Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

第23回CloudStackユーザ会_JCSUGの2014年の振り返り&今後の取り組みについて

1,153 views

Published on

Published in: Technology

第23回CloudStackユーザ会_JCSUGの2014年の振り返り&今後の取り組みについて

  1. 1. 2015/1/16 第23回 CloudStackユーザ会 @star76popin CloudStackユーザ会(JCSUG) 2014年の振り返り &今後の取り組みについて
  2. 2. わたし みろりん @star76popin 大削 緑/Midori Oge CloudStack実践ガイド【著書】 Cloudn活用ガイド Amazonで 絶賛発売中 なりよ 某SI会社 → 某通信事業者 → 某通信事業者 → IT関連の商社でマーケティングの お仕事をしています 会長 女子部 star76
  3. 3. 日本CloudStackユーザー会は、 日本語による CloudStack に 関する情報発信、情報共有を行い、 CloudStack の普及および 人材育成に貢献します。 JCSUGの目的
  4. 4. 運営メンバー
  5. 5. 4年間に 24回 おかげさまで つまり、1年に 6回 てことは、2ヶ月に1回 クラウドの波を泳いできました♪
  6. 6. 2014
  7. 7. 2014年 ・良かった点 ・まだまだこれから 数多くのイベントを実施 ⇒ ノウハウの蓄積、効率的な運用 ⇒ 運営体制確立(=疎結合集団?) 実施したイベントの振り返りが不十分 ⇒ 数はこなせた、でも、中身は? 2015年はチャレンジの年となると予想される
  8. 8. 2015年 活動プラン ・勉強会開催(2014年実績:4回) ・他技術系イベント参加 (2014年実績:OSC 4拠点、他多数) ・大規模イベント -> CloudStack TechDayを予定 ・CloudStack技術者認定試験のリリース (with LPI-Japan) ・技術検証PJ その他いろいろ
  9. 9. 2015年 3つの目標 (1)コミュニテイワーキングスタイルの確立 JCSUG ≠ 単なる技術者コミュニティ 様々なバックグラウンドを持ったメンバーが 相当な時間を費やしてプランニング、成果を出している (2)コミュニケーションの活性化 参加者の方々とのインタラクティブな情報共有を目指す ・インフラ整備(物理、コンテンツの両面) ・フィードバックの反映、現状分析、評価
  10. 10. 2015年 3つの目標 (3)CloudStackの良さを伝える ・国内で多数の導入実績による膿出し&改良ずみ ・オールインワンモデル 標準で必要な機能がひととおり揃っている 比較的簡単に構築・運用ができる ☆ ☆ ☆ チャレンジ!! ・シンプルなアーキテクチャ 集中管理型のため、トラブル対処がしやすい ほとんどの操作はGUIで直感的にできる ここPOINT 使い方にあわせて最適な選択ができる時代 CloudStack =利用者に ”やさしい” それでもダメなら駆け込み寺もあるし。。
  11. 11. 本年もよろしく お願いします(^^)

×