Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

五軒家スプリント10月度 タイムスケジュール

295 views

Published on

五軒家メンバーでスプリントをやったときの資料です。
10月分の資料になってます。

Published in: Engineering
  • accessibility Books Library allowing access to top content, including thousands of title from favorite author, plus the ability to read or download a huge selection of books for your pc or smartphone within minutes ,Download or read Ebooks here ... ......................................................................................................................... Download FULL PDF EBOOK here { http://bit.ly/2m6jJ5M }
       Reply 
    Are you sure you want to  Yes  No
    Your message goes here
  • Be the first to like this

五軒家スプリント10月度 タイムスケジュール

  1. 1. 五軒家スプリント 2015/10/25&龍一郎@五軒家
  2. 2. 午前の部 09:00$%$12:00
  3. 3. 設営!09:00!%!09:30 • Ustreamの準備 • テスト放送
  4. 4. 企画!:!面白さとはなにか 09:30%&%10:30 Understand(理解)
  5. 5. 本日のテーマ ぶらり旅のビジュアル化
  6. 6. 1.#ペルソナ作成#09:30#(#10:00 • 誰に向けて作るのか想定読者像を個々に作成"(20分) • 投票"(5分)
  7. 7. ここでのゴール • 想定読者像を完成させる • 想定読者像をペルソナと言うとイマドキ感ある
  8. 8. 完成させるテンプレート • キャラクター付け • 似顔絵、あるいは写真 • 名前(フルネーム),%年齢(28歳とか。20代はNG),%性別 • 次の予定(旅をする予定、とか) • 最大のニーズ [氏名]は[そのユーザーが求めていること]を求めていて[こんな体験をし たい]と思っている、なぜなら[これに価値がある]と考えているからだ
  9. 9. Example from%Googleはどうやってサービスを生み 出すのか?%–%2時間でサービスを生むデザ インスプリント
  10. 10. 設計!:!どうやれば面白くなるか 10:00$%$12:00 Diverage/Decide(発散/決定)
  11. 11. Diverage(発散) 10:00$%$11:00
  12. 12. 1.#アイデア出し(15分) • 【発想道具】はちのすノート(大・ 中・小)を利用します
  13. 13. 使い方の説明 1. はちのすノートにキーワードを書きます • 今日のテーマになるキーワード • 最近気になるキーワード 2. ボードを埋めていきます 3. なにか思いついたら付箋に書き出します 4. 終わったら全員で意見交換します
  14. 14. 2.#意見交換(15分) • 皆が作成したアイデアについて意見交換 • 今思いついたアイデアも付箋に書いてOK
  15. 15. 2.#企画書作成(15分) • アイデアの中から気に入ったものについて、企画書を作成 • 他人のアイデアを取り入れてもOK • 尖った企画書になってるとGood • この後、企画書に対して投票を行います
  16. 16. 作成例 • from&【ハッカソンレポート@名古屋】Mashup&Awards&11&ハッ カソン予選名古屋∼IoT×APIでMashup!
  17. 17. 企画書作成上の注意点 • 次の3点はできるだけ守る 1. キャッチーなタイトルをつける 2. 尖ったアイデアを書く 3. 見た人に内容が分かるように、アピールや説明をつける • 完成したら、ホワイトボードに貼りだす • 名前は書かないでOK
  18. 18. Decide(決定) 10:30%&%11:30
  19. 19. 1.#品評会(5分) • ドットステッカーを配って、イイねを貼る
  20. 20. 2.#プレゼン(一つ3分、トータル20分) • 全員でそのアイデアの気に入った点を話し合う • 見落としている重要な点がないか、作者に尋ねる
  21. 21. 3.#投票(5分) • 一人2つのスペシャルステッカーを配布 • 投票、作成したユーザーに受けるかどうか確認 • この後制作する内容を決める
  22. 22. 制作!:!面白いものを作る 11:30%&%17:30 Prototype
  23. 23. ユーザーストーリーマップ作成!11:30!&!13:30 • コンテンツの利用の仕方をざっくり書く • 「誰がなぜこれを利用するのか?」に答える • どこを作成するのか決める • シンプルに保つ • どう実現するのか考える • 詳しくはPOStudy)the)Movie)∼)POStudyを"お持ち帰り"!)第1回『ユーザ ストーリーマッピング』
  24. 24. ユーザーストーリーとは • 次のテンプレートを元にユーザーストーリーを作成 1. [役割]として 2. [機能や性能]ができる 3. それは[ビジネス価値]のためだ
  25. 25. ユーザーストーリーの例 1. 客として 2. 商品の検索ができる 3. それはほしい商品をすぐに見つけるためだ
  26. 26. ユーザーストーリー作成!11:40!&!12:00 • ユーザーストーリーを作る • グルーピングして、把握しやすくする • 横のグループ":"工程 • 縦のグループ":"役割 • ユーザー"="これを利用する人すべて • 運営側も含まれる
  27. 27. 昼飯!12:00!&!13:00
  28. 28. 午後の部 13:00%&%18:00
  29. 29. ユーザーストーリーマップ作成!13:00!&!13:30 • それぞれのユーザーストーリーに優先度をつける • 最小限で作るなら何をやらなければいけないのかを見定める
  30. 30. 3.#スプリント1回目(40分)#13:30#*#14:10 • 何をやるか全員で話し合う • 取り組む • 成果の確認、テスト
  31. 31. 休憩!10分
  32. 32. 4.#スプリント2回目(40分)#14:20#*#15:00 • 何をやるか全員で話し合う • 取り組む • 成果の確認、テスト
  33. 33. おやつ!15:00!&!15:30
  34. 34. 5.#スプリント3回目(40分)#15:30#+#16:10 • 何をやるか全員で話し合う • 取り組む • 成果の確認、テスト
  35. 35. 休憩!10分
  36. 36. 6.#スプリント4回目(40分)#16:20#+#17:10 • 何をやるか全員で話し合う • 取り組む • 成果の確認、テスト
  37. 37. 7.#泣きの20分#17:10#(#17:30
  38. 38. 評価!:!面白いものを作れたか 17:30&'&18:00 Valida&on(検証)
  39. 39. 1.#成果物発表(10分)#17:30#*#17:40 • 全員で成果物確認 • 実現すべきことのうち、何が実現できたのか確認 • 作成したアイデアのうち、何が実現できたのか確認 • 作成したものがユーザーに受けるか確認
  40. 40. 2.#個人の振り返り(5分)#17:40#,#17:45 • KPTでまとめる • Keep':'この先も継続したいこと • Problem':'今回感じた課題 • Try':'今後挑戦したいこと • 一人ずつ黙々と書く
  41. 41. 3.#全体振り返り(15分)#17:45#+#18:00 • KPTで全員の振り返りをまとめる • 総括
  42. 42. 今日一日お疲れ様でした!
  43. 43. Reference • Googleはどうやってサービスを生み出すのか?'–'2時間でサー ビスを生むデザインスプリント'|'fladdict • 【発想道具】はちのすノート(大・中・小) • ユーザーストーリーマッピングを学ぶときに読むべきスライド3 選

×