP_NarrowbandModel"
  6. 6. 6 チャットボットとして会話する LOHACOでは 請求書の発⾏は・・・ 請求書を発⾏したい
  7. 7. 7 LOHACO マナミさん 引⽤:https://lohaco.jp/support/
  8. 8. ⽻⼭ 祥樹 @storywriter v  HCD-Net認定 ⼈間中⼼設計専⾨家 •  使いやすいプロダクトをつくる専⾨家 v  Web業界に20年くらい、Watsonは3年ほど •  IBM Champion for 2018-2019 v  主な実績など •  2009年 ⽇経パソコン 企業サイトランキング2009 ⽇本の主要企業696サイト中、ユーザビリティ/アクセシビリティ分野で第3位 •  2011年 Webユーザビリティランキング2011 企業サイト編 ⽇本の⼤⼿企業150サイト中、第4位 v 主な専⾨分野 •  ユーザーエクスペリエンス、⼈間中⼼設計、情報アーキテクチャ、 アクセシビリティ、ライター、NOREN、IBM Watson 8
  9. 9. 9 IBM Champion 2018-2019
  10. 10. 10 現場で使える! Watson開発⼊⾨ Watson API、Watson StudioによるAIアプリ開発⼿法 Amazonで購⼊ https://www.amazon.co.jp/dp/4798158496/
  11. 11. 11 AI(⼈⼯知能)が注⽬を集めています。 これまでのITに代わって、 まさにゲームチェンジの役者になろうとしています。
  12. 12. 12 CMSは、この流れのなかで、 どのように変わっていくのでしょうか。
  13. 13. 13 僕とCMS 2010年より ⼤規模CMS「NOREN」の導⼊責任者として ⾃社を「⽇本⼀のNORENユーザー企業」と いわれるまで育てる。
  14. 14. 14 僕とCMS 構築したことのあるCMSは •  NOREN •  eZ Platform(eZ Publish) •  WordPress •  a-blog cms •  Movable Type
  15. 15. 15 僕とAI(⼈⼯知能) 2016年より CMS をはなれ、IBM Watson に携わる。 現在はAIシステムのUXデザインを担当。
  16. 16. 16 ⻑年にわたり⼤規模CMSの導⼊を進め、 今はAIの導⼊にたずさわる⽴場から、 「AIとCMS」を考えます。
  17. 17. 17 AI(⼈⼯知能)とは?
  18. 18. 18 AIとはなんでしょうか。 とても賢い? あらゆる会話を理解してくれる? 仕事をなんでも肩代わりしてくれる? 正体不明で怖い?
  19. 19. 19 「⼈⼯」の「知能」ときくと なんかこういうものを想像しますが
  20. 20. 20 残念ながら、 ⼈間と⾃由⾃在に会話できる機械は まだこの世に存在しません (たくさんの研究者が⽇夜  そのようなAIをつくろうと  研究にいそしんでいます)
  21. 21. 21 ITとAI ITは、コードでプログラミングする。 AIは、データでプログラミングする。 IT AI コード データ
  22. 22. 22 コードでプログラミングする 「柴⽝」の写真を判定する: if ⾜が4本:  if ⽿がある:   if ⿐がある:    if ⽬がある:      ・・・
  23. 23. 23 データでプログラミングする 「柴⽝」の写真を判定する: 引⽤:https://www.google.com/
  24. 24. 24 データでプログラミングする 柴⽝って ようはこんな感じ
  25. 25. 25 Watson Visual Recognition (画像認識) 引⽤:https://www.ibm.com/watson/services/visual-recognition/demo/
  26. 26. 26 備考 AIと「意思をもつシステム」は切り離して考えよう。 話を混ぜると、わけわからなくなる。 (意思をもつ、というコンセプトがロマンなんだけど)
  27. 27. 27 CMS(コンテンツ・マネジメント・システム)とは?
