Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
2014/8/1 第20回 CloudStackユーザ会@大阪
@star76popin
〜祝☆4.4リリース〜
CloudStack 最新情報
わたし
大削 緑/Midori Oge
みろりん @star76popin
☆某SI会社 → 某通信事業者 → NTTコミュニケーションズで
の開発を担当しています
☆こんな記事を書いてます
オープンソースの「クラウド基盤ソフトウェア」を比較す...
CloudStackの青本!
CloudStack実践ガイド
1. CloudStackってなぁに?
2. CloudStackのしくみ
3. つくってみよう: CloudStackのインストール
4. つかってみよう: CloudStackの...
http://amzn.to/UyN45n
祝!4.4リリース
開発サイクル
リリース
リリース
・開発/実装
・ドキュメント作成&テスト
リリース
・RC版リリース
・投票機能凍結
テスト
バグフィックス
翻訳
最後の仕上げ
4ヶ月ごとに新しいバージョンをリリース
バージョン
2012年
11月
2013年
6月
4.1リリース
2013年
10月
4.2リリース
2014年
3月
4.3リリース
2014年
7月
4.4リリース
で初めてのリリースとなる4.0をリリース
どんどん開発が進んでいるよ!
4.4の新機能
1. Support managed storage for root disks
2. Root disk resize
3. Per primary Storage OverProvisioning
4. VMWare Su...
入れてみた
ザ・人柱
いつもどこかではまるよね…(゚д゚)
はまりどころ①
$ java -version	
java version "1.6.0_31"	
OpenJDK Runtime Environment (IcedTea6 1.13.3) (6b31-1.13.3-1ubuntu1~0.12...
はまりどころ②
公式サイト(http://cloudstack.apt-get.eu/systemvm/4.4/)の
SystemVMテンプレートを使うと、SystemVMは起動するが
VRが起動しない
VRがStartingのまま起動せず
U...
はまりどころ②
Versionが「3」になっていて、
「Requires Upgrade」が「Yes」となっている
「Upgrade Router」という怪しいボタンが表示されている
Javaのバージョンは1.7になっているんだけどな…
はまりどころ②
「Upgrade Router」とかいう怪しいボタンを
押してみると
「Unable to reboot domR」
とかでエラーになる
はまりどころ②
Jenkinsの最新のSystemVMテンプレートの場所※を指定して
インストールしなおしたところ正常に動作
※
http://jenkins.buildacloud.org/view/4.4/job/cloudstack-4....
ほいじゃ新機能
1.Support managed storage for root disks
ルート/データディスクに「SolidFire」が使用可能に!
「provider」に「SolidFire」
を指定
IOPSやByte数を指定
-対象HyperV...
1.Support managed storage for root disks
・専用のCompute Offering または Disk Offeringを作成
Min IOPS: 最小IOPS
Max IOPS: 最大IOPS
!
Sto...
1.Support managed storage for root disks
・VMを作る/ディスクを作るときに、作成したOfferingを指定
Offeringを指定
SolidFireの設定画面
2. Root disk resize
> resize volume id=2dcc6df1-e847-4d42-8cfc-c2c29da4ce35 size=10	
<略>	
size = 10737418240	
<略>
> list v...
3. Per Primary Storage OverProvisioning
PrimaryStorageごとにオーバープロビジョニング係数を変更できる!
-対象HyperVisor: KVM
PrimaryStorageの「Settings...
4. VMWare Support for DRS
VMWare vSphereの機能サポート
参考)https://www.VMWare.com/jp/products/vsphere/features/drs-dpm.html
DRS=Di...
5. Virtual Router Service Failure Alerting
4.3で実装されたVRの監視機能を使って
Management Serverにアラートを送信する機能
-対象HyperVisor: XenServer, KV...
id uuid service
process_
name
service_
name
service_path pidfile isDefault
1
85cd3961-173a-11e4-8
961-6c626d67983a
ssh ssh...
root@r-4-VM:~# ps aux | grep sshd	
root 7108 0.0 2.9 69184 3548 ? Ss 11:43 0:00 sshd: root@pts/0	
root 7319 0.0 1.0 49932 ...
root@r-4-VM:/var/log# tail -f routerServiceMonitor.log	
!
