Successfully reported this slideshow.
Your SlideShare is downloading. ×

GL09.pdf

Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Upcoming SlideShare
GP15.pdf
GP15.pdf
Loading in …3
×

Check these out next

1 of 18 Ad

More Related Content

Recently uploaded (20)

Advertisement

GL09.pdf

  1. 1. GL09 世界的貧困と構造的不正義:グローバルなアパレル産業 グローバル化と生活(globalizationandlife,Ferris2022) 福原正人(nonxxxizm@icloud.com) 1/18
  2. 2. トピック:「世界的貧困」 先進国は世界的貧困を改善する理由があるのか? ・功利主義:社会全体の幸福の最大化 ・リベラリズム:生まれの境遇を緩和する平等な権利保障 ☞二つの考え方の共通点は? 先進国は、世界的貧困に加担していないが、これを改善する理由がある 復習:世界的貧困と先進国の義務や責任 2/18
  3. 3. 今週と来週の問い 先進国は世界的貧困に加担していないのか? (1)先進国は「社会構造」を通じて世界的貧困に加担している (2)先進国は「国際制度」を通じて世界的貧困に加担している ☞加担しているなら? 仮に先進国が世界的貧困に加担しているなら、これを改善する理由は(こ れまでの理由と比較して)より重いものとなる 世界的貧困と先進国の加担 3/18
  4. 4. 1. シングルマザーの苦境とその原因 2. A.M.ヤング「構造的不正義」論 3. ファストファッションとスウェットショップ(搾取工場) 4. 消費者の責任とは? 世界的貧困と構造的不正義:グローバルなアパレル産業を事例にして 4/18
  5. 5. サンディーのパーソナル・ヒストリー ・サンディはパートナーと離婚して二人の子供を育てるシングルマザー ・アパートが改築されるのを機に引っ越しをすることに決める ・職場の近くには一戸建ての物件しかないことがわかる ・サンディの安い給料で借りることができて子どもにとって安全である地 域にあるアパートは職場からみて町の反対側しかない ・通勤に必要になるため貯金のほとんどを頭金にして車を買った ・サンディが住む街の住宅補助制度に申し込んだが2年間の待機期間 ・なんとかアパートは見つかったが保証金として、三ヶ月分の家賃の前払 いが必要になる シングルマザーとその困窮1 1.サンディの事例はヤング『正義への責任』岩波現代文庫(1章)から。日本でもシングルマザーの貧困を指摘する社 会学的な研究がある。例えば、斉藤知洋「シングルマザーの正規雇用就労と経済水準への影響」『家族社会学研 究』(https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjoffamilysociology/32/1/32_20/_pdf/-char/ja)を参照。 5/18
  6. 6. Young,I.M.(2010).Responsibilityfor justice.OxfordUniversityPress. ☞何がポイントなのか? (1)ありふれた選択や決定が行われている (2)意図的な不正は存在していない (3)適切な制度は(不備があるものの)揃 っている ・それでもサンディーが貧困に陥るの は、本人の自己責任に還元できるのか? A.M.ヤングの構造的不正義論(1) 6/18
  7. 7. 基本的な主張 シングル・マザーは社会構造ゆえに脆弱な地位にある 多くのひとが社会構造を再生産する当事者である ☞どんな社会構造? 性別役割分業を反映した労働市場→「女性の低賃金」 白人中産階級に対するイメージを反映した住宅市場→「住居の価格」 ・社会構造は、多くのひとが無意識のうちに再生産している ・社会構造が、個人が望むように成長したり決定する自由が妨げる「抑 圧」として機能する場合がある =「構造的不正義(stracturalinjustice)」 A.M.ヤングの構造的不正義論(2) 7/18
  8. 8. 男女平等が保障されているのに働き方などになぜ不平等を感じるのか? ・セックス(sex):生物学的な事実としての性差 ・ジェンダー(gender):社会的な規範としての性差 →ジェンダー構造に含まれる規範が不平等感を生み出すから ・女性は責任が重い仕事を果たせないものである e.g.女性のCEOの少ない、女性の専門家を信用しない ・女性は家庭にはいって夫を支えるものである e.g.共働きに対する風当たりの強さ、キャリア形成の難しさ ジェンダー構造から確認する 2 2.この問題をハラスメントに特化した形で論じたものとして、神島裕子「構造的不正義としてのハラスメント」 https://www.jstage.jst.go.jp/article/philosophy/2018/69/2018_21/_pdf/-char/ja を参照のこと。またフェミ ニズムやジェンダーについては清水晶子『フェミニズムってなんですか?』文春新書がわかりやすい。 8/18
