Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

2019年4月の国内向け/輸出向け出荷の動向 図表集

237 views

Published on

日本国内の生産拠点からの出荷が、国内向け/輸出向け出荷の内訳を集計している出荷内訳表の結果をグラフや表で説明している図表集です。

Published in: Economy & Finance
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

2019年4月の国内向け/輸出向け出荷の動向 図表集

  1. 1. 2019年4月の 国内向け/輸出向け出荷の動向 図 表 集 2019年6月10日 経済解析室 URL : https://www.meti.go.jp/statistics/tyo/utiwake/result-1.html
  2. 2. 鉱工業出荷指数の動向 ・2019年4月の鉱工業出荷指数は102.6(前月比1.7%)と2か月ぶりの上昇。 ・2018年12月の103.1以来の指数水準。 1 102.6 90 92 94 96 98 100 102 104 106 108 110 1 3 5 7 9 11 1 3 5 7 9 11 1 3 5 7 9 11 1 3 5 7 9 11 1 3 5 7 9 11 1 3 5 7 9 11 1 3 2013 2014 2015 2016 2017 2018 2019 (2015年=100、季節調整済) (月/年) 消費税率引上げ
  3. 3. 財別出荷指数の動向 2 100.9 101.1 110.3 101.8 102.2 85 90 95 100 105 110 115 120 1 3 5 7 9 11 1 3 5 7 9 11 1 3 5 7 9 11 1 3 5 7 9 11 1 3 5 7 9 11 1 3 5 7 9 11 1 3 2013 2014 2015 2016 2017 2018 2019 資本財(除.輸送機械) 建設財 耐久消費財 非耐久消費財 鉱工業用生産財 (2015年=100、季節調整済) (月/年) 消費税率引上げ
  4. 4. 3 2019年4月の鉱工業出荷内訳表の状況 出荷・国内向け出荷・輸出向け出荷 出荷内訳表の総括表を貼り付け 月次 出  荷 輸  出 国  内 季調済指数 102.6 104.0 102.9 前月比 1.7% -1.6% 3.3% 指数水準 2018.12 103.1以来 2019.1 98.1以来 2018.10 103.1以来 Ⅰ2014.3 105.7 ①2013.2 90.9 Ⅰ2014.3 107.8 Ⅱ2017.12 105.4 ②2013.1 92.7 Ⅱ2014.1 106.9 Ⅲ2014.1,2018.4,10 104.4 ③2014.1 93.6 Ⅲ2013.12,2017.12 104.8 前月比の動き 2か月ぶり+ 2か月連続- 2か月ぶり+ (2019.2以来) (2019.3~当月) (2019.2以来) 前月比幅 2018.10 2.3%以来 2019.1 -7.4%以来 2017.4 3.4%以来 Ⅰ2015.1 3.1% ①2015.2 -8.7% Ⅰ2014.3 3.6% Ⅱ2017.11 3.0% ②2017.1 -8.1% Ⅱ2017.4 3.4% Ⅲ2014.3,2018.10 2.3% ③2019.1 -7.4% Ⅲ2019.4 3.3% (注) Ⅰ~Ⅲは2015年基準における最大値から上位3位まで、①~③は最小値から下位3位までの数値
  5. 5. 2019年4月の鉱工業出荷を国内向け/輸出向け別にみると、国内向けは102.9(前月比3.3%)と2か 月ぶりの上昇、輸出向けは104.0(前月比-1.6%)と2か月連続の低下。 4 国内向け/輸出向け出荷の動向 ・ 102.9 104.0 90 95 100 105 110 115 1 3 5 7 9 11 1 3 5 7 9 11 1 3 5 7 9 11 1 3 5 7 9 11 1 3 5 7 9 11 1 3 5 7 9 11 1 3 2013 2014 2015 2016 2017 2018 2019 鉱工業出荷 国内向け 輸出向け(2015年=100、季節調整済) (月/年) 消費税率引上げ