  28. 28. 28 CMSは、ウェブサイトを管理するもの。
  29. 29. 29 と、思い込んでいませんか? CMSの本当の可能性を⾒逃しているかも。
  30. 30. 30 CMSの価値を広げる試みは、 じつはだいぶ前からあります。 (以下、所属は当時のもの)
  31. 31. 31 ウェブと紙のコンテンツを統合管理したい 2003年〜2008年、⽇本アムウェイ 清⽔ 誠さん。 素材は、カタログにも、ウェブにも、同じものを使うので、 企業レベルでの統合リポジトリを⽬指した。 引⽤:https://www.jagat.or.jp/past_archives/story/11593.html
  32. 32. 32 グローバルPIM(商品情報管理) 2008年〜2010年、FatWire、グローバル家電メーカー。 グローバルでの素材管理に膨⼤な⼿間がかかっていた。 企業での統⼀リポジトリを⽬指した。 引⽤:https://www.itmedia.co.jp/im/articles/1105/19/news126.html
  33. 33. 33 バランス・スコアカード(BSC)で導⼊効果を評価 2009年〜2010年、CMS学会。 ロフトワーク、キャノンマーケティング 増井 達⺒さん。 経営ツールのBSCで、CMSの導⼊効果を評価。 引⽤:https://webtan.impress.co.jp/g/cms%E5%AD%A6%E4%BC%9A
  34. 34. 34 バランス・スコアカード(BSC)で導⼊効果を評価 富⼠通デザイン ⾼橋 宏祐 さん 「経営者がわかる標準的な指標であることが重要。  なぜならCMS導⼊は投資⾦額も⼤きくなり、  経営層に投資の是⾮を承認いただく場⾯が増える」 引⽤:http://wiki.loftwork.com/pages/viewpage.action?pageId=7700766 (*現在はリンク切れ)
  35. 35. 35 バランス・スコアカード(BSC)で導⼊効果を評価 財務の視点 顧客の視点 業務プロセスの視点 学習と成⻑の視点 引⽤:https://webtan.impress.co.jp/e/2010/02/02/7181
  36. 36. 36 ユーザーエクスペリエンス(UX)のためのCMS 2010年〜、⽻⼭。 CMSを、ウェブサイトのユーザーにとっての価値向上に つなげて評価することを提案。
  37. 37. 37 ユーザーエクスペリエンス(UX)のためのCMS ユーザー(社外) ユーザー(社内) コンテンツの 流通促進 欲しい情報が 豊富にある 購買⼼理に応じた 情報が提供される 専⾨家のノウハウを CMSへ機能化 個⼈のスキルに 依存しない制作品質 コンテンツ内容の 向上に⼯数シフト 欲しい情報に アクセスしやすい CMS拡張ツール の量産 柔軟な レポーティング 社員満⾜ 外部システムとの 接続 顧客満⾜
  38. 38. 38 「ユーザーエクスペリエンス(UX)のためのCMS」 を⼟台にして、さまざまな施策をしていった。
  39. 39. 39 CMS管理画⾯のフルカスタマイズ たとえば、検索の体験(≒SEO)のため、 title要素を32⽂字以内にする。 これを100⼈の制作者が、そのスキルによらず、 ⾃然にできるようにするためには? 教育? 意識づけ? タイトル
  40. 40. 40 CMS管理画⾯のフルカスタマイズ 管理画⾯でアラートが出ればよい。 ノウハウをシステム化して、⾃然に再現されるように。 思いが詰まりに詰まってとにかく長いタイトルをつけてし タイトル タイトルは32⽂字以内にしましょう。 Googleで表⽰される上限です。
  41. 41. 41 ノウハウをシステムに埋め込んでいく ノウハウをどんどんCMSのシステムに埋め込むことで、 ユーザー体験が⾃然と良くなる仕組みをつくった。
  42. 42. 42 ウェブサイトの帳票システムとしてのCMS CMSのパブリッシュ先として、公開環境とは別に、 「帳票環境」を⽤意。専⽤テンプレートをセット。
  43. 43. 43 ウェブサイトの帳票システムとしてのCMS ウェブサイト運営に必要なさまざまな帳票やcsvを ⼿軽につくり、ガンガン出せる環境をつくる。
  44. 44. 44 ウェブサイトの帳票システムとしてのCMS CMSは、アクセス解析ツールと連動させ、 社外と社内をつなぐ起点になる。組織の活動が⾒える。 CMSにしか ない情報 部署 ページ数 合計PV コンバージョン 販売1課 36 1564 8 販売2課 12 362 3 販売3課 28 761 7 アクセス解析ツールにしか ない情報