2014-07-30 12:03:06,674 [INFO] [The process sshd is not running ...
6. Region wide Guest networks and VPC
ZoneA ZoneB
Region
Tier
VPC
Tier Tier Tier
VPC
ZoneA ZoneB
Region
VPC
Tier Tier Zone...
Web1A Web1B
LB2BLB2A
DB SlaveDB Master
WebTier
AppTier
DBTier
ZoneA ZoneB
Region
VPC
LB1A
failover
LB1B
Web2A
App1A App2A ...
7. Distributed routing and network ACL with OVS plug-in
OVSプラグインを使って、
分散ルーティングとネットワークACLを提供する機能!
-対象HyperVisor: XenServer,...
7. Distributed routing and network ACL with OVS plug-in
Host1
VM1 VM2 VM1 VM2
Tier1
Bridge
Tier2
Bridge
Tier3
Bridge
Host2...
7. Distributed routing and network ACL with OVS plug-in
Host1
VM1 VM2 VM1 VM2
Tier1
Bridge
logical
VPC VR
Tier2
Bridge
Tie...
8. Hyper-V support improvements
1)Zone Wide Primary Store in Hyper-V
2)VPC support on Hyper-V
3)Storage Live-Migration sup...
深堀りメンバー募集
新機能を一緒に調査・検証してくれる方を
募集しています
ありがとうございました
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

第20回CloudStackユーザ会_ApacheCloudStack4.4新機能紹介

1,744 views

Published on

2014年8月1日に実施された、第20回CloudStackユーザ会の資料です(・∀・)

Published in: Technology
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

第20回CloudStackユーザ会_ApacheCloudStack4.4新機能紹介

  1. 1. 2014/8/1 第20回 CloudStackユーザ会@大阪 @star76popin 〜祝☆4.4リリース〜 CloudStack 最新情報
  2. 2. わたし 大削 緑/Midori Oge みろりん @star76popin ☆某SI会社 → 某通信事業者 → NTTコミュニケーションズで の開発を担当しています ☆こんな記事を書いてます オープンソースの「クラウド基盤ソフトウェア」を比較する【第1回】 機能を徹底比較! ∼Eucalyptus、CloudStack、OpenStack オープンソースの「クラウド基盤ソフトウェア」を比較する【第2回】 【徹底比較】Eucalyptus、CloudStack、OpenStackの仮想マシン性能 ☆いろんなユーザ会にいます @副会長 star76
  3. 3. CloudStackの青本! CloudStack実践ガイド 1. CloudStackってなぁに? 2. CloudStackのしくみ 3. つくってみよう: CloudStackのインストール 4. つかってみよう: CloudStackの基本操作 ! 5. もっとつかってみよう1: APIでもっと便利 6. もっとつかってみよう2: 自分だけのテンプレートを作ろう 7. もっとつかってみよう3: Virtual Private Cloud(VPC)を使おう 8. あたらしい機能たち 9. I♡CloudStack 前 編 後 編 インプレスR&D社より 絶賛発売中
  4. 4. http://amzn.to/UyN45n
  5. 5. 祝!4.4リリース
  6. 6. 開発サイクル リリース リリース ・開発/実装 ・ドキュメント作成&テスト リリース ・RC版リリース ・投票機能凍結 テスト バグフィックス 翻訳 最後の仕上げ 4ヶ月ごとに新しいバージョンをリリース
  7. 7. バージョン 2012年 11月 2013年 6月 4.1リリース 2013年 10月 4.2リリース 2014年 3月 4.3リリース 2014年 7月 4.4リリース で初めてのリリースとなる4.0をリリース どんどん開発が進んでいるよ!