  6. 6. 2019年4月の鉱工業出荷は輸出向けは低下したものの、国内向けは上昇したため、前月比 1.7%の上昇。 鉱工業出荷前月比 国内向け/輸出向け別の影響度合い 5 ・ -4 -2 0 2 4 4 5 6 7 8 9 10 11 12 1 2 3 4 2018 2019 国内向け出荷 輸出向け出荷 鉱工業出荷 (月/年) (季節調整済、前月比、%、%ポイント)
  7. 7. 主要業種、財の出荷前月比 国内/輸出向け出荷の影響度合い 6 業種別分類 出荷前月比 (%) 国内寄与度 (%ポイント) 輸出寄与度 (%ポイント) 鉄鋼・非鉄金属工業 0.3 0.54 -0.64 生産用機械工業 5.5 7.74 -1.15 汎用・業務用機械工業 -5.4 -7.79 1.95 電気・情報通信機械工業 1.5 0.80 -0.11 輸送機械工業 5.5 9.85 -2.55 化学工業(除.医薬品) 0.6 -0.53 1.01 出荷前月比 (%) 国内寄与度 (%ポイント) 輸出寄与度 (%ポイント) 0.0 -0.15 0.26 0.6 0.52 -0.46 3.1 3.05 0.05 6.3 7.71 -0.60 2.7 2.16 0.39非耐久消費財 財別分類 鉱工業用生産財 資本財(除.輸送機械) 建設財 耐久消費財
  8. 8. 7 国内向け/輸出向け財別出荷指数前月比比較(2019年4月) -10.0% -7.5% -5.0% -2.5% 0.0% 2.5% 5.0% 7.5% 10.0% 12.5% 耐久消費財 非耐久消費財鉱工業用生産財 建設財 国内向け出荷 輸出向け出荷 0% 資本財(除.輸送機械)
  9. 9. 8 ・2018年10月の103.1以来の指数水準。 国内向け出荷指数の動向 ・2019年4月の国内向け出荷指数は102.9(前月比3.3%)と2か月ぶりの上昇。 103.1 102.9 90 92 94 96 98 100 102 104 106 108 110 1 3 5 7 9 11 1 3 5 7 9 11 1 3 5 7 9 11 1 3 5 7 9 11 1 3 5 7 9 11 1 3 5 7 9 11 1 3 2013 2014 2015 2016 2017 2018 2019 国内向け出荷指数 3か月後方移動平均(2015年=100、季節調整済) (月/年) 消費税率引上げ
  10. 10. 国内向け出荷前月比 業種別の影響度合い 2019年4月の国内向け出荷を主要業種別にみると、化学工業(除.医薬品)が低下したものの、 輸送機械工業などが上昇。 (注)主要業種とは、国内向け出荷(ウエイト7896.12)のうち、ウエイトが大きい5業種を選定。   具体的には、輸送機械工業(国内向け、ウエイト1193.18)、鉄鋼・非鉄金属工業(同、同786.21)、石油・石炭製品工業(同、同664.82)、化学工業(除.医薬品)(同、同629.02)、電気・情報 通信機械工業(同、同607.02)。 ・ 9 -3 -2 -1 0 1 2 3 4 4 5 6 7 8 9 10 11 12 1 2 3 4 2018 2019 輸送機械工業 化学工業(除.医薬品) 鉄鋼・非鉄金属工業 石油・石炭製品工業 電気・情報通信機械工業 その他 鉱工業出荷(国内向け) (月/年) (季節調整済、前月比、%、%ポイント)
  11. 11. 国内向け出荷前月比 財別の影響度合い ・ 2019年4月の国内向け出荷を財別にみると、耐久消費財などが上昇。 10 -4 -3 -2 -1 0 1 2 3 4 4 5 6 7 8 9 10 11 12 1 2 3 4 2018 2019 資本財 建設財 耐久消費財 非耐久消費財 生産財 鉱工業出荷(国内向け) (月/年) (季節調整済、前月比、%、%ポイント)
  12. 12. 2019年4月の国内向け出荷前月比 財別の影響度合い 11 鉱工業 3.3 - 耐久消費財 10.3 1.02 非耐久消費財 2.2 0.44 その他用生産財 3.5 0.28 建設財 3.3 0.21 資本財(除.輸送機械) 0.8 0.08 鉱工業用生産財 -0.2 -0.09 寄与度財別分類 前月比(%)
  13. 13. 12 国内向け財別出荷指数前月比の比較(2019年3月、2019年4月) 0.8% 10.3% 2.2% -0.2% 3.3% -20.0% -15.0% -10.0% -5.0% 0.0% 5.0% 10.0% 15.0% 耐久消費財 非耐久消費財鉱工業用生産財 建設財 3月前月比 4月前月比 0% 資本財(除.輸送機械)
