PXE @第一回成果報告会(2012/12/17)

506 views

Published on

Published in: Technology
0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
506
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
2
Actions
Shares
0
Downloads
3
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

PXE @第一回成果報告会(2012/12/17)

  1. 1. PXE BOOT@第一回成果報告会 By PXE BOOT班
  2. 2. Whats PXE?Preboot eXecution Environment(PXE)は、コンピュータのブート環境のひとつ。インテルの策定したネットワークブートの規格である。ネットワークブートを利用することにより、ストレージをもたないクライアントコンピュータや、ストレージに別のOSが導入されているクライアントコンピュータがサーバ上のOSイメージを使用して起動できる。 (引用元:Wikipedia)
  3. 3. PXEの動き クライアントをPXE で起動。 ↓クライアントはDHCPサーバにアドレスを問い合わせる。 ↓ DHCPサーバから、 IPと合わせてブートサーバの情報を返す。 ↓ クライアントは貰ったIPをセットし、 TFTPでブートサーバへ ブートイメージと設定ファイルを取りに行く。 ↓ 無事イメージが取得できれば、 それでブートして起動。 ↓ NFSサーバなどへディスクイメージを取りに行く。
  4. 4. PXEの動き
  5. 5. 何が必要か?NIC ネットワーク(インターフェース)カード。 これにLANケーブルなんかをつなぐ。 これがPXEに対応していなくてはならない。 既に情報教室でPXEやってるし対応してない訳があるまい(否定推量)PXEサーバ  DHCPサーバ  TFTPサーバ  NFSサーバ(HTTPやFTPでもいい)
  6. 6. DHCPサーバ Dynamic Host Configuration Protocolサーバ。 クライアントにネットワーク接続に必要な情報を自動的に割り当ててくれちゃう。 個々のクライアントに手動で設定しなくていいので楽。TFTPサーバ Trivial File Transfer Protocolサーバ。 UDPでコンピュータ間のファイル転送をする。FTPに比べて軽量・単純なプロトコルである。 クライアントにブートイメージを転送する。NFSサーバ Network File Systemサーバ。 ローカルネットワークストレージを提供し、インストール用のパッケージなどを転送する。
  7. 7. “サーバ”の文字がゲシュタルト崩壊してきましたが…
  8. 8. どんどんいきましょう!
  9. 9. やることDHCPサーバ、NFSサーバ、TFTPサーバを立てる。 同一のサーバで行う。 ↓ サーバ側にブートファイルと設定ファイルを用意。 さらにOSイメージも用意。 (OSイメージをPXE用に 書き換える必要があるかもしれない?) ↓クライアント側のBIOSでネットブートするよう設定。 ↓ やるだけ。
  10. 10. DHCPサーバ UNIX系ならISCのDHCPサーバ(いわゆるdhcpd)が主流。TFTPサーバ UNIX系ならいわゆるtftpdでいいんじゃなかしら。 実装難しくないそうなので、誰かの俺様実装 1ch(ない)NFSサーバ UNIX系ならいわゆる(ryPXE用ブートローダ Linuxならpxelinux.0ってのがあるみたいだが、SYSLINUXの亜流みたいな感じらしく、SYSLINUXを入れるとついてくるみたい。
  11. 11. おまけ PXEブートのマスターマシンは、 CUDAマシンでもあるわけですが、 その場合OSはどれがベストとか? OSが決まらないと、 あまり具体的なことできない感じですが…DNSサーバはシステム設計案にありましたが、 どういった用途なのでしょう?

×