  8. 8. 4.4の新機能 1. Support managed storage for root disks 2. Root disk resize 3. Per primary Storage OverProvisioning 4. VMWare Support for DRS 5. Virtual Router Service Failure Alerting 6. Region wide Guest networks and VPC 7. Distributed routing and network ACL with OVS plug-in 8. Hyper-V support improvements - Zone Wide Primary Store in Hyper-V - VPC support on Hyper-V - Storage Live-Migration support for Hyper-V * 135 bugfixes * 12 New Features * 9 Improvements
  9. 9. 入れてみた ザ・人柱 いつもどこかではまるよね…(゚д゚)
  10. 10. はまりどころ① $ java -version java version "1.6.0_31" OpenJDK Runtime Environment (IcedTea6 1.13.3) (6b31-1.13.3-1ubuntu1~0.12.04.2) OpenJDK 64-Bit Server VM (build 23.25-b01, mixed mode) ! $ sudo apt-get install openjdk-7-jre ! $ sudo update-alternatives --config java There are 2 choices for the alternative java (providing /usr/bin/java). ! Selection Path Priority Status ------------------------------------------------------------ * 0 /usr/lib/jvm/java-6-openjdk-amd64/jre/bin/java 1061 auto mode 1 /usr/lib/jvm/java-6-openjdk-amd64/jre/bin/java 1061 manual mode 2 /usr/lib/jvm/java-7-openjdk-amd64/jre/bin/java 1051 manual mode ! Press enter to keep the current choice[*], or type selection number: 2 ! $ java -version java version "1.7.0_55" OpenJDK Runtime Environment (IcedTea 2.4.7) (7u55-2.4.7-1ubuntu1~0.12.04.2) OpenJDK 64-Bit Server VM (build 24.51-b03, mixed mode) インストール後、GUIに接続すると503エラーが出る -> Javaが1.6 ー> 1.7系になっているので、 Management ServerとHostのバージョンを1.7に変更
  11. 11. はまりどころ② 公式サイト(http://cloudstack.apt-get.eu/systemvm/4.4/)の SystemVMテンプレートを使うと、SystemVMは起動するが VRが起動しない VRがStartingのまま起動せず Unable to start instance due to unable command. というエラーがでて「Stopped」となってしまう
  12. 12. はまりどころ② Versionが「3」になっていて、 「Requires Upgrade」が「Yes」となっている 「Upgrade Router」という怪しいボタンが表示されている Javaのバージョンは1.7になっているんだけどな…
  13. 13. はまりどころ② 「Upgrade Router」とかいう怪しいボタンを 押してみると 「Unable to reboot domR」 とかでエラーになる
  14. 14. はまりどころ② Jenkinsの最新のSystemVMテンプレートの場所※を指定して インストールしなおしたところ正常に動作 ※ http://jenkins.buildacloud.org/view/4.4/job/cloudstack-4.4-systemvm64/ lastSuccessfulBuild/artifact/tools/appliance/dist/systemvm64template-unknown- kvm.qcow2.bz2 Versionが「4.4.0」になり 「Requires Upgrade」が 「No」となった
  15. 15. ほいじゃ新機能
  16. 16. 1.Support managed storage for root disks ルート/データディスクに「SolidFire」が使用可能に! 「provider」に「SolidFire」 を指定 IOPSやByte数を指定 -対象HyperVisor: XenServer, VMWare ・「createStoragePool」APIでストレージプールを作成 Primary Storageを指定 ストレージとOfferingを 結びつける「tag」を指定 例)「SF_SAN」
  17. 17. 1.Support managed storage for root disks ・専用のCompute Offering または Disk Offeringを作成 Min IOPS: 最小IOPS Max IOPS: 最大IOPS ! Storage Tags: ストレージプール のタグを入力
  18. 18. 1.Support managed storage for root disks ・VMを作る/ディスクを作るときに、作成したOfferingを指定 Offeringを指定 SolidFireの設定画面
  19. 19. 2. Root disk resize > resize volume id=2dcc6df1-e847-4d42-8cfc-c2c29da4ce35 size=10 <略> size = 10737418240 <略> > list volumes count = 1 volume: id = 2dcc6df1-e847-4d42-8cfc-c2c29da4ce35 <略> size = 8589934592 <略> 「resizeVolume」APIでサイズを指定する 起動中のVMのルートディスクのサイズを変更可能に! -対象HyperVisor: KVM 約8G 変更された! サイズを指定 変更された!