  14. 14. ・2019年1月の98.1以来の指数水準。 13 輸出向け出荷指数の動向 ・2019年4月の輸出向け出荷指数は104.0(前月比-1.6%)と2か月連続の低下。 98.1 104.0 85 90 95 100 105 110 115 1 3 5 7 9 11 1 3 5 7 9 11 1 3 5 7 9 11 1 3 5 7 9 11 1 3 5 7 9 11 1 3 5 7 9 11 1 3 2013 2014 2015 2016 2017 2018 2019 輸出向け出荷指数 3か月後方移動平均(2015年=100、季節調整済) (月/年) 消費税率引上げ
  15. 15. ・ 2019年4月の輸出向け出荷を主要業種別にみると、汎用・業務用機械工業などが上昇したもの の、輸送機械工業などが低下。 (注)主要業種とは、輸出向け出荷(ウエイト2103.88)のうち、ウエイトが大きい業種(上位4業種)を選定。   具体的には、輸送機械工業(輸出向け、ウエイト678.22)、 生産用機械工業(同、同270.38)、汎用・業務用機械工業(同、同218.87)、電子部品・デバイス工業(同、同186.86)の4業種。 14 輸出向け出荷前月比 業種別の影響度合い -10 -8 -6 -4 -2 0 2 4 6 8 10 4 5 6 7 8 9 10 11 12 1 2 3 4 2018 2019 輸送機械工業 生産用機械工業 汎用・業務用機械工業 電子部品・デバイス工業 その他 鉱工業出荷(輸出向け) (月/年) (季節調整済、前月比、%、%ポイント)
  16. 16. 2019年4月の輸出向け出荷を財別にみると、生産財などが上昇したものの、資本財などが低下。・ 15 輸出向け出荷前月比 財別の影響度合い -8 -6 -4 -2 0 2 4 6 8 10 4 5 6 7 8 9 10 11 12 1 2 3 4 2018 2019 資本財 建設財 耐久消費財 非耐久消費財 生産財 鉱工業出荷(輸出向け) (月/年) (季節調整済、前月比、%、%ポイント)
  17. 17. 2019年4月の輸出向け出荷前月比 財別の影響度合い 16 鉱工業 -1.6 - 耐久消費財 -2.4 -0.28 資本財(除.輸送機械) -1.2 -0.24 その他用生産財 -7.0 -0.15 建設財 0.8 0.01 非耐久消費財 9.8 0.28 鉱工業用生産財 1.1 0.54 財別分類 前月比(%) 寄与度
  18. 18. 輸出向け財別出荷指数前月比の比較(2019年3月、2019年4月) 17 -1.2% -2.4% 9.8% 1.1% 0.8% -15.0% -10.0% -5.0% 0.0% 5.0% 10.0% 耐久消費財 非耐久消費財鉱工業用生産財 建設財 3月前月比 4月前月比 0% 資本財(除.輸送機械)
  19. 19. 欧米向け出荷指数の動向 (注)貿易統計に基づく試算値 18 114.8 120.0 80 90 100 110 120 130 140 1 3 5 7 9 11 1 3 5 7 9 11 1 3 5 7 9 11 1 3 5 7 9 11 1 3 5 7 9 11 1 3 5 7 9 11 1 3 2013 2014 2015 2016 2017 2018 2019 輸出向け出荷 米国向け 欧州向け(2015年=100、季節調整済) (月/年) 消費税率引上げ
  20. 20. アジア向け出荷指数の動向 (注)貿易統計に基づく試算値 19 107.4 111.3 94.5 80 90 100 110 120 130 1 3 5 7 9 11 1 3 5 7 9 11 1 3 5 7 9 11 1 3 5 7 9 11 1 3 5 7 9 11 1 3 5 7 9 11 1 3 2013 2014 2015 2016 2017 2018 2019 輸出向け出荷 ASEAN向け 中国向け 韓国向け(2015年=100、季節調整済) (月/年) 消費税率引上げ
