はじめての人が知るべき   ToDoリストを使う       13のメリット
その1、先読みの力がつく。アウトプットすることで先が見えてくる。例、インドに旅行に行きたいと漠然と考えていると必要なモノが浮かんできません。今年の夏休みに行くと決めたら、必要なものが頭に浮かんでくるでしょう。旅券、飛行機のチケット、ビザ、目的地...
その2、神経細胞の繋がりの強化アウトプットによって私たちの脳の神経細胞の繋がりが強化されます。例、紙に書くという作業は、頭にあるイメージを言語化またはより具体的な書くためのイメージに変換することになります。(言語化は慣れてない人にとって意外と負...
やる気がでないときは声を出す、目標を書くなど、体を動かす。アウトプットする。大脳基底核の一部である「淡蒼球(たんそうきゅう)」から送り出された信号によって、モチベーションが高い状態になる。重要なのは、淡蒼球を活動させるのが脳そのものではなく体だ...
その3、タスクの抜けを防止その都度、考えながら行動すると、その時の感情によって行動は影響をうけてしまう。例、忙しかったりなにか困難な状況にあると、すべきことがすっかり抜けてしまうことがあります。
その4、先が見えると安心やるべきこと分かると安心できる。逆にどこまでやったらよいか分からない場合、不安が生じたり取り越し苦労をするかもしれません。
その5、未来(後から)から視点で物事を判断未来からスケジュールを決めていくとより「何時迄に何をしなければならない」かが、より明確になる。
その6、優先順づけがクリアになる。頭で考えていてもアウトプットすると優先順位が変わってくることがあります。
その7、モノには順序にある。物事には順序がある。基本から始める。レシピでの順序など、楽に達成するには順序が大事。頭で考えているとミスやらが起きやすい。
その8、脳のリソースの負担の軽減覚えてないといけないと心のどこかで思っていると負担になります。記録に残してあるとその負担が軽減されます。
その9、全体像が分かると余裕ができる。いつも全力では体力、精神力とも疲労してしまいます。全体像が見えることでその日どこまでやれば良いか[ペース配分]が明確になります。
その10、後からの検証が容易。記録することで比較ができる。すべてにおいて一度に完璧にできるものではなく、改善するこそ重要です。
その11、達成したリストをみてニヤニヤできる。今までの達成したことを記録すること自分の功績を褒めてください。意外大事です。(^^)
その12、リマインダー(通知)機能最近スマホアプリではリマインダー通知機能はほぼ付いている。
その13、タイムマネジメントこそが成功への鍵。時間には限りがあります。テストの6割で合格で、難しい問題にはまり、最後までできなかった経験はありませんか?世の中の知識は広く、すべてを答える必要はない。
タスクが多いと消化できない。またやる気がでないと思っている方へ。まずはやらないことを決めること。8:2の法則。最も効果的な2割だけをやるだけであなたの生産性は向上する。
最後までありがとうございます。宣伝です。m(..)m     iPhoneアプリ     「パーソナルチェックリスト」は     感情を記録することができる     無料のToDoリストアプリです。     使用してみるも使用しないも、    ...
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

初めての人が知るべきToDoリストを使う13のメリット

1,556 views

Published on

ToDoリストは必要ないと思っている方に是非見てほしいです。

Published in: Business
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
1,556
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
4
Actions
Shares
0
Downloads
5
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

初めての人が知るべきToDoリストを使う13のメリット

  1. 1. はじめての人が知るべき ToDoリストを使う 13のメリット
  2. 2. その1、先読みの力がつく。アウトプットすることで先が見えてくる。例、インドに旅行に行きたいと漠然と考えていると必要なモノが浮かんできません。今年の夏休みに行くと決めたら、必要なものが頭に浮かんでくるでしょう。旅券、飛行機のチケット、ビザ、目的地、宿泊など。
  3. 3. その2、神経細胞の繋がりの強化アウトプットによって私たちの脳の神経細胞の繋がりが強化されます。例、紙に書くという作業は、頭にあるイメージを言語化またはより具体的な書くためのイメージに変換することになります。(言語化は慣れてない人にとって意外と負担である。いくつかの言葉から最適なもの探さないといけない)繰り返すことで神経細胞の繋がりが強化され、スキルが上達します。
  4. 4. やる気がでないときは声を出す、目標を書くなど、体を動かす。アウトプットする。大脳基底核の一部である「淡蒼球(たんそうきゅう)」から送り出された信号によって、モチベーションが高い状態になる。重要なのは、淡蒼球を活動させるのが脳そのものではなく体だということ。受験生がよく、勉強部屋の壁に「目指せ合格」とか「必勝」とか書いた貼り紙をしますね。あれを無益なおまじないのように思う人もいるでしょうけど、脳科学者としては逆に、あれこそが大切だといいたい。「やる気は脳ではなく体や環境から生まれる」池谷裕二氏より
  5. 5. その3、タスクの抜けを防止その都度、考えながら行動すると、その時の感情によって行動は影響をうけてしまう。例、忙しかったりなにか困難な状況にあると、すべきことがすっかり抜けてしまうことがあります。
  6. 6. その4、先が見えると安心やるべきこと分かると安心できる。逆にどこまでやったらよいか分からない場合、不安が生じたり取り越し苦労をするかもしれません。
  7. 7. その5、未来(後から)から視点で物事を判断未来からスケジュールを決めていくとより「何時迄に何をしなければならない」かが、より明確になる。
  8. 8. その6、優先順づけがクリアになる。頭で考えていてもアウトプットすると優先順位が変わってくることがあります。
  9. 9. その7、モノには順序にある。物事には順序がある。基本から始める。レシピでの順序など、楽に達成するには順序が大事。頭で考えているとミスやらが起きやすい。
  10. 10. その8、脳のリソースの負担の軽減覚えてないといけないと心のどこかで思っていると負担になります。記録に残してあるとその負担が軽減されます。
  11. 11. その9、全体像が分かると余裕ができる。いつも全力では体力、精神力とも疲労してしまいます。全体像が見えることでその日どこまでやれば良いか[ペース配分]が明確になります。
  12. 12. その10、後からの検証が容易。記録することで比較ができる。すべてにおいて一度に完璧にできるものではなく、改善するこそ重要です。
  13. 13. その11、達成したリストをみてニヤニヤできる。今までの達成したことを記録すること自分の功績を褒めてください。意外大事です。(^^)
  14. 14. その12、リマインダー(通知)機能最近スマホアプリではリマインダー通知機能はほぼ付いている。
  15. 15. その13、タイムマネジメントこそが成功への鍵。時間には限りがあります。テストの6割で合格で、難しい問題にはまり、最後までできなかった経験はありませんか?世の中の知識は広く、すべてを答える必要はない。
  16. 16. タスクが多いと消化できない。またやる気がでないと思っている方へ。まずはやらないことを決めること。8:2の法則。最も効果的な2割だけをやるだけであなたの生産性は向上する。
  17. 17. 最後までありがとうございます。宣伝です。m(..)m iPhoneアプリ 「パーソナルチェックリスト」は 感情を記録することができる 無料のToDoリストアプリです。 使用してみるも使用しないも、 あなたの自由です。 最後までありがとうございました。 ダウンドードリンク

×