  20. 20. 3. Per Primary Storage OverProvisioning PrimaryStorageごとにオーバープロビジョニング係数を変更できる! -対象HyperVisor: KVM PrimaryStorageの「Settings」タブ 個別に設定可能 ここで個別に設定した値は、 GlobalSettingの値より優先されます
  21. 21. 4. VMWare Support for DRS VMWare vSphereの機能サポート 参考)https://www.VMWare.com/jp/products/vsphere/features/drs-dpm.html DRS=Distributed Resource Scheduler VMwareクラスタ内のサーバのリソース使用率や負荷を監視し サーバの負荷が均等になるようにする機能 - VMデプロイ時は適切なサーバに配置 - クラスタ内の別のホストに移動(vMotion) DPM=Distributed Power Management クラスタ内でリソースに空きのあるサーバがある場合、 そのサーバを自動でスタンバイにする機能 リソースが必要になった際は、スタンバイにしたサーバを起動
  22. 22. 5. Virtual Router Service Failure Alerting 4.3で実装されたVRの監視機能を使って Management Serverにアラートを送信する機能 -対象HyperVisor: XenServer, KVM, VMWare root@r-4-VM:~# crontab -l #monitoringConfig SHELL=/bin/bash PATH=/usr/local/sbin:/usr/local/bin:/sbin:/bin:/usr/sbin:/usr/bin */3 * * * * /usr/bin/python /root/monitorServices.py 「monitorServices.py」が3分毎に実行される 監視スクリプト -サービスが起動していない場合は、1秒ごとにチェック -5秒たっても起動していなかった場合は、サービスを再起動 -再起動が失敗したら、30秒後に再度再起動
  23. 23. id uuid service process_ name service_ name service_path pidfile isDefault 1 85cd3961-173a-11e4-8 961-6c626d67983a ssh sshd ssh /etc/init.d/ssh /var/run/sshd.pid 1 2 85cd4f96-173a-11e4-8 961-6c626d67983a dhcp dnsmasq dnsmasq /etc/init.d/dnsmasq /var/run/dnsmasq/ dnsmasq.pid 0 3 85cd6111-173a-11e4-8 961-6c626d67983a loadbalancing haproxy haproxy /etc/init.d/haproxy /var/run/haproxy.pid 0 4 85cd775d-173a-11e4-8 961-6c626d67983a webserver apache2 apache2 /etc/init.d/apache2 /var/run/apache2.pid 1 「monitoring_services」テーブル 「dnsmasq」と「haproxy」はNetworkOfferingで関連するサービスが 指定された時のみ対象となる 5. Virtual Router Service Failure Alerting
  24. 24. root@r-4-VM:~# ps aux | grep sshd root 7108 0.0 2.9 69184 3548 ? Ss 11:43 0:00 sshd: root@pts/0 root 7319 0.0 1.0 49932 1244 ? Ss 11:54 0:00 /usr/sbin/sshd root 7357 0.0 2.9 69184 3552 ? Ss 11:55 0:00 sshd: root@pts/1 root 7442 0.0 0.6 8072 832 pts/0 S+ 12:01 0:00 grep sshd ! root@r-4-VM:~# ls -la /var/run/sshd.pid -rw-r--r-- 1 root root 5 Jul 30 11:54 /var/run/sshd.pid ! root@r-4-VM:~# cat /var/run/sshd.pid 7319 ! root@r-4-VM:~# service ssh stop [ ok ] Stopping OpenBSD Secure Shell server: sshd. ! root@r-4-VM:~# service ssh status [FAIL] sshd is not running ... failed! ! ! root@r-4-VM:~# service ssh status [ ok ] sshd is running. 試してみよう ←sshd が自動で再起動された 5. Virtual Router Service Failure Alerting