  45. 45. 45 ウェブサイトの帳票システムとしてのCMS ヘッダー・フッターのない「本⽂だけ」の純粋なデータ。 サイト内検索エンジンやレコメンドエンジンに連携。
  46. 46. 46 独⾃拡張ツールの量産 CMSの運⽤業務をどんどん効率化するため、 CMSのAPIを使ったツールを量産した。
  47. 47. 47 独⾃拡張ツールの量産 Selenium や PhantomJS のヘッドレスブラウザで CMSを⾃動操縦。 さまざまな制約でインポートができないデータも ラクラク⼤量投⼊。
  48. 48. 48 CMSをウェブサイトの管理ツールととらえていると 可能性は広がらない。
  49. 49. 49 ゲームチェンジは、視点のスイッチからはじまる。
  50. 50. 50 AIとCMS
  51. 51. 51 AIとCMS = 教師データの貯⽔池としてのCMS
  52. 52. 52 ウェブサイトのデータをAIに学習させる 数万ページの⾮構造化データ。 これをAIに学習させる。
  53. 53. 53 柔軟な検索エンジンとしてのAI 検索意図を推定して回答する。 ピザがほしい 検索 ピザを注⽂したい 検索 ピザください 検索 ピザのご注⽂ですね。商品リストです。 マルガリータ カプリチョーザ・・・
  54. 54. 54 MA(マーケティングオートメーション)としてのAI アクセス解析データとコンテンツデータとの連携。 ユーザーの⾏動 レコメンド おすすめのピザはカプリチョーザです。
  55. 55. 55 きれいなデータが必要だ! ウェブサイトのHTMLそのままでは、 学習の邪魔になる、たくさんのゴミが含まれている。
  56. 56. 56 きれいなデータが必要だ! JavaScript ヘッダ フッタ ナビゲーション このページ固有の 情報でない=ノイズ
  57. 57. 57 きれいなデータが必要だ! たとえば「⼤学案内」というナビゲーションが 全ページに埋まっているままで学習した検索エンジンは、 「⼤学案内」というキーワードで検索したら 全ページがヒットしてしまう。
  58. 58. 58 きれいなデータが必要だ! レコメンドであれば、 すべてのページに、すべてのページを推奨するという 意味不明な状況に。
  59. 59. 59 きれいなデータが必要だ! そこでCMSが価値を発揮する。
  60. 60. 60 CMSは「本⽂のみ」のデータを保持している CMSでは「本⽂」が独⽴したカラムとして保存されている。 道⽞坂⼤学 ニュースリリース ニュース記事 学科・コース 学⽣⽣活 ⼊試情報 就職情報 ⼤学院 新規記事の登録 タイトル サブタイトル 公開⽇ 年 ⽉ ⽇ カレンダー プレビュー 本⽂ ドラフトを保存送信して公開 下書きの破棄 メタデータ
  61. 61. 61 CMSはメタデータだけを抽出できる メタデータも独⽴。教師データの「ラベル」になる。 道⽞坂⼤学 ニュースリリース ニュース記事 学科・コース 学⽣⽣活 ⼊試情報 就職情報 ⼤学院 新規記事の登録 タイトル サブタイトル 公開⽇ 年 ⽉ ⽇ カレンダー プレビュー 本⽂ ドラフトを保存送信して公開 下書きの破棄 メタデータ URL Title メタデータ /product-a/ 製品A 決裁者向け /product-a/feature/ 製品A-特⻑ 担当者向け /product-b/ 製品B 決裁者向け
  62. 62. 62 CMSなら、きれいなデータをAIに渡せる CMSなら、ノィズのない、必要な部分だけを、 必要なかたちに加⼯して、AIに渡すことができる。
  63. 63. 63 CMSは教師データの貯⽔池になる CMSに貯まった⼤量のデータは、 AIの教師データになる。
  64. 64. 64 CMSは教師データの貯⽔池になる さまざまな企業活動がウェブに収束する時代、 データの終着点がウェブ=CMSになる。
  65. 65. 65 まとめ
  66. 66. 66 まとめ 1.  AI(⼈⼯知能)は「データでプログラミングする」 2.  「CMSはウェブサイトを管理するもの」という 思い込みを外したとき、可能性は広がる。 3.  CMSは、AIのためのデータの貯⽔池になる。
  67. 67. 67 ありがとうございました。 ⽻⼭ 祥樹 Twitter: @storywriter Facebook: storywriter.jp Facebook、ぜひ、つながってください!
  68. 68. ⽻⼭のプレゼンのアレ が、   スタンプになりました! スタンプ名:ハーミィ(CSS編) 作者名:⽻⼭ 祥樹 https://store.line.me/stickershop/product/1228201/ja Web・CSSネタ 全40種類

×