  21. 21. ・ (注)貿易統計に基づく試算値 輸出向け出荷前月比 地域別の影響度合い 20 2019年4月の輸出向け出荷を、地域別にみると、米国向けなどが上昇したものの、その他地域向 けなどが低下。 -10 -5 0 5 10 4 5 6 7 8 9 10 11 12 1 2 3 4 2018 2019 米国向け 欧州向け ASEAN向け 中国向け 韓国向け その他地域向け 鉱工業出荷(輸出向け) (月/年) (季節調整済、前月比、%、%ポイント)
  22. 22. 主要業種、財の出荷前月比 米国/中国向け出荷の影響度合い (注)米国と中国以外の地域への輸出も相当量あることから、米国向け出荷と中国向け出荷の寄与度を合計しても輸出向け出荷の前月比になるわけではない。 それぞれの寄与度は、輸出向け出荷全体に対する米国向け出荷と中国向け出荷の影響度合いの目安として示している。 21 業種別分類 輸出向け出荷 前月比 (%) 米国向け 寄与度 (%ポイント) 中国向け 寄与度 (%ポイント) 鉄鋼・非鉄金属工業 -5.9 -3.02 23.23 生産用機械工業 -2.4 20.50 -5.53 汎用・業務用機械工業 5.7 10.42 7.73 電気・情報通信機械工業 -0.5 -9.43 7.00 輸送機械工業 -6.8 1.55 1.81 化学工業(除.医薬品) 5.0 5.20 13.05 輸出向け出荷 前月比 (%) 米国向け 寄与度 (%ポイント) 中国向け 寄与度 (%ポイント) 1.1 1.44 6.63 -1.2 16.05 -3.77 0.8 5.34 9.52 -2.4 6.96 18.51 9.8 64.64 36.73 鉱工業用生産財 資本財(除.輸送機械) 建設財 耐久消費財 非耐久消費財 財別分類
  23. 23. 22 2019年4月の鉱工業総供給表の状況 総供給・国産品供給・輸入品供給 総供給表の総括表を貼り付け 月次 総 供 給 国  産 輸  入 季調済指数 101.9 102.9 100.2 前月比 2.6% 3.4% 1.7% 指数水準 2018.12 102.5以来 2018.10 103.1以来 2018.12 101.7以来 Ⅰ2014.3 108.3 Ⅰ2014.3 107.8 Ⅰ2014.3 110.2 Ⅱ2014.1 105.9 Ⅱ2014.1 106.6 Ⅱ2018.10 105.2 Ⅲ2017.12 105.0 Ⅲ2017.12 104.8 Ⅲ2014.1 105.0 前月比の動き 6か月ぶり+ 2か月ぶり+ 2か月連続+ (2018.10以来) (2019.2以来) (2019.3~当月) 前月比幅 2018.10 3.6%以来 2017.4 3.4%以来 2019.3 2.6%以来 Ⅰ2014.3 5.0% Ⅰ2014.3 3.6% Ⅰ2014.3 9.8% Ⅱ2014.9,2018.10 3.6% Ⅱ2017.4,2019.4 3.4% Ⅱ2018.7 7.1% Ⅲ2017.12 3.3% Ⅲ2018.2 3.0% Ⅲ2014.6 7.0% 1) Ⅰ~Ⅲは2015年基準における最大値から上位3位までの数値
  24. 24. 内訳をみると、国産は102.9(前月比3.4%)と2か月ぶりの上昇、輸入は100.2(前月比1.7%)と2か 月連続の上昇。 ・ 2019年4月の鉱工業総供給指数は101.9(前月比2.6%)と6か月ぶりの上昇。・ 鉱工業総供給指数の動向 23 102.9 100.2 101.9 90 95 100 105 110 115 1 3 5 7 9 11 1 3 5 7 9 11 1 3 5 7 9 11 1 3 5 7 9 11 1 3 5 7 9 11 1 3 5 7 9 11 1 3 2013 2014 2015 2016 2017 2018 2019 鉱工業総供給 国産 輸入(2015年=100、季節調整済) (月/年) 消費税率引上げ
  25. 25. 輸入品供給指数の動向 24 ・2019年4月の輸入品供給指数は100.2(前月比1.7%)と2か月連続の上昇。 ・2018年12月の101.7以来の指数水準。 101.7 100.2 90 95 100 105 110 115 1 3 5 7 9 11 1 3 5 7 9 11 1 3 5 7 9 11 1 3 5 7 9 11 1 3 5 7 9 11 1 3 5 7 9 11 1 3 2013 2014 2015 2016 2017 2018 2019 輸入品供給指数 3か月後方移動平均(2015年=100、季節調整済) (月/年) 消費税率引上げ

×