  25. 25. root@r-4-VM:/var/log# tail -f routerServiceMonitor.log ! 2014-07-30 12:03:06,674 [INFO] [The process sshd is not running trying recover ] sshd ! 2014-07-30 12:03:06,704 [INFO] [ssh] The process ssh is recovered successfully /var/log/routerServiceMonitor.log (/var/log/messages) vm_id router_name last_alert_timestamp 4 r-4-VM 2014-07-30 12:03:06 「op_router_monitoring_services」テーブル ←タイムスタンプが更新された 自動で再起動された 5. Virtual Router Service Failure Alerting
  26. 26. 6. Region wide Guest networks and VPC ZoneA ZoneB Region Tier VPC Tier Tier Tier VPC ZoneA ZoneB Region VPC Tier Tier ZoneをまたいだVPC(Tier)や Guestネットワークが作れる ようになった!!
  27. 27. Web1A Web1B LB2BLB2A DB SlaveDB Master WebTier AppTier DBTier ZoneA ZoneB Region VPC LB1A failover LB1B Web2A App1A App2A App1B App2B Web2B NetScaler 6. Region wide Guest networks and VPC ゾーン分散可能!!
  28. 28. 7. Distributed routing and network ACL with OVS plug-in OVSプラグインを使って、 分散ルーティングとネットワークACLを提供する機能! -対象HyperVisor: XenServer, KVM, VMWare VPC-VRの負荷を減らすための機能 VPCが大きくなってくると… Tier間の通信が、VPC VR経由のトロンボーン構成となり VPC VRがボトルネックとなる Open vSwitchプラグインで抑制
  29. 29. 7. Distributed routing and network ACL with OVS plug-in Host1 VM1 VM2 VM1 VM2 Tier1 Bridge Tier2 Bridge Tier3 Bridge Host2 VM1 VM2 Tier2 Bridge Tier1 Bridge Host3VM3 VM5 Tier1 Bridge VPC VR Tier2 Bridge Tier3 Bridge VM3 VM4 Tier3 Bridge 例) Tier1のVM1 から Tier3のVM1への通信 logical VPC VRがないと、Tier1 VM1→Host1 Tier1 Bridge→Host3 Tier1 Bridge →VPC VR→Host3 Tier3 Bridge→Host1 Tier3 Bridge→Tier3 VM1 となる
  30. 30. 7. Distributed routing and network ACL with OVS plug-in Host1 VM1 VM2 VM1 VM2 Tier1 Bridge logical VPC VR Tier2 Bridge Tier3 Bridge Host2 VM1 VM2 Tier2 Bridge logical VPC VR Tier1 Bridge Host3VM3 VM5 Tier1 Bridge VPC VR Tier2 Bridge Tier3 Bridge VM3 VM4 Tier3 Bridge 例) Tier1のVM1 から Tier3のVM1への通信 Tier内通信はlogical VPC VRで折り返す Tier1 VM1→Host1 Tier1 Bridge→logical VPC VR→Host1 Tier3 Bridge→Tier3 VM1 となる
  31. 31. 8. Hyper-V support improvements 1)Zone Wide Primary Store in Hyper-V 2)VPC support on Hyper-V 3)Storage Live-Migration support for Hyper-V 他のハイパーバイザで既に実装済みの これらの機能がHyper-Vでも使用可能に!
  32. 32. 深堀りメンバー募集 新機能を一緒に調査・検証してくれる方を 募集しています
  33. 33. ありがとうございました

×