  9. 9. 社会構造の具体例 9/18
  10. 10. 抑圧の五分類3 3.抑圧概念の説明については、アイリス・マリオン・ヤング『正義と差異の政治』法政大学出版会を参照のこと。 例えば搾取であれば、女性やヤングケアラーによる家庭内の無償労働があげられる。 10/18
  11. 11. 社会構造→個人の生きづらさ(=抑圧) ・認識に関わるので被抑圧側とそれ以外で見えている世界が違う ——ハラスメントと気づかない加害者という事例 ・第三者に悪意がなくとも社会構造が再生産される ーー「マイクロ・アグレッション」 ・さらに被抑圧側も自分が抑圧されていることにきづかない場合も ーー「適応的選好形成」 まとめ:構造的不正義とその難しさ 4 4.社会構造の影響力ゆえにマジョリティとマイノリティのあいだには社会認識について大きな隔たりがあり、マジ ョリティはマイノリティが社会的に劣位な地位に甘んじていることについて無理解でありつづけたことを指摘した のがフェミニズム(哲学)理論の貢献のひとつであると考えている。むろんこうした社会構造は(真っ先に事例と して女性が浮かびがちであるが)それ以外の多くの社会的排除に適用できることはすぐ理解できるだろう。 11/18
  12. 12. 定義 人間は、自分が選択できる選択肢が少ない状況にある場合、既存の選択肢 から満足感を得られるように選好を形成することやその傾向にあること マジョリティが共有する価値やライフスタイルに適応することで、自分 の境遇に満足してしまっている場合がある 外国人やLGBTQのような分かりやすいマイノリティでなくとも、知ら ず知らずのうちに自律的な生を妨げられている場合がある 専門用語:適応的選好形成(adaptivepreferenceformation) 5 5.適応選択形成については、ヤン・エルスター『酸っぱい葡萄:合理性の転覆について』勁草書房を参照。この問 題を途上国で暮らす女性の社会的地位に関連して論じているものとして、マーサ・ヌスバウム『女性と人間開発: 潜在能力アプローチ』岩波書房を参照のこと。それによれば、途上国で暮らす女性は、男性と同等の権利を獲得す る「合理的な」選好でなく、経済的に豊かな男性の所有物として暮らす「愚かな」選好を形成する傾向にある。12/18
  13. 13. 2013年バングラデシュ「ラナ・プラザ崩落事故」 死者1,127人、行方不明者約500人、負傷者2,500人以上 グローバルなアパレル産業の下請け縫製工場 →「搾取工場(スウェットショップ)」 ・低賃金かつ劣悪な労働環境 ・管理者からの暴力やハラスメント ・労働組合なし →この自己を契機に先進国で「サプライチェーンの透明化」が問題になる グローバルなアパレル産業とその問題 13/18
  14. 14. 基本的な主張 途上国での女性は社会構造ゆえに脆弱な地位にある 先進国が社会構造を再生産する当事者である ☞どんな社会構造? 性別役割分業を反映した労働市場→「女性の低賃金」 安価な製品とそのための国際競争を反映した労働市場→「労働環境」 ・途上国の労働環境は、当事者の自己責任に還元できず、途上国の社会構 造の他、グローバルな構造の影響を大きい ・先進国の一般消費者もまた、安価な製品を購入することで、こうした社 会構造を再生産している A.M.ヤングの構造的不正義論(3) 14/18
  15. 15. 基本的な主張 誰かだけの責任ではなく、あなたも問題の当事者である 一般的な責任概念 (1)責任があるひとを特定する、(2)過去志向的な責任 ヤングが提案する責任概念 (1)構造に関わる全員が共有する、(2)未来志向的な責任 →責任の社会関係(socialconnection)モデル =社会構造に関与する全員が、各人の社会的な立場に応じて、新たな不正 義を生み出す社会構造を再生産しないという未来志向的な責任 A.M.ヤングによる責任概念の捉え直し 6 6.アイリス・マリオン・ヤング『正義への責任』岩波現代文庫(4章) 15/18
  16. 16. ・経済格差や生きづらさは、制度的な不備だけでなく、その背景にある社 会構造に由来する場合がある →「構造的不正義」 ・社会構造は、日常的に再生産される問題であり、全員が問題の当事者 →責任の「社会関係モデル」 ・途上国の労働環境は、あなたの生きづらさと同じ原因である場合もある →日常的な経験を通じて途上国の人々の異議申し立てに共感ないし連帯 まとめ 4.抑圧という不正さの認知は、功利主義やリベラリズムのような理論的な根拠ではなく、「経験的な共感」に基づ いており、こうした連帯の契機が、ヤングのなかで「社会運動」の問題に繋がっている。 16/18
  17. 17. 参考:フェミニズムと正義論 17/18
  18. 18. GL10 世界的貧困と制度的加害:石油製品 グローバル化と生活(globalizationandlife,Ferris2022) 福原正人(nonxxxizm@icloud.com) 18/18

×